FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加古川心筋梗塞事件、判決文2
「加古川心筋梗塞事件、判決文」の続きです。

前回は長くなっちゃったので。
本論に入る事ができなかったのですが。
いくつか問題点があると思うので、
それについて説明していきましょうかね。

Yosyan先生のブログでも、似たような事書いてますけど、
「加古川心筋梗塞訴訟・延長戦」
とりあえず、まずは、医学的な事以外。
循環器な事以外について、書いてきましょうかね。


「加古川、心筋梗塞事件2」
でも書いた事なんですけどね。
胸痛の患者が、休日病院に来て。
循環器内科医以外の医者が、心筋梗塞だ、
って診断して、他の病院に転送を依頼するまでの時間。
この平均値、っていうのがどの位か、
はっきりとしたことはわからいないんですけどね。
もちろん、見てすぐにわかる心筋梗塞もあるし、
循環器内科医でも、診断にすごく時間のかかるのもあるので。

でも、だいたいおおざっぱにですけど。
休日に胸痛の患者が救急外来に来て、
循環器内科医以外の医師心筋梗塞、って診断して、
別の病院に転送を決めるまでの平均時間って、
多分、一時間くらいだと思いますよ、正直。

極端な話、心電図を見てもわからない医者
たくさんいますし。
なんか良くわかんないけど、入院させて。
次の日の朝、循環器にコンサルトしたら、
心筋梗塞だった、って事もありますし。

胸痛心電図で、心筋梗塞、って診断できて、
そして、70分で転送を決めた、って事自体は、
はっきり言って、普通だと思いますよ。

採血の結果は、違ったのですから。
70分という比較的短い時間で、心電図一枚で
心筋梗塞と診断しているのですから。
むしろ、循環器内科医以外の医者としては、上出来。
くらいの感じではないでしょうか。

この考えは、今でも変わっていません。


そして、ちょっと問題になるな、って点がまず一つ。

「加古川、心筋梗塞事件。衝撃の事実」
では、5つの病院に転送を依頼して。
そいで、なかなか決まらなくって、結局最終的に
受け入れてくれる病院が決まったのが70分
って事だったのですが。

裁判の判決では、全くこの事について、
触れられていません

これが、何故なのか、正直言ってよくわかりません。


ちょっと弁護士の方とも話した事なんですが。
裁判官が、争点になった事を、判決文に
全く書かない、という事は実際問題としてはない、

と思うんですよね。

Yosuyan先生のところでは、

>搬送先探し騒動は「なかったもの」と裁判所に
事実認定されてしまい、訴訟の争点にする事を
完全に封じ込められたと考えます。


って書いていますけどね。
ちょっと、わからないんですけど。
私、個人の意見としては。

証拠がないから、駄目だろう、って
被告側の弁護士が諦めて、被告はそれを鵜呑みにした。


だから、被告側もそこを争点としないで、
ローカルルール」っていう苦肉の策を出した。
って事ではないでしょうかねー。

まあ、わかりませんけどね。
実際に裁判見たわけではないし。


私とYosyan先生の情報ソースは、おそらく違うし。
それで、両者とも、
実際はいろんな病院に電話をかけて、
搬送先を探した所は、あったようだ。

って判断していますから。
多分、そういう事があったのだとは思いますけどね。

でも、証拠がない
そいで、なかった事にされた。
というよりは、被告側が諦めてしまった。

という事はないでしょうかねー。

証拠がなくても、電話をかけた医者や、
周りにいた看護師の証言。
通話記録はないのでしょうけど。
相手の病院では、対応した人がいるはずですから。
私のように、部外者が電話しても答えてもらえなくても、
弁護士が教えてくれ、って言ったら、
教えてくれる所もあると思うんですけどねー。

仮に、一カ所でも認められたら、少なくとも
最初に電話をかけたのは13時50分よりは早い、
って証拠になりますからね。

被告はローカルルールなんてものは出さずに、
物的な証拠がなくても、そこを争点とすべきだったと思います。


それと、裁判官に対する、文句が一つ。
この裁判官、本気でこんな事を考えているのでしょうか。

>上記両病院とも調査嘱託(※注 訴訟当事者からの
申し出により,裁判所から両病院に対して質問を送り,
病院がそれに対して回答したもの)に対する回答書で
血液検査の実施を要求していないと回答しているが,
これを不可解な地域医療の実情を隠ぺいするための
嘘と考える必要は何もなく,医学的見地から
当然に導き出される取扱いを
素直に述べたまでと受けとめるべきである。
以上要するに,被告の上記主張は理由がない。」



わかりやすくする為に、他の例を出してみましょうか。

例えば、学校の先生が体罰を行うか、について。

今の時代、どんな事があっても、生徒に体罰を行うことは
許されてはいませんよね。
まあ、それは皆さん、同じ考えだと思いますが。

でも、じゃあ
日本中で、1人も体罰を行っている
先生がいないと思いますか?

具体的には知りませんけど、私。
絶対にそんな事はないですよね。

誰かはいますよ、絶対。
今でも生徒を殴っている学校の先生

じゃあ、裁判官から、
「生徒が悪い事をしたとき、あなたは体罰をしますか?」
って文書が来たら、どういう返事を学校の先生はしますかね。

間違いなく
「生徒が悪い事をしても、体罰はしません。」
って答えますよね、当然。

じゃあ、裁判官は、こういう回答が来たら、
「この先生は体罰をしない先生だ。」
って認める、って事ですか。

要はそういう判決ですよね、この判決。
違うんですか?

過去数年間の生徒から聞き取り調査をして。
それで、誰も体罰をされていないし、
体罰をされた生徒も見たこともない。
という事であれば、その先生は体罰をしない先生だろう。
という事が、相当程度の確率で認められると思いますが。

今までどうだった、とか。
そういう事を一切考慮しないで、紙切れ一枚で認定する。
って。
それは、いくらなんでも、おかしくないですかね。

殺人犯で捕まった、犯人がいて。
「あなたは、人を殺しましたか?」
って文書で質問したら
「いいえ、殺していません。」って言ったら、
無罪って事ですか、この裁判官なら。


まあ、殺人犯の事は極端な例としても。
文書を出して、その回答だけを根拠に、っていうのは。
正直言うと、世の中知らないんだな、この人。
って感じですよね、この裁判官。

世の中には、「建前」って事がありますからね。

医学的には、採血では発症して数時間の心筋梗塞はわからないし。
病院としても、わからないから、ってそれをしないから、
って断る、って回答は当然できませんけど。

今までに、それで一回も断ったことがない。
とか、何回もそういう事があって、相手の病院の看護師が
そう思っている、って事の証明にはならないですよね、それ。

所詮、当直医はアルバイトの消化器内科医なんだから。
ずーっとそこで働いている看護師がいて。
心筋梗塞の時は、採血をしないと受けてくれないから。
って言われたら、アルバイトの医師は、
普通それに従いますよね、当然。

そう言っちゃうと、看護師に責任が来ちゃうから。
看護師にも味方をしてもらえなくて、こんな事に
なったのかもしれませんけどね、この先生。

でも、いずれにしても、紙切れ一枚で認定。
っていうのは、おかしいかな、って思います。


いよいよ、次回は本題。
循環器内科医が、心筋梗塞や不整脈(心室細動疑い)、死因等、
ちょっと専門的な事について書いていきますよ!



心筋梗塞になりたくなかったら、
生活習慣病を予防しなきゃ駄目だよ。


→ 「日本一わかりやすい!「糖尿病」

→ 日本一わかりやすい!「高血圧」

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓
スポンサーサイト
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず