FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
「あるある」ねつ造番組
ご存じの方も多いと思いますが。
1月7日にフジテレビ系で全国放送したテレビ番組
発掘!あるある大事典2」の、納豆ダイエットに関する報道で、
ねつ造が明らかになりましたね。

ねつ造がはっきりしている点は、次の5点

(1)被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用
(2)米の大学教授の発言の日本語訳の一部をねつ造
(3)被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず
(4)納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、
朝晩1パックずつ食べた場合の比較で、
被験者の血中イソフラボン濃度の結果をねつ造
(5)被験者の血中のDHEA(ホルモンの一種)量検査のデータをねつ造、
また、許可を得ずグラフを引用

ま、正直言うと、医学的根拠もないのに、
さも医学的な根拠があるかの様な報道をしたり。
都合の良い点だけを強調したりと、いろいろ問題は前からあったんですが。
バラエティ番組なら許容範囲かな、って所もあったんですけどね。
民放のただの一番組とはいえ、番組が放送で取り上げた食材は、
次の日のスーパーですぐ売り切れになるとか、いつもの何倍も売れたとか、
影響力の大きい番組ですからねー。

今回の件は、明らかに誰の目からみても、「ねつ造」ってものが、
5つもあったから、たまたま問題になった、ってだけで。
はっきり言って氷山の一角ですからねー、こんなの。

で、総務省は今回の件で厳重注意を科すそうですねー。


<番組ねつ造>関西テレビの幹部から聴取 総務省通信局

関西テレビ(大阪市北区)制作のテレビ番組
「発掘!あるある大事典2」のねつ造問題で、
総務省近畿総合通信局は22日午前、
関西テレビ幹部から事実関係について聴取した。
放送法に抵触すると判断された場合は、
厳重注意処分を科すなどして再発防止を求める。

放送法では、「報道は事実をまげないでする」としているが、
明確な罰則規定などはない。

関西テレビによると、ねつ造があったのは今月7日にフジテレビ系で
全国放送した番組で、「納豆を食べるとダイエットができる」
との内容だったが、
(1)被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用
(2)米の大学教授の発言の日本語訳を一部ねつ造
(3)被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず
――など事実と異なる内容が含まれていた。


参考:2006.1.22 毎日新聞

フジテレビは、民放の中でも特に医師叩きの激しい局だったし。
総務省が厳重注意したって、私は構わないんですけどね。
どうして、フジテレビのこの番組だけなんでしょうかねー。

放送法では、「報道は事実をまげないでする

って、まあテレビ番組の事だけなのかもしれませんが。
新聞なんかは良いんですかねー。

奈良の大淀病院産科医の先生の件では。

適切な処置をして、一生懸命搬送先を探したが、
非常に重症で夜中だった為に、搬送先を探すのに
一時間二十分の時間がかかった。

そして、重症の脳出血で誰が処置をしても
助けられなかった患者なのに、
「6時間放置したから、この医師が患者を殺した。」
という印象を読者や視聴者に与えましたよね。
報道番組である、ニュースや新聞で。


大淀病院、分娩中止。マスコミを訴えろ!の記事でも書きましたが。

そいで、こういう報道のせいで、奈良の南部では、
お産が出来なくなっちゃいましたよね。

ダイエットで効果がなくても、実害はないですが。
奈良の件では、実際に迷惑している人もたくさんいるんですが。

こういう新聞とか、テレビ番組の時も、厳重注意をして欲しいですねー。

ダイエットの番組で、視聴者からのクレームが多くって、
しかも明らかなねつ造5つ見つかったからってのもあるんでしょうが。

奈良の大淀病院産科医の先生がマスコミにぼろくそに叩かれた件でも。
私を始め、専門家である医師を筆頭に医療関係者が、
公開されたコピーを基に、詳細に医療現場の検証をして、
そいで新聞やテレビの報道は「だ」
って明らかになったんですけどねー。

こういうのには、厳重注意はいかないんですかねー。

今回のフジテレビは、一応謝罪はしていますが。
特に最初にスクープだって報道した毎日新聞は、
謝罪どころか、第11回新聞労連ジャーナリスト大賞で、特別賞
まで貰っていますからねー。

参考:第11回新聞労連ジャーナリスト大賞、疋田桂一郎賞他決まる!

一体どうなっちゃってるんでしょうかねー、日本のマスコミや政府。

でも、まあ今回の謝罪放送を見ても、全く反省している
気配はありませんけどね、関西テレビフジテレビも。

私はこの謝罪放送は見ていませんけど。
この事について書いた記事にはこう書いていますよね。

1月7日(日)に放送された番組の内容で、
架空のデータやウソの写真を使用するなどし、
21日(日)の放送を休止した『発掘!あるある大辞典2』について
同日夜、制作するフジテレビ系の関西テレビが、
同番組が放送されるよる9時より5分間、謝罪番組を放送した。

冒頭で「今回の番組の放送内容に関して、ご説明とお詫び致します」
とコメントした関西テレビ、毛利八郎アナウンサーは
「事実と異なる内容を番組で放送しました。
番組スタッフが、私的にデータを変えていました」と謝罪。


>番組スタッフが、私的にデータを変えていました

って、明らかに現場の個人責任にしようとしてますよね、これ。
不二家の件でも、雪印の件でもそうですけど。
結局企業は、何の反省もせず、現場の個人責任にするんですよね。

で、フジテレビは「発掘!あるある大事典2」は人気番組だから、
なんとか休止でお茶を濁そうと思っていたんでしょうが。
スポンサーの花王が降りたから、さすがに放送を中止せざるを
得なくなったみたいですねー。
ま、当然ですがね。

しっかし、なんか責任があったら、現場のせいにする、
ってのは企業もそうですけど、他でも一緒ですよねー。
政治家は秘書のせいにするし。
医療事故があっても、厚労省とか政府の責任でなっても、
現場の病院医師のせいにするし。
病院は、自分の責任逃れの為に、主治医のせいにするし。

はーっ。
どこでも、同じなんですねー。

単なる一番組の一スタッフのねつ造って事ではなく、
今回の件の根はもっと深くにあると思いますよ。

全然関係ないんですが。
このフジテレビねつ造の件で検索していたら、
一番たくさん記事をアップしていたのが、毎日新聞だったのが笑えました。
自分の事は棚に上げて、人の揚げ足取るのは好きみたいですねー。
スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず