FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
医師人口比。日本、20年に最下位へ
何回もこのブログに書いた事だから。
もう聞き飽きた人も多いかもしれませんが。
日本医師は、世界的に見ると先進国中で最下位
OECD平均と同じくらいにするためには、
あと12万人医者が必要だ。
って話なんですが。

やっと、一般のマスコミでもそれに近い事を
取り上げましたねー。
あの毎日新聞も、日本医師不足を取り上げましたよ(笑)


医師人口比>日本、20年に最下位へ 
OECD30カ国中

人口1000人当たりの日本医師数が、2020年には
経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国中最下位
に転落する恐れがあることが、近藤克則・
日本福祉大教授(社会疫学)の試算で分かった。
より下位の韓国など3カ国の増加率が日本を大きく上回るためだ。
日本各地で深刻化する医師不足について、
国は「医師の地域偏在が原因で、全体としては足りている」
との姿勢だが、国際水準から懸け離れた医師数の少なさが浮かんだ。
 
OECDによると、診療に従事する03年の日本医師
(診療医師数)は人口1000人あたり2人。
OECD平均の2.9人に遠く及ばず、加盟国中27位の少なさで、
▽韓国1.6人▽メキシコ1.5人▽トルコ1.4人
の3カ国を上回っているにすぎない。

一方、診療医師数の年平均増加率(90~03年)は
メキシコ3.2%、トルコ3.5%、韓国は5.5%に達する。
日本は1.26%と大幅に低く、
OECD各国中でも最低レベルにとどまる。
各国とも医療の高度化や高齢化に対応して
医師数を伸ばしているが、日本は「医師が過剰になる」として、
養成数を抑制する政策を続けているためだ。

近藤教授は、現状の増加率が続くと仮定し、
人口1000人あたりの診療医師数の変化を試算した。
09年に韓国に抜かれ、19年にメキシコ、
20年にはトルコにも抜かれるとの結果になった。
30年には韓国6.79人、メキシコ3.51人、
トルコ3.54人になるが、日本は2.80人で、
20年以上たっても現在のOECD平均にすら届かない。

近藤教授は「OECDは『医療費を低く抑えると、
医療の質の低下を招き、人材確保も困難になる』
と指摘している。
政府は医療費を抑えるため、医師数を抑え続けてきたが、
もう限界だ。少ない医師数でやれるというなら、
根拠や戦略を示すべきだ」と批判している。


『2007年5月28日:毎日新聞』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000006-mai-soci

もう削除されてしまった、新聞記事なので。
そのコピーを書いた、このブログの記事を見て欲しいのですが。
『将来医者の数は足りるの? 1』

つい半年前に。

>病院や診療所で働く医師数は、2015年に約28万5000人、
25年に約31万人、35年に約32万1000人と
順調に増加すると推定され、同省は
「全体では必要な医師数は供給される」と結論づけた。


って事でしたよね。
医者が実際に患者を診ている時間以外の事は、
全部勤務時間ではない。
当直も、勤務じゃない。
って、無理矢理な試算をしたら、
現在日本医師約9000人足りない、って
とんでもない結論を出したのも、いただけないんですが。

その後の記事で、30年後には医者は足りる。
って言っていたのですが。

半年経ったらどうですか。

>2020年には経済協力開発機構(OECD
加盟30カ国中最下位に転落する恐れがある


って事ですか。
全く状況は変わっていないんですよね。
半年間で。
日本で医学部を卒業する人数も。
世界の医者の数も。

でも、半年前は、20年後は日本医師数は足りる。
一方で、2020年(13年後)にはOECD当たりで
日本医師数は最低になる。

って、おかしいですよね。


何故こうなったかっていうと。
厚労省の、作為的な数字のマジック
みんな騙されていた
、って事ですよ。
みんな、っていうか、マスコミ
マスコミの情報を鵜呑みにする国民ですけどね。

まあ、このブログを読んでいる人達は、
騙されていないと思いますけどね。

どこが数字のマジックかって事を、
過去の記事も含めて解説していきますか。


以前にNHKで放送された番組をまとめた記事
『医療に安心できますか1』
に書いた事なんですけどね。

>s45年にはOECD平均で1000人当たり医師数1.4人、
それに対して日本は1.1人と差は1000人当たり、0.3人。
今はOECD平均で1000人当たり医師3.0人。
日本は2.0人と差は1.0人で、
OECD平均との差は広がり続けている。


というように。
日本医師は、徐々に少しずつとはいえ、増えています。
ただし、他の国はもっと増えているんです。
医療の高度化や高齢化が進んでいるから、
医師の数が増えるのは当たり前なんです。
で、結果的に、日本世界の、
人口当たりの医師の「」は広がっているんですよ。

メキシコ、トルコ、韓国等に比べたら、
世界の医師の増加率は低いかもしれませんが。
それでも、日本よりは多いですから。
今後も、今のペースで行ったら、
」は広がるにきまっているんですよ。
で、日本より人口当たりの医師数の少ない
メキシコ、トルコ、韓国は、日本よりも増加率が高いから。
その3国にも抜かれて、最低になる、って事です。

日本は今でも先進国中最低
2020年になったら、それ以外の国も含めて最低になる。
って事ですよ、増加率が低いから。

じゃあ何故、厚労省は20年後には医者の数が足りる。
って言っているかというと。

この文章を見ればわかります。

>病院や診療所で働く医師数は、2015年に約28万5000人、
25年に約31万人、35年に約32万1000人


これを人口当たりにすると、
30年後に医師数、人口1000人あたり約3人弱

って事は。
30年後に、「」の基準を当てはめれば
足りますよ、って言ってるって事ですよ。


他の国は、どんどん医者の数は増えているから。
もっともっと医者の数は増えているはずなんだけど。
それは無視して、「全く他の国では医師数は増えない。
そいで、日本だけ医師数は増える。」

ってとんでもない仮定をしたら、
30年後は日本医師数は足りる。
って言ってるんですよ。

あり得ないでしょ、そんな試算。
30年経って、物価は5倍になって。
給料が2倍になったら、給料が増えた。
って役人は喜びますか。
絶対ないでしょ、そんな事。
物価が5倍になったら、それ以上に給料が増えないと
納得しないでしょ。

そういう時は、周りと比べて
とか言うくせに。
医師不足の時は、一切周りとの比較をしないんですよ
政府や厚労省は。

医療費の問題も同じです。
医療費が増えている、って政府は言いますけど。
GDP比で何%って言い方はしないんですよ。
GDP比だと、日本の医療費は先進国中最低。
って話は、このブログをはじめ、医者のブログでは
良くみかける言葉ですが。
政府や厚労省は、一切そういう言い方をしません。
医療費の額でしか、ものを言いません。
しかも、その試算も、いい加減ですしね。

皆さんは、マスコミのように、
政府や厚労省の数字のマジックに騙されちゃ駄目ですよ!


病院選びもも、噂だけに頼っちゃ駄目ですよ。
大学病院についての、真実はこちら!

→ 「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

役に立つ無料レポートをたくさん購読して、
いらないメルマガが貯まっちゃった人は、
これを読んで解除してね!


『【図解】登録マガジンを一括で解除する方法~
「まぐまぐ!」「melma!」「アクセスメール」~』



ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

つづきを表示
スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず