FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
またも若い医師が死亡
『当直中に医師が死亡』の記事で、
30代の若い医師当直に亡くなった、
という悲しい話を書きましたけど。
また、30代の若い医師が亡くなったようですね。


筋弛緩剤医師自殺 神戸中央市民病院

神戸市立医療センター中央市民病院
(神戸市中央区)に勤務する三十代の女性医師が、
毒薬に指定されている筋弛緩(しかん)剤を使って
自殺していたことが二十日、分かった。
院内の保管場所から無断で持ち出して
使用したとみられる。

市などによると、十八日午後一時十分ごろ、
病院内の手術室で点滴をしたまま倒れている
女性医師を職員が発見し、神戸水上署に届け出た。

既に死亡しており、麻酔薬を服用し筋弛緩剤
投与した形跡があった。
同署は自殺の可能性が高いとみている。

使われた筋弛緩剤は粉末のバイアル一本
(十ミリグラム)で大人一~二人分の
致死量にあたるという。
病院では施錠された室内に保管されており、
担当する医師のみが鍵を所持していた。

関係者によると、女性医師は情緒不安定な状態が
続いていたといい、病院側もそのことを把握していたが、
勤務の変更などはなく、筋弛緩剤がある部屋の鍵も
そのまま所持させていた。

同市保健福祉局経営管理課は
「こんなことになるとは思わなかった。
だが、薬の管理上に問題はないと考えている」
としている。


『神戸新聞:2007年11月21日』



>女性医師は情緒不安定な状態が続いていたといい、
病院側もそのことを把握していた


情緒不安定なのは、何が原因なのでしょうかね。
心の病なのかもしれませんが。
その原因は、過労ストレスではないのでしょうかね。

いずれにせよ、病院(雇用者)医師(労働者)の
健康を管理する義務があるのですから。
把握していたのに、休職させるとか、
ストレスの少ない仕事に変更するとか。
気づいていたのに、そういった事を行わなかった
病院の責任は大きいと思います。


>「こんなことになるとは思わなかった。
 だが、薬の管理上に問題はないと考えている」


情緒不安定になっている医師がいる事を
把握しておきながら、何の対策もとらず、言い訳

これ、某食品会社の社長が、パートの責任にしたり、
現場の工場で働く人間のせいにした構図と
そっくりではないですかね。
政治家が秘書のせいにする、ってのも似ていますかね。

こういう事を言っていては、病院が国民から
信頼を得られないのは当たり前だと思います。

責任を現場に丸投げする態度は、
政府病院も、結局同じなんですね。
やっぱり。

なな先生の知り合いの医師も、

>同じ職場の上級医師が、過労でその病院に入院中。
 元々、一人が過労になるような労働環境。
 代替要員は派遣されません。
 残ったドクターたちは、目も当てられない忙しさでした。

 毎日遅くまでopeをした上に、
 夜中も容赦なく呼び出されていました。


というような状況ですから。
過労死」かどうかは、はっきりとはしませんけど。
過労死亡した原因に強く関わっていそうだ
という事は言えると思います。

過労死」と法律で認められるのは、
医師の場合は難しいんですよね、実は。
小児科医、中原利郎先生過労死の時も書きましたけど。

医者の場合は、働いても
残業代をつけていない人が多いのですよ。
人が良いというか、なんというか。

それに、当直に、夜通し働いても、
働いた」、って事にはならないんですよ。
労働基準法上は。

だから、法律で言う、過労死の基準を上回る。
簡単に言うと、「過労死の証拠がある」、
って事は、医師の場合は非常に難しいのですよ。

実際に働いた労働時間が、過労死の基準を上回る、
という事であれば、簡単にクリアできますけどね。



H18年に行われた厚生労働省の調査では、
勤務医の平均労働時間は、週63.3時間です。
この話は、以前ブログでも書きましたけど。
これって、院長、副院長とか、部長級とか。
当直もしない、夜中に呼ばれる事も
ほとんどないような医師も、平均して
この時間って事です。

週63.3時間の勤務というのは、
月100時間以上の残業という、
過労死の認定基準とほぼ同じくらいですけど。
若手~中堅の医師は、これを大幅に超えるのが普通です。

若手~中堅の医師は、平均的な医師でも
この基準を簡単に超えているんですよ

しかも、これ多分、当直の労働時間は
全く入っていないか、一部しか入っていない値ですので。
実際の労働時間は、もっと長いはずです


いずれにせよ、30代の若き医師
相次いで2人も亡くなった


過労死と言えるかどうかはわかりませんけど、
おそらく、その死には過労が関与していたであろう。
という事は事実です。


なな先生のブログ『犠牲』
コメント欄を読んでもらえばわかりますけど。

身近な医者を亡くした医者って、たくさんいるんですよ
こんなにたくさんいるという事に、
また驚いてしまいました。


根本的な原因は医師数削減政策医療費削減政策
その事に言及せずに、政府地方自治体病院の責任に。
そして、病院医師個人の責任に。
という無責任の構図が続く限り、こういう悲劇が
なくなる事はないと思います。


勤労感謝の日である11/23に、
こういう記事を書かなきゃいけないのが、悲しいです。



過労死で亡くなった小児科医、中原利郎先生
関連する記事はこちらです。

『小児科医の遺言状』

『小児科医、中原医師の過労死を認め勝訴』

『小児科医自殺 労災認定2』

『小児科医過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念』

『小児科医自殺、病院の賠償認めず 』


医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず