現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静脈瘤を除去?
また医療事故があったみたいですねー。
詳細がわからないので、詳しい事はなんとも言えないんですがね。
状況からは、医師側が悪いようにも見えますが。
でも、明らかにこの記事は、医学的に間違っていますので。
その点を訂正しましょうかねー。

心肺蘇生ミス 80歳女性死亡 
低酸素脳症で 伊達赤十字病院

【伊達】伊達市の伊達赤十字病院(前田喜晴院長)で十月、
胆振管内洞爺湖町の女性患者(80)に食道静脈瘤(りゅう)手術を行った際、
心肺蘇生(そせい)措置が遅れたため低酸素脳症となった女性が、
約一カ月後に死亡したことが七日分かった。
病院は判断が甘かったとして、遺族に謝罪した。

病院によると、女性は食道静脈瘤と診断され、
十月十六日に入院して内視鏡手術を受けた。
医師が麻酔を投与後、内視鏡を食道に挿入したが、
患者が苦しがったため、その後三回に分けて麻酔を追加投与した。

投与後、女性の血圧低下や呼吸の弱まりが確認されたが、
医師は手術を続行。
静脈瘤を除去した段階で女性は心肺停止に陥った。
直ちに人工呼吸器や心臓マッサージなどによる蘇生を試みたが、
自発呼吸は戻らず、女性は低酸素脳症で十一月十七日に死亡した。

前田院長は「女性に対する麻酔は特別多い量ではない」とする一方で、
「麻酔による呼吸停止は起こり得る。
呼吸が完全に止まる前に蘇生処置を始めていれば、
このような事態にならなかった可能性が高い」と話している。


「北海道新聞:2006/12/08」


まずは、医学用語の解説。

食道静脈瘤
食道」っていうのは、胃と口の間にある、管ですね、要は。
口に物を入れて、何か食べたら喉の中を通っていきます。
そして食道→胃→小腸→大腸→肛門っていう順番で
物は流れていきます。

心臓から、動脈を通って、血液が体中を流れていくんですけどね。
その血液の一部は、肝臓を通るんですよ。
でも肝硬変などの肝臓の病気がある場合、
肝臓にたくさんの血流が戻れなくなります。
肝臓に戻れなくなった血液は、抜け道を求めて、
肝臓のまわりの細い血管に流れていきます。
食道の細い血管にも、肝臓に戻れなかった血液があふれて
流れ込んできます。
そしたら本来、細かった血管も、流れる血液の量が多くなって、
だんだん太くなり、コブ状に膨れます。
これを「静脈瘤」と呼びます。

食道静脈瘤ができる病気が、「食道静脈瘤」です。

食道静脈瘤治療

血管がコブのように膨れているので、出血しやすいんですよー。
だから破裂する前に予防的な治療をするんです。
もし破裂しちゃったら、一刻も早い止血が必要ですがね、もちろん。

具体的には、

1)内視鏡的静脈瘤結紮術EVL

内視鏡(胃カメラ)から、輪ゴムを使って静脈瘤を縛ってつぶします。

2)内視鏡的硬化療法EIS

内視鏡(胃カメラ)を使って、静脈瘤の位置を確認しながら、
内視鏡のチューブの先から穿刺針を出して、
静脈瘤の中に直接、血管内を硬める物質を注射します。

3)食道静脈瘤圧迫止血法

のどに麻酔をした後、鼻からチューブを挿入して、
食道に潰れた風船を入れて、そこで膨らませて、
圧力で止血
するやり方です。

出血量が多く、輸血や輸液といった救急処置だけでは、
すぐには静脈瘤の治療に移ることができない場合や、
肝機能の低下が著しく、ほかの治療法が適さないときに
行われる、一時的な止血法です。

4)外科手術

をがばっと開けて、肺などの周囲の組織から
食道をはがした後、食道の下3分の1にあたる部分を
静脈も含めて切り離して血液を流れないようにします。
そして止血後に元どおりにつなぎ合わせる手術です。

最近は内視鏡が発達していますし。
肝硬変で非常に状態が悪い人の場合は、大きな手術に耐えられない
人も多いですから。
最近は、あまりやっていないですね、手術は。


これをふまえて、この記事を読み直してみましょう。

医師が麻酔を投与後、内視鏡を食道に挿入したが、
患者が苦しがったため、その後三回に分けて麻酔を追加投与した。

投与後、女性の血圧低下や呼吸の弱まりが確認されたが、
医師は手術を続行。

静脈瘤を除去した段階で女性は心肺停止に陥った。

内視鏡を使った治療って事ですから。
治療法の1)か2)ですね、多分。
1)の可能性が最も高いと思いますが。
そして、麻酔をかけて内視鏡(胃カメラ)食道に入れた、と。

そいで、そいでー。

静脈瘤を除去

え、胃カメラ静脈瘤は取り去れないよ!
胃カメラの中を通して、水とか血管内を硬める物質、
輪ゴムのような物は入れる事はできますけどね。

食道静脈瘤」を取り出すのは、を開けなきゃー。
ま、食道の下の方なら、お腹を開ける手術でも良いですけどね。

でも、いずれにせよ、大きな手術が必要ですよ。
胃カメラじゃー、無理っすよ、どう頑張っても。

多分、輪ゴムで縛るって事なんでしょうけどね。
それは、「静脈瘤除去」ではないっすよ。

前に王監督の手術の時も、腹腔鏡手術なのに、内視鏡(胃カメラ)
を使った手術って書いた新聞があったけど。
やっぱ、全国に発信する記事には、正確な事を書かなきゃ。
信用されないっすよ、ホント。


でも、まあ、今回の件。
麻酔を投与後、その後三回に分けて麻酔を追加投与

って書いてあるから。
なんの麻酔かわからないし、一回の量がどの位かもわからないけど、
多分ホリゾンとか、そこらへんでしょうかね。
80歳の女性ホリゾン4バイアル注射したら、さすがに多すぎだと思いますよ。
ま、一回に、ものすごい少ない量をちょっとづつ使って、
合計の量は少ない、って事もあり得ますし。
一回に半分づつ使って、合計2バイアルなら、
普通の人ならそんなでもないけど。
80歳の小柄な女性にしたら、ちょっと多いかなって量ですかね。
麻酔が効かなくって、胃カメラが飲み込めなかったら、
検査も治療もできませんから。
麻酔の量をある程度まで増やすこと自体は、良いでしょうけどね。

詳細がわからないと、なんとも言えないんですが。

しかも、
投与後、女性の血圧低下や呼吸の弱まりが確認されたが、
医師は手術を続行。
静脈瘤を除去した段階で女性は心肺停止に陥った。


って、これがホントなら、ちょっとまずいかな、って思いますね。
いったん内視鏡手術を中断して、まず血圧を上げる処置や、
呼吸抑制がかかっているなら、酸素投与
それでも駄目なら気管内挿管するとか。
そういう処置をして。
それで落ち着いてから、改めて内視鏡的手術をする。
というのが普通かと思うので。

こういうのが専門なのは消化器内科医って言うんですがね。
ま、私は循環器内科医なので専門外なので詳しくはわからないんですが。

ちょっと気になったので、書いてみました。

この報道通りだとすると、医者の側にも問題があるように思えますが。
明らかなのは、記事の医学的な記述間違いだって事です。


皆さんの推薦のおかげで、私のメルマガ「やぶ医師のひとりごと」が、
『まぐまぐ大賞2006』の【生活情報】にノミネートされましたー!!!

ありがとうございまーす。

大賞、各賞は 12/11~12/21(10時)までの、
読者さんからの投票で決定するんですよー。

12/11になったら、投票するHPをお知らせするので、
また応援、よろしくね!!!

「新人賞」目指してまーす。


医療に興味のあるあなた。
医療系の無料レポートを読んでみませんか。
もちろん全部「ただ」ですよ。

→ 無料レポート広場「メルぞう」医療、健康カテゴリ

FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第3位です。
1位を目指しているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
Was the accident fatal?
今朝道新を読んで「麻酔の先生の責めに帰すことなの?手術してた先生なの??」と疑問に思っていました。
ヘッドラインは『心肺蘇生ミス』となっていますし院長先生も蘇生処置が遅くなったとおっしゃってますね。心肺停止になってしまった後の判断から問題視されてるように読み取りましたが…お医者さんの視点では他も色々なfaultがあるのかな。
とある麻酔の先生も人手が足りなく大変そうです。。ご家族は溜息ついてました。
エビ[URL] 2006/12/09(土) 00:35 [EDIT]
>エビさん
内視鏡手術ですから。
麻酔科医はいなくって、内視鏡室ってところで、2人くらいで、消化器内科の医師がやるんですよ!

詳細がわかんないんで、難しいですが。
出血したなら、やむを得ない面もありますが。
そうでなくって、亡くなったのであれば、医師側に問題があった可能性がありますね。
Dr. I[URL] 2006/12/09(土) 00:43 [EDIT]
I understand.
あ、内視鏡室でホントに胃カメラ撮るみたいな雰囲気を想像すればよいのですね。了解です。(エビは胃カメラ、三人馬乗りになって戴きました。暴れないのに…。)このおばあ様のご冥福をお祈りします。
あと、まぐまぐノミネートよかったです~おめでとうございます♪
エビ[URL] 2006/12/09(土) 01:06 [EDIT]
たしかに
そりゃおかしいでしょ~とおもう内容の記事あります。事実をかくには正確にかいてほしいものですよね
絶対変な知識がでて文句いってきちゃう人とかでてくる予感満点です
ゆめのん[URL] 2006/12/09(土) 21:58 [EDIT]
ちょっと訂正
いつも楽しく読ませていただいています谷庵と申します。
麻酔科医です。

論旨には関係ないのですが、シロウトさんもたくさん見に来るサイトなので訂正された方がいいと思い、コメントさせていただきます。

>全身に流れた血液は、肝臓に一度集まります。

全身じゃないですよね。
谷庵[URL] 2006/12/11(月) 17:12 [EDIT]
>エビさん
そうですね。
胃カメラにちょっと人が多くなった感じをイメージすれば良いと思いますよ。
ノミネートされましたよー。
また、応援してね!
Dr. I[URL] 2006/12/12(火) 02:09 [EDIT]
>ゆめのんさん
今回の場合は、根幹にかかわる事ではないのですがね。
でも、それが使命なんだから、きちっとして欲しいっていうのは、ありますよねー。
Dr. I[URL] 2006/12/12(火) 02:10 [EDIT]
>谷庵先生
全くおっしゃるとおりです。
お恥ずかしい。
ご指摘、ありがとうございました。
早速訂正させて頂きました。

今後ともよろしくお願い致します。
Dr. I[URL] 2006/12/12(火) 02:12 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2006/12/12(火) 13:55 [EDIT]
>谷庵先生
ちょっと直してみました。
自分がミスった事は事実なので。
それを隠しても、しょうがないので、そのままにしておきますね!
Dr. I[URL] 2006/12/12(火) 23:20 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

男性の健康について
健康は男性の宝物。仕事も勉強も健康じゃないといい結果は残せません。健康について不安な方、お悩みの方。このサイトでヘルシーライフを見つけてください。  [つづきを読む]
男性健康お助け隊、男性の健康を考える | 2006/12/09(土) 03:36
気功治療いたします。お困りの症状・病気、ご相談ください。
萱沼喜市郎式、究極の治療法。病院やその他代替療法で治らなかった患者さんが、多く改善しています。「生の喜びの声」も動画配信中。貴方もきっと良くなります。  [つづきを読む]
理学気功 | 2006/12/09(土) 10:12
胃 病気について
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母のまいです。胃 病気情報のHPです。良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪  [つづきを読む]
胃 病気 | 2006/12/15(金) 22:44
内視鏡ドックでの食道病変
右はまだ、EGJに亀裂が入ったばかりの軽症GERD。 左は亀裂がつながった重症GERD。 内視鏡ドックで発見される食道病変の一例です。 画像提供:大山クリニック  [つづきを読む]
人間ドックの紹介ブログ | 2007/01/06(土) 16:25
胃腸風邪
元気で夕食を食べ、お風呂にも入って後はもう床につくだけ...という時になって、突然に嘔吐が襲いました。何か消化に悪いものを食べたのかなと夜の食事を思い出しても心当たりはありません。ひょっとして、これって今流行している胃腸風邪かしら? 少し喉が痛いナ-とは  [つづきを読む]
胃腸の風邪 | 2007/03/07(水) 18:11
口臭あっという間に消える方法とは?
いくつもの口臭予防サプリ、グッズを買いあさったが、効果がなく悩んでおられる方への情報ブログです。実は、歯磨きやガム、タブレット類は口臭とは関係ありません。口臭を簡単に確実に消す方法を公開していますので、よろしければご覧になってください。あんたのお役に立て  [つづきを読む]
口臭胃 | 2007/03/11(日) 09:26
肝硬変の予防と対策
肝硬変の症状についての情報です。肝硬変の症状についての内容の情報が少しでもお役に立てれば幸いです。  [つづきを読む]
肝硬変の予防と対策 | 2007/05/16(水) 21:10
肝硬変の原因と症状
肝硬変は、ウイルス性肝炎による慢性肝炎とアルコール性肝障害などが主な原因となります。 ウイルス性肝炎の場合は、ウイルスに感染したために起こる病気ですが、アルコール性肝障害の場合は、アルコールの過剰摂取が原因で発症するので、まさしく生活習慣によって引き起こ  [つづきを読む]
肝硬変の予防と対策 | 2007/05/17(木) 00:36
肝硬変の原因と症状
肝硬変は、ウイルス性肝炎による慢性肝炎とアルコール性肝障害などが主な原因となります。 ウイルス性肝炎の場合は、ウイルスに感染したために起こる病気ですが、アルコール性肝障害の場合は、アルコールの過剰摂取が原因で発症するので、まさしく生活習慣によって引き起こ  [つづきを読む]
肝硬変の予防と対策 | 2007/05/17(木) 19:11
肝硬変の食事
●塩分を減らす 利尿作用に障害が起きないようにする。●ビタミン、ミネラルをたくさん摂取する 高タンパクの再生力をサポートする。●高タンパク、高エネルギー食をとる 肝臓の機能を高め、再生力を強化する。ただし肥満には注意する。肝硬変の代償期には食事療法を  [つづきを読む]
肝硬変の予防と対策 | 2007/05/17(木) 21:03
肝硬変の症状
●食道静脈痛肝臓から逆流した血液が、細い静脈に流れ込みコブのようなものを作り静脈癌ができます。痛みや異物感等の自覚症状がないので定期的な検査をうけ、破裂を防止しなければなりません。静脈癌が赤みを帯びてきたら、破裂の危険信号ですので、予防のための治療が必要  [つづきを読む]
肝硬変の予防と対策 | 2007/05/17(木) 22:10
肝硬変の症状と対策
肝硬変の症状についての情報です。肝硬変の症状についての情報が少しでもお役に立てれば幸いです。  [つづきを読む]
肝硬変の症状と対策 | 2007/06/06(水) 22:28
肝硬変の症状
●食道静脈痛 肝臓から逆流した血液が、細い静脈に流れ込みコブのようなものを作り静...  [つづきを読む]
肝硬変の症状と対策 | 2007/06/06(水) 23:26
肝硬変の原因と症状
肝硬変は、ウイルス性肝炎による慢性肝炎とアルコール性肝障害などが主な原因となりま...  [つづきを読む]
肝硬変の症状と対策 | 2007/06/07(木) 18:29
食道の病気の原因と症状
食道炎には、酸やアルカリを誤飲したり、非常に熱いものを食べたり、抗菌剤などを水を...  [つづきを読む]
家庭の医学の大辞典 | 2007/06/20(水) 23:34
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず