FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
新人脳外科医2割減少
脳神経外科医を志望する新人医師が、2004年に始まった新臨床研修制度の影響で、同制度導入前と比べて約2割減ったんだとさ。

日本脳神経外科学会が5/14に調査したんだそうだけど、学会がそんな調査やるんだー。

いやー、かなり気合い入ってるねー。
危機感がわかります。

日本脳神経外科学会は、「勤務時間の長さや、患者の生死に直面する重圧などで敬遠されているのでは」と分析しているんだわ。

まあ、志望する人が減ったっていうのは、かわいそうって言えばかわいそうだけどさー。

日本って世界一脳神経外科医が多いんだぜ。
人口当たりにすれば。

日本脳神経外科学会員は約8000人で、人口当たりの数は100万人あたり47人。
人口当たりの数はアメリカの約5倍なんだよねー。

元が多いからねー、日本には脳外科医

まあ、アメリカは脳外科医の数も少ないんだけど、給料もべらぼうに高いからね。

アメリカでは勤務医の年収は、一般内科だと1000万円位なんだけど、心臓外科医なら5000万円、脳外科医は4500万円位だからねー。

日本では、開業医の収入が高くって、勤務医は診療科によらず低めです。
例えば、大学教授の年収ですら、1000万円前後位だしねー。

日本も科によって給料あげるとかしないと、みんな耳鼻科医とか皮膚科医とかになちゃうぜ、ホント。

参考:2006年2月13日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/karadaessay/20060508ik07.htm

うーん、ここ2回長い記事と、堅苦しい医学と関係ない原爆の記事を書いたから、アクセス数が激減してます。
今までで一番勉強して、時間かけたんだけどなー。
がっかり。


Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと」
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
きゃー、4位に落ちちゃったー。
お願いですから、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず