fc2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医師の超勤手当
奈良で、不幸にも妊婦さんが亡くなった件があって。
ブログの記事がその事ばっかりになってしまったんで。
他の記事にしようかと思ったら、たまたまこれも奈良の事件でした。

「過酷な当直」、産科医5人が超勤手当1億円要求 奈良

奈良県立奈良病院(奈良市)の産婦人科医5人が
04、05年の超過勤務手当の未払い分として計約1億円の支払いと、
医療設備の改善を求める申入書を県に提出したことがわかった。

医師らは「報酬に見合わない過酷な勤務を強いられている」
と訴えており、要求が拒否された場合は、提訴も検討する方針。

県によると、同病院の年間分娩(ぶんべん)数は05年度で572件。
産婦人科関連の救急患者は年間約1300人にのぼる。
産婦人科医当直をした場合、1回2万円の当直料が支払われるが、
当直の時間帯に手術や分娩を担当することも多いという。

申入書によると、当直について労働基準法は「ほとんど労働する必要がない状態」
と規定しており、実態とかけ離れていると指摘。当直料ではなく、
超過勤務手当として支給されるべきで、
04、05年の当直日数(131~158日)から算出すると、
計約1億700万円の不足分があるとした。

現在9床の新生児集中治療室(NICU)の増床や、
超音波検査のための機材の充実なども要求している。

医師の一人は「1カ月の超過勤務は100時間超で、
医師の体力は限界に近い。更新期限を過ぎた医療機器も少なくなく、
これでは患者の命を救えない」と訴える。

県は、産科医を1人増員するなどの改善策に乗り出すとともに、
医療設備の改善を検討しているが、超過勤務手当の支払いは拒否した。
担当者は「財政難のため、すべての要求に一度に応えるのは難しい」と説明する。

朝日新聞、2006年10月21日

そして、もう一つ奈良の記事。

<奈良>奈良市 同僚4人も不正休暇か

病気を理由に5年間で8日しか出勤せず、給与を受け取っていた奈良市職員が、
休暇中に公共工事の受注業者や同和団体の幹部の立場で
しばしば市役所に来ていたことがわかりました。

この問題は奈良市環境清美部の42歳の男性職員が、
5年間に8日しか出勤していないのに、およそ50もの病気の診断書を
市に提出して病気休暇を取り、満額に近い給与を受け取っていたものです。

問題となった職員は、休暇中であるにも関わらず、
入札控え室に出入りする姿が度々目撃されていました。
この職員は、親族の経営する建設会社に公共工事を受注させようと、
病気休暇中にもかかわらず、市の工事担当者に働きかけ、
去年、36件、5000万円以上の受注していました。

さらに、この職員だけでなく、他にも4人が不自然な病気休暇を取っていたことが
新たにわかりました。
いずれも市環境清美部の職員4人で、現在までの5年半の間に、
51通から186通の診断書を提出して、病気休暇を繰り返し、
給与の支払いを受けていました。

藤原昭市長は、会見で、42歳の職員を早期に懲戒免職処分にした上で
他の職員についても調査するとしています。


朝日新聞、2006年10月23日


へー。
奈良っていうのは、一生懸命働いた産科医に、
正規の残業代は払う金はないけど。
5年間で8日しか、出勤しない人に払うお金はあるんですかー。
しかも、同じ様な人が他にも4人もいるみたいだすし。

この人の親族の会社に払うお金も、5000万円もあるんですかー。

医療設備には金かけても良いけど、人には出せん、と。
じゃ、産科医はいなくても良いけど、機械だけあればよいんですね。

ふーん。

産科医がいなくなったら、お産ができなくなるんですけどねー。
機械がお産してくれるわけないですからね。
この産婦人科医の人達、きっと正規の残業代を貰えなかったら、
奈良県立奈良病院辞めちゃうかもしれませんよ。

大淀病院産科医の先生。
60歳すぎているので、普通の職業だったら退職する年齢なんですけどね。
この地区で1人しかいない産科医なので、
1人で、年間200例くらいのお産を取り上げて。
毎日産婦人科の病気で何かあったら、24時間365日頑張ってきたんだけど。
今回マスコミに、医学的には悪くもないのに責められて、
ほぼ間違いなく辞めまちゃいますね、大淀病院

奈良産科医は、何人になりますかね。
奈良ではお産ができなくなってしまうかもしれませんよ。

これも、医者を不当に安く使ってきた行政と、
罪もない医師を叩いてきた、マスコミのせいなんですけどね。

これで、お産ができなくなったら、誰か責任とるんですかね。


「医者の当直2」の記事でも書いたし、この新聞記事にも載っていますが。
本来医師当直というのは、労働基準法上は
ほとんど労働する必要がない状態」ってなっているんですよ。
だから実際に働いた場合は、超過勤務手当として支給されるべきなんですよ。

この流れが、全国に広がってくれると良いですねー。

勤務医の方達は続きへ。

大きな病院、特に大学病院について知りたいって思ったあなた。
そんなあなたにお勧めの無料レポートはこちら

 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓
「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密 

FC2ブログランキングに参加しています。
わーい、わーい。健康部門第1位になりましたー。
1位を維持したいので、皆さん応援よろしくお願いしまーす。

 ↓ ↓ ↓



つづきを表示
スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず