現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良の産科医、詳細1
奈良で残念ながら妊婦さんが脳出血で亡くなった件で、
現場の詳細がわかったので、ここに書いていきますね。

2007.5.1 一部記事を改編削除しました。
削除した経緯に関しては、こちらの記事をご覧ください。
→ 「大淀病院事件、ネットで詳細に2」


一人医長のこの産婦人科の先生(60歳以上)は、
当日は朝8時ぐらいに出勤され、
夜に食事のため、病院近くの自宅に一度帰宅したそうです。

食事を済ましたのち、夜11時前には分娩に備えるため産科病棟に
帰ってきて、助産婦に当直室にいると連絡をいれた。
その間は患者に特筆すべき異常はなく、助産婦からの連絡もなかった。

深夜0時すぎ、分娩室に分娩進行の様子を見に行った時、
患者が頭痛を訴えたのち失神したので、
自分自身でも簡単な内科的チェックを行い、
念のため内科当直医(循環器内科医)を呼び、
その間に内診をして、子宮口が約4センチか医大している事を確認した。

内科当直医がきて内科的診察を行い、
陣痛による失神でしょう、経過を見ましょう
(CTが必要などと言うアドバイスは決してしていない)
と言ったので産科医も一応安心して、
付き添っている助産婦に10分おきの内診と、
パルトグラムとCTG(分娩監視装置)の装着と記録を指示し、
いったん分娩室横の待機室か一階下の当直室(どちらか不明だが)
に帰って待機していた。
その後強直性の痙攣発作が出現し、
血圧も収縮期が200mmHgになったので、子癇発作と判断し、
マグネゾールを投与。

マグネゾールで痙攣はおさまり、以後投与中は痙攣の再発はなかった。
しかし、午前1時30分頃分娩室の助産婦より痙攣が始まったと言う
連絡が入り、あわてて分娩室に引き返した。

以後二人で治療にあたったが、状態が改善みられないため、午前1時50分
母体搬送の決断を下し、奈良医大へ電話連絡を始めた。

午前2時瞳孔散大を認めるも痛覚反応あり。
血圧は148/70と安定してきた。
この時点で頭部CTも考慮したが、放射線技師は当直していないし
CT室が分娩室よりかな り離れたところにあること、
患者の移動の刺激による子癇の重積発作を恐れ、
それよりも早く高次医療機関をさがして搬送するほうがよいと判断。

電話をかけ続けたが、なかなか 搬送先がみつからない。
午前2時30分、産婦人科部長が家族に状況を説明、
そのあいだにも大淀病院の当直医や奈良医大の当直医は大阪府をふくめて
心当たりの病院に受け入れ依頼の電話をかけつづけた。

家族はここで
削除しました
と言ったので、NICUを持たない病院にまで搬送先の候補をひろげ、
電話連絡をとろうとした。

家族も消防署の知り合いを通じ、
大阪府下の心当たりの病院に連絡をとって、
受け入れを依頼した。
この頃には産科病棟婦長(助産師)も来院、 手伝いはじめてくれた。
大淀病院看護師OGで患者さんの親戚も来院し、多くの人が集まり始めた。
けれども受け入れてくれる施設が見つからない。

担当医は当直室(仮眠室)か ら絶望的な気分になりながら
電話をかけ続けたし、大学の当直医は大学の救命救急部門にまで
交渉に行ったが子癇産婦人科の担当で、
我々は対処できないと言うことで受け入れ 拒否された。

午前4時30分、呼吸困難となり、内科医が挿管したが、
その後自発呼吸ももどり、
サチュレーションは98%と回復した。
その後すぐに国立循環器病センターが受 け入れOKと連絡してきたので、
直ちに救急車で搬送した。
患者さんは循セン到着後CT検査等で脳内出血と診断され、
直ちに帝王切開術開頭術をうけたが、
生児は得られたものの脳出血部位が深く、
結局意識が戻らないまま術後8日目の8月16日死亡された。

死亡原因の診断は右脳混合型基底核出血
手術としては脳室ドレナージが行われたようですが、
かなり大きな出血だったため、回復され なかったそうです。


この文章は、元大淀病院勤務の医療関係者および
その友人達から話を聞いた、隣接する府県の産婦人科医
m3.comの医師専用掲示板に投稿した文章を、
掲載許可を頂いてほぼそのままブログに載せたものです。

ご協力ありがとうございました。

いくつかの投稿を私が勝手に組み合わせたので、
時間経過等が若干異なるかもしれませんので。
もし、訂正等があればご指摘いただければありがたいです。


ちなみに、毎日新聞の記事は、こちら。
一応、妊婦さんの名前は伏せてあります。

2006.10.17:毎日新聞社

病院受け入れ拒否:意識不明、6時間“放置” 
妊婦転送で奈良18病院脳内出血死亡

 ◇手術は60キロ先の大阪

奈良県大淀町立大淀病院で今年8月、
分娩(ぶんべん)中に意識不明に陥った妊婦に対し、
受け入れを打診された18病院が拒否し、
妊婦は6時間後にようやく約60キロ離れた
国立循環器病センター(大阪府吹田市)
に収容されたことが分かった。

妊婦は、脳内出血と帝王切開の手術をほぼ同時に受け
元気な男児を出産したが、約1週間後に死亡した。
遺族は
「意識不明になってから長時間放置され、母体の死亡につながった」
と態勢の不備や病院の対応を批判。
大淀病院側は「できるだけのことはやった」としている。
過疎地の産科医療体制が社会問題化する中、
奈良県や大淀町は対応を迫られそうだ。
(31面に関連記事)

 ◇県外搬送常態化

遺族や病院関係者によると、妊婦は同県五條市に住んでいた32歳の女性。
出産予定日を過ぎた妊娠41週の8月7日午前、大淀病院に入院した。
8日午前0時ごろ、頭痛を訴えて約15分後に意識不明に陥った。
産科担当医は急変から約1時間45分後、同県内で危険度の高い母子の
治療や搬送先を照会する拠点の同県立医科大学付属病院(橿原市)に受け入れを打診したが、
同病院は「母体治療のベッドが満床」と断った。
同病院産科当直医が午前2時半ごろ、もう一つの拠点施設である
県立奈良病院(奈良市)に受け入れを要請。
しかし奈良病院も満床を理由に、応じなかった。
医大病院は、当直医4人のうち2人が通常勤務をしながら
大阪府を中心に電話で搬送先を探したが決まらず、
午前4時半ごろ19カ所目の国立循環器病センターに決まったという。

この妊婦さんは約1時間かけて救急車で運ばれ、
同センターに午前6時ごろ到着。
脳内出血と診断され、緊急手術と帝王切開を実施、男児を出産した。
この妊婦さんは同月16日に死亡した。

大淀病院はこれまでに2度、遺族に状況を説明した。
それによると、産科担当医は入院後に陣痛促進剤を投与。
容体急変の後、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の妊婦が
分娩中にけいれんを起こす「子癇(しかん)発作」と判断し、
けいれんを和らげる薬を投与した。
当直の内科医が脳に異状が起きた疑いを指摘し、
CT(コンピューター断層撮影)の必要性を主張したが、
産科医は受け入れなかったという。

緊急、高度な治療が必要な母子について、厚生労働省は来年度中に
都道府県単位で総合周産期母子医療センターを指定するよう通知したが、
奈良など8県が未整備で、母体の県外搬送が常態化している。

大淀病院の原育史院長は
担当医子癇発作と判断して処置した。
脳内出血の疑いも検討したが、判明しても対応しようがなく、
診断と治療を対応可能な病院に依頼して、連絡を待っていた。
ご遺族とは誠意を持って対応させていただいている」
と話した。

一方、遺族は
「大淀病院は、脳外科を備えながら専門医に連絡すら取っていない。
長時間ほったらかしで適切な処置ができていれば母体は助かったはずだ」
と話している。

【林由紀子、青木絵美】

 ◇「確認可能なはず」

妊婦が意識を失った場合、子癇発作と脳内出血の差はどう判別されるのか。
県立医大の小林浩・産科婦人科教授によると
「いずれもけいれんを起こし、普通どちらなのかは判断できない」
という。

一方、別の産科医は「頭痛があり、妊娠高血圧症候群がないなら、
脳内出血を疑うべきだ。病院内にCTがあるなら、確認は可能だったはず」
と話す。

遺族は「脳内出血を疑う情報が、転院依頼先の病院に伝わっていれば、
次々と断られることはなかったのでは」と訴える。



一部始終を見て、医学の専門家である医師側から得た情報と、
経過の一部しか見ておらず、医学に関する知識のない遺族の情報を元に、
医学的な知識の乏しい記者が伝聞のみで書いた記事。

どちらの言い分が正しいのでしょうか。
両方の内容を並べて見て、客観的に見てどちらが正しいと思われるか。
まずは、自分で考えてみて下さい。

更に詳細がわかれば、また書いていきたいと思います。

医学的見地からと、私の私見は次の記事に書いていきますね。

大学病院について知りたいって思ったあなた。
そんなあなたにお勧めの無料レポートはこちら

 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓
「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密 

FC2ブログランキングに参加しています。
今日もまた健康部門第1位ですよー。
このまま1位でいたいので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓






スポンサーサイト
この記事へのコメント
My intuition tells that he does not make a fault!
詳細を初めて見てエビは感覚的な人間なので直感や肌触りみたいなものに信頼をおいてますがこの産科の先生はただ出来る限りを尽くして一生懸命頑張った人にしか感じられないです。
エビ[URL] 2006/10/26(木) 00:53 [EDIT]
>エビさん
医学的にも全く矛盾する事はないですし。
おそらく、こちらが真実なのではないか、と私は思っていますよ。
Dr. I[URL] 2006/10/26(木) 01:15 [EDIT]
いつも大変お世話になっております。
いつも参考にさせてもらっています。

そうですよね。一般的な対応だと思いますし、これで院長が「完全謝罪」の姿勢でマスコミに望むこと自体が間違いだと思います。

マスコミもどんどん言いたい放題です。トラバさせていただきました。またよろしくお願いいたします。
中間管理職[URL] 2006/10/26(木) 08:17 [EDIT]
脳室ドレナージしかしていないのに「開頭術をうけた」というのはおかしいですね。穿頭でするはずなので。
hide[URL] 2006/10/26(木) 10:57 [EDIT]
まあ、どうしてこんなにめちゃくちゃなことしか報道できないんでしょうか、日本の新聞は。新聞記者の仕事って何なのでしょうかね?新聞がなくなっても全然困りませんね。っていうか、こんな不正確な記事しか書けないならむしろなくなってしまえ。
[URL] 2006/10/26(木) 18:00 [EDIT]
逃げ足速い…
I 先生、こんばんニャンv-39
マスコミって分が悪くなり始めると、ほんっとに
逃げ足速いですね。。。。
あれだけ好き勝手に医師叩きをしてアジテートしていたのに
なんなんだ~っv-42
来夢[URL] 2006/10/26(木) 22:46 [EDIT]
>中間管理職先生
はっきりいって、今回の件。
院長が詳細もわからない癖に、産科医個人の責任にしようとして、ミスを認めたって事が、マスコミが増長した原因になっていると思うので。

同じ医師ですが、この院長は許せません。
Dr. I[URL] 2006/10/26(木) 23:38 [EDIT]
>hide先生
この先生は、大淀病院の方の先生の情報を元に、知らせて頂いたので。
国循の方が正確ではないのかもしれませんが。

でも、おそらくマスコミには、脳室ドレナージと開頭術の違いはわからんでしょうから。
間違っているのはマスコミの方なんだと思います。
Dr. I[URL] 2006/10/26(木) 23:40 [EDIT]
>kさん
ホント、医療記事に関しては、マスコミはほとんど信用できないかな、って思います。
いつからこんな風になってしまったんでしょうか。
Dr. I[URL] 2006/10/26(木) 23:42 [EDIT]
>来夢さん
ホント、逃げ足早いですね。
でも、決して間違っているとは認めてないんですよ。
ただ、時間が経って世間が忘れるのを待っているだけなんです。
Dr. I[URL] 2006/10/26(木) 23:43 [EDIT]
詳細を知って、ますます医師が正しいことをしていると実感しました。
マスコミがいいたい放題なのがとても腹が立ちます。

マスコミはこの産婦人科医に謝罪すべきです!
ss[URL] 2006/10/27(金) 21:18 [EDIT]
困った問題ですね。
話題性のあるときは、大々的に取り上げるが、
誤報だった場合は、無視するか
隅っこに謝罪記事を載せるだけ。

ジャーナリストは真相を明らかにするのが仕事なのか
それとも真相を曲げてでも、部数を売るのが仕事なのか。

ジャーナリストの良心ってどこにあるのでしょう。
がみ[URL] 2006/10/27(金) 21:48 [EDIT]
>ss先生
ホント、間違ったのであれば、間違ったと謝罪すべきですね。
時間が経って、世間が忘れるのを待っているとしか思えませんね。
Dr. I[URL] 2006/10/27(金) 23:58 [EDIT]
>がみ先生
なんか、視聴率とか、発行部数とか。
そういうのにしか、興味がなくなってしまったんですかね。
真実を探求するのが、ジャーナリズムなんじゃないですかね。
Dr. I[URL] 2006/10/28(土) 00:03 [EDIT]
経過の詳細を読んで、改めて、この産婦人科のお医者様が気の毒でなりません。マスコミという強大な力で人生を変えさせられてしまった人がまた一人出てしまったんですね。

医療って、その知識技術が専門的すぎるがゆえに、諸事情が不透明になりやすい、というリスクを最初から背負わされているものだと思います。そういった諸事情を、素人にもわかるように客観的に「通訳」するのがマスコミの正しいあり方だと思うのに。残念ですね。
つきのわ[URL] 2006/10/28(土) 09:57 [EDIT]
>つきのわさん
そうですね。
マスコミは、早く謝罪すべきですよ。
客観的に報道しているとは、とても思えませんからねー。
Dr. I[URL] 2006/10/29(日) 23:42 [EDIT]
大変勉強になりました
今回の件では、色々な方々からお話を聞けて、自分にとっては非常に有意義でした。
また、こちらを紹介され、より事実に近いであろう内容も見聞きできました。
それを踏まえたうえで、医師の方々にはより一層高い技術で医療活動に従事していただきたい。そう願います。
さしより[URL] 2006/10/30(月) 17:26 [EDIT]
>さしよりさん
TBもありがとうございました。
結果は残念な事になったからと言って、医療ミスがあったとは限らないんです。
人間いつかは、かならず死ぬんですから。

医者も人間なので、完璧という事はないんですが、より完璧に近い医療ができるように、我々も精進して行きたいと思います。
Dr. I[URL] 2006/10/30(月) 20:34 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

金も要らなきゃ女も要らぬ、あたしゃも少し手が欲しい!
 奈良県大淀病院の妊婦さんが亡くなった件が話題になっておりますな。 きっとマスコミなんかの、単に医療ミスだ、たらい回しだ、無責任だといった表面的な言葉に注目が集まってしまいそうなので、ここではひっそりささ  [つづきを読む]
医療問題なんて考えちゃったりして | 2006/10/26(木) 04:27
恥を知れ? 奈良・妊婦死亡1
マスコミの方から一方的に、「恥を知れ」などと言われる筋合いはないと思います。実際に、言う方がいるんですね。日刊スポーツの井上さんという方です。我々医療人とマスコミや一般の方の反応はあまりにかけ離れていますのでちょっとまとめてみました。------  [つづきを読む]
勤務医 開業つれづれ日記 | 2006/10/26(木) 08:14
奈良・妊婦死亡 その夜の詳細 1
ニュースソース未定な情報ですが、あえて掲載いたします。御判断は皆さんにお任せいたします。------------------------------------------------------------- 奈良・大淀病院 警察が捜査へ ★5 http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161576910/701-7  [つづきを読む]
勤務医 開業つれづれ日記 | 2006/10/27(金) 16:30
声明 大阪府保険医協会 奈良・妊婦死亡
大阪府保険医協会が声明を出したようです。------------------------------------大阪府保険医協会http://osaka-hk.org/ 奈良県町立大淀病院問題で「声明」を発表?☆保険医協会は10月27日、奈良県町立大淀病院問題で、以下の「声明」を発表しました。 声明   [つづきを読む]
勤務医 開業つれづれ日記 | 2006/10/27(金) 17:46
大淀病院事件の真相
大淀病院事件の詳細な経過です。m3掲示板より転載させていただきます。?妊娠41週超で誘発目的にて入院。失神に至るまでは、おおむね今までの書き込みの通りである。誘発開始(09:40)よりPGE服用終了(14:45)まで産科病棟 師長で助産師である経験31年近い助産師がベッドサ  [つづきを読む]
ポンコツ研究日記 | 2006/10/27(金) 21:41
眼の健康、あなたは大丈夫
眼の健康についての情報集です。  [つづきを読む]
瞳の栄養 | 2006/10/28(土) 18:06
真実は、いったいドコにあっとだろうか。
まずは、亡くなられた女性のご冥福をお祈りいたします。さて、今回の大淀病院で起こった事件は、結局のところ新鮮さばなくしたとたんに、マスコミからは忘れ去られようとしとる。これは、しかたのないこと(じゃなかって言いたかばってん!!)マスコミは常に新鮮で、センセ  [つづきを読む]
さしより | 2006/10/30(月) 17:22
脳の病気について
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母のさくらです。脳病気情報のHPです。脳の病気に関するより良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪  [つづきを読む]
脳 病気 | 2006/11/24(金) 23:51
女性 病気 について
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母のみきです。女性 病気情報のHPです。良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪  [つづきを読む]
女性 病気 | 2006/12/01(金) 01:45
正常血圧でも脳出血に:病院の信用し過ぎ
前号で「権威に弱く病院信用し過ぎ:早死にか?」か書きました。今号では、メタボリックシンドロームの一つの高血圧を例に、病院や血圧計や検査結果やメタボリックシンドロームの診断基準を信用し過ぎると、運が悪いと、倒れるかあの世行きになる危険性も大いにあることを書  [つづきを読む]
メタボリックシンドロームの基本知識 | 2007/01/12(金) 15:35
妊娠高血圧症候群
一人目を無事に出産し1年経ちやっと育児も慣れてきたこの頃私、再び妊婦です。  [つづきを読む]
妊娠、出産、育児、再び妊婦 | 2007/02/04(日) 07:12
妊娠中毒症
自己判断が難しい血圧や尿を含めて、定期健診でもらえるので、健診は受けることが大切です。妊娠全期を塩分控えめな食事や規則正しい生活を過労を避けて休養と睡眠を十分にとるようにします。つわりが重症化したものを妊娠悪阻といいます。脱水症状を起こして心臓や腎臓、肝  [つづきを読む]
女性の病気研究所 美と健康を守ります! | 2007/02/22(木) 14:59
妊娠の初期症状の腎臓と膀胱への影響
腎臓と膀胱に及ぼす妊娠の初期症状には、どんなものがあるのでしょうか。 腎臓は、少...  [つづきを読む]
妊娠症状を教えます! | 2007/02/24(土) 15:25
女性特有の病気とは?
女性には女性特有の病気が多くある。これは、女性ホルモンが免疫力にかかわっていることによると考えられている。また、更年期には女性ホルモン分泌が急激に減り、骨粗鬆症のリスクが増大する。甲状腺疾患も女性の方が多い。乳腺疾患も女性は、男性に比べはるかに多い。一般  [つづきを読む]
女性の健康研究所 美と健康を守ります! | 2007/04/10(火) 12:14
あなたの脳タイプ診断 「診断系サイト大集合」
脳の診断系サイトです!!今日紹介する診断系サイトは右脳チェックです。試してみて!!この診断系サイトの結果。。ホントにあっているのでビックリ  [つづきを読む]
診断系サイト大集合 | 2007/10/16(火) 12:36
ルテインと眼の関係
こんばんは、マツケンです。今日は前回からの続きで ◆ルテインと眼の関係・・・を!◆ルテインと眼の関係今「ルテイン」は21世紀のカロチノイドとして全世界から注目されています。ルテインは薬品ではありません、栄養補助食品です。しかし、その効果は治療法のない”  [つづきを読む]
続・・・マツケンの世界!! | 2008/01/24(木) 21:08
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず