FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
24歳の看護師、過労死認定
2007年5月に亡くなられた24歳看護師が、
過労死と認定されたようですね。
今日のyahooのトップページに載ってました。

医師過労死に関しては、このブログでも何回も取り上げました。
小児科医師中原利郎先生の話とか。

『小児科医の遺言状』


なな先生のブログ『犠牲』とか。

『当直中に医師が死亡』



医師だけでなく、医療現場では、人手が足りなくて
医師以外の職種の人間も大変なんですよー。
特に、看護師は夜勤も多いですし。
どこの病院に行ってもかなり大変そうです。

医師看護師も不足していますから。
看護師の多くは過労だと思います。


24歳で亡くなられた看護師、高橋愛依さん
ご冥福をお祈りします。



24歳看護師過労死認定
=人員不足、宿直明けに倒れる
-残業月百時間・労基署
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000086-jij-soci


東京都済生会中央病院(東京都港区)で昨年5月、
宿直明けに意識不明になり、死亡した看護師
高橋愛依さん=当時(24)=について、
三田労働基準監督署(同区)が過労死として
労災認定していたことが17日、分かった。
認定は9日付。

代理人の川人博弁護士によると、高橋さんは
2006年4月から同病院に勤務。
昨年5月28日午前7時半ごろ、手術室の中で
ストレッチャーに突っ伏しているのを同僚が発見。
同日夕、死亡した。
持病はなく、死因は致死性不整脈とみられるという。

高橋さんが働く手術室はもともと26人態勢だが、
昨年3月末には18人になった。
新人が補充されたが人員不足の状態は続き、
高橋さんは4月から5月にかけ、25時間拘束の
宿直勤務を8回こなしたほか、
土日に働くこともあり、残業は月約100時間だった。 


『2008.10.17:yahooニュース』


元々26人の人員だったところが18人になれば。
残った人間に負担がかかるのは、当たり前ですよね。
新人が数人補充はされているみたいですけど。

看護師になったばかりの新人だと、
ほとんど仕事はできないですから。
看護師になって3,4年くらいの、
若手看護師新人看護師の指導係に
なる事が多いんですよ。
多くの病院では。

こういう新人教育の事を看護師の世界では、
プリセプター」と呼んでいるようです。


プリセプターシップとは、ある期間、
新人看護師一人に担当の先輩看護師が一人
(あるいは二人)つき、仕事の教育・指導を行なう
新人教育制度なのである。
その先輩看護師のことをプリセプター
新人看護師のことをプリセプティーという。


参照:
『看護師のお仕事:プリセプターシップ』



24歳看護師ですから。
この方は、ちょうど看護師になって、3,4年目くらいだから。
もしかしたら新人の教育係(プリセプター
なったのかもしれないし。
そうでなくても、新人を指導したりするのは、
若手~中堅の看護師の役目ですから。

ただでさえ忙しくなったところに、
新人の教育等、慣れない仕事も増えて。
ますます忙しくなって、疲労が蓄積したのでしょうかね。


>高橋さんは4月から5月にかけ、25時間拘束の
宿直勤務を8回こなしたほか、
土日に働くこともあり、残業は月約100時間だった。


過労死の認定基準で、
3ヶ月以上なら月80時間以上の残業。
1ヶ月でも、月100時間以上の残業。

というのがありますけど。

高橋さんの場合も、残業は月約100時間だった、
ということですから。
これに当てはまるので、過労死と認定されたのでしょう。

ただ、「記録にある残業時間」が月に100時間ですから。
いわゆるサービス残業と言われる、
記録にはない労働時間も多いですからね。
特に若手の場合は。

明らかに過労だったのだと思います。


7:1看護」という制度が導入されてから、
大病院では看護師の数が増えて、
手厚い看護ができるようになった。
と言われていますけど。

看護師の総数」が増えた訳ではありませんから。
一部の病院にたくさんの看護師が集まった、
という事は、逆に言うと、
大病院に看護師が引き抜かれて、
大幅に看護師の数が減った病院もある。
って事ですよね。

そういう病院では、残った看護師の業務は、
以前よりも増えている。
っていう事ですからねー。

看護協会が推し進めた「7:1看護」の悪い面
という言い方もできると思います。


いずれにせよ、医師だけでなく看護師や、
その他の医療従事者は、皆さん過労ぎみですから。
医療機関が医療従事者を十分に雇えるように、
医療費、診療報酬を上げるように、
政策を変えるべきだと思います。



医療や医療訴訟について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず