FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
「医者のモラル発言」撤回
二階俊博経済産業大臣が、
医者のモラル発言」を撤回しましたよー。

『医者のモラルの問題!』
の記事に書いたように。

二階俊博経済産業大臣は、

「政治の立場で申し上げるなら、
何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。
忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」


という、勘違いもはなはだしい発言をしていました。

その発言に対し、最初に抗議したのは、
全国医師連盟」ですね。

一応、私も一会員ではあるのですが。
ちょっと、腰が重いな、と思った事もあるのですが。
今回に関しては、最初に抗議文を出したし。
内容もしっかりしたものでもありますので、
ちょっと見直しました。

『全国医師連盟 11月12日』

全医連に続いて、「周産期医療の崩壊をくい止める会」
「茨城県産婦人科医会」
も抗議文を出していますけど。

「周産期医療の崩壊をくい止める会」
「茨城県産婦人科医会」

この人達は、みんな医者ですからね。
医師以外の人間が、「医者のモラルの問題」発言に
疑問を投げかけた、っていうのが
個人的には一番嬉しかったですね。

「兵庫県立柏原病院の小児科を守る会」

兵庫県立柏原病院の小児科を守る会」の丹生裕子代表
ここでも頑張っていますねー。


そして、それを受けて、民主党の足立信也議員が、
本日11月13日の参議院の厚生労働委員会で質問し、
二階俊博経済産業大臣は以下のように回答
(経産省の商務情報政策局長が文書を代読)し、
発言を撤回しました。

「私の発言の趣旨は、あくまでも今回のような
悲しい出来事を二度と起こしてはならない、
そのためには厚生労働省と経済産業省挙げて、
IT技術などを活用して情報システムを構築するので、
医師の方々に専門的立場から全面的に協力していただきたい
というものであります。

私の発言が医療に携わる皆様に誤解を与えたことに
お詫び申し上げ、発言を撤回いたします」



民主党の足立信也議員GJです。

この話。
yahooニュースにもやっと出ましたね。



妊婦拒否は「医者のモラル」=経産相が発言撤回し謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081113-00000193-jij-pol

相次ぐ妊婦受け入れ拒否問題について、
二階俊博経済産業相が「医者のモラルの問題」と発言し、
医師や市民の団体から抗議を受けていたことが13日、分かった。
二階氏は発言を撤回し謝罪の意向を示したという。

同日の参院厚生労働委員会で明らかにされた。
民主党の足立信也参院議員によると、二階氏は10日、
患者の容体などに関する情報伝達システムについて
舛添要一厚生労働相と協議。

その際、「政治の立場で申し上げるなら、
何よりも医者のモラルの問題。忙しいだの、
人が足りないだのと言うのは、言い訳にすぎない」
と発言した。

経産省幹部は答弁で、二階氏が発言を撤回した上で
「今回の発言が医療関係の皆さんに
不愉快な思いをさせたとすればおわび申し上げる」
と話していることを明らかにした。


「2008/11/13:yahooニュース、時事通信」


局長に文書を代読させるんじゃなくて、
やはり二階俊博経済産業大臣
本人が直接謝るべき事
だとは思いますけどね。

そこら辺は、やっぱり医者を舐めているんだな、この人。
とは思いますが。

発言を撤回しただけ、まあ、良しとしましょうか。


ちなみに、足立信也議員が質問している画像は、
こちらから見る事ができますよ!

→ 「11/13,厚生労働委員会(参議院):足立信也」




いよいよ今年も「まぐまぐ大賞」の季節がやってきましたー!

日本一のメールマガジンを決める「まぐまぐ大賞」。
これ毎年、年末になると行われているんですが。
Dr. Iのメルマガ、「やぶ医師のひとりごと」は、
昨年の「まぐまぐ大賞2007」で、
生活情報部門の第3位に入賞したんですよー。


今年こそは、1位を目指しています。
読者の皆さんの推薦で決まるものなので。
皆さんに、是非投票してもらいたいんです。


具体的な投票方法は、

▼ まぐまぐ大賞2008 ▼のページ
→ 「まぐまぐ大賞2008」
 
このページに入ってもらって。
真ん中より下のとこ。

「みなさんの、今年最もおもしろかったメルマガを教えてください」

って書いてある所の左下。

「まぐまぐのメルマガを推薦する」

をクリックします。


そして、

■推薦するメールマガジンのタイトル(必須)

やぶ医師のひとりごと


■推薦するメールマガジンのマガジンID(必須)

0000180417


これを、そのままコピーペーストしていただいて。
その下に、推薦する理由と、読者の皆さんの
メールアドレスを入れていただいて。
「推薦する」をクリックすれば、完了です。

実はこれ、「予備投票」というか、第一次選抜の段階。
この時点で、ノミネートするメルマガを決めて。
各部門、10本に絞って、本番が始まります。

「予備投票」は、メールアドレスを複数持っていれば、
複数回投票できるシステム
なので。
いくつかメルアドを持っている人であれば、
何回も投票していただけると、更にうれしいです。

推薦・本投票にご協力くださった方には抽選で、
「全国のコンビニで使えるクオカード500 円分(100名様)」
「2008年流行グッズ(合計10名様)」が当たりますよ。

第一次選抜の締め切りは、11/18までです。

皆さん、応援よろしくお願いしまーす!


Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
が読みたい人は、ここから登録してね!
→ メルマガ「やぶ医師のひとりごと」登録ページ


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず