FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
治療で死亡14人?
机上の空論が得意な厚生労働省研究班が、
また新しい調査結果を発表しましたね。
まずはこちらをご覧下さい。

全国18カ所の大学病院や200床以上の一般病院
入院患者のカルテを分析したところ、
医療行為や管理上の問題が原因で死亡が早まった」とみられるケースが
2002年度の1年間に14件あり、
半数が防げた可能性が高いことが7月15日、
厚生労働省研究班の調査で分かった。

カルテの内容まで踏み込んだ医療事故の実態調査は初めて。
他の治療法を選択したり、院内体制を充実させれば
死期を遅らせることが可能だったとしており、
主任研究員の堺秀人(さかい・ひでと)神奈川県病院事業庁長は
「過失とまでは言えないが、事故例を医療現場で共有し、
再発防止に役立てる仕組みを作るべきだ」と指摘している。

調査は18病院を退院した患者計4500人のうち、
カルテを確認できた約4400人分について、
各科の医師で構成する判定チームが検討。
14件「入院前または入院中の治療が原因で死亡が早まった」
と判断した。

このうち、防げた可能性が高いとされたのは
「抗生物質を点滴中、けいれん発作が誘発された」
「心臓手術後にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)肺炎を発症」
「不整脈患者が病室で心室細動となり、
看護師が(心電図の)アラームに気付くのが遅れた」
など7件。

けいれん発作や肺炎は患者の様子をより注意深く観察していれば
早期に発見できた可能性があったほか、
不整脈患者はナースステーションに看護師が常時待機していれば
アラームに気付くことができた、と結論づけた。

このほか、医療行為や管理上の問題で具合が悪くなったり、
再入院が必要になったりする「有害事象」は
全体の1割に当たる約440件。
主に院内感染や敗血症、薬剤の副作用などで、
約4分の1が防げた可能性が高いと判断された。

共同通信社:2006年7月18日


亡くなった方にとっては残念だとは思いますが。
少なくともこれらの事例は、現在医療体制では、
「救えたかもしれない命」って事にはならないかなー
って私は思うんですが。

もちろんカルテの内容そのものを私は見ていないのでわかりませんが、
この文面からわかる範囲で検証していきましょう。

「抗生物質を点滴中、けいれん発作が誘発された」

たしかに、この方は抗生物質の副作用で
けいれん発作が誘発された可能性が高いと思います。

これに関して研究班は、
「患者の様子をより注意深く観察していれば
早期に発見できた可能性があった」

と指摘しております。

確かにおっしゃる通りなのですが。
この人がけいれん発作を起こすって事は、
当然ですが、誰も事前にはわからないんです。

と、いうことは抗生物質を点滴する患者、全員に看護師を
1人、最初から最後までべったり貼り付けて、
経過を観察しなければならないっ
って事ですよね。

今、医師不足って騒がれていますが、医者だけでなく
看護師の数も不足しています。

抗生物質を点滴する人は、どこの病院でも各病棟、最低でも数人
から数十人いて、外来にもいるでしょう。
現在の体制でも、人手不足なのに、抗生物質を点滴する人全員に、
最初から最後まで看護師を貼り付ける余裕は、
残念ながらどこの病院にもありません。

おそらく、それだけで各病院数十人規模の増員が必要でしょう。


「不整脈患者が病室で心室細動となり、
看護師が(心電図の)アラームに気付くのが遅れた」


これもだいたい一緒です。
これを見逃さないためには、必ず各病棟の看護師詰め所で
モニターの前に、看護師が1人は待機していないといけない

って事になるんですかね。

現在多くの病院で、夜勤の看護師は各病棟3人くらいっていうのが
一般的ではないでしょうか。
1人が必ず詰め所にいるって事は、各病棟に50人位いる患者の
処置などを、2人でやらなければいけない
って事です。

3人でも厳しいのに、老人病院ではない一般の病院で、
それだけの業務を2人でこなすのは、ほとんど不可能です。

抗生剤の点滴とかは、たいてい昼間にやりますから、
昼の間の看護師の数を増やすだけで良いとしても、
不整脈に関しては昼夜関係なく起こる可能性があります。

ということは、日勤業務の看護師だけでなく、夜勤の看護師も
それぞれ最低1人ずつは増員が必要
って事です。

今は多くの病院で看護師は2交替制ではなくて、3交替制ですので、
日勤、準夜、深夜の各業務で、それぞれの病棟で最低1人の
看護師の増員が必要
って事になりますね。

各病院で、数十人から数百人の看護師の増員が必要って事ですかね。

「心臓手術後にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)肺炎を発症」
肺炎に関しては患者の様子をより注意深く観察していれば
早期に発見できた可能性があった。


点滴をしている最中にけいれんを起こしたっていうのは、
点滴している最中ずーっと見ていれば、わかるかもしれませんが。

これはどうなんでしょうかね。

肺炎を起こしたってわかるのは、きっと咳、痰、発熱などの
症状があった、って事だと思うんですが。

こういった肺炎の症状が出るのは、肺炎になったですから。

肺炎が悪化する前に気づくって事であれば、
確かにその通りですが。
老人の場合、肺炎でも症状が出ない場合もありますし。
正直言ってカルテを見たわけではないので、今回のこの記事を
見る限りではわかりませんので、なんとも言えません。


今回の調査結果が間違っているとは言いませんが。
少なくとも医療の現場を知っている人間が書いたものでは
ないですよね、きっと。

どっかの役人とか、天下り先でろくに仕事もしてないで
給料を貰っている人達であれば、業務を増やせば良い、
ってだけなんでしょうけど。

今現在、ほとんど目一杯、医者看護師も働いて、
それで人手不足でどうしようもない、って声を上げているんですよ。

だから、新たに一つ業務を増やすっていったら、
他の何か別の業務ができなくなるって事
です。
もしくは新たに人を雇う以外は無理でしょう。

ですから、こうしたらできた可能性があるってだけ言って、
やってないからおかしい、って言うのは意味がないと思います。

こういう事を実際にやるには、看護師が全国で何十万人必要、
そのためには予算が何百億円必要

とか、これと、これの業務は無駄。
って、無駄な業務を正確に把握して、それがおおよそ
何時間くらい、人員が何人分。
で、その分を今回指摘した仕事に当てれば、
人員は現在のままでも良い
とか。

そこまでやらないと、何の意味もないような気がするんですがね。
得意の机上の空論というか。

「結論づけた」ってたいそうな感じで書いていますけど。
悪いけど、この調査をやるのに、人も時間も金もかけてるんでしょ。

極端な話、「人がもう少しいれば助けることができる命もあった。」
ってだけでしょ、この調査の結果は。

そんな事、言われなくてもわかっているんですよ、現場の人間は

だから、足りない人数が何人とか、具体的に指摘するのが、
結論なんじゃないですか?

「院内体制を充実させれば」って、だからどの位医者とか
看護師を増やしたら、何人くらい救えるんですか?

この調査自体は、大がかりで意義のある調査だと思いますよ。

厚生労働省の調査班がって書いてあるけど。
調査班のメンバー本人が、実際に病院に行って、
4400人のカルテを見た訳じゃないでしょ、どうせ。

通達だか何とかって、各大学や病院に出して、
教授や病院長が、病棟医長や各科の科長に指示して、
それを受けて、末端の現場の医者がカルテをひっぱり出して
報告してるんでしょ、この調査。

何人の医者が何日かけて調べたかわからないですけど。
相当な労力ですよ、これ。

きっと、患者をいつも通り診て、その後夜中に、
無償でやったんじゃないですか、カルテを出して。

これだけの労力を使って調査したんだから、わかりきった事を
書くだけじゃなくって、もうちょっとましな結論は出せないんですかね。


糖尿病について知りたいなーって思ったあなた。
そんなあなたにお勧めの無料レポートはこちら

 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ 
日本一わかりやすい!「糖尿病」

FC2ブログランキングに参加しています。
皆さんのおかげで、健康部門第1位になりましたよ。
油断すると落ちちゃうので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず