FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医者の資質、看護師の資質2
「医者の資質、看護師の資質1」で、看護師資質の事についてしか書いていない、不公平だ。
という全くまっとうな意見を頂きましたので、医者資質に問題がある例を挙げていきたいと思います。

私は循環器内科医なので、また循環器の病気、心筋梗塞を例に出してみましょう。

心筋梗塞っていうのは、心臓の表面にある血管(冠動脈)が詰まって、胸が痛くなる病気です。
心臓というのは、心筋という筋肉でできていて、それは冠動脈によって血液が供給されて生きています。

で、冠動脈が詰まると、そこから先に血が流れないので、酸素が運ばれません。
そうなると時間が経つと、心筋細胞が死んでしまいます。

多くは6時間位すると死んでしまって、24時間くらい経つとほぼ全ての心筋細胞が死んでしまいます。
だから、完全に心筋細胞が死んでしまう前に、詰まった血管を広げる治療(心臓カテーテル治療、経皮的冠動脈形成術)が行われます。
それができれば、一部の心筋は死なないで済むからです。
出来れば6時間以内、それが無理でも血管が詰まってから24時間以内であれば、緊急でカテーテルによる治療(経皮的冠動脈形成術)を行います。
もちろん、そういう治療ができる施設での話ですけどね。

ちなみに、心筋梗塞になってから6時間以内の事をゴールデンタイムと言います。

例えば心筋梗塞患者で夜中、病院に救急車で運ばれてきた。
当然事前情報は入っていますから、医者は来ます。
まずその日の当番の循環器内科医が診て、あ、これは心筋梗塞緊急カテーテルによる治療が必要だ。
と判断したら、他の循環器の医師数名を呼んでカテーテル検査と治療をします。

カテーテルによる治療(経皮的冠動脈形成術)っていうのは、小さい手術ですから1人ではできなくって、普通は3人位でやります。
まあ、施設にもよるんですけどね。

で、みんなで治療してカテーテルが終わると、当番以外の医者は一応家に帰ります。
普通は当番の医者がその患者の主治医になるので、後の処置とかは任せるんです。
ものすごい重症で、1人じゃ無理って時はもちろん残りますけどね。

で、主治医は一応、いろいろ検査とか処置とかして、適切な指示を看護師に出して、何時間か経過を見て、大丈夫そうなら家に帰ります。
心筋梗塞になって丸一日とかは、不整脈とか命に関わる重篤な合併症が起きやすいので、私が研修医だった時は、ほぼ全例病院に泊まっていましたけどね。
もちろん、無給で。

まあ、適切な処置とか指示が出せて、大丈夫と判断できたなら帰っても良いですよ。
実際今なら私もそうしていますし。

でもその後、その日でも次の日の夜中でも良いけど、心筋梗塞になって数日の患者が、胸が痛いって病院から呼び出しがあったら、何を置いても駆けつけなきゃ駄目ですよ。
例え次の日にお酒飲んでいようが、明け方でほとんど寝ていなくてもね。

心室細動などの不整脈は心筋梗塞になったその日か、次の日に出やすいんですが、数日後には最梗塞(広げた血管がまた詰まる事)や、急性の弁膜症、心破裂なんかの合併症が出ることがありますからね。
これらは全て、下手したら死んでしまう重篤な合併症です。

だからそういう患者が、胸が痛い、胸が苦しいって言ったら、まず病院に駆けつけなきゃ駄目ですよ、絶対に。

で、まずは診察して、細かく症状を聞いて、心電図とか血圧、脈拍、酸素飽和度、心エコーとか必要であれば採血なんかもやって、ああ大丈夫だってなれば、それは良いですよ。

それ全部の検査をやらないとしても、自分で診てからじゃないと、大丈夫とは言えませんよ。
前にも書きましたが、どんな名医でも自分で診察をしないと診断は出来ませんから。

それなのに、患者を診もしないで痛み止め出しておいて、とかいう医者は、医者として失格ですよ。
心筋梗塞になって数日に、そういう重篤な合併症が起こる可能性がある、って知識として知らないのかもしれませんけどね。
仮にそうだとしたら、そういう知識がない医者心筋梗塞患者主治医にする事も問題ありますけど。
でも、基本的には患者が苦しがっているのに、診もしないでただ対症療法の指示を出す医者ってのは、問題ありですよ。

看護師は基本的には医者が指示した事しかできないから、そう指示されたらそうするしかできませんからね。

軽症の患者が、いちいち細かい訴えをしたからって言って、毎回休日でも夜中でも病院に行けとは言いませんよ。
でも、少なくとも命に関わる重症の場合は、それをやったら駄目ですよ。

それは医者でも看護師でも同じです。
自分が休みたいとか、仕事したくないとか、仕事を早く終わらせたい、とかいう気持ちは私にも、もちろんありますけど。
そういうのは、少なくとも患者の命に関係ない所でしか、出しちゃ駄目ですよ。

って事で、医者の例でした。
タイトルを医者資質に替えても良いんですが。
医者資質看護師資質2にしちゃいました。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左上のサイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓





スポンサーサイト



医者、看護師の資質
医者看護師などの医療従事者に、最も必要な資質ってなんでしょうかね。
知識や技術でしょうかね。

厚生労働省は、そう考えて研修医制度を変えたり、看護学校を3年から4年に伸ばそうとしたり、高校の看護学校をなくしたりしているようですが。

本当に最も大事なのは、知識や技術なんですかね。


私は循環器内科医なので、心筋梗塞心不全など、心臓に関する重症患者を診ることが多いです。

例えば、心不全心筋梗塞または、その疑いの患者が他の病院から救急車で送られて来るとします。
で、そういう重症かも知れない患者が来るかもしれないってわかっているので、当然、医者はその患者が来たら呼んでって、看護師に頼んでおきます。

ずーっと入院病棟や救急外来で医者が待っているっていう方法もあるんですが、医者にはそれ以外にも外来や検査、他の入院患者の処置、書類書き、等たくさん仕事があるので、そのためだけに、来るまでにどの位時間がかかるかわからない人を待ってるわけにはいきません。

重症かもしれませんので、当然連絡があったらそれ以外の仕事はすぐに止めて飛んでいけるように、待機してはいるんですけどね。

で、患者が来た、と。
そしたら看護師はすぐ患者の所に行きますよね、当たり前ですけど。
そしたら、すぐ医者を呼んで欲しいんですよね、こっちは。
看護師だけでなく、医者もすぐ患者の所に行って診たいから。

だって、心筋梗塞や心不全って、すぐに死んでしまうかもしれない重い病気なんですよ。
心不全にも心筋梗塞にも軽症から重症までいろいろあるし、他の病院の診断が間違ってるって事もありますけどね。
でも、まずは診てみないとわからないんですよ、絶対。
どんな名医でもね。
だから、何を差し置いても、まず医者を呼んで欲しいんですよ。

でもね、看護師の中にはまず、ルーチンの業務で入院の説明をしたり、トイレがどことか話をしたり、ただ血圧だけ測って、後は入院に必要な書類を書いていたりする人がいるんですよ。
医者を呼ばずにね。

百歩譲って、ベテランの看護師で、経験も知識も豊富で、判断もほとんど正しいという看護師が、病態の把握を自分なりにして、その結果そうするなら許せますよ。
でも、99%そうではなくって、自分の仕事を早く終わらせたいとか、そういう理由ですよ。

まあ、それがたまたま軽症なら良いですよ。

ひどいのになると、心不全って紹介されて酸素もつけてきて、患者も明らかに横になれずに「はあはあ」って呼吸苦しがっている。
こういうの、心不全の時によくなる起座呼吸っていうんですけどね。

で、患者の家族も心配そうな顔して見ている。
そういう人が来て、一時間も大部屋に放っておいて、こっちがまだ来ないのって連絡するまで、何もしない。
とかね。
それって、有り得ますか、看護師として。
というより人間として。

素人の家族だって、苦しがっているってわかるんですよ。
看護師なら、酸素飽和素を測ったり、それが悪かったら医者に報告するとか、それ以前にまず、医者呼べって言われているんだから、早く呼べってんですよ。

まあ、確かに知識も経験もないから、この患者重症ってわからないとしてもね。
やばそうな雰囲気を感じるとか、そういう重症かもしれない患者が来たときは、そういう判断ができない新米看護師を担当にしないとか、何も考えずにすぐ医者を呼ぶとか、いくらでも方法はあると思うんですよ。

それって、別に技術や経験がいることじゃないけど、一番大切な事じゃないですかね。
患者の事を考えて、患者をよくするために、ベストをつくすっていう心構えというか、そういう気持ちって。

どこの病院でも、看護師は時間によって交代するので、看護師同士の引継ぎってしますけど。
それって、患者のために、より良い看護をするのが、本来の目的だと思うんですけど。
でも、看護師同士の自己満足になってる病院って多くないですかね。
ま、医者のカンファレンスも同じなんですが。

例えば心筋梗塞患者がいる。
その患者を治す為には、心筋梗塞と診断をしなければならない。
そのために知識がいる。
そして、診断や治療をするためには、心エコーの技術がいたり、カテーテルの検査や治療の技術がいる。
って順番で、最も大切なのは、患者を治すとか、助けたいって気持ちじゃないですかね。
医者看護師も。

間違ってますかね、私。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左上のサイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓




Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず