FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医学部に、へき地勤務枠
以前から私は、このブログを通して。
日本では、医師偏在ではなく、医師不足なんだから。
医学部の定員を増やすべきだ。
と主張してきたのですが。
ほんのわずかとはいえ、
医学部の定員が増えたので。
少しとはいえ、一歩前進かな、と思います。


政府・与党方針、卒業後へき地で10年

政府・与党は12日、へき地や離島など地域の
医師不足・偏在を解消するため、
全国の大学の医学部に、卒業後10年程度は
へき地など地域医療に従事することを条件とした
「地域医療枠(仮称)」の新設を認める方針を固めた。

地域枠は、47都道府県ごとに年5人程度、
全国で約250人の定員増を想定している。
地域枠の学生には、授業料の免除といった優遇措置を設ける。
政府・与党が週明けにも開く、医師不足に関する
協議会がまとめる新たな医師確保対策の中心となる見通しだ。

地域枠のモデルとなるのは、1972年に
全国の都道府県が共同で設立した自治医科大学
(高久史麿学長、栃木県下野市)だ。
同大では、在学中の学費などは大学側が貸与し、
学生は、卒業後、自分の出身都道府県での
へき地などの地域医療に9年間従事すれば、
学費返済などが全額免除される。
事実上、へき地勤務を義務づけている形だ。

新たな医師確保対策で、政府・与党は、
この“自治医大方式”を全国に拡大することを想定している。
全国には医学部を持つ国公立と
私立大学が計80大学ある。
このうち、地域枠を設けた大学に対し、
政府・与党は、交付金などによる財政支援を検討している。

医療行政に影響力を持つ自民党の丹羽総務会長は12日、
新潟市内での講演で、
「自治医大の制度を全国47都道府県の
国公立大などに拡大したらどうか。
5人ずつ増やせば、へき地での医師不足は間違いなく解消する」
と述べ、“自治医大方式”の拡大を提案した。

医学部を卒業した学生にへき地勤務を
義務づけることは当初、
「職業選択の自由に抵触する恐れがある」との指摘もあった。
だが、「入学前からへき地勤務を前提条件とし、
在学中に学費貸与などで支援すれば、問題ない」と判断した。

政府は昨年8月、「医師確保総合対策」を策定し、
医師不足で悩む県にある大学医学部の定員増を
暫定的に認め、2008年度から最大110人を認めた。
しかし、医師不足解消の見通しは立たず、
来年度予算編成に向け、追加対策が必要だ
との声が政府・与党内から出ていた。

今回、新たに地域医療を強化するのは、
現在の医師不足問題が、医師の絶対数不足よりも、
都市と地方の医師の偏在に、
より問題があるとみているためだ。

厚労省によると、人口10万人当たりの医師数は、
全国平均の211・7人(2004年)に対し、
青森(173・7人)、岩手(179・1人)、
岐阜(171・3人)などと東北を中心に平均を大きく下回る。
東京(278・4人)など大都市との格差が大きい。
また、02年度の立ち入り検査では、
全国の4分の1の病院で医師数が医療法の基準を下回った。

政府・与党は、医師不足問題に関する協議会で、
「新たな医師確保対策」をまとめ、
「経済財政運営と構造改革に関する基本方針
(骨太の方針)2007」にも
新たな医師確保対策を盛り込む方針だ。


『2007年5月13日:読売新聞』

<2007.5.13:yahoo>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000001-yom-pol

この記事を読んでも、

医師の絶対数不足よりも、都市と地方の医師の偏在に、
より問題があるとみているためだ。


って書いていますし。

>自民党の丹羽総務会長は12日、新潟市内での講演で、
「自治医大の制度を全国47都道府県の
国公立大などに拡大したらどうか。5人ずつ増やせば、
へき地での医師不足は間違いなく解消する」


って言っていますけど。

たった250人増やしただけで、
間違いなく解消するとか、
めちゃくちゃいい加減な事を言っていますが。
その根拠を知りたいですねー。

お金がなくて、食う飯にも困っている人に。
給料100円増やすから、間違いなく
これからは飯食っていけます。

って言っているのと同じですからねー、これ。
焼け石に水」、ってやつですよ。

正直、かなり「いまいち」ではありますが。

それでも、1人も増えないよりは、
ちょっとはまし、だとは思います。


何回もこのブログで出てきているから。
もう聞き飽きた人も多いでしょうけど。
何度でも出しますよ、このデーター。

先進30ヶ国からなる国際機関OECD(経済協力開発機構)
の平均
で、人口10万人当たりの医師約300人です。
日本は、211・7人(2004年)って書いていますから。
約2/3ですね。
そいで

>人口10万人当たりの医師数は、
全国平均の211・7人(2004年)に対し、
青森(173・7人)、岩手(179・1人)、
岐阜(171・3人)などと東北を中心に平均を大きく下回る。
東京(278・4人)など大都市との格差が大きい。


これ。
日本一の大都会で、医師日本でトップクラスの東京
この東京の医師が、10万人当たり、278・4人ですから。

東京ですら、OECD平均値にも達していないんですよ。
もっとも医師が足りているはずの、大都会「東京」ですらね。

都会ですら医師は足りなくて、
地方ではもっと医師不足が深刻

なんですよ、どう考えても。

なのに、なんで医師不足ではなく、
医師偏在としか言わないんですかねー。
全く不思議です。

しかも、これ。
人口当たりですから。
日本では軽症患者でも病院にかかる人が多いですから。
患者1人当たりの医師で言えば、
2/3ではなく、1/3位ですよ、日本の医師

それでも、何故医師不足ではなく、
医師偏在なのでしょうか。

日本の人口約1億2千万人だから。
OECD平均まで医師数を増やすには
12万人位医師が必要ですよね。
このデーターも、何回も出していますけど。

一年間250人ずつ医学部の定員を増やして、
一年間でそれだけの医師が増えるとして。

12万人÷250人=480年ですか。

確かに、480年後には、医師不足
解消するかもしれませんねー。

丹羽総務会長480年後の事を
言っているんですよね、当然。


日本の医療崩壊を食い止める為には、
小手先の対応ではなく、
まずは、医師不足を素直に認める。
そして、医師数削減政策の誤りを認める。


これが、絶対条件だと思います。


こんなくだらない事を言ってる人達に対する、
医者の本音を聞きたい、って人は、ここからね!


→ 『医者のホンネが丸わかり!』


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト



ブログの著作権
4/29に私のブログ読売新聞に、
無断で引用も、ブログのタイトルも書かれずに
転載されたんですよ。
前も書いたから、ご存じの方がほとんどでしょうけど。

今まで、ブログにも著作権はある。
って事は知ってはいたのですが、
きちんと調べた事はなかったので。
これを機に、ブログの著作権について、
自分なりにちょっと調べてみました。

あくまで、素人の解釈なので違うかもしれませんが。
いくつか引用してみますね。

『著作権法』

さすがに、これじゃあ読む気にならないので。
子供向けに書かれた、これを見てみましょうか。

『著作権って何?』

ブログの記事は著作物(ちょさくぶつ)だけど、ブログのアドレス
(URL)は著作物(ちょさくぶつ)じゃないんだ。


あ、やっぱね。
ブログには著作権あるんですね。

> -詳(くわ)しい説明(せつめい)-
たとえ自分で撮(と)った写真(しゃしん)などでも、
自分以外(いがい)の誰(だれ)かが写(うつ)っている場合は、
もちろんその人の許可(きょか)を取(と)らなければいけません


ブログには著作権があって。
自分が撮った写真でも他人(他の人が書いたブログ
が写っている場合は、許可が必要って事ですね。

そいで、これも見てみましょうか。

『ブログを書くときに知っておきたい、著作権に関する知識(セコム)』


著作権法第32条で引用であれば
著作権者の承諾無く著作物を利用できる
と定められている。
しかし、引用であるためには、
以下の2つの条件を満たすことが必要だ

・公正な慣行に合致すること
引用の目的上正統な範囲内であること

具体的には、引用する文章の長さは
2~3行程度とし、
引用元をしっかり明記することが
「慣行」として求められている。

引用元の文章の内容について意見を述べる、
批評する、そこからさらに議論を発展させるなどの
行為を伴って初めて引用となるのであり、
よく見られるネット配信された新聞記事を
そのままメモのように貼り付けたブログは、
明らかに著作権法違反と言うことになる。

その他、雑誌や他人のブログなどを
全文掲載することも、当然著作権法違反となる。
なお、著作権法違反は親告罪
(権利を侵害されたものが訴え出ない限り、
罪にならないもの)であるので、
著作権者からの訴えが無ければ
罪に問われることは無い。



なるほどー。

>引用であれば
著作権者の承諾無く著作物を利用できる
と定められている。
しかし、引用であるためには、
以下の2つの条件を満たすことが必要だ

>具体的には、引用する文章の長さは
2~3行程度とし、
引用元をしっかり明記することが
「慣行」として求められている。


って書いていますからね。
引用をするためには、
引用元をしっかり明記する
って事が必要ですね、当然。

漠然とは知っていましたが。
やはり決まっていたんですね、これ。

で、一応、引用されたFC2ブログの規定をみると。

■FC2ブログ

著作権について
ユーザーはFC2ブログ内においてユーザーが
作成したテキスト・画像・テンプレート等の内容について
著作権を有するものとします。
FC2はユーザーが作成したコンテンツを
転載、要約する権利を有します。


ま、そりゃそうだよね、普通。


って事で。
ブログ引用も明記せずに、
勝手に新聞なんかに載せることは、
著作権法違反」って事がわかりましたね。

でも、

著作権法違反は親告罪であるので、
著作権者からの訴えが無ければ
罪に問われることは無い。


やっぱ、こっちが訴えないってわかっていて、
確信犯なんでしょうかねー。


もう一回、無断転載された4/29の
読売新聞のコピーを貼っておきますね。
抗議の意味で。

429読売新聞2



429読売新聞3



無料レポートにも、著作権はあるよ。
こんなのも読んでみてね!

→ 「日本一わかりやすい!「糖尿病」

→ 日本一わかりやすい!「高血圧」



ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず