FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医療事故にどう向き合うか2
「医療事故にどう向き合うか1」の続きです。
こちらを読んでいない方は、まずこちらを読んで下さい。

6/22、19:30からNHKのクローズアップ現代「医療事故にどう向き合うか」で私のもうひとつのブログ
「やぶ医師のつぶやき」~健康、病気なし、医者いらずをめざしてが放送される予定だったのですが、中止になったので、この放送の感想の続きです。

番組の真ん中~後半の部分は良かったが、放送の前半のコメンテーターの話
「訴えられることが怖くてリスクのある医療をしないと言うことは、医師としての責任を放棄していませんか」
が偏った見方だ、という感想でした。

で、その後にコメントした、もう1人の右側の人。
NHKの解説員らしいですが。

医者病院が情報を隠すから、民事では無理だから刑事事件になった。」

というような意見を言っていたような気がします。

今回、産婦人科医の件では、全く刑事事件に相当しない事件で刑事になっているから問題だって我々医者は言っているんですよ。

彼は、一生懸命に患者の命を救おうとした。
しかも、一万人に一人しかいないような難解な症例で、十分な輸血もない病院で、しかも1人で。

で、その結果、逃亡の恐れも全くないのに、病院の中で大勢の患者さんの前で手錠をはめられて逮捕されてるんですよ、事故から一年後に。
だから問題だって言ってるんですよ、こっちは。
それをなんですか、あれ。

医者病院は悪者だから、民事じゃだめだから、刑事って。」

明らかに一方的な意見なのではないですかねー。
最初、NHKもそう思って、現場の医者の意見を入れてって思ったんでしょうけど。
そいで、私を含めて数人の医者と交渉していたみたいですけど。

医者の側の意見を直前でカットしたから、明らかに偏った報道になっていると思うんですが。
まあ、当たり前ですよね。

右、左の両方の意見があって、中立な立場の放送になるんでしょうけど。
片方の意見を削除したら、偏った意見になるっての。

天秤の両側に重りがあって釣り合っているのに、片方の重りだけとったら、傾くっての。

一体なにが言いたいのか、まったくわかりません。

少なくとも、ああいう偏見に基づいた、一方的な立場だけの放送は、現場の一医者としては許す事はできませんね、私には。

はっきり言って、あの呉の病院を除いたコメンテーターのやりとり。
一見NHKで堅い番組を装っていますが。

正直言って、「民放のくだらない医者たたきの番組」と同程度にしか見えませんでしたね、私には。


わかりやすく、今回の番組で例えましょうか。
産婦人科医の件を。

NHKのプロデューサー
が、クローズアップ現代という番組を作って、

公平中立な立場で、医者の立場からも患者の立場からも考えた、立派な番組を作って、医療事故の原因について検証しよう

という報道をしようとしました。

でも、この番組は医者からみたら、

医者病院が情報を隠す悪者だから、民事では無理だから刑事事件が必要だ。だから医者は逮捕されて当然。」

というように映った。
はっきりいって、医者を侮辱する内容です。

だから、医師会NHKという会社(特殊法人ですか、知りませんけど)ではなく、NHKのプロデューサー個人を侮辱罪で訴えた。
そして、NHKのプロデューサーが公衆の面前で手錠をはめられて逮捕されたって事ですよ。

簡単に言えば。

ま、一部の人間は「ざまーみろ」って思うかもしれませんよね。
今回のように偏った意見を流されて、被害を被った人間とか。

でも、それって正しい事ですか?
本当にそんなんで、逮捕されて良いんですか?
誰がどう考えても違いますよね。

多分そんな事があったら、マスコミは朝から晩まで、不当逮捕だってテレビや新聞を通じて報道しまくりますよ、きっと。


私の偏った見方なのかもしれませんが、参考までに他の先生の意見もこちらにかいてありますので、興味のある方は見てみて下さいね。

いっちゃんの小児科奮闘膝栗毛、「げんだい」

東京日和、[無責任なのか?]医療事故にどう向き合うか


この2人の先生のブログもNHKで放送される予定だったのに、私のせいで放送中止になったのだとしたら、すいませんでした。

読者の方達で、放送を楽しみにしていた方達も、ほんとうにすいませんでした。

動画を見つけたので、ここに貼っておきますね!
「You tube クローズアップ現代、医療事故にどう向き合うか」

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左上のサイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず