FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
75歳以上、医療費無料?
なんか、75歳以上医療費無料にする
って言ってる町があるようですねー。

75歳以上医療費無料
=来年4月から-東京都日の出町
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081201-00000074-jij-pol


東京都日の出町議会は1日の本会議で、
75歳以上の高齢者の医療費無料化するための
「お年寄りにやさしい福祉基本条例案」
などを賛成多数で可決した。
2009年4月から施行する。

自治体による無料化は、全国的にも珍しいとみられる。
所得制限は設けないものの、
3年以上同町に居住していることが条件。
実施時点での対象住民は1870人で、
町は初年度の支出額を8500万円程度と見込んでいる。 


『2008.12.1:yahooニュース』


これには、私は反対です。
一見、「お年寄り、弱者に優しい町
という風には見えますけど。

逆に、「医師には厳しい町」ですよ、この町は。

だって、医療費無料になったら、
時間外でも軽症でも、病院にかかる患者の数が増えるでしょ。


医療崩壊の一番大きな原因は、
医療費抑制政策と、医師数抑制政策という政策のせいだ。
という事は、このブログでも、数え切れないくらい書いています。

医療費抑制政策医師数抑制政策があって、
結果的に医師、特に勤務医が疲弊した
それが、日本で医療崩壊が進んだ大きな理由だと思います。

医師の数が少なかったら、当然医師は疲弊しますよね。
医療費が安くて、薄利多売じゃないと
病院の収益が出ない、という事であれば、
当然、患者の数は多くなります

医師の数が少なくて、患者の数が増えれば、
医師(勤務医)は過労になって、逃散します。

その結果、日本の医療が崩壊した。

時間外に病院にたくさんの患者が来れば、
医師は眠れませんよね。
夜中とか明け方に患者が来て、診察するんだから。

その結果、医師は疲弊した。

こういった原因があって、日本の医療は崩壊しつつつあるんです

医師不足、医師不足って言いますけど。
OECD平均とか、他の先進国と比べて、
日本の人口当たりの医師数は少ない、
という医師の絶対数の不足

それと、患者の数が多くて、一人の医師あたりの
患者数が多すぎて、医師が足りない
という、2つの側面があるんですよ。
医師不足には。


『「こどもの医療費無料」の問題点』
の記事にも書いた事なんですけど。


>薬屋で、薬とポカリスエットを買ったら2000円。
 でも、病院に行って専門家である医者に診てもらって。
 それで薬までもらっても、0円。
 だったら、時間外でも、病院に来よう。
 って思う患者が多いのは、当たり前です。



これは、患者のモラルの問題ではなくて、
制度、政策が悪いからです。

こういう政策の結果患者の数が増えて、医師は疲弊して。
医者がいなくなって、医療崩壊が起こる。

という事があるかもしれませんよ、この町では。


もちろん、弱者、高齢者に対するなんらかの
医療費の補助、というのは必要
だと思います。

高齢になれば、体も弱くなって、病気になりやすくなるし。
不摂生をしていなくても、病気になる人はいますからね。

だから、75歳以上の高齢者に対する医療費の補助。
それ自体には、私は賛成
です。

ただ、時間外でもなんでも、75歳以上の人は、
ぜーんぶ医療費無料
というのには反対
です。


私だったら、

75歳以上の人の入院医療費と、
定期的に通院している人の医療費を半額補助します。
そして、持病が悪化して、時間外にかかった人の
医療費も半額を補助します。

ただし、時間外に軽症でかかったような人の
医療費に関しては、一切補助を行いません。

その代わり、年間の医療費がものすごく少ない人には、
ご褒美として、金一封を差し上げます。



というような方法をとりますけどね。
一律に、75歳以上医療費は全部無料
という形ではなくて。

これだったら、75歳以上の高齢者にもやさしいし。
医師にも厳しくないですよね。



>対象住民は1870人で、年度の支出額を8500万円程度

という事ですから。
およそ半額が補助されるとして、4000万円位かな。
入院、および定期通院と、持病が悪化した人対する
医療費の補助に必要な金額は。

75歳以上の方だと、年間の医療費っていうのは、
だいたい100万円位
なんですよ。
日本人の平均では。

だから、1年間の医療費10万円以下の人に、
ご褒美として金一封を差し上げる。
って事にして、1人に2万円あげたとしても、
10人に1人くらいかな、せいぜい。
そしたら、200人としても、400万円位でしょうか。

8500万円のお金があるなら、
だいたい4000万円位、余りますよね。

そしたら、残った金額は、健康診断の補助とか。
そういう「予防医療」に役立てたら良いんじゃないですかね。

後期高齢者医療制度になって、
市町村からの補助がなくなった健診とか多いですよね。


たしかに、「75歳以上医療費無料
っていう政策の方が、インパクトは強いですよ。

でも、「地域医療」という視点で考えれば、
医療費無料になって、多くなった患者を診る
病院の医師や看護師、医療スタッフ
の事を考えたら。
結局は、損な政策だと、私は思いますよ。


でも、東京だからね、日の出町は。
結局、町から医者がいなくなっても、
近くの病院に行けば良いや、って事なのかなー。

地方の町でこんなことやったら、
ホントにその地域の医療は崩壊するかもしれませんよ。


医療や医療訴訟について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓





スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず