FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
研修医の労働時間
ふと自分の体験談を書いたら、普通の人にとっては
意外とおもしろいんじゃないかと思って、書くことにしました。

ブログの紹介文に、医者でないとわからない裏話についても書く。
って書いてあるけど、今まで一回も書いてなかったので、
ちょっと書いてみようかなって思いました。

医者にとっては普通でも、一般の人にとったら普通ではないって事、
たくさんありそうだし、ネタになるかなーと思い、
ちょっとシリーズ化して書いて行こうと思います。



このブログは循環器内科医Dr. Iの体験談を基に書いていますが、
労働基準法がどうとかこうとか、
いろいろ言われたらうるさそうなんで、
あくまでフィクションって事でお願いします。

omoteuraさんのように、裏カジノをやってたから、
即逮捕されるって事はないんでしょうけど。

まあ某産婦人科のように、医者でも逮捕される時代ですからねー。

当然守秘義務に反する事は言いませんので。



ある研修医の一週間の労働時間(○年前)

(月)AM9:000~AM6:00
  火曜日は教授回診があるので、
  たいてい帰るのはこの位になります。
  っていうか、帰れればラッキーって感じです。
(火)AM9:30~AM1:00
  総回診が終わってほっとする日。
  一週間のうちで最も帰るのが早い。
  教授回診は9:30頃から始まるので、確信犯的な遅刻。
  たまーに助教授回診で早く来ていたりすると、はまる事もある。
(水)AM9:00~AM2:00
 別のチームは木曜日に総回診があるんで、
  その人達の帰りはもっと遅いです。
  早く帰れていいなー、って他チームの研修医の目をきにしつつ、
  帰る。
(木)AM9:00~AM3:00
(金)AM9:00~AM2:30
(土)AM10:00~PM8:00
  一応週休2日なので、本当は休みの為、無給。
  患者はいるので当然大学には来ないといけないが、
  朝ちょっと遅めに来れる。
  一週間の内で唯一夕食が出前以外の可能性がある日。
  だから必死こいて、仕事をなんとか終わらせて、
  外でご飯を食べようと頑張る。
(日)AM10:00~AM1:00
  火曜日が総回診で、月曜日がその前の日、
  チームディスカッションとカテーテルカンファレンスがあるため、
  その準備で一日つぶれる。当然無給。

ってな感じですかね。
あんまり酷いと現実離れするんで、ちょっとましな例を出してみました。

総回診の前の日は一年間の内、20回位は大学に泊まってたし。
患者の状態が悪いと、3日連続大学に泊まり込みなんてのも、
珍しくなかったですから。
春~夏は毎日明るくなってから帰ってましたし。

一日の平均睡眠時間3時間で、某看護師に
「先生すごーい、アイドルみたーい。」って言われてましたね。

アイドルになりてー。


ま、そんな感じだったんですけど、試しに時給を計算してみますか。

21+16+17+18+17+10+15=114時間/週

当時日給9000円x5日=4万5千円

ちなみに大学には日雇いの臨時職員という扱いで雇われてました。
一応、保険、年金はつくけど、当然ボーナスはなし。

私のいた大学はまだましな方で、この半分くらいの所が
多かったみたいですよ。

で、時給はというと

45000÷114=395円

時給395円ですか。

そっから医局費が月1万円ひかれて、税金と保険と年金がひかれたら、
実質300円くらいですか。

うーん。
小学生のお小遣いくらいですかね。

コンビニでバイトしても、2倍位もらえそうですね。

ちなみに学生時代、家庭教師のアルバイトは時給2500円でしたね。


確実に労働基準法に違反しますね。
労災申請がなかなか降りないって話しみたいですけど、
確実に降りますね。
おつりがでてもったいないくらいですかね。


ちなみに、これ当直は入ってません。
看護師や技師が当直すると、翌日は休みがもらえるんですけど、
医者が当直しても、翌日は普通に何事も無かったように働かされます。

当直はだいたい週2回位やってましたから、
労働時間は+16時間位で週130時間くらいですかね。

まあ、それはお金出るので時給は上がりますけど。





生まれ変わったら、確実に医者にだけはなりませんね。
特に循環器内科には。

  


あくまでもフィクションですからね。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず