現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狭心症と心筋梗塞
映画やドラマで良くある場面。

主人公(刑事等)「吐け、黒幕は誰なんだ」
悪者(心臓病持ち)「誰がおまえなんかに。」
主人公、たくさん暴言を吐いて悪者を怒らせて、興奮させる
悪者「うっ、胸が苦しい、うーーーー、薬をくれー」
主人公(薬を握りしめて)「黒幕が誰か言ったら薬をやる、吐けー」
悪者「うっ、、、、、、。」ばたっと倒れる
主人公「死ぬな、言ってからにしろ」
悪者、、、、、死亡


みたいな場面よくありませんか。
私が最近見たのは、24―IIIで主人公の奥さんが、ある人にそういうことをする場面でしたね。ちょっと設定は違いますが。
あんまり細かく書くとネタばれになるので、書けませんけどね。

あれって、悪者が心筋梗塞になって死ぬ。
という設定なんだと思います。
悪者は狭心症で、薬はニトロですね。



心筋梗塞というのは、心臓の表面を走っている心臓に血液を送っている血管(冠動脈)が詰まる病気です。

狭心症というのは、血管が細くなって詰まりかけの状態の事を言います。
狭心症を放っておくと、冠動脈が詰まって心筋梗塞になって、場合によっては死亡してしまいます。

ニトロという薬は、血管を広げる作用があるので、狭心症の治療に使われます。



ここまで聞くと、映画やドラマの設定も、もっともな設定に思えますよね。
まあ、ある意味では正しいです。

しかし、心筋梗塞というのは心臓の血管(冠動脈)が詰まる病気なんですが、詰まったからすぐに死ぬわけではないんですよ。

人によっては血管が詰まった直後に不整脈(心室細動や心室頻拍などの致命的なもの)が出て即死する人もいないわけではないんですが。

まあ、心筋梗塞になった人の数%でしょう。

現在の日本では心筋梗塞の死亡率はだいたい10%位ではないでしょうか。
逆に言うと、心筋梗塞でも10人に9人は助かる、という事ですね。

100歩譲って、心筋梗塞になって不整脈が出て意識が無くなったとしましょう。

それでも、直後から心臓マッサージや人工呼吸をして、そのまま病院まで運べば、半分か1/3位は助かります。

だから、心筋梗塞でもみんな即死ってわけではないんですよ。

まあ、ドラマや映画だから仕方ないんですけどね。


教訓:心筋梗塞になったら、すぐ病院に連れて行け。


心筋梗塞についてもう少し知りたい人は、1/27の俺のメルマガにも書いてますから、そっちも読んでみて下さいね。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず