FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
福島産科医不当逮捕事件、初公判
はーっ。
今日も疲れたー。
昨日当直で、夜中までメルマガ書いていて、
明け方呼ばれてあんまり眠れなかったし。
先週末は忙しかったから、今日は早く帰って寝るぞー、って思ってたのに。
今日も当直明けの日の夜に、重患が来てしまいました(涙)
そいで、さっき帰ってきて、ブログ書いてまーす。

ま、でも今日(もう昨日ですが)の話題は、当然これ!
医療関係者にとっては、2006年で一番大きな事件だったかもしれない。
福島の産科医、不当逮捕事件
これの初公判が、本日行われましたね。


被告は無罪主張/福島県立大野病院医療過誤事件の初公判

福島県大熊町の県立大野病院医療過誤事件で、
業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた
産婦人科医K被告(39)
の初公判は26日、福島地裁で開かれ、
K被告は起訴事実を否認し、無罪を主張した。

K被告は同病院に勤務していたことなどを認めたうえで、
「(手術前に)検査をしたうえ、血液も十分に用意した。
普段より慎重に医療行為をした。
冷静にできる限りのことを精いっぱいやった」などと述べた。
患者が死亡したことについては
「じくじたる思い。患者のめい福を祈っている」と語った。

起訴状によると、K被告は平成16年12月17日、
楢葉町の女性=当時(29)=の出産で帝王切開手術を執刀し、
癒着した胎盤をはがし大量出血で女性を死亡させた。
女性が異状死だったのに24時間以内に警察署に届けなかった。

公判では数千例に1例といわれる癒着胎盤という症例に対する
措置の是非が大きな争点になっている。
医師法21条の異状死についても
事件をきっかけに学問的な議論が生じている。

多くの医療団体が捜査に抗議するなど全国的な話題を呼んだ事件は、
発生から約2年を経て本格的な法廷論争に入った。

初公判には一般傍聴席26席に、349人の傍聴希望者が列をつくった。


「2007.1.26,福島民報」


この事件。
まさに医療崩壊元年と言っても良い2006年
その医療崩壊が始まった、元になった事件と言っても過言ではない事件です。

この医療事故医療ミスと叫んで、逃亡の恐れも、証拠隠滅の恐れも
ないのに善良な医師を公衆の面前で逮捕したおかけで。
全国で、お産ができる病院が激減したとも言えるでしょう。
だって、一人でお産をしていたら、いつ刑事事件で訴えられて、
逮捕されるかわからないんですからね。
まあ、当然とも言えるでしょう。

>「(手術前に)検査をしたうえ、血液も十分に用意した。
普段より慎重に医療行為をした。
冷静にできる限りのことを精いっぱいやった」


これでも、結果的に不幸にも患者が亡くなったら、逮捕
こんな世の中では、医療をする人間が減っていくのは当然です。


そうならないために、私はブログ上で、
マスコミが言っているおかしな点を指摘する。
医療現場での過酷な労働条件を記載する。
世界の他の先進国と比較して、日本の医療は少ないとか、
医師が少ないとか。
そういった事実を書いているんですよ。

それで、少しでも多くの人が事実を知って、
世論を形成できれば、マスコミ政府も動く。
そしたら、今の間違った医療費削減政策。
医師削減政策。

マスコミの医師叩きの傾向を変える事ができるかもしれない。

可能性はわずかですが、そう思って書いているんです。


で、長―い目で見て行う事はそれで良いとして。
それが仮に叶っても、後数年後数十年後でしょうから。
それまでに、自分が訴えられているかもしれないので。
やっぱり自己防衛はしなきゃならないんですね、今の世の中。
残念な事なんですけどね。

そいで、私が必ずやっている事は、
「起こるかもしれない危険な事は、事前に患者や家族に言う。」
という事です。

ま、当たり前の事なんですけどね。
でも、私ほど、きつい事を言う人は
少ないんじゃないかなーって思います。

具体例)

患者(特に老人)が入院してきたら。
まず、何故入院になったか、患者や家族に説明します。
これは、当然なんですが。
そいで、どういった治療を行うかって事も説明して。

その時に、患者及び患者の家族に、必ず釘を刺しておきます。
どんな事を言うかと言うと。

「入院して治療をします。
今は、この病気で入院して、その治療をしますが、
治療をしていて、合併症が出る場合もあります。」

と言って、個々の合併症治療をした時に起こる、
避けられない不具合、とか病気の事)の説明をします。

ま、ここまでは、みんなやりますよね。
治療に関する合併症を最初に説明していない医師は、
このご時世、まずいと思いますよ、正直。
もし、説明していないのであれば、
最低限、それは行った方が良いと思いますよ。

で、その後が、ちょっと厳しい言い方になります。

「また、その病気と関係ない病気にかかる場合もあります。
それは、入院していても避けられない事です。
例えば、寝たきりになると、誤嚥性肺炎になりやすくなります。
老人で誤嚥性肺炎になると、命を落とす場合もあります。
年を取ったら、心筋梗塞や脳梗塞、
肺梗塞などの病気になる事もあります。
これらは、一度なってしまうと、
命を落とすかもしれない病気です。

病院にいれば、そういった病気になっても、家にいるよりも
早く気づいて、早く治療ができるかもしれませんが。
入院したからといって、病気にならないわけではありません。
病院には、看護師がいて、必ず当直医もいますけど。
心臓が止まったら、5分位で脳は死にますから。
病院の中にいても、間に合わない場合もあります。」


と、いうような感じです。
医療訴訟のほとんどは患者や家族が思ってもみなかった
事が突然起こって、それで家族が納得がいかなくて訴える

という事だと思うので。
事前に最悪の事態もある、ってわかっていれば、
患者の家族も感情的になって訴える事は
少ないんじゃないかなー、って思っています。

良くあるパターンとしては、
「元気に歩いて病院に来たのに、なんでこうなるんだー。」
みたいなパターンです。

万が一の事でも、事前に言っておけば、
不幸にもそうなってしまった患者がいた場合に、
家族に説明しても、納得して貰える確率は高いと思いますので。

後からいくら説明しても、「単にいい訳を言っている
と思われたら、何回説明しても聞いてくれない事も多いですし。

後から10回言うよりも、事前に1回言う方が
効果があるって事もありますので。
時間がない場合でも、ベッドサイドでも良いから、
簡単には説明しますね、私は。

後、訴訟対策って事に関しては、
患者に説明する時に、看護師に一緒に付いてもらって、
その説明内容を、カルテと看護記録に書くって事っすかね。

これは基本だと思いますが。
看護師も忙しいから、付いてくれない時もあるし。
メモには書いても、看護記録には書かない。
って所もありますので。
注意した方が良いですよ、医師の方々は。

カルテへの記載でも、時間が無いときでも、最低限、
合併症とか、そういう悪い方の事柄を説明した、
って一言だけでも書くようにしています。



今日も結局気管内挿管をして、レスピ(人工呼吸器)
ついた私の患者が2人並んでます(汗)

先週末は私が当番で、今週は少し休めるかなー、
って思っていたんですが。
あっさり、その小さな幸せが吹き飛んでしまいました(涙)
スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず