FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
福島大野病院事件から2年
『我々は福島大野病院事件で逮捕された
産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 』



2006.2.18

この日は、医療関係者にとっては、
忘れられない日です。


この日から、日本の医療崩壊が始まった。
と言っても良い程の衝撃でした。

そうです。
福島大野病院で、産科医逮捕された日です。

あれから、ちょうど2年の月日が経ちました。

癒着胎盤という、何千人に1人しかいない、珍しい症例で、
しかも、事前に予測する事も困難な事例。
それにたった1人の産科医
一生懸命立ち向かって。
でも、結果的に救えなかったというだけで、
患者が病気で亡くなったのに、
医師が刑事事件で逮捕される

という事件が、福島大野病院事件です。

その日を境に、日本では産科医が1人で
出産を扱う病院は激減
しました。


萎縮医療」という言葉も、この事件以降、
頻繁に使われる様になりました。

少ない医師、不十分な設備で「善意」で
患者を救おうと思っても、
結果的に患者を救えなかったら逮捕されるかも。

2/18以降、日本中の全ての医師が、
そう思って医療を行っています。


たらい回し」という言葉は不適切ですが。
今だに、テレビや一部の新聞では使われています。
患者受け入れ拒否
これも、言葉の使い方はおかしいですけど、
やっぱりたくさんマスコミでは出てきます。

これらが起こる背景には、政府の医師数削減政策、
医療費抑制政策による、医師数不足、医療費不足。

といった原因も大きいのですが。

医療訴訟による、萎縮医療の影響も、かなり大きいです。


>「ミスがなかったなら、なぜ妻は死んだのか」
 「弁護側は、医師の処置には問題はなかったというが、
 問題がないならなぜ妻は亡くなったのか。
 人間の体はさまざまというが、
 それに対応するのが医師の仕事だ。
 分娩室に入るまで健康だった妻はどうして亡くなったのか。
 病院は不測の事態のための設備を整えているはず。
 ということは、ミスが起きたのは医師の責任だ」


これは、亡くなった方の夫の意見陳述です。

亡くなった方は、本当に残念だったと思います。
遺族も、かわいそうだと思います。


ただ、人間は、不死身ではありません
今まで生きていた人が、今後未来永劫いきているなら、
人間は、全員不死身って事になりますが。
そうではないでしょ。

医師の側に問題がなくても、
人間は不死身ではないですから。
人間は、病気で死ぬんですよ。

不測の事態のために設備を整えて、
医師は一生懸命にやりますけど。
それでも助けられない命はあるんですよ。

お産は、安全ではないんですよ。
日本は、周産期死亡率が世界で一番低いですけど。
それでも、死亡率はゼロではないんですよ


結果が悪かったら、全てそれは医師の責任だ。
責任を取れ、謝れ。
って事で、裁判を起こされたら、
ホントに日本の医療は崩壊しますよ。

民事訴訟を起こす権利は、誰にでもありますから。
それを規制する事はできませんけど。

結果が悪かった、というだけで
医師逮捕される、って事はあってはならないと思います。

医師だけ特別扱いするのはけしからん。
って言う人もいますけど。

訴訟社会のアメリカでさえ、福島大野病院
の様な場合、逮捕される事はありません。


私は、「医者が何やっても良いようにしろ。」
って言うつもりはありません。

医師が一般的な医療行為を行って、
その結果が悪かった」
というだけで逮捕する事は止めて下さい。

って言っているだけです。

医療事故調の第二次試案でも、
今いろいろもめているところですけど。

仮に、福島大野病院事件医師が有罪になる。
そんな事があれば、日本の医療は完全に崩壊します。

破壊される、と言っても良いかもしれません。

そうなったら、結局損ををするのは
医師に診てもらえなくなる、患者さんです。


福島大野病院事件では、適切な裁判が行われて、
医師が無罪になる事を信じています。


『我々は福島大野病院事件で逮捕された
産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 』



この記事は、ブログ『新小児科医のつぶやき』
Yosyan先生に賛同した記事です。

→ 『新小児科医のつぶやき 2.18』

他の方達のブログが見たい人は、
ブログ「産科医療のこれから」で、適宜アップされているようなので。
これをみて下さいね!
→ 『我々は福島大野病院事件で逮捕された
産婦人科医師の無罪を信じ支援します 』



ちなみに、私の昨年の記事はこちらです。
『悪夢からちょうど一年』

---------------------

このご意見に賛同していただける方は
コメント欄に御記入下さい。

御記入はハンドルネームでもかまいません。

また、医療関係者であるかどうかも問いません。

賛同してくださるブログ管理人の方は
ブログのタイトルとアドレス
一緒に記入お願いいたします。

この運動に参加されているブログを
なるべく把握したいので

ぜひ、御連絡お願いいたします。

一人でも多くの方のご賛同が、
よりよい日本医療を作っていくものと
信じております。
よろしくお願いいたします。



医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず