FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医学部にへき地勤務枠2
本当は、『医学部に僻地勤務枠』
で書こうと思っていた事なんですが。
なんか長くなっちゃったので、
こっちに書いてみますね。


『医学部に僻地勤務枠』の記事では、
日本の医師不足医師偏在を解消する為に。
各都道府県で5人ずつ、合計約250人
医学部の定員を増やす。
ただし、その人達には卒業後10年程度は
へき地など、地域医療に従事することを条件にする。
って事だそうです。

条件付きで、数もわずかとはいえ、
医学部の定員を増やした、って事に関しては、
私は一定の評価をしています。

でも、ちょっとこれには問題があるんですよ。

『研修医のシステム』
『研修医のシステム2』
『研修医のシステム3』
当たりで、以前に書いた事なんですけど。

今の研修医のシステムっていうのは、
なんでも診られる医者(プライマリー医)
育てるというのが建前なのですが。
あくまでも机上の空論なんです。

今のシステムは、研修医になってすぐ2年で、
内科、外科、小児科、 産婦人科など、いろんな科を
興味の有る無し等に関わらず、
1~3ヶ月位ずつ回るシステムです。

最近は医療訴訟とかも多いので。
未熟な医者にやらせて、失敗した。
って事になったら、指導医病院
訴えられてしまいますから。
だったら、少しでも危険な技術的な行為は、
研修医にはやらせない

って事で、2,3ヶ月しかいない研修医は、
見学中心になってしまうんですよ、どうしても。

医者として最も大事なこの時期に、
2年間もお客さんでただ見ているだけでは、
もったいないし、身にもつきません。


新入社員を全員オールマイティーな社員にするために、
3ヶ月工場で物を作らせて、3ヶ月営業
3ヶ月経理という風に、いろんな部署を
全員2年間回らせる事にしたって事です。

普通に考えて、数ヶ月っただけでその部署の
仕事ができるようになるとは思いませんよね

どんな仕事でも普通、一人前とまではいかないまでも、
1人でほとんどの仕事ができるまでに、
5年位かかるんじゃないですかね。

1人で任せられる、ってところまでは行かなくても。
簡単な仕事なら大丈夫だろ、ってところでも
どう考えても3年はかかるでしょ。


正直言うと、今の研修医システム2年やっても、
昔の1年分くらいじゃないですかねー。
実際に診療した患者の数でも、手技の数でも。
質、量ともに。

他の先生方は、どう思っているか、わかんないですけど。


そんな医者になって実質1,2年しか学んでいない医者を。
いきなり、へき地に出して良いんですか?
へき地っていうのは、半径50キロ
医者自分1人しかいないとか、そういう所でしょ。
そんな中に、1,2年しか経験を積んでいない医者
送り出して良いんですか。


医師免許を持った人数は足りるから
政治家や厚労省の役人なんかはそれで良い。
って言うかもしれませんけど。

それで、へき地に住んでいる人は良いんですか

へき地でも都会と同じ様な高価な検査。
MRIとかPETとか、そういう検査が
できるように、っていうのは無理ですけど。
へき地では、そういった検査もできない。
医者も未熟だ。

そんなんで、良いって事なんでしょうかねー。
はなはだ疑問です。


だから、私は「へき地」って言葉には反対です。

しかし、大筋を変えずに、このシステムを
もう少し「まし」にする方法
はあります。

それは、「へき地」ではなく、
地域枠」にする事です。

どういう事かっていうと。
研修医っていうのは、当然指導医が複数いる病院
2年間指導を受けるわけですが。
いろんな科を、数ヶ月ずつ廻るだけなので、
正直、実際に患者を診る能力はそんなにつきません。

で、その後の数年、特に2-3年が非常に大事になるんですが。
この「へき地」のシステムでは、その一番大事な
2-3年
どころか、10年研修医2年を除くと8年
へき地になるので。
医者としての能力が、低いままなんですよ。
その後の30年くらい、ずーっと

医学部っていうのは、6年だから。
最短でも医学部を卒業するのは24歳
半分以上は浪人していますから、その後10年なら
だいたい35歳くらいですよ。

その後、専門の勉強を1から始めるとか。
そんなの無理ですよ、普通
絶対にできないとは言いませんけど。
やはり、厳しいですよ、実際は。


で、私が言う「地域枠」ではどうするか、っていうと。
地方の研修病院研修2年を終えた後。
2-3年くらいは、地方の「中堅病院」に勤務するんですよ。
指導医が複数いるようなね。

そしたら、医者5年
きちんと指導を受けて、患者もある程度の数を診て。
技術も獲得して、一人前とは言えないまでも、
1人でそれなりの事ができる、ってところまでいきますから。
そいで、10年のうちの、残りの5年くらいを、
いわゆる「へき地」で勤務する。

それなら、良いかな、って思います。

地方の中堅都市、中堅病院だから。
地域」にはいるけど、都会の大病院で
研修したのと、大差のない医者になれますよ。
そうしたら。

へき地」って言うのが、何を意味しているか
今のところわからないんですけどね。
とりあえず、「へき地」に行く医者の数を確保するために、
まだ半人前にも満たない研修医を終えたばかりの医者
いきなり「へき地」に行かせる。
って事だけはないようにしてもらいたいですね。

新たな医療格差を生む事になるし。
長い目で見て、医者のレベルを落とす事に
なりかねないですので。


医者のホンネを知りたいって人は、これを読んでね!

→ 『医者のホンネが丸わかり!』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず