FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
救急車、軽症患者お断り
医療崩壊を進めている原因の一つに。
「一部の患者のモラル低下。」
っていう事があるんですよね、残念ながら。
そして、そういった「一部の患者」のせいで、
本当に治療が必要な重症患者」が素早く、
適切な治療が受けられない。
そして、彼らのせいで、助けられたかもしれない
尊い命が失われている。

そういう現状があるんですよ。
残念ながら。

そういった残念な事が、少しでも解消できるかもしれない、
新たな試みが東京で始まりましたね。


軽症者の救急車搬送お断り、
東京消防庁が来月から試験運用

119番通報の急増に対応するため、
東京消防庁は来月1日から、救急隊員が現場で救急搬送の
必要のない患者を選別する「トリアージ(患者の選択)」制度を
全国で初めて試験運用する。

社会の高齢化もあり、搬送の遅れが重大な結果を招くケースが
増えていることから、軽度の患者救急車
タクシー代わりにしようとする通報者には民間搬送の利用を求める。
これによって年間約5000件の搬送が不要となる見込みで、
同庁は、通報から平均7分30秒かかっている
救急車の到着時間の短縮につなげたいとしている。

東京消防庁によると、都内(東久留米市、稲城市、島しょ部を除く)
救急車の出動件数は、1995年の44万8450件から、
2005年には69万9971件に急増。
これに伴い、救急車が到着するまでの平均時間も、
95年の6分18秒から05年には7分30秒と、
1分12秒も遅くなった。


『読売新聞:2007年5月23日 』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000005-yom-soci


この運用を行って最も得をするのは、
本当の重症患者」です。

この記事にも書いてありますけど。

救急車が到着するまでの平均時間も、95年の6分18秒から
 05年には7分30秒と、1分12秒も遅くなった。


って事ですから。
救急車が着くのが、一分早ければ助かった。
という人が、仮にいたとしたら。
10年前なら助かったけど。
残念ながら、今はタクシー代わりに救急車を使う輩
のせいで、助からないって事ですよ。

実際、一分早ければ助かったかもしれない患者が、
何人も命を落としているのでしょう。

東京で、軽症患者救急車が運ばなくなれば、
そういう患者を1人でも2人でも救える可能性がある。

そういった意味で、画期的な試みだと思います。


そして、医者側からみたら、この運用には、
もう一つメリットがあります。

以前から、医師過労医療崩壊の一因。
という事をこのブログでも書いていますけど。
医者過労になっている原因の一つに、
医師時間外労働っていうのがあるんですよ。

時間外でも、患者や病気は待ってくれないので。
重症患者、命に関わる患者が夜中や明け方でも、
病院に来る、って事自体はやむを得ないんですよ。
当然、それを否定する気はありません。

困るのは、病院コンビニのように「24時間営業
だと思って、軽症でも気軽にかかる患者なんですよ。
そういう輩が増えているので、医師時間外労働
増えて、過労につながっている。
という面がありますから。

軽症患者で、救急車ならタクシー代わりで便利。
しかも「ただ」なので、病院に行こうか。
って思っていた患者が。
この制度ができて、夜にタクシー呼んだら、
金かかるかし。
たいした病気じゃないなら、
じゃあ、今日は病院に行くの止めようか。
っていう患者が減ってくれれば良いな、
と思っています。


後、ちょっと気になった点が一つ。

>年間約5000件の搬送が不要となる見込み
>救急車の出動件数は2005年には69万9971件


えーっと。
69万9971件のうちの5000件って事は。
1%以下ですか、減るの。

完全に私の印象なのですが。
時間外に来る患者の中で、約8割は、
緊急性を要さない患者だと思います。
救急車以外で来る患者に関しては、
9割近くが、緊急性がない患者
という印象を持っています。

私、今までに、当直を含めたら数十箇所の病院
働いていますけど。
ほとんど、どの病院でも割合は変わりません。

救急車に関しては、かなり意見が分かれると思いますが。
半分以上は、緊急性がない患者って印象があります。
重症患者はだいたい、2~4割くらいでしょうかね。
かなり割り引いても。

まあ、医者が診て緊急性がない、って判断できるだけで。
救急隊が判断できるレベルは、また違うので
なんとも言えないとは思いますが。

でも、誰がどう考えたって軽症だろう。
って患者は、救急車で来る患者1割くらいは
いると思うんですけどねー。

この試算では1%以下なんですが。
東京全部でやるんじゃないんですかねー。
この試み。
そこ、ちょっと疑問に思いました。


緊急性のある病気のうちの一つ、肺梗塞。
別名「エコノミークラス症候群」に関しては、これを読んでね!

→ 「気をつけて!死んじゃうかも!フライトの旅行で注意すべき病気!」

救急車で運ばれる、病院の代表格。
大学病院について知りたい人は、こちらからね!


「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず