FC2ブログ
現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
救急センター、9割違法状態
医師の過労、「当直(宿直」問題や、
時間外労働問題に関しては、
このブログでも2,3年前から
かなり書いてきていますけど。
毎日新聞で、全国の
救命救急センターを対象にした
アンケート調査を行ったようですよ。



救急センター調査:実態合わぬ「宿直」 
5割違法の恐れ

心肺停止など命にかかわ
る重症患者にとって
「最後のとりで」である全国の
救命救急センターで、睡眠が
十分取れないまま患者に対応する
救急医の泊まり勤務を「宿直」として
扱う施設が5割を超すことが、
毎日新聞の全国調査で分かった。

労働基準法が認める「宿直」は、
ほとんど労働する
必要のない勤務とされ、
これらの施設の勤務実態は
違法である可能性が高い。

調査は全国の救命救急センター
218施設を対象に4~5月に実施し、
116施設から回答を得た
(回答率53.2%)。


労基法は労働時間を
原則週40時間と定め、時間外労働
労使間で協定を結んだ場合、
1カ月45時間まで認められる。

一方、宿直については
「巡回や電話番など軽度な勤務」
「十分な睡眠が取れる」などを条件に
労働時間とは別枠で、
労働基準監督署長の許可で
例外的に認められてきた。

調査の結果、救急医の泊まり勤務を
宿直扱いとする施設が61%あった。
また、時間外労働として
扱う施設は19%、
残りは交代制などだった。

宿直のうち9割(全体の55%)は
十分な睡眠が取れていなかった。
労基法では、連続して睡眠を取れる
時間が確保されておらず、急患に
追われる勤務が日常の場合は、
宿直として認められないとしている。

1カ月間の泊まりの回数は
平均4.23~4.85回で、
最大13回の施設があった。
労基法を守るには「医師が足りない」
と答えた施設は8割を超えた。

医師の泊まり勤務を巡っては、
4月に奈良地裁で県立奈良病院の
宿直勤務などが時間外労働にあたる
との判決が言い渡されるなど、
劣悪な労働環境の
改善が求められている。

厚生労働省労働基準局監督課は
「個々のケースによって
判断は異なるが、
労基法の趣旨から外れる勤務実態は
違法の恐れがあり、好ましくない」
と話す。【永山悦子、河内敏康】


 【ことば】救命救急センター

心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、
交通事故など命にかかわる
重症救急患者を受け入れ、
高度な医療を提供する医療機関。
医師や看護師を24時間体制で
配置することが求められている。
内科、外科、脳外科、循環器科、
小児科などあらゆる病状の患者に対し、
チーム医療で対応する。


◇アンケートに寄せられた主な意見◇

◆疲労困憊(こんぱい)
▽大都会よりはるかに激務。
 燃え尽きる医師が続出(北日本)

▽24時間勤務が常態化。
 丸1日休めるのは月2~3日(北日本)

▽月10回以上の当直に加え、
 待機でいつ呼ばれるか分からない(関東)

▽週80~110時間労働(関西)

▽過酷な勤務や専門外の診療が
 原因で医師が退職し、さらに過酷な
 勤務になる悪循環(四国)

▽泊まりの日は実労働25時間。
 仮眠室すらない(九州)


◆ミスの誘発
 ▽精神的な余裕がない。
 軽症患者への接遇悪化、
 睡眠不足から診療の質の低下や
 医療過誤の発生が懸念される(北日本)

▽過労で注意散漫、集中力低下。
 チームワークの維持が困難(関東)

▽当直明けの勤務は
 ケアレスミスが多くなる(中部)

▽慢性疲労状態。
 判断ミスにつながる(関西)


◆解決策や要望

医師の絶対数が不足。
 医師のやる気に頼るのは限界(北日本)

▽高い賃金が出せないと
 人員確保はできない(関東)

▽常勤救急医の増員、診療報酬の
 増額がない限り、勤務状況は
 改善できない(関東)

▽診療報酬の改善や、不要不急の
 受診の抑制などの対策が必要。
 医師の絶対数が
 不足している現状では、
 結論として救急を中止せざるを得ない(関西)


「毎日新聞:2009年5月24日」



どんなアンケートを行ったのか。
どういう回答が来たのか、
もう少し具体的に知りたいところですが。

個人的な感覚なんですけど、
正直言って、違法なのが5割
って言うのは。
少なすぎなんじゃないでしょうか。

毎日新聞の記事も書いてある通り、

>労働基準法が認める「宿直」は、
ほとんど労働する必要のない勤務


とされています。
老人病院とかならともかく、
救命救急センター」で、
いわゆる「寝当直」と言われる、
何も仕事をしないで、
待機して寝ているだけの当直
というようなはずがありません。

ほとんどが、夜から朝まで、
ずーと働き通し、というような状態

だと思われます。

実際、アンケート調査でも、
宿直のうち9割(全体の55%)は
 十分な睡眠が取れていなかった。


という事になっていますけど、
9割と言わず、ほぼ全部でしょう。
救命救急センターなんだから。

ただ、これが90%ではなく、
>全体の55%
という事になっている
意味がわかりません。

>調査は全国の救命救急センター
218施設を対象に4~5月に実施し、
116施設から回答を得た
(回答率53.2%)。


という事ですから、
今回、回答が来た116施設の
90%は違法状態で。

回答の来なかった病院は、
全部違法ではないから


>5割違法の恐れ

という事なんでしょうかねー。
逆に病院が違法状態だから、
回答していない。

っていう可能性の方が
高いと思うんですが。

それより、
「9割は違法の恐れ」
っていうタイトルの方が、
より実態に近いと思うし。
インパクトもあると思うんだけど。
どうしてそうしなかったのか、
よくわかりません。


実は、5/24の毎日新聞は、
これと合わせて、救急センター
医師の「宿直」問題
に関しての記事の特集。
3つも書いているんですよ。

毎日新聞だから、っていう
偏見を持って見ないで。
良い事かいてあるので、
他の記事も読んでみてね!

救急センター:「今夜で7連泊」
…過酷な泊まり勤務の実態

『毎日新聞 2009年5月24日』


救急センター調査:救命存続へ 
抜本的改善が急務

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000005-maip-soci
『毎日新聞 2009年5月24日』



ホントに、医療崩壊するわ!
→ 医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か
小松 秀樹 (著)
スポンサーサイト



Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず