FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
生きがい「ない」と病死率アップ
日本人は、「エコノミックアニマル」って、
昔は外人から言われる位、勤勉な民族でしたので。
仕事生きがいって人も多いかと思いますが。
生きがいある人の方が、生きがいない人に比べて、
病死の確率が低くなるみたいですねー。

もちろん、「生きがい」ですから、
仕事じゃなくて良いんでしょうけどね。


生きがい「ない」と病死リスク高く
脳血管疾患は2.1倍 肺炎も1.8倍に…東北大グループ

生きがいがない人は、ある人に比べ、
病気などで死亡する割合が1・5倍に高まる
――東北大大学院医学系研究科の辻一郎教授(公衆衛生学)の
研究グループが、こんな調査結果をまとめた。
研究グループは、1994年に宮城県内の40~79歳の
健康な男女4万3391人の健康調査を実施。
「『生きがい』や『はり』を持って生活しているか」との質問に、
「ある」と回答したのは59%、「ない」は5%、
「どちらとも言えない」は36%だった。

このうち、7年後の2001年末までに病気にかかるなどして死亡した
3048人について、死因を追跡調査したところ、
がん(1100人)が最も多く、続いて脳卒中などの
脳血管疾患(479人)、肺炎(241人)などが多かった。

さらに、経済状況や健康状態など生きがいの有無にかかわらず、
死亡割合に影響する要因を排除して分析。
その結果、生きがいが「ない」と答えた人は、
「ある」と答えた人に比べ、脳血管疾患で死亡した割合は
2・1倍高く、肺炎も1・8倍高かった。
がんでは、生きがいの有無による影響はみられなかった。
こうした病気のほか、自殺なども含めて死亡した人の割合を
全体でみると、生きがいがない人は、ある人に比べ
1・5倍高かった。

辻教授は、「良好な感情を持つことは、感染症を防ぐ免疫系に
良い効果があると言われている。
定年後も、社会活動への参加などで
生きがいを持ち続けることが大事だ」と話している。


(2007年2月12日 読売新聞)

私は、今の「医師」って仕事は好きですよ。
人の命を救って、人の役に立つ事もできて。
更に、それを仕事にできて、お金も貰える。

まあ、仕事生きがいって言っても過言ではなかったかもしれませんが。

でも、なんか最近の医療訴訟とか見てるとねー。
正直言って、過去形になりつつありますよね。

前にも何回か書いてますし。
研修医給料とか、時給って、この記事を見たらわかるでしょうけど。
「研修医の労働時間」

医者給料って、みなさんが思っている程、良くはないです。
今の研修医制度ができてからは、
こんな酷いことはないとは思いますが。
今の病院は、研修医の方が、私より基本給は上ですからね(涙)

研修医から、ただの末端の医者になっても、
そんなに極端に給料が増えるわけではありません。
医者給料って、人の2倍働いて、2倍貰ってる、って感覚ですよ。
はっきり言って、仕事外の時間でも、緊急で呼ばれる事もあるし。
訴訟のリスクとか、そういう事を考えたら、
はっきり言って、割の良い仕事ではないです。

使命感」で「医師」という仕事をやってるようなもんです。

私は、まだ子供はいませんが。
多分、自分の子供を医者にしたいって医者は、
今の時代、そんなに多くないと思います。

話はそれましたが。
仕事でも何でも「生きがい」があると、病気で死ぬ確率が
低くなるんですねー。
それは良いこと聞きましたねー。
久しぶりに、私ら医者にとって良い話題かもしれませんね。

私は、仕事以外には、「麻雀」くらいしか、趣味ないっすから。
麻雀」は大好きですけど。
それが「生きがい」かって言われると、どうかなー。


でも、ちょっと気になるのは、
生きがいが「ない」って人は、全体の5%しかいない、
って事ですかね。

4万3391人7年間だから、規模としても、期間としても、
十分統計学的には有意差はつくんでしょうが。

死亡したのは3048人ですから、このうちの5%っていったら、
150人しかいませんから。
ちょっと少なすぎませんかねー、いくらなんでも。

免疫系に効果があるんなら、脳卒中ではなく、
がん」と「感染症」で差が出なきゃならないような気がするんですが。

ま、細かいことっすけどね。
でも、実際どうなんでしょうかねー。


まあ、何にせよあんまり病死はしたくないねー。
生きがい」がある人の方が「自殺」のリスクが低い、
ってのは、明らかに納得がいくんですけどね。


大好評!
Dr. Iの新しい無料レポート 

日本一わかりやすい!「高血圧
おかげさまで、たくさんの人にダウンロードされてまーす。
生活習慣病を予防したい人は、こちらからどうぞ!

→ 日本一わかりやすい!「高血圧」ダウンロードページ
スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず