FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
政府が公式に医師不足を認めた!
このブログを含め、ずーっと前から医師ブログでは
言っている事なんですけど。
日本では「医師偏在」ではなくて「医師不足」だ、
っていう事を、やっと政府が公式に認めましたよ。

閣議決定」だそうですから、相当の重みです。



医師「総数として不足」政府認める

医療現場からの度重なる指摘にもかかわらず、
これまで「医師は不足ではなく偏在
との見解を示してきた政府が、
ようやく医師不足を認めた。

2月12日に「医師は総数としても充足している状況にない」
と閣議決定したのだ。
あきらめずに現場から声を発し続けてきた医師
「まずは率直にうれしい。
実際に施策に反映されていくことに期待したい」
と話している。


医師不足問題をめぐっては、
「このままでは医師が過剰になる」として、政府が1982年、
医学部の定員削減により医師数を抑制するよう
閣議決定したことが始まりとされる。
その後も、93年、97年と、政府は段階的に
医学部定員の削減を進めてきた。

しかし近年、これに伴う弊害が各地で表面化。
必要な医療が受けたいときに受けられなくなる
「医療崩壊」が全国的に加速している。

過酷な勤務を強いられる医療現場からは、
早期の政策の見直しを求める声が続出していた。

これに対して、政府はこれまで
「地域や診療科ごとの偏在であり、
医師の総数は増え続けている」と、
医師不足を認めない見解を貫いてきた。

このような状況の中、民主党の山井和則衆議院議員が
政府に質問主意書を提出。
分娩施設の減少や救急搬送の問題な
ど実例を挙げながら、
「現在も『医師は数的には基本的に足りている』という認識か」
などと、政府の医師不足に関する見解を改めてただした。

この質問を受けた政府は2月12日、閣議決定した後、
医師数は総数としても充足している状況には
ないものと認識している」との答弁書を提示。
答弁書には、05年7月の
医師の需給に関する検討会報告書」の内容や、
現状に対する有識者などからの意見を踏まえた上での
修正であることが示されている。

現役外科医として診療に携わりながら、
長年医師の増員を訴え続けてきた
埼玉県済生会栗橋病院の副院長・本田宏氏は、
今回の閣議決定について
「政府はこれまで現場の指摘にかたくなに耳を貸さなかったが、
ようやく私たちの声が届いた。
これで現場にも夢がわいてくる。
まずは率直に嬉しい」と評価。
その上で、「実際にどのような施策に反映されるかが大事。
これからの動きに期待していきたい」と話している。


「2008/02/13;キャリアブレイン」


民主党の山井和則衆議院議員。
グッドジョブです。


今まで政府は
医師不足ではなく偏在だ。
って言い続けてきたのに。
やっと、方向を変えてくれましたね。

しかも閣議決定ですから。
やっと、一歩前進した、って感じでしょうか。

ただ問題なのは、本田先生も言っているけど、

>実際にどのような施策に反映されるかが大事。
 これからの動きに期待していきたい


これから、何をやるか、って事ですね。

医師偏在だ。
地方では、ちょっとは医師は不足してるのかなー。

っていう事で、今年から各都道府県に5人ずつ
医学部の定員が増えました
けど。
これだけでは、最大で250人ですからね。

1982年に医学部の定員削減により医師を抑制する
前からみたら、医学部の定員は約1000人減ってますから
それでけでは、以前に戻る、ってレベルまでもいってません。

何度も出てくるOECD平均まで医師数を増やすとしたら、
あと12万人~14万人必要ですからね。
そこまで医師の数を増やす必要はないのかもしれませんけど。

ただ、医師の数は不足してる。
でも、医師の数は増やしませんよ。

って言うのであれば、意味がありませんから。

具体的に医師がどのくらい不足しているのか。
何年で何人の医者を増やしたいのか。
とか、きちんとした目標を出して、計画を立てる。
そして、何十年前の閣議決定を、ずるずる引きずる事なく、
それでも医師の数が足りないのであれば、もっと増やす。
とか、臨機応変に対応して欲しいですね。


それと、医師不足とセットで考えなければならないのは、
医療費不足です。
財源の事もあるので、こっちの方がもっと難しい問題
かもしれませんけどね。

ついこの間、
「医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟」
ってのができて。
もう100人以上になっているみたいだし。
ちょうど良い機会なので、医療費不足についても、
これを機に、きちんと議論して欲しいところですね。


本田宏先生の本が読みたい人は、ここからね!
→ 誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず