FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
札幌市医師会、ネットで入転院先探せるように
札幌市医師会は5月22日から、市内の病院が連携してインターネットを使い入転院の必要がある患者の条件に合った病院を自動的に探し出すシステムを稼働させたみたいっすよ。

患者の容体に応じてきめ細かく対応できるのが特徴らしいっす。

医師会によると、食事が自分でできるかや床擦れ、人工呼吸器の使用状況など16の検索項目で患者にぴったりの病院を選ぶことができるそうなんですよ。

へー、こりゃあ便利だねー。
っていうか、他の産業じゃ当たり前のようにやってる事だから、今更なんですけどね。

コンビニなんかだと、どの地域でどの製品がいくつ必要とか、天気や時間によってどのくらい必要、とかまで管理してますからね。

数十年遅れてやっとですかね、医者の世界は。
まあ、それでも始めただけ、かなりの進歩だとは思いますけどね。

療養型の病院が私の近くでも閉鎖されていってるので、長期入院になりそうな患者さんの転院先を探すのって、結構大変なんですよね。

こういうシステムがあれば、ちょっとは楽になるとは思うんですけどね。
早く全国に広まって欲しいですね。

開業医さんも大変なんでしょうけどね。

国が急性期病院は、急性期で。
長くなる患者は療養型の病院に。
という方針だったから、急性期以外の病院療養型ベッド中心の病院にしたと思ったら、いきなり療養のベッドはなくすとかって方針に変わっちゃったからね。

まさに行き当たりばったり。
さすが厚生労働省。

屋根に上げられた後にハシゴをはずされたようなもんだ、って思っている医者も多いと思いますよ。

ちょっと不安なのが、医師会が作ったシステムかって所ですね。
民間で、例えばコンビニとかでこういうシステムを何十年も前から使っている所に任せたんなら良いんですけど。
独自に開発とかだと、なんか使いづらそうですね。

偏見ですかね。

参考:共同通信社、2006年5月19日

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左上のサイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず