現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加古川、心筋梗塞事件2
「加古川、心筋梗塞事件」の記事の続きです。
まだ読んでいない人は、こちらを先に読んでね!

この記事のコメント欄に、内部情報の話が届いたんですが。
そちらに関しては、もう少しまとまってから
記事にしようと思っているので。
もうちょっと待ってね!

今日は、あくまでもこの新聞記事からわかる範囲で、
心筋梗塞という病気、一般論に関して話していきます。

まずは、前の記事の復習。

ある日曜日に、患者が歩いて病院に来たんです。
で、いろいろ検査して、心筋梗塞だろう、と判断した。
その病院では、最新のカテーテル治療
(経皮的冠動脈再建術:PCI)
ができないので。
それができる専門の病院に搬送しようと思ったのですが。
それまでに、70分の時間がかかって、
残念ながら、患者は亡くなってしまったんです。

それで、患者側が医療裁判を起こした。
で、神戸地裁では、70分搬送が遅れて、
それで亡くなったのだから、医療ミスだ。

って事で、医師側が敗訴した、という事件です。

すごく重症心筋梗塞患者の場合。
最新のカテーテル治療(経皮的冠動脈再建術:PCI)
を行っても亡くなった可能性が高いですし。
ましてや、70分早いだけで、
助かったって根拠は全然ないのに。
70分搬送が早ければ、90%は助かった。
って判決はおかしい。
という話でした。


前回は、予備校生と大学受験の例えをあげて、
よりわかりやすい話をしたのですが。

私、一応、「やぶ医師」とはいえ、
循環器内科が専門なもので。
新聞記事では詳細はわからないんですが、
今回の事件の経過と、一般的な心筋梗塞治療
そして、それにかかる時間なんかについて、
お話しをしていきたいと思います。

あくまでも、新聞記事をベースにした推測と、
一般論
ですので、そこらへんはご了承下さい。


おおざっぱに、事件の経過をまとめると。

2003年3月30日(日)

12:15pm 来院
12:40pm 心筋梗塞と診断
13:50pm 転送を要請
15:35pm  死亡


って事です。

日曜日に、患者歩いて病院に来たんです。
日曜日には普通、病院が開いていませんから。
外来もやってないし、外来についている
看護師もいないんです。

まずは、守衛さんが出て、患者は保険証を出して。
以前にその病院を受診した事があれば、
カルテを探して倉庫から持ってくるし。
なければ、新しく作らなければならないんです。

そして、何故病院に来たのか。
どんな症状なのか、持病はあるか、
飲んでいる薬はあるか、等。
そういった事を看護師が、ざっと聞いて。
その後、医師の診察が始まります。

ずーっと外来にかかって、何回も自分で診ている患者なら。
今までの経過をだいたい把握していますから。
話を聞くのに、そんなに時間はかかりませんけど。

初めて診た患者の場合は、詳細に病歴を取って、
どんな症状があるのかを聞かなければなりませんから。
普通、10分かそこらでしょうかね、話を聞くの。
そして、胸の音を聞いたり、血圧を測ったり。
そういった身体所見を取ります。
その後、必要であれば、検査をします。

この患者の場合。
新聞記事では、

>03年3月30日、 自宅で心筋梗塞の症状が出たため、

って書いていますけど。
前から私が言っているように、患者
「私は心筋梗塞です」
ってをつけて来るわけじゃないんですよ。

いろんな症状があって、話を聞いて。
診察をして。
必要であれば、検査をして。
それで、「あ、心筋梗塞の可能性が高いな。」
って、診断する訳ですよ。
しかも、この検査をすればすぐに、100%診断がつく
って検査はないんですよ、普通。

いろんな症状とか、検査とかを総合的に判断して。
それで、この病気の「可能性が高いな。」
って診断するんですよ。


心筋梗塞の症状っていうのは、
前回の記事でも書きましたが。
普通は、「胸が痛い」、って症状です。
でも、みんな同じ様な痛みではないし。
人によっては、みぞおちが痛い、胃が痛い。
左肩が痛い、顎が痛い、歯が痛い

とか、痛みはないが、重苦しい感じとか。

ホントに、人それぞれなんですよ。
心不全があれば、息が苦しいとかもあるし。

で、今回の経過なんですが。

12:15pm 来院
12:40pm 心筋梗塞と診断


患者病院に着いてから診断をするまでに、
25分しかかかっていませんね。
これは、すごく早い方だと思います。

普通、患者の話を聞いて診察するのに、10-15分
それで、心筋梗塞を疑って、「心電図」を取るんです。
この検査、平日の昼だったら、
検査室に行って、心電図をとって、
それで診察室に帰って来るまでに、
普通は30分―1時間位かかります。

たまたま日曜日で、救急外来だったから、
5分か10分か、その位で検査できたんでしょうね。

患者病院に来て、守衛がカルテを出すか、作って。
看護師が話を聞いて。
医者が話を聞いて、心電図を取って、
心電図の所見を読んで。
それで合計25分

これ、はっきり言って、最速です。
循環器内科医が診ても、これ以上の早さでは
診断できませんから。
他の科の先生が、このスピードで
心筋梗塞と診断できれば、かなりのもんです。

循環器内科医が当直医で。
救急車で胸痛の患者が来る、って事前にわかっていれば。
最初から、救急外来に心電図の機械を置いておいて。
患者が来た直後に心電図の検査をして。
同時に話を聞いて、って同時並行
検査とかを進めていけば、10分くらい
診断できる事も、場合によってはありますけど。
外来に歩いてきた患者の場合。
これ以上のスピードで診断するのは、まず無理です。

で、上でも言いましたけど。
100%の精度で診断できる検査」、って。
基本的にはありませんから。
ましてや、この当直医は循環器内科医じゃないので、
心電図1枚で、100%心筋梗塞と診断する、
っていうのは、基本的には無理があります。

だから、それ以外にも、採血の検査をしますね、普通。
どうせ、心筋梗塞の治療で、点滴をするので。
点滴ルートっていうのを取りますから。
その時に、一緒に採血をする事になります。

で、心筋梗塞治療をするわけですが。
心筋梗塞治療って、おおざっぱに、まずは安静
そして、点滴酸素です。

循環器内科医なら、それが専門だから。
心筋梗塞の時に、どの位の体格、年齢ならば、
どんな点滴をどの位の量、どの位のスピードで
使えばよいのか、ってのはすぐに出ますから。
数分で、指示を出して。
そいで、看護師が点滴のルートを取って、
点滴、注射の薬を作って、酸素やモニターをつけて、
って所まで10-15分くらいでしょうけど。

他の科の先生が、そのスピードで
適切な指示を出すのは、無理
です。
使い慣れていない薬であれば。
適当に指示を出すわけにはいきませんから。
薬の本を見て、適切な薬、量を調節して。
薬も、一つだけじゃなく、二つ、三つ使う事もあるので。
そういうのを全部調べて
それぞれ、順に指示を出す訳ですから。
もっと時間がかかるのは、当たり前です。
看護師がそういうのに慣れていなくて、
手間取っていれば、もっとかかりますしね。

そして、適切な治療を行って、一段落ついたら
もう一回くらい、患者の話を聞きますかね。
25分心筋梗塞の可能性が高い、
って判断をしていますから。
おそらく、ざーっとしか患者の話を聞いないでしょう。

もっと詳しく、いつからどういう症状があったのか。
それはずーっと続いているのか、
前に同じ様な痛みがなかったか。
他に病気はないか、薬は飲んでないか。
そういった、細かい話患者から聞きますね、普通。

そして、その後、患者患者の家族に話しをします。

「胸痛があって、心電図の検査をしたら、
心筋梗塞という、死ぬかもしれない非常に
重篤な病気の可能性が高い。
この病院では、カテーテル治療
(経皮的冠動脈再建術:PCI)はできないので。
採血の結果を見て、心筋梗塞と診断できれば、
他の病院に救急車で転院してもらう。」


そんな感じでしょうかね、多分。
死ぬかもしれない、非常に恐ろしい病気の
説明
をするんだから。
1分とかでは、終わりませんよね、普通。
最低でも、5分か10分はかかります。

そして、その話をしてから、搬送先病院を決めます。
アルバイトで来た病院ですから。
心筋梗塞循環器疾患で、緊急で受け入れれくれそうな病院
どこかとか、そういうのは詳しくないでしょうから。
その病院の看護師とかに相談して決めますよね、
その日の当番病院がどこか、とかも調べるでしょう。

こういうのを聞いたり調べたりするのに、5-10分位でしょうか。


まとめると。

点滴のルート取り、採血、治療  
循環器内科医  10-15分
その他の科の医師  20-30分

追加で患者の話を聞く
10分

患者患者の家族に、病気の説明
10分

患者の搬送先を調べる
5-10分

で、合計で1時間位でしょうか

これって、あくまで最速の場合ですから。
アルバイトで来ている他の病院だし。
どの薬が、この病院に置いてあるか、
とかもわからないわけだし。

家族への説明に、もっと時間がかかったり。
専門ではないので、心電図の所見を読むのに、
もっと時間がかかったりとか。
いろんな要素があるので。

今回の場合、70分かかっていますけど。
時間に関しては、平均的な時間だと思いますね、私は。

しかも、普通、日曜日採血したら。
結果が出るのに、1時間くらいかかりますから。
これ以上のスピードで行っても、
どうせ採血の結果を待つのであれば、
あまり変わらない
と思いますけどね。


循環器内科医であれば、症状心電図の所見
を見ただけで、心筋梗塞可能性が
非常に高い
から、採血の結果を見ずに
他の病院に送ろう。
って事になるかもしれませんけど。
他の科の医師に、それを求めるのは
ちょっと酷
だと思いますよ、私は。

循環器内科医でも、心電図の所見が
典型的ではない場合
採血の結果を見て、どうするか決める
って事もよくありますからね。


この裁判官が問題にしているのは。

12:40pm 心筋梗塞と診断
13:50pm 転送を要請


という、心筋梗塞診断してから、
他の病院に転送するまでの時間の事ですけど。

一番の問題点は、

12:40pm 心筋梗塞と診断

これが、「確定診断」ではない、って点ですね。

循環器内科医ではない医師が、心電図1枚
心筋梗塞を診断するのは、普通は無理ですから。
この段階では、あくまでも
心筋梗塞可能性が高いだろうな
って事なんですよ。

時間経過からして、12:40pmの段階では、
おそらく採血の結果は出ていませんから。
あくまでも、「心電図1枚の結果」です。

この時点から、70分遅れたのでおかしい
って話は、ないでしょ、どう考えても。

その70分の中には、患者患者の家族に
話をする時間
も含まれているんですよ。

もし、この裁判官が言うとおりやるとすると。

循環器内科医ではない医者が、
心電図1枚取って、心筋梗塞を疑った。
そしたら、採血もせず、治療もせず。
患者患者の家族に話しもせずに、
他の病院に勝手に転送する。


って事ですか。

それこそ、そっちの方が問題ありませんか。
心筋梗塞と診断したのに、治療をしていない
患者や家族に話もせず、勝手に他の病院に送った
って事になりますよね。

それで良いんですか?
そうじゃないと、裁判で負けるって事ですか。

循環器内科医ではない医者が
心筋梗塞、って診断を心電図1枚でしろ。
って事自体にも無理がありますしね。

今回の事件の場合。
裁判官が問題にしているのは、
70分搬送が遅れた」、って事のみですので。
おそらく、治療そのものは適切だったのだと思います。

その70分の中身を、よく考えて、
判決を出してもらいたいものですね。


心筋梗塞になりたくなかったら、
これを読んで生活習慣病を予防してね!

「日本一わかりやすい!「糖尿病」

日本一わかりやすい!「高血圧」

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず