現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療に安心できますか2
『医療に安心できますか1』の記事の続きです。

10/14にNHKで放送された
日本の、これから 「医療に安心できますか?」の感想なんですが。

前半は、勤務医の現状の話が一つ。
そして、医師が増えると医療費が増えるって、
20年以上前の「間違ってる」って事が証明された理論を元に、
厚生労働省医師を減らそうとしてる話でした。


Q2,医療費をおさえるために、医師の数を抑制する

賛成、605
反対、6619
どちらともいえない、1082


厚労省の事務次官は医師を抑制するのではなくて、
今のペースで増やすって、いい訳ばっかしてましたけどね。

医師が増えると医療費が増えるって間違った理論の直後に
アンケートを採ったにもかかわらず、医師の数を抑制する
今の厚生労働省の方針に賛成って人が、1割もいなかったので。

思ったよりも、視聴者は賢いのかもしれませんね。
マスコミの間違った報道に流される人達ばっかではないんですね。

で、その後

ジャーナリストの伊藤氏と、八代氏が美容整形や眼科などを
他の科に回せば医師は足りる、というような、
医師は足りている、偏在だ、という話が出て。

本田先生が、医師不足だ。
美容整形は保険診療じゃないし、医者の数を増やさないと
問題は解決しないって話が出て。

伊藤氏が、医者でもないのに私はいろんな勤務医と話を
しているから、医者の気持ちもわかる。
医者の事は医者しかわからないというのは、傲慢。
って発言をして、本田先生と激しいバトル。

ここら辺の話は某掲示板でも話題になっていましたね。

そして、医療費の問題が第2部から始まります。

医療費、2004年 32兆円
何もしないと、3%台の伸び
厚労省の試算だと、2025年 65兆円 
うち高齢者 30兆円

社会的入院をなくすと、4000億円の医療費削減が可能。
これを実現させるため、今年の7月から診療報酬の仕組みを変えて、
医療の必要性の最も低い区分1だと、一律49万円→36万円に
大きく削減されました。
その結果、区分1の患者を無理矢理退院させないと、
病院の経営が成り立たなくなった。


というVTRが流れます。

貴重な医者を介護病棟に縛り付けるのはおかしい。
医療と福祉が分断されて、縦割り行政が問題。

って話も伊藤氏、八代氏から出ていて。
その事自体は正しいです。

だとしたら、まず介護施設老健施設など、
病人ではないが、自宅には帰れない人達の受け皿を作る。
ヘルパーをたくさん養成したり、介護保険のシステムを
もっと充実させる


そして、十分だという判断ができたら、
病院から施設に患者を移す。
という事をやれば良いんですけどね。

いきなり、診療報酬削減をして。
病院は潰れ、老人は行き場を失ってるんですよ、実際。

サラ金の上限金利を下げるのまでに移行措置で、9年とか。
国民から大反発をくらって、5年位にするとか。
そういう事をサラ金じゃなくって医療でもやらなきゃ駄目でしょ。


Q3,あなたは高齢者医療費を抑制することを、どう思うか?
やむを得ない、2838
抑制すべきではない、4885


その後、医療費の無駄を省くって話が出たんですが。
医療費の無駄っていうと、医者が余計な検査をしたり、
無駄な薬をもらって、家に貯まって飲んでないって話が
患者や視聴者から出たんですが。

たしかに、開業医の中には過剰な検査をする人もいますけどね。
勤務医はたくさん検査したからって給料増えるわけじゃないし。
多くは、患者が心配だから検査してくれって言われて、
こっちは検査するんですけどねー。

薬を貰っても飲まないから無駄って。
必要だから薬を出しているんですが。
悪いのはその薬を飲まない患者なんですが。
その結果、悪くなってまた病院に来て治療したら、
それを医療費の無駄って言うんで。
薬の内容もわからず、飲んでない薬が無駄って事はないんですよ。

そして、医療費無料だからって受診して、貴重な医療資源を浪費している。
不要な受診を抑制するって方向からも見直さなければ。
って、まっとうな視聴者(医者?)からの意見も出ていたんですが。
完全にスルーされていましたね。

何が無駄かって、それを判断できるのも現場の医者とか、
医療の事を本当にわかっている人しかいないと思うんですけどね。

それは置いといて、この事務次官、次に
今度の厚労省の改革で生活習慣病予防を重視。
血管の病気は徹底予防できる。
内臓脂肪が多くなければ予防できる
、って断定してましたけど。

残念ながら、それはです。
私のメルマガ「やぶ医師のひとりごと」でも、
予防医学に重点を置いていますしね。
予防に重点を置くって、厚労省の姿勢は良いんですよ。

確かに、カロリーが高かったり、体重が大きければ
糖尿病高脂血症になりやすいですし。
塩分を摂りすぎれば、高血圧になりやすいし。
運動をすれば、それらの病気になる確率が減るのは事実ですよ。

でも、確率が減るだけで、完全に予防できるわけではないんですよ。
内臓脂肪が全ての諸悪の根元、みたいな言い方をしてましたけど。
それも原因の一つだけど、それ以外にも原因はあるんですよ。

そして、もう一つ。
その後に本田先生も言っているんですけどね。
医療経済学の面からいうと、予防医学をしても、
長い目で見たら、医療費抑制の効果はないんですよ。


なぜかって言うと、人間誰でも年を取りますよね。
年を取れば、病気になりますよね。
いくら気をつけても、残念ながら年齢には勝てないんですよ。
長生きすれば、それだけ病院にもかかりますしね。

簡単に言うと、予防医学医療費を先延ばしにする効果はあるけど、
結局、何年か後になって払うので、トータルは同じって事です。
個人が長生きできて、同じお金なら、私は良いと思いますけどね。
でも国全体として、医療費削減って効果自体は、ないんですよ

そいで、本田先生の発言。

厚労省の予測が当たった事はない。
H9年の時も高く予測し、12年の予測が8兆円下がっている
医療費は世界ではGDP比12%くらい、日本は8%弱。
日本は医療費の抑制に世界で唯一成功している。
そこから、更に抑制するのが問題だ。

って発言があり、事務次官がまた言い訳して、
VTRに入ります。

この10年での健康保険の主な負担増

H9年 サラリーマン 1割→2割
H13 70歳以上(一部を除く) 定額→1割
H14 70歳以上(全ての医療機関) 定額→1割
     70(現役並所得) 1割→2割
H15  サラリーマン  2割→3割
    扶養家族の入院 2割→3割
H18 70歳以上(現役並所得) 2割→3割
     高額医療費 上限引き上げ
H20  70-74歳 1割→2割


うーん、これだけ国民の負担が増えているんですねー。

で、その後に混合診療、自由診療のVTRです。

患者さんが入院します。

梅コース、
六人部屋、一ヶ月待って、新人医師が従来の方法で手術。
入院期間は一ヶ月
保険が効くので、費用は10万円

松コース、
明日から即、個室に入院。
専門の看護師がつきっきりで看護。
執刀医はカリスマ医師
最先端の技術で、3日で退院。
10万円+1000万円

儲かる病院ほど患者が来て、医師も一生懸命
勉強するから、医療の質も上がるって話でした。

明らかに、NHK自由診療、混合診療を推進するってVTRでしたね。

その後にもかかわらず、患者医者はまっとうな事を言っていましたが。
オリックスの宮内会長の後釜で経済財政諮問会議に入った八代氏は、
混合診療賛成って、はっきり言っていました。

そして、後半出番が少なくなった本田先生が、アメリカは
混合診療になって医療費が上がったって話をしてるのに、スルー

ある勤務医が、
お金はそんなにいらない。
患者に感謝されればそれで良いんだ。
でも、今は感謝されなくなっている。
それが医者が減っている一番の原因だ。


って本質をついた発言をしているにもかかわらず、司会者スルー

この後ある患者が、私と同じ様な事を発言してましたね。

生活習慣病の場合は、
保険の自己負担割合を上げたら良いんじゃないか?」

これ、結構大事良いこと言ったなーと思います。
私の考えは、生活習慣病の人全員の自己負担を上げるんじゃなくて。
例えば、
毎年健診で異常を指摘されてるのに、病院に行かない人。
タバコを吸っている人。
検査値で異常があって痩せなさいと言われているのに、肥満のままの人。


こういう、このままいったら生活習慣病になる可能性が高いって
わかっていて、それを治すチャンスがあったのに、
自分の責任でそれを放棄した人。

こういう人が生活習慣病になった場合、
私は自己負担額を上げれば良いと考えています。
多分ブログのどっかで書いたんですが、どこか忘れました(笑)


Q4,これからの日本の医療費のありかたはどちらが良いと思いますか?
公的負担が大きくても国が十分な保証をする、3230
市場原理を導入し、公的負担を小さくする、993


視聴者からの意見で、
患者を減らす対策が全くなされてない。
必要のない診療を求める患者、過剰診療を抑える工夫、
予防医療など患者数を減らす工夫が必要ではないか。

一年間一度も医療費を使わなかったら、国が祝い金を出す。
って意見も出てましたが、これも良いですねー。

最後、厚労省、八代氏、伊藤氏と芸能人、NHK混合診療賛成で、
患者医者、視聴者は反対って感じで終わりました。


全体的に見たら、結構良い内容だったと思います。

しかし、それはこの番組に出ていた、本田先生や医者
そして医療現場の事をわかっている患者が良い発言をしたからで。

司会者は明らかに違う方向に持っていきたがっていたし。
問題の本質に入ろうとすると、それには触れないで
って感じもありましたしね。

でも、たいていこういうのは
患者v.s.医者
で、医者が悪者になる事が多いのに、

今回は、
患者医者v.s.厚生労働省、医療ジャーナリスト
のような構図になっていました。

そいで、行政が悪いって感じで、事務次官も明らかに悪役。

10/7の番組でもそうだったんですけどね。
今回は、結果的に患者医師サイドについたからって事なので、
結果オーライなんですけどね。

今後、こういう流れが全てのマスコミでなってくれれば良いんですが。

でも、やはり医療訴訟や必要のない患者の受診、救急外来の事。
そういった事を抜きに、議論はできないので。
今後NHKに関わらず、どこかのマスコミがこれらの事を
取り上げてくれれば良いなーって思っています。

ちょっと面白いブログがあるので、続きをどうぞ!

おもしろい無料レポートを読んでみたいって人は、こちらから。
→ 無料レポート広場「メルぞう」

FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
1位を目指しているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓



今回の番組に関してなんですが。
全く私とは別の目線で書いているブログを見つけました。
これ、全面的に賛成する訳ではないんですが。
こういう見方もあるのかー、ってちょっと面白かったんで、
興味のある人は見て下さいね!

レジデント初期研修用資料、NHK「日本の、これから」
スポンサーサイト
この記事へのコメント
インセンティブの有無
>たしかに、開業医の中には過剰な検査をする人もいますけどね。 勤務医はたくさん検査したからって給料増えるわけじゃないし。 多くは、患者が心配だから検査してくれって言われて、 こっちは検査するんですけどねー。

和田秀樹本の受け売りなのですが、ペーペーの勤務医にとって薬を出すインセンティブはなくても、大病院の勤務医にとっては、「治験・雑誌広告・原稿執筆料などによるリベートを研究費・PR等に充てる」インセンティブがあるので、薬の処方は減らない。あるデータによると、大病院は開業医の2倍薬を出しているとか。(『それでも医者になりたい君たちへ』)

大学病院と民間の大病院のどちらの勤務医がより多く処方しているのか分からないのが難点なのですが、この点についてはどう思われますか?

また、薬をたくさん飲んでいる老人もいることは確かのようです。それが医療費をどれだけ水増ししているかは分かりませんが、いろいろな病気をもっている老人にとって、個々の処方量は少なくても結果として膨大な量の薬を飲む羽目になり、「飲まない」というより「飲めない」に近いケースもあるのではないでしょうか?

上述の本にも書かれていましたが、どの症状も完璧に良くしようとした結果、副作用のリスクが上がり悪化する。むしろ総合的にリスク判断をして、効率良く薬を処方した方が老人に優しい結果もあるようです。チーム医療というと、外科的なイメージがありますが、内科的治療においてもチーム的な包括的治療が提供出来るようなシステムが構築できれば、医療費を押さえる事に繋がったりするのかな、と思ったりもします。

件の番組は見逃した派なので、ありがたかったです。とても参考になりました。ありがとうございました。誰かダイジェストをようつb(以下自粛w
Nash[URL] 2006/10/18(水) 23:06 [EDIT]
>Nashさん
昔、MRと勤務医が癒着そいうか、もっと今よりも交際費が使えた時代はそうなのかもしれませんが。
今は違うのではないでしょうか。
ぺーぺーの私にはわからないですけどね。

たしかにいろんな科にかかっていて、それぞれの科が対症療法的に処方されて、薬をたくさん出されている患者も実際は多いので。
医者も横の広がりを作って、よりよい処方をする体制が作れれば最高だな、と思います。

あまりにブログがくどすぎて、コメントもいつもより少ないんですけどねw
ま、1人にでも感謝されたんで、良しとしましょうか。
Dr. I[URL] 2006/10/20(金) 01:55 [EDIT]
mobile phone!
気合い記事が全然表示出来ないのでPC級最新高級携帯に換えます。次のも表示出来ないし。ネットカフェ見つけたけど恐そうな車がたくさん停まってて…(T-T)
エビ[URL] 2006/10/20(金) 06:33 [EDIT]
>エビさん
す、すいません。
ちょっと最近、気合い入りすぎて。

最近コメントが少ないのは、そのせいかなー。
Dr. I[URL] 2006/10/21(土) 00:36 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

がん保険徹底比較!!【あなたにあったがん保険みつけませんか?】
がん保険の選択に悩んでる方へ 各保険会社(アフラック アリコジャパン チューリッヒ 損保ジャパンひまわり生命 三井住友海上きらめき生命)のがん保険を徹底比較!!あなたが納得するがん保険みつかります!!アフラック チューリッヒ アメリカンファミリー アリコ  [つづきを読む]
がん保険徹底比較!!【あなたにあったがん保険みつけませんか?】 | 2006/10/19(木) 05:55
各分野の無料レポートを紹介します♪
新しい無料レポート発行サイトがスタートします。すべて無料ですから、お気軽にどうぞ♪  [つづきを読む]
サプリメント総合情報館 | 2006/10/19(木) 07:41
内臓脂肪
内臓脂肪とは?内臓脂肪と病気、内臓脂肪の測定法  [つづきを読む]
内臓脂肪 | 2006/10/19(木) 11:00
自宅でこっそり健康診断!
TB失礼します機会がなくて健康診断が受けられない、病院へ行くのははずかしい…そんな方へ朗報です!生活習慣病、癌、肝炎などの検査をご自宅で簡単に行うことができます。生活習慣病検診をお申込みの方には、無料で「健康アップグレード」(365日毎日レシピ配信など)をご  [つづきを読む]
ちろのおすすめギフト | 2006/10/19(木) 11:23
高血圧を直す
高血圧を直そう♪  [つづきを読む]
高血圧を直す | 2006/10/21(土) 22:53
内臓脂肪ダイエット口コミ 内臓脂肪ダイエット特集
内臓脂肪ダイエット、ダイエットレシピ、misonoダイエット、シモン茶ダイエット、その他ダイエットに関する様々の情報満載!  [つづきを読む]
内臓脂肪ダイエット口コミ 内臓脂肪ダイエット特集 | 2006/10/22(日) 21:55
介護とは何か知らない人のために
高齢者、つまり老人と暮らしたことのある人は年々減ってきています。介護とは何か知らないで育った人のために簡単に介護について紹介します。  [つづきを読む]
無料でおいしい情報局 | 2006/10/24(火) 20:51
健康サプリメント情報!
健康サプリメント情報ブログへようこそ!あなたにとっての健康とはなんですか?このブログでは健康維持に必要な情報、サプリメント・健康法・ダイエット法・アンチエイジングなどの情報をお届けします。正しい知識をこのブログで確認してください。また、あなたにとっての最  [つづきを読む]
健康サプリメント情報 | 2006/10/25(水) 23:36
美容整形
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ美容整形について情報交換しませんか?  [つづきを読む]
美容整形の必要知識 | 2006/10/26(木) 15:16
内臓脂肪
内臓脂肪は様々な病気の危険因子です。肥満だけでなく高血圧、高脂血症などの原因となり、それが元で糖尿病などの生活習慣病の原因になります。見た目に太った人でなくても内臓脂肪を蓄積している人が多く、これがよく言われるメタボリック症候群の一要素になっています。  [つづきを読む]
サプリのタネ | 2006/10/26(木) 22:06
困った事はありませんか?
美容整形をしようと思ったけれど、どのクリニックがいいのか。それとも、もう受けたけど、思っていたのと違うと、など困ったことはありませんか。私は、辛かった。  [つづきを読む]
整形外科: 美容整形・プチ整形・二重まぶた・脂肪吸引・バスト・若返り・脱毛の美容を | 2006/11/01(水) 17:47
内臓脂肪について
内臓脂肪情報満載のHPです。より良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪  [つづきを読む]
内臓脂肪 | 2006/11/16(木) 00:19
バストアップ方法
【驚愕】手術も注射もパットも矯正下着も一切使用せず2カップもバストアップできる方法とは?  [つづきを読む]
バストアップ方法 | 2006/11/18(土) 17:29
高血圧の治療目標値
高血圧治療ガイドラインによる高血圧の目標数値は 収縮期血圧拡張期血圧 若年・中年...  [つづきを読む]
高血圧と生活習慣病対策 | 2006/11/20(月) 23:43
プチ整形【美容整形できれいになる!】
女性なら今よりももっときれいになりたいって気持ちは誰にでもあると思います。でもずっと悩み続けて何も変わらないままなんて耐えられませんよね。プチ整形のおかげで、私も生まれ変わったような気分になりました。  [つづきを読む]
美容整形できれいになる! | 2006/11/23(木) 20:52
がん保険が必要な理由
日本人の死亡原因の一位は『がん』です。年齢が高くなるにつれて、『がん』が主な死因の上位を占めています。「がん」を治すために、最先端の治療法や自由診療扱いとなる治療を行うと治療費も高額になります。そこで頼りになるのががん保険です。  [つづきを読む]
がん保険NAVI【あなたのがん保険は大丈夫?】 | 2006/11/25(土) 09:44
◆美容整形手術
◆美容整形手術さあ、いよいよ美容整形手術です。美容整形手術中は麻酔をするので痛さは感じません。海外の美容整形ではホルモン療法など内科的な治療法を使っての美容治療もスタートしているようです。ということで、まずは美容整形についての説明から進めていこうと思いま  [つづきを読む]
美容整形 | 2006/11/26(日) 01:46
隆鼻術の体験談
隆鼻術でキレイになる!隆鼻術の体験談が届いていますので、ご紹介します。^^28歳 女性私は、鼻の低さにコンプレックスがあり、5年前に鼻の隆鼻術の整形をしました。  [つづきを読む]
美容整形できれいになる! | 2006/11/28(火) 20:25
アンチエイジングとは 1
アンチエイジングの本質は、『体内の若さを維持し、楽しく健康に生きる』こと。体の中(内臓・血液・細胞・精神など)を健康にすることで、内面からの本当の美しさを取り戻し、さらに維持し続ける為に『生活の質』を高めることを、アンチエイジングと言います。美容外科やエ  [つづきを読む]
アンチエイジング ノート 若返り のためのこんな方法 | 2006/11/30(木) 23:37
メタボリックシンドローム診断基準:顔色
近年、多くの人から注目を集めているメタボリックシンドロームのメタボリックとは代謝と言い、シンドロームとは症候群の意味です。代謝とは、食べて取り入れた糖質や脂質などの栄養素をエネルギーに変え、それを使って生命活動をすることです。年を取ると、筋肉が衰え、筋肉  [つづきを読む]
メタボリックシンドロームの基本知識 | 2006/12/01(金) 14:30
美容整形とは
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ美容整形について情報交換しませんか?  [つづきを読む]
美容整形 キレイになるために | 2006/12/03(日) 21:49
美容整形で芸能人のようにきれいになれる!
美容整形で憧れの芸能人のようにきれいに・美しく・かわいくなれる!貴女の夢をかなえてくれる美容整形外科を探したい時、超おとく情報が欲しい時、ん?これってどういう意味?美容整形特有の言葉の意味を知りたいとき、などなど、こんな時にはきっとお役に立てます。同性か  [つづきを読む]
美容整形で芸能人のようにきれいになれる! | 2006/12/08(金) 23:49
美容整形とは その2
美容整形には、皮膚のしわとり、二重まぶた、隆鼻、豊胸などがあります。いずれも病気にかかっているわけではない、正常な組織に手術を施すものであるため、保険は・・・  [つづきを読む]
美容整形 | 2006/12/11(月) 12:43
プチ整形
プチ整形は、その手軽さから、多くの人に愛好されています。本格的な美容整形を受けるのが怖いという方は、プチ整形で二重まぶたにしてみたり、ちょっとした美容整形を・・・  [つづきを読む]
美容整形 | 2006/12/13(水) 02:31
【ほくろ】の除去体験談 がん編
ほくろのがんの除去手術の体験談をみつけました。抜粋しようかなと思ったのですがあまりにも切ないのでやめました。リンクのみしておきます。がん 夫の浮気=ノイローゼ  [つづきを読む]
ほくろでお悩みの方へ | 2006/12/13(水) 18:10
肝がんと肝炎ウイルス感染
肝がんは、肺がんや子宮頸がんと並び、主要な発生要因が明らかになっているがんの1つです。重要なのは、肝炎ウイルスの持続感染です。肝炎ウイルスには肝炎ウイルスが存在しています。肝がんの約75%は、B型肝炎ウイルス(HBV)およびC型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染に  [つづきを読む]
がん情報研究所 癌(がん)は治る病気です! | 2006/12/15(金) 13:27
美容整形外科とは
美容整形手術を受ける美容整形クリニックのことをどのように呼びますか?おそらく大多数の人が「整形外科」や「美容整形外科」と呼ぶのではないでしょうか?しかし、この「美容整形外科」という呼び方・・・  [つづきを読む]
美容整形 | 2006/12/20(水) 00:17
【美容整形】施術法・・・二重術切開法
美容整形切開法美容整形埋没法に向いていない脂肪が多いまぶたや、タルミの多いまぶたは、美容整形切開法で二重するのがベストです。また、細かい部分まで二重のラインをオーダーでき、個性的な二重を作ることもできます。美容整形二重術の中で1番効果的な方法なので、永久.  [つづきを読む]
美容整形@美容整形情報局 | 2006/12/26(火) 14:11
自宅に居ながらガン・生活習慣病の検査ができる、今話題の健康チェック!
JMSクイック検診をうけて生活改善       貴方の人生設計・・・貴方が主役です。■健康チェックしてますか?■ 何か気になる・・・ でも病院へ行く時間がない、他人に知られたくない・・・ 自宅に居ながらガン・生活習慣病の 検査ができる、...  [つづきを読む]
生活改善計画★生活改善で稼ぐ★もてる★幸せになる★ | 2006/12/29(金) 23:34
メタボリックシンドロームとは
内臓脂肪型肥満が原因で、生活習慣病(旧成人病)などの病気が引き起こされやすくなった状態をメタボリックシンドロームと言います。私は最初、メタボリックシンドロームという言葉を聞いたときに、妙な美しさのようなものを感じてしまいました。  [つづきを読む]
健康マニアックス | 2007/01/07(日) 16:03
【ほくろ】除去の一番の悩み事
ほくろ除去に踏み切れない理由の一つにほくろ除去後の周囲の反応が気になるという大きな問題があります。以下お悩みを抜粋してきました。読売新聞ここから↓↓↓私は鼻の脇に膨らんだ直径5mm程度のほくろがあります。除去してしまおうと思うのですが取った後に周りの人...  [つづきを読む]
ほくろでお悩みの方へ | 2007/01/08(月) 00:45
【ほくろ】除去後の周囲の反応の解決策
ほくろ除去後の周囲の反応の解決策の意見です。どうぞ。ここから↓↓↓私なら『見て見て~ほくろ取ってしまいました!』と自分から言うでしょう。別に鼻が高くなった、目が二重になった、アゴを削っただの・・・そんな大きな事でもないし。シミをとるのと同じだと思って...  [つづきを読む]
ほくろでお悩みの方へ | 2007/01/08(月) 00:48
【ほくろ】周囲の反応の解決策 その2
どうぞ。ここから↓↓↓首の後ろにあった大きなほくろを取りました。(髪はショートです)絆創膏のようなものが貼られていたので「それどうしたの?」と聞かれていましたよ。周りの人はなくなったほくろに気付くよりも、ほくろをとった事を先に知りました。特に何も思わ...  [つづきを読む]
ほくろでお悩みの方へ | 2007/01/08(月) 00:54
高血圧について
高血圧の情報満載サイトです。  [つづきを読む]
高血圧 | 2007/02/02(金) 20:58
【美容整形】施術法・・・オフィスブリーチングの特徴
美容整形オフィスブリーチングの特徴・歯を削ったり麻酔を使うことなく、美しい口元が作れる・歯石除去を行うことで歯が健康的になる白い歯の追求は儚いものですね。美容整形施術法  [つづきを読む]
美容整形@美容整形サクセスどっとこむ | 2007/02/09(金) 22:03
【ほくろ 除去】整形?
こんな意見がありました。ここから↓↓↓例えばよ、顔にトレードマークみたいな隠せない黒子があったとしよう。それを自分で取ったところで家族や周囲の君達のほくろを知るものたちは整形だと思うだろうよ。↑↑↑ここまでう~んやはりそう考えますね。特に幼少期...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/02/10(土) 03:09
【ほくろ 除去】ほくろ除去の精度
ほくろ除去では、どうしても傷が残るみたいですが、傷を最小限になるべく美しい状態にするために、そのほくろ除去に最適のほくろ除去の方法を選択して除去しましょう。ほくろ除去には、外科的手術・炭酸ガスレーザー・ Qスイッチヤグレーザー 治療などがあります。ほくろの.  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/02/10(土) 17:01
【ほくろ 除去】除去の漢方クリーム
あるサイトこんなほくろ除去体験談を見つけました。ここから↓↓↓漢方クリームでほくろを除去しました。まさか?と思いましたが、私の場合は、痕も残らず、きれいに取れましたよ。漢方除去クリームというのが有ってそれをほくろに塗るだけほくろ除去できました。愛知...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/02/10(土) 17:01
早漏克服プログラム produced by 早漏克服実践会
あなたの早漏を克服させる自信があります。まずは皆さんに、早漏について基本的な正しい知識を身につけていただきたいと思います。私たちは多種多様な早漏克服トレーニングを実験し、そしてその結果を検証しています。早漏克服実践会は、早漏について真剣に考え、その克服に  [つづきを読む]
早漏克服実践会 | 2007/02/12(月) 16:05
【早漏】日頃の鍛錬なしで簡単に早漏を克服する方法
【早漏】日頃の鍛錬なしで簡単に早漏を克服する方法無料レポート配布中「家にある○○で簡単に早漏を防止する方法」e-Book「日頃の鍛錬なしで簡単に早漏を克服する方法」とは異なる、無料レポートです。一般の家庭にある、○○で簡単に早漏を防止する方法が...  [つづきを読む]
お気軽主婦がネットで副業生活 | 2007/03/03(土) 13:42
芸能人整形 施行例
芸能人整形の代表的なものは以下の通りです。・顔面擦過傷の瘢痕除去 ・皮膚斑のレーザーによる除去(ホクロ、シミ取り) ・腫瘍除去(イボ、ケロイド取り) ・フェイスリフト(シワ取り) ・ヒアルロン酸注射(シワ取り・隆鼻・豊胸) ・ボトックス注射(シワ取り) ・ピーリング  [つづきを読む]
整形芸能人に学ぶ 美容整形情報サイト | 2007/03/12(月) 16:16
一気に美しく若返ってみませんか?
阪南理美容・理美容プラージュ一気に美しく若返ってみませんか?以前「プリティーウーマン」という映画があったのをご存知ですか?街角で娼婦をしていた1人の女性が、ある男性と出会い、メンタル、しぐさ、マナー、メイク等のテクニックを学び身に着けていく事で見違えるほ  [つづきを読む]
美容健康/理美容プラージュ/訪問理美容/理美容鋏/阪南理美容 | 2007/03/13(火) 20:20
内面のアンチエイジング
私自身がドッキ!!とする内容でした・・・・アンチエイジング 老化防止のホームページ管理の方、また記事流用させてもらいます。内面のアンチエイジング(アンチエイジングで若返り!)  より流用です。アンチエイジングで若返りを図る方法というのはたくさんありま...  [つづきを読む]
アンチエイジングへの道(アンチエイジングとは?) | 2007/03/16(金) 23:32
美容整形口コミ情報!
美容整形口コミ情報集です。  [つづきを読む]
美容整形口コミ情報! | 2007/03/17(土) 17:59
美容外科口コミ情報
美容整形外科口コミ情報です。  [つづきを読む]
美容外科口コミ情報 | 2007/03/24(土) 12:42
完全大血管転位症とは・・・☆完全大血管転位症 を 日赤医療センター で 世界最小体重 の男児に手術成功
日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)は7日、「完全大血管転位症」の手術に成功したというニュースを見ました。「完全大血管転位症」とは、 生まれつき心臓の大動脈と肺動脈の位置が逆になっている病気だそうです。「完全大血管転位症」のため、1146グラムと...  [つづきを読む]
健康(ケンコウ) 生活 で 悩み改善! ☆ 健康(ケンコウ) 生活 で 悩み解決! | 2007/04/08(日) 09:17
がん保険とは
がん保険とは、対象疾病をがんに絞り、公的医療保険の自己負担分、および、その他の雑費を含めた損失を補償することを目的とした任意保険のことです。専門的用語では第三分野保険の1つとされています。日本では1974年11月にアメリカンファミリー生命保険会社(...  [つづきを読む]
女性保険とがん保険 | 2007/06/15(金) 00:47
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず