FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
救急車でも非常識な要請
日本の医療崩壊の原因に、コンビニ救急や、
モンスターペイシェントなどの、患者側の問題もある。
っていう事は、医師ブログだけでなく、
最近は既存のマスコミでも書かれるようになりましたが。

救急車の要請でも、やっぱり問題のある患者
多かったようですねー。
この話は、yahooのトップページも出ていましたね。


足代わり119番救急車「予約」
…非常識な要請広がる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080622-00000027-yom-soci

救急車病院までのタクシー代わりに利用しようとする
119番が、全国各地で相次いでいることが、
主要51都市の消防本部を対象にした
読売新聞の調査で明らかになった。

急病でないにもかかわらず、
病院での診察の順番を早めたい」という理由で、
救急車を呼ぶケースも目立つ。
昨年1年間の救急出動件数の5割は軽症者の搬送で、
110番に続き119番でも、非常識な要請が広がっている
傾向が裏付けられた形だ。

都道府県庁所在地と政令市にある計51の消防本部
(東京は東京消防庁)を対象に、最近の119番
内容を尋ねたところ、37消防本部が
タクシー代わりの利用など、
明らかに緊急性のない要請があると回答。
大都市、地方都市とも同じ傾向がみられた。

例えば、「119番でかけつけると、
入院用の荷物を持った女性が自ら乗り込んできた」
(甲信越地方)ケースや、
119番で『○月○日の○時に来てほしい』
救急車を予約しようとする」(関西地方)事例が多い。
症状を偽る人もおり、甲信越地方の60歳代の男性は
「具合が悪くて動けない」と救急車を呼びながら、
実際は緊急の症状はなく、
あらかじめ病院に診察の予約を入れていた。

風邪程度なのに、「救急車で行けば、早く診てもらえる」
と思って119番する事例も、28消防本部で確認された。

病院では救急外来の患者の重症度を
まず看護師が判断する場合が多い。
しかし、山陽地方では、切り傷で搬送された
患者と家族が、診察の順番を待つよう告げられ、
救急車で来たのだから、優先的に診察するのが当然だろう」
と詰め寄った。

診察待ちをしている人が、病院を抜け出して
119番するケースも7消防本部であった。

関東地方では、50歳の男性を病院に搬送すると、
先ほどまで待合室にいたことが判明。
男性は「順番が来ずにイライラし、
救急車で運ばれれば早まると思った」と語った。

51消防本部で昨年1年間に救急車が出動した
約232万件のうち、安易な要請も含めた
軽症者の搬送は約117万件。
厳しい財政事情から救急隊の増員が進まず、
重症者への対応が遅れるなど支障も出ている。


『2008年6月23日:読売新聞』


実は、6/23の読売新聞の33面にも関連記事があって。
そっちの方にも非常に大事な事が書いてあったんで。
本当は、それを紹介しようと思っていたのですが。

どうやら、ネット上にはアップされていなかったようなので。
他のブログなんかでも引用されている、
同じ文章を引用しちゃいましたわ。

救急車の利用で問題になっているのは、
軽症患者救急車を使ってしまうと、重症患者が使えなくなる。
っていう事なんですよ。

当たり前すぎて、この記事では最後にわずかに
触れている程度なんですけど。

33面には、具体例が出ていました。

町に2台しか救急車がない町で。
どっちの救急車軽症患者の為に出払っていて。
その為、心肺停止だったかな、
重症患者の命を助けられなかった。


という例です。


金も無限にあって、人も無限で、救急車の数も無限。
時間に制限もない。


こういう状況であれば、軽症患者
救急車を使ったって良いんですよ。
はっきり言って。

でも、実際には違うでしょ。
救急車の数には限りがある。
救急の数も限られている。
だから、軽症患者のところにばかり
救急車が行く事になると、
重症患者のところに救急車が行くのが遅れる。
そしたら、重症患者の命が救えないかもしれない

そこが、一番の問題なんですよ。

もちろん、医療費の問題もありますけどね。


今のやり方では、
一部のわがままな人間が貴重な救急車
救急隊という資源を無料で独占して。
その結果、本当に助けなければいけない、
重症患者の所に救急車が行くのが遅れて、
助けられない命がある。


というのが事実です。

だったら、今のやり方、システムを変えるしか、
方法はないんじゃないかなー。


簡単に言うと、今のシステムっていうのは、
「いつでもどこでも誰でも、救急車は無料」。
こういうシステムです。

いつでもどこでも誰でも無料、だから。
重症患者でも、軽症患者でも無料だし。
どんなに遠くまで乗っても、何回乗っても無料。
っていう事ですよ。

『「こどもの医療費無料」の問題点』
の記事には、子供の医療費の事を書いたんだけど。


「無料なら、病院に来よう」
っていう人が多くなるからです。

薬屋で、薬とポカリスエットを買ったら2000円。
でも、病院に行って専門家である医者に診てもらって。
それで薬までもらっても、0円。
だったら、時間外でも、病院に来よう。
って思う親が多いのは、当たり前です。

時間外に軽症なのに病院救急外来に来るのって、
「コンビニ救急」とかって呼ばれているのですけど。

これって、患者(こども)とか、その親が
いわゆる「モンスターペイシェント」だから起こる、
っていうよりは、「こどもの医療費無料」
っていう制度がおかしいから起こっているのですよ。



これは、救急車が無料っていう場合にも、
全く同じ事が当てはまります。

「タクシーを使うより、救急車の方が安い。
だったら、救急車病院に来よう。」

という人がいるのは、
救急車が無料」という制度のせいです。

だったら、これを手っ取り早く解決するには、
救急車を有料にすれば良いんですよ。


日本では、全国どこでも、いつでも誰でも、
軽症でも重症でも救急車は無料
ですけど。
世界の中では、救急車が無料という国は、
むしろ少ない
んですよ。


諸外国の救急運営状況
国別     都市名       金 額(円)
 
アメリカ
ニューヨーク     有料 \47,000~\72,000 
ロサンゼルス    有料 \47,000~\72,000
サンフランシスコ  有料 \47,000~\72,000
ホノルル       有料 \47,000~\72,000
サイパン       有料 \17,000
カナダ バンクーバー 無料
ブラジル サンパウロ 無料
グアム グアム      無料
オーストラリア シドニー 有料 \13,000~\25,000
ニュージーランド クライストチャーチ 
             有料 \3,000~\5,000
イギリス ロンドン   有料 \25,000
フランス パリ     有料 \34,000~
ドイツ フランクフルト 有料 \54,000
イタリア ローマ    無料
スイス ジュネーブ  有料 \61,000
スペイン マドリッド  有料 \4,000
オーストリア ウィーン 有料 \20,000
オランダ アムステルダム 有料 \9,400、
ベルギー ブリュッセル 有料 \6,700
中国
北京           有料 1km毎 \48~\68
上海           有料 \1,000~\3,000
香港           無料
台湾 台北       無料
韓国 ソウル 無料、官営は無料だが、最短の病院への緊急搬送のみ
シンガポール シンガポール  有料 \4,000~\7,000
マレーシア クアラルンプール 無料
ベトナム ホーチミン  有料
         走行距離1kmにつき \70、民営は \5,300~\15,800
タイ バンコク      有料 \1,600~\3,400
インドネシア バリ島  有料 \17,000
フィリピン マニラ    有料 \4,900

24ヶ国30都市  有料22都市、無料8都市

平成18年1月発行 「海外医療事情ハンドブック 2006」
(AIU保険会社)より抜粋


という訳で、24ヶ国30都市のうちで、
有料22都市、無料8都市ですから。

世界的には、救急車は有料の方が多いんですよ。
無料っていう国でも、ここには書いていませんけど。
緊急時にしか使えませんからね、救急車は。

軽症患者でも誰でも使えて、しかも無料
という国は、日本しかないんですよ。

軽症患者でも、どんなにわがまま言っても無料。
というシステムのせいで、実際に重症患者の所に
救急車が行くのが遅れて、命を落とす人がいる

というのが、今の現実ですから。

これを無くす為には、軽症患者のアクセスを制限する
という方法しかないと思いますよ。

救急車の出動回数を単純に減らすには、
最も効果があるのは、有料化です。

でも、これをやると、
本当に重症の患者まで
お金を取るっていう事になるので。
お金を取るなら、救急車呼ぶのをやめよう。
っていう人ができて、その結果、
助けられない人が出る、

っていうのが問題ですから。

救急車を呼んでも、重症の患者からは
料金を取らない、もしくは割り引く。

っていう方法が良いかな。
という風に、個人的には思います。

単純にいくなら、
入院した患者さんからは、救急車の料金を取らない。
という方法があるし。

その他には、私が以前に提唱した、
『時間外重症患者割引制度』
の記事にも書いたような制度。
重症の患者(医療費がたくさんかかった患者
からは、いくらか料金を割り引きしますよ。

という制度です。

具体的には、こんな感じ。
モトケンブログで、欄外さんがまとめてくれたので、
そのまま引用しますと。
『救急車の非常識な搬送要請』


「時間外診療および救急車利用について(割引制度あり)」
(手数料・利用料は仮です)
 
時間外診療手数料(A):5,000円
救急車利用料(B):5,000円
を、頂戴いたします。
 
ただし、
医療費自己負担額(C)が10,000円を超えた場合、
その超えた金額の半額(D)を、上記(A)(B)を限度に割引します。

ex.1
自己負担額2,000円の場合
時間内外来:\2,000(C)のみ = \2,000
時間外外来:\2,000(C)+ \5,000(A)= \7,000
時間外救急:\2,000(C)+ \5,000(A)+ \5,000(B)= \12,000

ex.2
自己負担額15,000円の場合
時間内外来:\15,000(C)のみ = \15,000
時間外外来:\15,000(C)+ \5,000(A)- \2,500(D)= \17,500
時間外救急:\15,000(C)+ \5,000(A)
        + \5,000(B)- \2,500(D)= \22,500

ex.3
自己負担額25,000円の場合
時間内外来:\25,000(C)のみ = \25,000
時間外外来:\25,000(C)+ \5,000(A)
       - \5,000(D)= \25,000((A)の限度額)
時間外救急:\25,000(C)+ \5,000(A)
       + \5,000(B)- \7,500(D)= \27,500

ex.4
自己負担額30,000円の場合
時間内外来:\30,000(C)のみ = \25,000
時間外外来:\30,000(C)+ \5,000(A)
       - \5,000(D)= \30,000((A)の限度額)
時間外救急:\30,000(C)+ \5,000(A)
       + \5,000(B)- \10,000(D)= \30,000

※時間内救急は、時間外外来と同じ


これ、以前に私がまとめた例よりもわかりやすいですね(笑)

時間外の患者だけでなく、救急車患者にも
この制度を応用すれば、
軽症患者が安易に救急車を呼ぶ、
っていう事が少なくなるんじゃないかなー、

と思います。



ちなみに

>110番に続き119番でも、
非常識な要請が広がっている傾向が裏付けられた形だ。


っていうのは、
『110番も、モラル低下』
の記事に書いた、読売新聞の調査の事っすよ。


医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず