FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
無過失補償、お産費用増加へ
出産時事故が起こった時に患者に金銭補償をする
無過失補償」というのが、
産科医師負担で導入されそうですが。
騙されちゃいけませんよー。

医者保険料払うんだから、私には関係ないや、
なーんて思ったら駄目ですからねー。
新聞記事をしっかり読んで下さいね!


出産時事故:患者に「無過失補償」導入へ 民間保険を活用

政府・与党は17日、新生児が脳性まひで生まれてくるなど
出産時の事故に関し、医師の過失を立証できなくとも
患者に金銭補償する「無過失補償」制度を、
07年度に創設する方針を固めた。

民間保険を活用、保険料負担は医師に求めるが、
負担増対策として健康保険から支払う、
現在35万円の出産育児一時金を2~3万円増額する。
新生児1人につき2000万~3000万円の一時金を
補償する方向で調整する。

財源に関し、日本医師会は税負担を求めているが、
与党は「国が直接かかわる話ではない」として、
親に支払う出産育児一時金を活用することにした。
一時金を増やせば、
やがて出産費がアップし、
その分医師の収入増につながるため、
医師に保険料を負担してもらう構想だ。

民間保険会社に新たに「無過失補償」の商品を企画してもらい、
産科医が任意加入する形をとる。
保険料の決め方などの詳細は今後詰める。
先天性異常の場合は、補償対象としない。
将来的には、自動車損害賠償責任保険のような強制加入の
制度に移行することを想定している。

政府は、出産育児一時金を37万円にアップすれば、
医師全体で約200億円程度の増収となり、
事故一件につき2000万円の補償が可能になるとみている。

政府は補償金に税投入はしないが、民間保険会社の支払い審査、
原因分析といった事務費の半額、数億円を
「少子化・医師不足対策」名目で税負担する。

医療事故に絡む民事訴訟件数は年々増えており、
04年は1110件と10年前に比べ倍増している。
なかでも産科(143件)は、
件数こそ内科などに次ぐ4位だが、
医師1000人当たりでは11.8件と最も多い。
このことが産科医のなり手不足を招いている、との指摘がある。
無過失補償をすることで、被害者の救済に加え、
医師不足対策にもなるというのが政府・与党の判断だ。


「毎日新聞 2006年11月17日」

ま、赤字で書いたからわかった人も多いと思いますが。

一時金を増やせば、やがて出産費がアップし、
その分医師の収入増につながるため、
医師に保険料を負担してもらう構想だ。


って事は、「お産の費用が増える」って事ですからね、
はっきり言えば。
政府は、医者叩きに便乗して、医者の負担でお金が出るから、
この案に賛成しなさいよ。
と言って、国民の賛同を得る作戦なんでしょうけど。

お産って、保険が効かない自由診療ですから。
結局は、費用はお産をする妊婦さんとか、その旦那に
かかってくるんですよ。


そして、政府の魂胆はこんな所にも見え隠れします。

政府は補償金に税投入はしないが、民間保険会社の支払い審査、
原因分析といった事務費の半額、数億円を
「少子化・医師不足対策」名目で税負担する。


その前の文章に200億円って書いてありますから。
今回の事でかかる費用200億円くらいの試算なんでしょうが。
でも、数億円は政府が出すから、権限は俺達にある。
という事を言いたいんですね、要は。

金はちょっとしか出さないけど、口は出す。
という口実ですね、はっきり言えば。
全く政府が何もしないって訳にはいかないから、
アリバイ作りって感じでしょうか。

そして、

民間保険会社に新たに「無過失補償」の商品を企画してもらい、
産科医が任意加入する形をとる。


経済財政諮問会議に、昔、民間保険会社の○リックスの宮○会長
って人が入っていたような気がしますが。
結局こういう人達の利益になるように仕組まれているんですねー。

最初は産科医の負担が大きいから、って話だったのに。
結局負担は産科医患者(妊婦)
儲けるのは、民間保険会社
権限厚労省

って構図はどこにいっても変わらないんですねー。

「少子化・医師不足対策」

って。
お産の費用を値上げして、少子化政策
産科医の負担を増やして、医師不足政策
の間違いじゃないですか。


これから子供を産む可能性のある人や、
その旦那さんになる可能性のある人。
子供は大きくなったけど、今後、孫の生まれる可能性のある人達。
そういう人達は、税負担にするように、
声を上げた方が良いですよ。

自分たちには関係ないと思わないで。

私は、「無過失補償」そのものには賛成ですが、
今回のように、産科医患者(妊婦)に負担させる
やり方には反対です。


話は変わるんですが。
お産保険が効かなくて、酔っぱらいには
保険が効くって、納得がいかないんですけどね、私。

酔っぱらい相手に、かなりの時間と労力を使って。
結局、点滴一本で、病院もたいして利益にならないし。
まして、その少ない額に保険が効くから、
患者は痛くもかゆくもないでしょうし。

更に、救急車になんか乗ったら、交通費も無料だし。

酔っぱらいは、病気じゃないから保険効かない、
って事にならないかなー。

お産にはリスクがつきものなんです。
お産の合併症として、肺梗塞があるんですが。
肺梗塞(エコノミークラス症候群)について知りたい人は、こちら!


→ 「気をつけて!死んじゃうかも!フライトの旅行で注意すべき病気!」

FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
1位を目指しているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず