FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医師確保策2
『医師不足解消へ新法!』で書かれていた
医師確保法」の具体案が見えてきましたね!


拠点病院から医師派遣、地方での不足解消
…政府・与党方針

政府・与党は4月9日、地方の医師不足を解消するため、
医師が集まる国公立病院など地域の拠点となっている病院から、
半年~1年程度の期間を区切り、地方の病院・診療所へ
医師を派遣する新たな制度を整備する方針を固めた。

医師派遣の主体を都道府県や病院関係者らで作る
「医療対策協議会」とし、復帰後に医師が人事で
不利益を受けない仕組みを担保するほか、
医師を放出する拠点病院への補助金制度も導入する。
厚生労働、文部科学など関係閣僚が参加する
政府・与党協議会で来週から詳細な検討に入り、
今年度中の制度スタートを目指す。

医師派遣は従来、大学病院の教授が若手の
研修医の人事権を握り、派遣先を決定してきた。
だが、2004年度から医師臨床研修制度が義務化されると、
若手医師らは上下関係が厳しい大学病院を敬遠して
待遇のいい国公立病院などに殺到し、
大学病院中心の医師派遣は事実上、崩壊した。

厚労省によると、2004年に13都道府県を
対象に行った調査では、都道府県庁所在地と周辺地域で
人口10万人当たりの医師数が3倍以上開いていた。
大学病から地方への医師派遣が途絶え、
格差はより深刻化したという。

政府・与党は医師の偏在・不足に対応するため、
医師派遣の主体を、大学病院から、
医師の人気が高い拠点病院と都道府県へと移して
派遣制度を再構築することにした。

拠点病院に勤務する医師については、
都道府県と病院関係者らによる医療対策協議会が
派遣先や期間などを決定する。

医師が拠点病院に戻った後、人事面で
不利な処遇がされないように保証し、
派遣を受け入れやすくする。
日進月歩の医療技術に対応するため、
派遣期間は長くても1年程度に抑える方向だ。

また、地方勤務を希望する医師を外部から
募集する場合には、所定の地方勤務を終えた医師に対し、
同協議会が、高度な医療設備や手術内容など
勤務環境の整った拠点病院で研修できるチャンスを与える。

一方、拠点病院に対しては、国や都道府県から、
派遣する医師の人数や期間に応じて補助金を支給し、
医師派遣に協力を求める。

政府・与党は、医師派遣制度に加え、
地方に残る医師を増やすための大学医学部定員の
「地域枠」拡大など総合的な医師確保策を取りまとめる方針で、
必要なら新法制定も検討する。


『2007年5月10日:読売新聞』


最初、研修医を終わったばかりの、まだ一人前には
ほど遠い医者
を強引に地方に出すか。
リタイヤ直前の医者を、無理矢理地方に派遣
するって策かと思っていたんですけど。

結局、医師確保策、ってこれっすか。

>2004年度から医師臨床研修制度が義務化されると、
若手医師らは上下関係が厳しい大学病院を敬遠して
待遇のいい国公立病院などに殺到し、
大学病院中心の医師派遣は事実上、崩壊した。


崩壊させたのは、厚生労働省、政府なんですが。
反省の色もなしに、今度は違う策をだしてきましたか。

この記事にもかいていますけど。

>若手医師らは上下関係が厳しい大学病院を敬遠して
待遇のいい国公立病院などに殺到し、


っていう事ですから。
国公立病院に行ったら、僻地に飛ばされるかもしれない
そいで、僻地に行くのに、国公立病院と同じ安い給料
って事になったら。
国公立病院に行く医師は減って、
大都市の民間病院に流れるだけなんじゃないですか。
この理屈で言ったら。

所詮、医師不足根本的な対処ではないですから。
大学病院が駄目なら、国公立病院
って、安易な策ですから。
駄目になるのは、目に見えていますよね、あきらかに。


で、数年後。

>2008年度から国公立病院
拠点病院から医師派遣制度が義務化されると、
若手医師らは僻地に行く可能性のある
国公立病院を敬遠して
待遇のいい大都市の民間病院などに殺到し、
国公立病院中心の医師派遣は事実上、崩壊した。


って新聞記事が出るんでしょうねー。


あ、無断で私のブログが読売新聞に載ったんですが。
その画像をみせていなかったですね。

証拠画像は、こちらです。

429読売新聞3



429読売新聞2


誰がどう考えても、この記事ですね!
一部、変更しましたけど。

→ 「奈良の産科医 詳細2」


生活習慣病を予防したいなら、これを読んでね!

→ 「日本一わかりやすい!「糖尿病」

→ 日本一わかりやすい!「高血圧」


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず