FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
内科検診でセクハラ?
真面目に学校検診を行ったら、
それが「セクハラ」って言われたかわいそうな
先生がいるんですねー。

はっきり言って、無責任な発言というか。
じゃあ、適当に検診をして、
何か問題があって、それを見逃しても良い
って事を覚悟で言ってるんでしょうかねー。

ネタ元は、「産科医療のこれから、6.30本日のニュース」です。
いつもお世話になっております。


札幌の道立高 「胸触られた」120人苦情 
女生徒 内科検診終了できず

札幌市内の道立高校が五月中旬に行った内科検診で、
女子生徒約百二十人が「(大学病院から検診
応援に来た三十代の)男性医師に乳房をつかまれた」
などと訴えたため、検診を中断していたことが
六月二十九日、分かった。
学校側は「丁寧に診たことで誤解された」としているが、
一連の混乱で学校保健法が健康診断の期限とする
六月三十日までに、検診を終えられない事態となった。

同校や道教委によると、内科検診は二日間の日程で
初日は一年生全員と三年生の半数の計四百五十人が対象。
大学病院からの応援医師(協力医)三人と
学校医の計四人が診察。
協力医のうち男性一人、女性一人が女子生徒を担当した。

検診後、女子生徒から養護教諭や担任に
「(男性の協力医に)右手で聴診器を当てている時に
左手で胸をつかまれた」「ブラジャーを外された」
などと苦情が続出。

このため、学校は二日目の検診を延期した上で、
この男性医師が診た女子生徒にアンケートを実施。
一年生百二十人のうち九十人と三年生の
三十四人全員が不快な思いをしたと答えた。

同日、学校から相談を受けた学校医が、
大学病院の医局を通じて男性医師から事情を聴取。
その結果《1》乳房の下部に位置する
心尖(しんせん)部の心音を聴くため、
ブラジャーを外したり乳房を持ち上げたりした
《2》短時間で行うため、聴診しながら同時に胸郭の
ゆがみを調べる触診もした-と判断。
これらは正当な医療行為で、他の医師より
丁寧に診察したことが誤解を招いたと結論付けた。
検診では胸郭の異常を調べることなどが定められており、
また、この医師は他校の検診
問題になったことはないという。

検診の二日後、臨時全校集会で校長が
「校内において不安で不愉快な思いをさせ申し訳ない」
と謝罪した上で、「(医師は)大学病院勤務で
学校検診は不慣れだった」などと説明した。
さらに、女子生徒の保護者に家庭訪問などで
説明したほか、ショックを受けた女子生徒には
専門家によるカウンセリングも行った。

学校は二十七日に検診を再開したが、
学校行事の関係で二年生三百十二人の検診
七月中旬にずれ込むこととなった。

同校の教頭は、六月末の期限に
間に合わなかったことは「申し訳ない」とした上で、
「今後は女子生徒の感情に配慮するよう
学校医から協力医に事前に話してもらう」と話している。

また、学校医が「学校のアンケートが混乱を大きくした。
正当な医療行為だと生徒や保護者に説明することが先だった」
と学校の対応を批判。
六月十五日に辞表を提出している。


「北海道新聞:2006.6.30」


まず、学校検診っていうのは、
皆さんも昔やったと思いますけど。
必ず毎年やるべき事なんですね。

そいで、やる場所っていうのは、
場合によっていろいろあるんですが。
たいていは、教室の一室で。
ものすごい人数が多いときは、
体育館とかでやる場合もあるんですよ。

で、必ず、医者が1人でやる訳じゃなくって、
学校の先生保健の先生か。
あんま、よくわかんないですけど。
医者1人に対して、必ず1人はつきます。
そして、それ以外にも先生が周りに何人かいます。

以前、学校検診をやった事のある人であれば、
思い出してもらいたいんですけどね。


以前、とんでもない医者が、
若い女性を検査だ、って個室に呼び出して。
わいせつな行為をした、って医者がいましたけど。
今回の場合は、そんなとんでも医者とは違います。
私は、以前から言っているとおり、
医者だったらどんな人間でも擁護する気はないですから。
そんなとんでも医者まで、擁護するつもりはありません。

今回の検診では、
検診の時に、周りに先生もいて、
保健の先生とか、それ以外の先生とかもいて。
1日かけて、450人の生徒を診察して。
それが全部終わるまで、先生達は
一切何も言わなかったんですよ。


この医師が何回他の学校で検診をやったか、
具体的にはわかりませんけど。
それまで、そんな事言われた事ないんですよ。


胸を触るような、本当にセクハラだ、
とかほざくような行為があれば、
450人全員の診察が終わる前に、
誰か言うでしょ、当然。

周りに学校の先生とか、何人もいるんだから。
生徒はともかく、学校の先生達は、
検診っていうのがどんなものか知ってるんだから。

それら全て終わった上で、なんだか知らないけど、
アンケートとか取って。
不愉快な思いをさせて申し訳ない、とか。
何言ってるんですか、それ。

お年頃の高校生の女生徒なんだから。
中年男性に胸を見せたり、胸の音を聴かれたりして、
愉快な思いって言うわけないでしょ。

医者の方が悪かった。
って、言うんですか、それ。

450人医者4人で診るんだから。
1人当たり100人以上を診察するんですよ。
何時間でやるか、知らないですけど。
丸1日かけて、とじゃないですよ、普通。
せいぜい、2,3時間かそこらですよ。
下手したら、1時間とか、って学校もありますよ。

それを見逃しがないように丁寧に診察するために、
いろいろ工夫してやったら。
それを、「セクハラ」って言うんですか。

学校医が「学校のアンケートが混乱を大きくした。
正当な医療行為だと生徒や保護者に説明することが先だった」
と学校の対応を批判。
六月十五日に辞表を提出している。


そりゃあそうですよ。
不愉快な思いをした、って言うけど。
検診での診察がどういうものか知らない
女生徒に対して、いきなり訳のわかんない
アンケートとかやって。
そいで、不愉快って。

アンケートなんか、作り方によって、
結果はどうにでも変わるんですよ。

検診での診察、ってのがどんなものか
具体的にわかんない人達に、何の説明もなく
そんな事聞いてどうするんですか?

検診やっている最中、セクハラとかなんとか、
先生達も一切誰も言わず。
以前行った検診でも、そんな事誰も言わず。
訳のわかんないアンケートとかやって、
不愉快な思いをさせて申し訳ない、って。

そんな事言われたら、この学校医
辞めるも当たり前ですよ。
そんな学校の学校医になんか
誰もなりませんよ。
法律で決まっている検診をできなかったら、
当然その責任は全て取るんでしょうね、当然。

>「今後は女子生徒の感情に配慮するよう
学校医から協力医に事前に話してもらう」


って言っていますけど。
その前に、次の学校医を誰か
決めてから言って下さいよ。
そんな、難癖つけるような学校の学校医なんて、
誰もやりませんから。


マスコミも、このタイトル
「胸触られた」って。

聴診、っていうのは。
「胸」の音を聞くことなんですよ。
胸に聴診器を当てないで胸の音を聞く画期的な方法を、
マスコミには教えて貰いたいですねー。


医者のホンネを知りたい人は、これを読んでね!
→ 『医者のホンネが丸わかり!』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず