FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
奈良の産科医 私見
奈良の産科医の件で、これ以上の詳細はわからないと思います。
同じ様な記事が続いて申し訳ないんですが、
これ以上の進展がなければとりあえず、この記事が最後になると思うので、
私の私見を述べさせて頂きますね。

今回の件で、現場で起こった事は、カルテのコピーを元にして書いた、
「奈良の産科医 詳細2」の記事が、ほぼ正しいと思われます。

時間の経過を追っていくと、

0:14突然、意識消失、応答に返事なし。
産婦人科医師はすぐに診察瞳孔、左右差なし。
対光反射もあり偏心も認めない。血圧も安定し呼吸も安定。
痛覚刺激に顔をしかめて反応。


そして脳出血、脳梗塞などの頭の病気も頭に入れて、すぐに
念のため内科当直医(経験6年の循環器内科医)に診察を依頼しています。

マスコミは、頭のCTを撮らなかったから、この産科医が悪い。
というような論調ですが。
頭のCTというのは、ただの検査なんです。
脳出血の場合は、頭部CTを撮ればすぐに診断できますが、
脳梗塞だと、なってから半日~一日位経たないとCTでは診断できないんですよ。
完璧な検査ではないんです。

もちろん、ただの検査ですから、CTを撮った瞬間、
魔法のように脳出血が消えて、「はい、治りました
というようにはいきません。

だから、それより大事なのが、麻痺があるかとか、瞳孔がどうだとか、
神経所見はどうなのか、っていう診察なんです。
脳出血とか、脳梗塞を疑った場合ね。

それで、この産科医の先生も、頭の病気も念頭に置いて、
自分だけでなく、内科医の先生にも依頼して、確認をしています。

検査っていうのは、お金をかけて大がかりなCTとか
そういうのばっかりじゃなくて、こういう身体所見を取るっていうのも、
立派な検査です。
しかも、今回の場合は2人がかりでやっています。

この病院は、田舎町立病院なんですよ。
しかも夜中の0時

町立病院でも、昼間で放射線技師がいて、CTも稼働している
状態なら、この産科医の先生もきっと頭のCTを撮ったと思いますよ。

でも、田舎で、放射線技師も当直していないので、
呼んで来てもらって、CTの機械を立ち上げて、
それから頭のCTを撮るのに、きっと一時間位かかるんですよ。

だから、医者2人で診察をして、積極的に脳出血脳梗塞を疑わす、
神経学的な所見がなかったから、そのまま経過を見た
その判断が間違っていたとは、私は思いません。

田舎でも、夜中でも都会の昼間と同じ様な医療を受けられて当然
そうでなければ、医者は犯罪者扱い。

マスコミがそんな論調だから、地方に行く医者がより減っているんですよ。
医師不足は、地方でより顕著ですが、
その原因の一端はマスコミにあるんですが、その自覚はあるのでしょうか。


その後のカルテ(多分看護記録)を見ても

(0:30)BP156/71mmHg,顔色は良い。
(0:40)CTG 再装着。児心音良好。バイタルサイン良好。
(1:00)BP152/84mmHg,SPO2 97-98% 呼びかけに対し、
眠っているのか、返事がない。呼吸は平静でイビキも認められない。

(1:30)CTG 異常所見なし。呼びかけに対し応答なし。
よく眠っている様。顔色良好。


というように、看護師も気を遣って一時間で四回も患者を見に行っている。
医者注意して見てって指示を出しているんでしょう。
しかも、この記録を見る限り、この妊婦さんは「ただ眠っている。」
そうとしか見えないんですが。

その後1:37に急変して、搬送依頼などにてんやわんや、
という状況なんだと思います。

最初のマスコミの誤報では、6時間放置。
その後、1時間20分放置と、いつの間にか変わっていますが。
いずれにせよ、放置ではないと思います。
何回も経過を見に行って、ただ眠っていた。
それを放置とは言わないと思います。

「15分おきに入院患者全員の所に行って、みんな起こさないと、放置」
とでも言うのでしょうか。


それと、ちょっと医学的な考察。

まだ詳細がわからない頃に書いた、「奈良の産婦人科医」の記事に書いたように、
この患者が脳出血と診断した所で、患者の重症度がもっと上がるだけなので、
入院患者の受け入れが、もっと早くなるとは思えません。
0時過ぎの段階で頭のCTを撮ろうと思っても、おそらく搬送されるのが、
一時間早まっただけ、という事になると思います。

そして、今回の場合、死因脳の深い所の脳出血

の中にもいろいろあって、例えば言語をつかさどるところとか、
手や足を動かすところとか、記憶するところなんかがあるんですよ。
そこらへんが、脳出血脳梗塞でやられても、
麻痺が残ったり、記憶が一部なくなったりとか、言葉がしゃべれなくなるとか、
そういう風になるんですが、それだけでは死なないんですよ

でも、呼吸ができなくなったり、心臓が動かなくなったりしたら、死にますよね
そういう、もっと大事なところ、っていうのが、脳の深い所っていう意味です。

脳の深いところの脳出血だと、はっきりいってほとんど助かりません。
例えば、脳出血7時間で手術をしても、90%は死亡。
10%は重篤な脳障害が残り、0.1%は助かるとか

ま、例えばですけど、こんな感じだと思うんですよ。

国立循環器病センターに着いたのが朝6時で、頭のCTを撮って、
その後手術ですから、それまでに一時間はかかっているでしょう。
マスコミの言う通り、0時過ぎ頭のCTを撮ろうと思って、実際に撮っても、
おそらく手術までの時間が1時間早まるだけでしょうから。

6時間後に手術だと、85%は死亡、15%は重篤な脳障害。
助かる可能性は0.2%。
とか、その位でしょうね、せいぜい。
これだけ重い病気になってしまうと、一時間早く手術をしても、
助かる可能性はほとんどないでしょうね。

ま、これは確かな確率じゃなくって、あくまで私が便宜的に書いた確率ですが。
大きくはずれてはいないと思います。
マスコミが早くCTを撮れば助かった、って言うのであれば、
こういった確率を正確に出して言うべきだと思うんですよね。
この例なら、0.2%は助かったとか。
でも、何も具体的な数字も出さず、「助かったはず」とか。
そう言ったら、普通の人は90%位は助かった、とか思うんじゃないですかね。

およそ0.2%とかその位の確率の事を、90%とか100%のように言う報道は、
誤報と言っても良いと思います。


もう一つ、医学的な事。

これ、私の知る限りですが、他の医療関係者のブログとかでも、
誰も言っていない事なんですがね。
脳出血を発症した時間の事です。

実は、私は0時脳出血が起こったとは考えていません。
0時過ぎに一瞬意識は無くなっていますが、その時は神経学的所見もないし、
その後バイタルは安定して、すやすや寝ていますから。


むしろ、脳出血が起こったのは、

(1:37)突然の痙攣発作出現。水銀血圧計でBP200/100mmHg。
SPO2 97%、いびきをかき始める。強直性の様な痙攣を認める。


の頃か、

(2:00)BP148/75,HR76/min.SPO2 97%,R26/min.痙攣発作は認めない。
二回目のBP144/71,HR96/min. 瞳孔散大。


の頃か、

(4:30)呼吸困難状態発生。気管内挿管。

の頃

どこの時点で、って事は言えないんですが。
状況から考えて、0時の段階では脳出血が起きていなくて、
その後2時4時半かわからないけど、脳出血が起きたんじゃないかなー
って思っています。

確かな事は、国循に着いた6時以降頭のCTを撮った時には、
脳出血だった、という事だけですから。

そうであれば、マスコミの言う通り0時過ぎ頭のCTを撮っても、
何も映らない。
で、その後脳出血が起きたら、子癇の治療である安静を保たず、
頭のCTを撮ろうとして動かしたから、脳出血が起きた。
医療ミスだ。
って事になるかもしれませんね。
わかりませんけど。

私の推測では、

(1:37)突然の痙攣発作出現。

の後、

子癇の治療であるマグネゾールを注射して痙攣はおさまった。

と、あるので。
脳出血であれば、子癇の治療をしても痙攣はおさまらないと思うので。
この時点では、子癇

で、その後いつかわからないけど、脳出血を起こしたのではないかな。
って考えています。
もちろん、いつの時点で脳出血が起こったって事は、
誰にもわからないんですけどね。

今回の件で、私が最も頭にきているのは、詳細がわかってもいないのに、
医師個人の責任にして、早くCTを撮れば助かったはず。
という、マスコミの医学的な根拠のない報道に対してなので。
医療体制とか、そういう事に対しても、もっと言いたいことはあるんですが、
この位にしておきますね。

ちなみに、「ベッドに空きがない」というのは、
物理的にベッドがない、って意味じゃなくて、人手が足りないって事なんだ。
という事をわかりやすく解説したブログを見つけたので、
ちょっと紹介させていただきますね。

「とりあえず俺と踊ろう:ベッドがなくても受け入れて欲しかった。」

悪くなると、脳梗塞や脳出血を起こすかもしれない、こわーい病気
糖尿病について知りたいなーって思ったあなた。
そんなあなたにお勧めの無料レポートはこちら

 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓
日本一わかりやすい!「糖尿病」

FC2ブログランキングに参加しています。
今日も応援よろしくね!

 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず