FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医師の過重労働、厚労相「好ましくない」
衆院には厚生労働委員会ってのがあって、そこでは高齢者の負担増や入院日数の短縮で医療給付費を抑制する医療制度改革関連法案の質疑なんかをしているんです。

そこで、民主党の山井和則氏が、小児救急医療に携わる医師が長時間の時間外労働など過酷な勤務を強いられていると追及したんっすよ。

そしたら、川崎二郎厚労相は「医師の長時間に及ぶ過重な労働は、医療の質を保つ観点から好ましくない」って言ったんです。

まあ、当たり前といえば当たり前なんですけどね。
医者労働基準法に違反する位働いている人は、ものすごくたくさんいますけど、それって違法ですからね。
当たり前ですね。

医療事故も増えるの、明らかだしね。



共産党の高橋千鶴子氏は「今回の改革は、高齢者、長期療養患者にとっては負担増で、医療提供体制にとっては診療報酬、ベッド数削減で深刻な不安をもたらす」などと、政府案を批判した。
社民党の阿部知子氏は、医療従事者の劣悪な労働環境に対する政府の対応を批判した。
野党側が「とんでもない話だ」と反発する場面もあった。

改革、改革っていうけど、改悪というかなんというか。
全部悪くなるとは言いませんけど、やっぱりお役所仕事というか。
現場をわかっていない人間が案をつくるから、こうなるんですね。

結局、いかに医療費を減らすかしか考えていないですからね。
しかも自分の懐は痛まないようにしてってね。

根本的解決になってないんですよ。
はっきりいって、旧厚生省がベッド数が足りないからって無駄にベッド数を増やしたんですね。
無計画に。
当時医師会とべったりだったんで、言われたんですかね。
知りませんけど。

そいで、法律でベッド当たり医者何人、看護師何人って決まってるんです。
だから人が足りなくなってるんですよ。

人口当たりの医者の数は先進国の中でも普通なのに、ベッド当たりの医者の数が足りないのはこういう理由なんですね。
今更ベッド減らすったって、病院にしてみりゃあ商売道具なんで、そう簡単に「はい」って言うわけもないし。

で、医者労働環境が悪くなっているんですね。

厚労相は自分で原因を作っておいて、好ましくないって言ってるんですね。

人の家に勝手に上がり込んで、いいだけ飲み食いして食い散らかして、この家は汚れていて好ましくないって言ってるようなもんですかね。

まいっちゃうねー。

まあ、彼は当時厚労相だったわけではないんですけどね。

一体どうなっちゃうんでしょうね。
日本の医療


Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと」
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
おかげさまで、ただ今健康部門第2位で、もうちょっとで1位です。
1位目指していますので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず