FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産科医当直、5日に1回超
ご存じの通り、日本では医療崩壊が加速度的に
進んでおりますけど。
その最先端は、産科、小児科、そして救急医療です。

現場の我々は、その事を実感しているのですけど。
きちんとしたデーターが少ないので、
はっきり言うと、医療関係者と一般の人達や
マスコミとの温度差が大きい
のですよね。

で、今回は、産科医当直の実態
日本産婦人科学会の調査で明らかになったので、
ちょっと読んでみましょうか。


産科勤務医 当直、5日に1回超 
医会全国調査 過酷な待遇浮き彫り

産婦人科勤務医の当直回数は、平成18年度は
月平均6・3回で、6年前に比べ約30%も増えたことが、
日本産婦人科医会(会長・寺尾俊彦浜松医大学長)
の全国調査で分かった。

単純計算で5日に1回以上の頻度。
当直明けでも普段と同じ勤務をこなさなければ
ならない施設が9割以上を占め、
当直手当が増額された例もごく一部にとどまった。

産科医の勤務の過酷さと待遇の不十分さが
あらためて数字で裏付けられた形で、
同医会は今後、改善に向けた
具体的提言をまとめるとしている。

調査はお産を取り扱う全国約1300施設が対象で、
約800施設(62%)の有効回答を分析した。

当直回数は、12年度に行われた調査では
月平均4・7回で、1・6回増加した。
同医会は「この数字は小児科や救急と比べても
多いのではないか」としている。

当直明けの勤務緩和措置については
「なし」が全体の92・5%。
国立系の施設(大学病院を除く)では100%、
大学病院は97・4%が勤務緩和をしていなかった。

過去1年以内に当直手当を増額した施設は9・4%。
妊婦が糖尿病や妊娠高血圧症候群であるなど、
リスクが高いお産を扱った施設に加算される
「ハイリスク分娩(ぶんべん)管理料」を、
一部でも医師に還元した施設は1%にも満たなかった。

調査をまとめた同医会常務理事の
中井章人日本医大教授(周産期医学)は
「過重労働や労働に見合わない対価などが、
産科医やお産施設の不足に拍車をかけている。
妊婦の救急搬送に支障が出る一因も
ここにあるのではないか」としている。


『2007年10月6日:産経新聞』

『医者の当直2』の記事でも書いた事なんですけどね。
労働基準法では、医者当直って、

>宿日直の回数は、原則として、日直については月1回、
 宿直については週1回を限度とすること


って決まっているんですよ。
産科医当直回数は、月平均6・3回ですから、
思いっきり、労働基準法違反ですね。

あくまで、平均値ですよ、これ。

例えば、日本一有名な産科医ブロガー
Bermuda先生(30代男性)の場合。
この記事を読めばわかりますけど、
→ 『頭の弱い子』
「おー、今月の当直は、20回ない。
16回だ、ラッキー。」

位の勢いですからね、ばみゅ先生

まあ結局、月17回に増えちゃったみたいですけど。
若手っていうか、中堅産科医だったら、
当直回数がこの位の先生も多いみたいですよ。

平均6.3回ですからね。
お産を扱っている産科医の先生の平均年齢って、
だいたい50歳くらいですから。
結構、大きな病院とかだと、50歳以上の医者は、
当直免除
って所も多いですし。

昔は50歳以上だったけど、今は55歳に上がったとか。
免除だけど、好意でやってくれる医者も多いけど。
そういう人達も平均して、当直が月6.3回ですから。

若手産科医であれば、10回とか、
下手したらBermuda先生みたいに、月20回当直
って人もいるに決まってますよね。


しかも、本当は労働基準法上では、
医者当直の業務って、

>夜間に従事する業務は、一般の宿直業務以外には、
 病室の定時巡回、異常患者の医師への報告、
 あるいは少数の要注意患者の定時検脈、
 検温等特殊の措置を必要としない軽度の、
 又は短時問の業務に限ること


なんですけど。
当然、産科医だけではないんですけど、
医者当直がそんなに簡単なはずもないんですよ。


>6年前に比べ約30%も増えた

って事で、日本の産科医療が加速度的に
崩壊している
、って事もわかりますよね。


当直明けの勤務緩和措置については
 「なし」が全体の92・5%。
 国立系の施設(大学病院を除く)では100%、
 大学病院は97・4%が勤務緩和をしていなかった。


これに関しては、以前に書いた記事
『96%の医師は当直明けも勤務』
でも、96%ですから。
だいたい、そんなものなのでしょうね、日本全国。

まあ、
>勤務緩和をしていなかった。

って、政府が医師数削減政策を行っているから、
替わりの医者がいないから、
していなかった」ではなく、「できなかった
なんですけどねー、本当は。


ちなみに、若手産科医で、月10~20回当直
って書きましたけど。

ネット上にはなかったけど、別の新聞記事には
こういう事も書いてありました。

>埼玉医大の難波聡助教は、勤務先で月6-7回、
 更に別の病院で月に4-5回の当直をこなす。
 当直や明けの当日も日中は通常勤務がある。


助教(昔の助手)で、
月10回以上当直ですか。
大学院生とか、研究生でなく、
正規のスタッフで。

産科医、恐るべし。


でも、もしかして。
この調査、って病院毎だから。
他の病院の当直の回数はカウントしてない、
って事だったりして。

そしたら、月10回平均くらいかもしれませんねー。
実際の産科医当直回数は。


医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず