FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内科検診でセクハラ?2
ちょっとしつこいかもしれませんが。
「内科検診でセクハラ?」の続編です。

他にも取り上げられている先生もいらっしゃいますし、
「産科医療のこれから、本日の医療ニュース:7月3日」
「新小児科医のつぶやき、高校検診騒動」
勤務医、開業つれづれ日記、学校検診も崩壊 
「道立高健診女生徒から苦情 学校医、誤解に泣く 説明不足で「触診イヤ」」


もう少し、これに関して書いていきたいと思います。


道立高健診女生徒から苦情 学校医、誤解に泣く 
説明不足で「触診イヤ」

札幌市内の道立高校で5月、
内科検診を受けた女子生徒が「胸をつかまれた」
などと訴え検診が中断となった問題は、
誤解による医師へのクレームが増える一方で、
突然死予防などのため丁寧な診察を求められる
学校医のジレンマを浮かび上がらせた。

男性の医師への偏見が高まれば、医師の善意
で支えられている学校の健康診断制度が
崩壊しかねないとの懸念も出ている。

 
「ブラジャー付き検診を認めたことが失敗だった」。
今回、検診中断が発覚した道立高の学校医
(六月に辞任)は、騒動の原因をこう語った。

 
同校では、一昨年までは上半身裸で診察していたが、
女子生徒や親からの強い要請を受け
「必要に応じて外すこともある」と
事前に通知することを条件に下着付きを認めた。
結果的に生徒に徹底されず
「胸の大きい子だけ下着を外された」
「下着の中に手を入れられた」という誤解を招いたという。

内科検診には、女性にとっては
抵抗感がある診察項目が並ぶ。
胸郭のゆがみを発見するための触診をはじめ、
心臓疾患の検査では乳房の下部にある
心尖(しんせん)部に聴診器を当てるため、
乳房が大きい場合はブラジャーを外させたり、
乳房を持ち上げたりする。

思春期の女性に多い脊柱(せきちゅう)側湾症
発見には上半身裸にして両肩や肩甲骨の
左右不均衡を観察した上で前屈させて
背部や腰部の不均衡を診る。
医学書にも書かれた診察方法だ。

しかし、学校現場ではこうした検診の方法や
意義について事前に生徒に説明することは、
週五日制の導入もあり時間がとれないのが実態という。

道教委は「嫌なことをされたら嫌と言える
女子生徒が増えてきたのだろうが、
今回の件に関しては知識がないための誤解」
(学校安全・健康課)と分析する。

札幌市医師会は養護教諭との協議の場で
「内科検診は上半身裸が基本。
下着付きだと病気を見逃す恐れが高まる」
と理解を求めているが、実際には
「下着付き」が増えているという。

一方、道教委学校医に対し、心臓疾患発見のため
丁寧な診察を要請している。背景には二○○四年一月から
○七年五月末までに、道内の公立小・中・高校で
六人が突然死していることがある。

札幌市学校医協議会の長谷直樹会長
(はせ小児科クリニック院長)は「下着は着けさせろ、
病気は見逃すなでは、学校医はどうすればいいのか」
と危機感を募らせる。
道内の女性医師医師全体の約一割。
「現在でも検診の応援に来てもらう医師のやりくりが大変。
内科検診医師を女性に限定したら検診は不可能」
道教委学校安全・健康課)なのが現状だ。

道教委によると、学校医の報酬は月一万八千七百円。
月に何度学校に出向いても定額だ。
学校検診時は勤務先の病院の診療を休むことを
考慮すると割に合わないといえる。
長谷会長は「学校で『全員』『無料』で
健康診断を行うのは日本独特。
制度を崩壊させないためにも、
学校が正しい知識を生徒や親に事前に伝え、
男性医師への誤解をなくしてほしい」と話している。


「北海道新聞:2007.7.3」


学校検診っていうのは、学校医学校
趣味で行っているものではないんです。
学校保健法第6条って法律があって、
そいで学校検診を行うのは、「学校側」の「義務」です。

そして、

>二○○四年一月から○七年五月末までに、
道内の公立小・中・高校で六人が突然死していることがある。

ので、
道教委学校医に対し、
心臓疾患発見のため丁寧な診察を要請している。


と言うことで、「道教委」の方から、学校医側に
丁寧な検診をしてくれ」、って「依頼」をしているんです。


だから、教科書に書かれている
>思春期の女性に多い脊柱(せきちゅう)側湾症発見には
上半身裸にして両肩や肩甲骨の左右不均衡を観察した上で
前屈させて背部や腰部の不均衡を診る。


っていう診察をしたんですね、この医師は。

本来であれば、上半身裸で診察するべきところを、

>「必要に応じて外すこともある」と事前に通知することを
条件に下着付きを認めた。


事前に説明する条件付きで認めたにも関わらす、学校側は、
時間がないを理由に、生徒に説明もしないで。
一方的にアンケートを行って、
この医者を悪者にしたんですよ。
くだらないアンケートを行う時間はあるみたいですけどね。


道教委は「嫌なことをされたら嫌と言える
女子生徒が増えてきたのだろうが、
今回の件に関しては知識がないための誤解」


って、あんた達が説明する、って言ったのに
説明しないから知識がないんだろーが。
何を、人ごとみたいに言ってるんですか。


本来、医学的に正しい事なんだけど、
女子生徒や親からの強い要請を受けて、
勝手に、変更
して。

そいで、医者の方は、きちんと説明をする事を
条件
にオーケーしているのに。
自分たちは、説明義務を果たさないで
それで、問題があったら、それは医者の責任。

って事にしているんですね、この校長道教委

学校崩壊、とかなんとか。
学校の先生達も、親から理不尽なクレームをつけられたり、
そんな事も良くあるんでしょうけど。

自分たちのやるべき事を一切行わないで、
それで、勝手に医者の責任にしてるって。
親の責任を果たさないで学校の先生のせいにしている、
そんな生徒の親たちと同レベルですよ、
この学校の校長道教委は。

いろいろ親とかから理不尽なクレームとか、
つけられたりもしているんでしょうけど。
全く同じ事を、医者にしているこの人達には、
全然同情の余地なんかないですね。

自分たちの方から、丁寧な診察を要求して。
それでもって、説明をきちんとする、
って条件付きにもかかわらず、説明をしないで。
それで、その通りに医者が丁寧な診察をしたら、
医者が悪い、って。

ま、学校検診を行うのは、「学校」の義務ですから。
こんな事しておいて、学校医が見つからないで、
法律違反って事になっても、学校側の責任ですから。
勝手に責任取れば良いんじゃないですかね。


北海道新聞も、前回の記事の後、
いろいろブログとか読んで、世論の反発もあって。
医者側の主張も載せたんでしょうかねー。


こんな事やってたら、ホントに医療は崩壊しますね。
→ 医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず