現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過労の末に~ある産婦人科医の最期
これは、現実にあった、ある産婦人科医の話なのですが。
はっきり言って、これは産婦人科医だけでなく、
医療現場で働く全ての勤務医に起こりうる話です。
本当に、人ごとではありません

たしかに、ここまで働く方は、そんなには多くはないのかもしれませんが。
これに近い位働いている勤務医は、たくさんいます。
今後、このまま患者は増え続け、医療訴訟が増え、
医師の負担が増え続けているのに、現場の医師が増えなければ、
近い将来、こういった事が全国各地、全ての科で起こりうるのです。


****** 河北新報、2007年1月14日
お産SOS 東北の現場より (上)

崩壊の瀬戸際/減る産科医 忙殺の連鎖

「安心して産みたい」。妊産婦の叫びが聞こえる。
東北各地で産婦人科を閉じる病院が相次ぐ。
出生数がわずかながらも上向き、
少子化にかすかな明かりが差す一方で、
肝心の産む場が地域の中でなくなっている。
お産過疎」の進行は、全国的にも東北が特に深刻だ。
医師不足、過酷な勤務、訴訟リスク…。
産科医療を取り巻く厳しさは、都市も郡部も、
大病院も開業医も変わりはない。
さまよう妊産婦、悪条件の中で踏ん張る医師
東北に交錯する「SOS」の発信地をたどり、
窮状打開の道を探る。(「お産SOS」取材班)

「5日と2時間」。通知書類には直前の9カ月半に取った
わずかな休日数が記されていた。

東北の公立病院に勤めていた産婦人科医
2004年、過労死の認定を受けた。
亡くなったのは01年暮れ。自ら命を絶った。
53歳だった。
「僕が地域のお産を支えているんだよ」。
家族に誇らしげに語っていた。

亡くなる半年前、医師5人だった産婦人科で1人が辞めた。
後任は見つからない。帰宅は連日、夜の10時すぎ。
昼食のおにぎりに手を付けられない日が増えた。

床に就いても電話が鳴る。「急変した。診てもらえないか」。
地元の開業医や近隣の病院からだった。
「患者さんのためだから」。
嫌な顔一つせず、職場へ舞い戻った。

心身の負担は限界に達しつつあった。
ようやく取った遅い夏休み。
1人の患者が亡くなった。
「自分がいたら、助けられたかもしれない」。
食は細り、笑顔も消えた。

「つらいなら、辞めてもいいよ」。
見かねた妻が言った。
「自分しかできない手術がずっと先まで入っている」。
そんな責任感の強い医師が死の前日、同僚に漏らした。

「もう頑張れない」

家族あてとは別に、「市民の皆様へ」という遺書もあった。
お別れの言葉をしたためていた。
「仕事が大好きで、仕事に生きた人だった。
そんな人が頑張りきれないところまで追いつめられた」。
妻は先立った夫の心中をこう思いやる。

本年度、東北の6大学医学部・
医大で産婦人科医局の新人はたった8人。
東北大と弘前大は1人もいない。
学生が産婦人科医になりたがらない。

この10年で全国の医師は約4万人増えた。
それなのに、産婦人科医は約900人減った。
24時間、365日の激務。
母子2人の命を守るプレッシャーがのしかかる。

出産をめぐるトラブルや訴訟の多さも、なり手をためらわせる。
06年2月には福島県立大野病院(大熊町)の医師が、
帝王切開手術で妊婦を失血死させたとして逮捕された。
医師1人体制で、年間約200件の出産を扱っていた。

会津若松市の病院で働く産婦人科医曽我賢次さん(57)は言う。
「限られた体制で命を救おうとした医師が結果を問われ、
刑事罰まで受けるのでは、産科のなり手は減るばかりだ」

10年前から、曽我さんはお産の扱いをやめた。
今は内科と婦人科で働く。
きっかけは後輩の突然死。
「熱心で優秀な医師だった。夜中に呼び出され、
病院へ向かおうとして倒れたと聞いた。
やりがいだけで長く続けられる仕事ではない」。
大学の同期5人のうち3人は内科などに移った。

鉄の街として栄えた釜石市。
04年、釜石市民病院はお産をやめた。
隣の遠野市の岩手県立遠野病院は5年前から休診中。
分娩(ぶんべん)を扱う開業医はいない。

地域でお産ができるのは県立釜石病院だけ。
「1時間以上かけ、市外から山道を越えてくる妊婦さんも多い」。
産婦人科医師小笠原敏浩さん(46)は言う。

04年春、医師は1人から2人になった。
もっと忙しくなった。
それ以上に患者が殺到したからだ。
入院患者は以前に比べて倍増した。
出産は本年度、約500件に達する見通し。
2人が手術に掛かりきりのとき、診察室は空っぽになる。

分娩の数を制限すれば楽にはなるが、
「行き場を失う人は出したくない」と小笠原さん。
産婦人科は大変なだけじゃない。
面白さを若手に伝えるのも、僕の使命」

生命の誕生に立ち会う喜びと誇り。
重圧と真正面から向き合う医師たちが今、
瀬戸際で踏みとどまっている。


(河北新報、2007年1月14日)


立ち去り型サボタージュ」という言葉が、去年はやりましたが。
結局、責任感が強く、真面目で、「患者を置いて立ち去れない。」
という真面目な医師が、最後に行き場を失って、
過労でうつ病になる。
そして、最後には自ら命を絶つ
ぼろぞうきんの様に使い捨てられて、過労死する。

今、政府が行っている医師削減、医療費抑制政策を続けたら、
そういう医師が増えていく事が予測されます。

しかし、いくらブログ地方紙で声を上げても、
大手マスコミ国民には現場の声は届いていないようです。

この記事の最後にはこう書いてあります。

>重圧と真正面から向き合う医師たちが今、
瀬戸際で踏みとどまっている。


今はなんとか踏みとどまっていますが。
これからいつまでも、ずーっと踏みとどまる事は、
不可能なのかもしれませんね。

まぐまぐ新人賞2/3

スポンサーサイト
この記事へのコメント
You have a bright future ahead of you!
亡くなられた先生の奥様は「つらいなら、辞めてもいいよ」とおっしゃったそうですが、エビも同じ立場ならそう言うと思います。好きな人のためなら何でもしたい(実際可能かどうかはまったく別として…)ですもの。エビははしたなく泣いて止めちゃうかも知れません。好きな人の身の安全は常に心配です。
今もし辛い立場にいる人が、自分自身の本当の気持ちとは別の部分、例えば立場とか責任で何かを迷っているなら、どうか迷わないで「あなたのEGOさえも誇って!」と言いたいです。
何かが出来ることも何かが出来ないこともそれは素晴らしいことだということに気づいていて欲しいです。
何しろ政治の貧困にかけがえのない命を懸けてはなりません。
小さな声でも誰かが聞いています。最前線からの声が、高く広く届くことを願って、確信しています(^-^)
エビ[URL] 2007/01/17(水) 06:39 [EDIT]
凹みますね、やっぱり。
ご無沙汰してます。

これが、現実ですよね。

辞めたくても代わりも居なくて患者さんを見捨てられない。
誰かが辞めれば勤務はさらに過酷となり誰も辞められない。

踏みとどまれなくなりつつある医者がたくさんいます。
どうしたら声が届くのか、本当にそう思います。


ドロロンえん魔くん[URL] 2007/01/17(水) 23:44 [EDIT]
>エビさん
そうなんですよ。
上まで現場の声が届く日が、いつか来るんでしょうかねー。

Dr. I[URL] 2007/01/18(木) 00:54 [EDIT]
>ドロロンえん魔くん先生
お久しぶりです。
なんか、結局真面目な医師が残っちゃうんですよね。
そいで、どんどん負担が大きくなっていくんですよ、残った人の。
そしたら、本当に踏みとどまれなくなっちゃうんですよね。
Dr. I[URL] 2007/01/18(木) 00:55 [EDIT]
言葉を失いました
河北新報って、チョット前に「馬をあげるから勤務医にいらっしゃい…」の遠野市を詳しく取り上げていましたね…。

こういう悲しい現実を知りながら、東北のお役所の方々はまだ「馬はいらんかねー」とかってやってるんでしょうか??

腹立たしいにもほどがあります。
来夢[URL] 2007/01/18(木) 17:03 [EDIT]
>来夢さん
あー、そうかもしれませんねー。
しかし、東北はかなり厳しい状況のはずなんですが。
わかってないんでしょうねー、役人は。
Dr. I[URL] 2007/01/18(木) 22:43 [EDIT]
悲しいですね
ご冥福をお祈りいたします

どうしたらシステムを改善できるんでしょうか
集約化は現実的に難しいようです
各病院への医師増員は更に難しいでしょうし

善意に頼る以外方策はないんでしょうか…
trias[URL] 2007/01/18(木) 23:58 [EDIT]
>trias先生
システムを改善する事は、現時点では難しいですねー、残念ながら。
世論が動いて、その後政府が動くしかないんでしょうが。
マスコミは現時点では、全く期待できませんから。

善意に頼るシステムは、既に崩壊寸前ですね、残念ながら。
Dr. I[URL] 2007/01/19(金) 00:12 [EDIT]
確かに・・・
小児科や産婦人科は激務な割には報われない仕事だと聞いたことがあります。

外科や内科はひくてあまただというのに
小児科や産婦人科はなり手がいない
ここら辺をもう少し国が打診すべきだと僕も思いますね

またよらせていただきます。
のんたろう[URL] 2007/01/19(金) 19:48 [EDIT]
正直凹むでしょうね、激務なのはきっと自分は我慢できるでしょうが命を預かる仕事なのに・・人を殺したくてしてる仕事じゃないのに特定の結果だけで自分を否定されたら・・・糸切れますね。。
小太郎[URL] 2007/01/20(土) 04:37 [EDIT]
>のんたろうさん
確かに、小児科や産婦人科は時間外に呼ばれる事も、非常に多いですから。
相当大変だと思いますよ。
その分、ものすごく給料が上がるってわけではないですからねー。

>外科や内科はひくてあまただというのに
小児科や産婦人科はなり手がいない
これは、ちょっと違うと思いますよ。
今は、内科、外科も、産科や小児科に比べれば、ましだけど、かなり不足していますから。

医師全体が不足していて、特に小児科や産科は顕著って事です。
まずは医者を増やす方向で国が方針を作って、その中でも小児科や産科など、たくさん働いたら報われるとか、人を増やして一人当たりの仕事を減らす工夫はする必要があると思います。

Dr. I[URL] 2007/01/21(日) 12:10 [EDIT]
>小太郎さん
かなり、凹みますね、正直。
身近で起こったら、ホント医者辞めようと思いますね、きっと私も。
ほとんど医者はみんな同じだと思いますよ。
Dr. I[URL] 2007/01/21(日) 12:17 [EDIT]
悲しすぎますね…(/_;)

この悪循環、どうすれば絶つことができるのかな…。

とりわけ、今いらっしゃる先生方を守らないといけないですよね。
ks[URL] 2007/01/22(月) 00:10 [EDIT]
>ksさん
医師不足を解消するために、医学部の定員を増やす事も大事だとは思いますが。
それなりの医師になるまでに、そこから最低でも10年はかかりますからねー。
とりあえずは、減らさない努力も必要だと思いますねー。
Dr. I[URL] 2007/01/23(火) 21:53 [EDIT]
毎日新聞が大淀でやったことを見ると許すことができませんが、毎日が特集を組んでいますね。

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070124ddm002100022000c.html

どの口がといいたくなります。

最近は小児科・産婦人科ばかりを注目して知っていますが、ほかの科でも悪循環が出ているということなのですね。利用者としても、一人一人が考えていかなければと思っています。
motoki[URL] 2007/01/25(木) 09:51 [EDIT]
>motokiさん
まるで、人ごとみたいですねー。
相変わらず。

おまえのせいだ、って言いたいですね。
でも、週63時間労働は、かなりましですよ、ホント。
昔、週残業時間がその位だったことは、ざらですから。
Dr. I[URL] 2007/01/27(土) 18:09 [EDIT]
デスノートでは、大胆な演技をしていますよ。イチ押しの監禁シーンは、かなりエロい。 薄手の拘束具が食い込み、その様子をカメラが舐めるように追うのだが、パ
デスノートでは、大胆な演技をしていますよ。イチ押しの監禁シーンは、かなりエロい。 薄手の拘束具が食い込み、その様子をカメラが舐めるように追うのだが、パンティーがチラ見えです。戸田は役に集中するために待ち時間も縛られっぱなしだった。
http://eirian0126.at.webry.info/200701/article_1.html
【戸田恵梨香】 大胆監禁シーンが大好評[URL] 2007/01/27(土) 18:55 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

福岡市中央区賃貸情報
福岡市中央区賃貸情報についてのご紹介  [つづきを読む]
福岡市中央区賃貸情報案内 | 2007/01/17(水) 10:01
おもしろ市場
おもしろ商品やアイディア商品など驚きの日用品を販売!ダイエットや節約に役立つ商品を多数取り揃えておりますので是非ご覧ください。  [つづきを読む]
おもしろ市場 | 2007/01/17(水) 10:49
料理のレシピ
簡単にできる料理のレシピを紹介しています。献立にお悩みの方には役立つメニューを紹介しておりますので是非ご覧ください。  [つづきを読む]
料理のレシピ | 2007/01/17(水) 11:42
乳腺炎に付いて考える
乳腺炎の症状が出たらどうするのか?しこりなどの症状が出たら乳腺炎の可能性があります。乳腺炎を知り、症状にあわせた治療の方法を学びます。  [つづきを読む]
乳腺炎の症状から治療法を見つけよう! | 2007/01/17(水) 19:57
立ち往生。
Dr.I先生:過労の末に~ある産婦人科医の最期 過酷な現場から、立ち去る医師。 過酷な現場に、最初から立ち入らない研修医。 そして、過酷な現場に取り残されて、立ち往生する医師。 昨年の自殺の統計では、年間90人もの医師が自殺しているそうです。 ただ、ただ冥福  [つづきを読む]
ふか&もけ | 2007/01/19(金) 20:21
酢大豆10年実行でも大先生:知識より実行
前号で「50才代、60才代で、メタボリックシンドロームの診断基準に該当したり、該当しそうになった人は、病院やお医者さんが余り頼りにならないので、誰を頼りにして、先生にして、見本にすれば良いか?実世間では、実績が一番ですね。”90才以上生き抜いておられる方”や”  [つづきを読む]
メタボリックシンドロームの基本知識 | 2007/01/20(土) 19:10
崩壊の瀬戸際 減る産科医 
今年最初の、『医療問題』 の記事である。 『医師不足』 『産科医不足』 『小児科不足』 『お産難民』 などの現状を伝える事は、昨年の大きなテーマの一つであった。力不足で全然広められなかった・・・。自分に出  [つづきを読む]
サイバーキッズクリニック | 2007/01/21(日) 09:11
【ほくろ 除去】のメラニンの薄い方は?
茶色のほくろ(メラニンが薄い)の方は皮膚を傷つけなくてもいいみたいです。医療現場で使われているハイドロキノン配合の化粧品ならお肌の新陳代謝を活発にしてメラニンを押し上げて、角質と一緒にほくろ除去してしまうのです。これは朗報かもしれませんね^^ハイドロ...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/01/21(日) 18:02
【ほくろ 除去】に効く?重曹とひまし油
ほくろをひまし油と重曹で皮膚を徐々に溶かしていく方法でキレイカフェの裏技掲示板でも高評価の情報、寝る前に毎日塗って、気が付くととれている感じだそうです。痛みはないみたいです。ひまし油とはなにかというと、昔はよく内服薬として下剤として使われていたそうで...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/01/21(日) 18:16
【ほくろ 除去】除去のもぐさ
いろいろともぐさのほくろ除去の体験者の声を拾ってみました。ここから↓↓↓『お風呂上がりに顔をさわったらかさぶたが取れてしまいました。見てみると黒部分はほんの少しは残っていますがきれいにほくろ除去できてました。突起はあまり変わらないかなと思います。も...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/01/21(日) 18:24
学生だからほくろ除去痕が残ると...
こんな意見も↓↓↓ほくろ除去で悩んでます。相談に乗ってほしいです。市の検診プラザというところでレーザーでほくろ除去をやっているらしい。QスイッチYAGレーザー 1mm ¥1,000 とCO2レーザー1個¥1,000があって、やるとしたらCO2レーザーかなって思ってる。...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/01/21(日) 18:39
【ほくろ 除去】整形?
こんな意見がありました。ここから↓↓↓例えばよ、顔にトレードマークみたいな隠せない黒子があったとしよう。それを自分で取ったところで家族や周囲の君達のほくろを知るものたちは整形だと思うだろうよ。↑↑↑ここまでう~んやはりそう考えますね。特に幼少期...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/01/21(日) 18:53
【ほくろ 除去】足の裏のほくろ
皮膚の癌の中で「悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)」と呼ばれる真っ黒なほくろのような癌があります。日本人の場合,「足の底」「爪の下」「粘膜」に特に多くできます。ですから,前は何ともなかった皮膚(足底,外陰部や口腔粘膜も含めて)や爪甲下(爪の下)に, 新らし.  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/01/21(日) 19:09
【ほくろ 除去】の悩み・・体のしみ
ほくろ除去の悩み相談事例です。ここから↓↓↓小学生の時に顔に小さなほくろができました。それからそのほくろが徐々に大きくなって、人の視線が気になるようになりました。レーザーほくろ除去治療は可能でしょうか?(17歳・学生)ここまで↑↑↑回答ここから↓...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/01/21(日) 19:22
ちょっと待った!子供が生まれたから救急要請?
救急隊は多くの妊婦さんも取り扱います。もちろん、救急隊が赤ちゃんを取り上げることもあります。そのためのトレーニングも行っています。十分かどうかはわかりませんが。昨日、救急外来で働いていると、救急隊から「自宅で出産」との収容依頼の電話がはいりました。その妊  [つづきを読む]
子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ | 2007/02/02(金) 21:49
【ほくろ 除去】ほくろ除去の精度
ほくろ除去では、どうしても傷が残るみたいですが、傷を最小限になるべく美しい状態にするために、そのほくろ除去に最適のほくろ除去の方法を選択して除去しましょう。ほくろ除去には、外科的手術・炭酸ガスレーザー・ Qスイッチヤグレーザー 治療などがあります。ほくろの.  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/02/10(土) 17:01
【ほくろ 除去】除去の漢方クリーム
あるサイトこんなほくろ除去体験談を見つけました。ここから↓↓↓漢方クリームでほくろを除去しました。まさか?と思いましたが、私の場合は、痕も残らず、きれいに取れましたよ。漢方除去クリームというのが有ってそれをほくろに塗るだけほくろ除去できました。愛知...  [つづきを読む]
ほくろ除去@ほくろ除去情報局 | 2007/02/10(土) 17:01
福岡市 マッサージ
福岡市博多区 タイ古式マッサージ「チャイディー」血管は栄養・酸素・熱を体中に運び、リンパ液はコリの原因である乳酸や活性酸素を回収する大切な水路です。人間は二足歩行の動物であるがゆえ、引力の影響により、どうしても足に(老廃物や疲れなど)色々なものが蓄積され  [つづきを読む]
マッサージ福岡 | 2007/10/23(火) 17:03
マッサージ 福岡市
福岡市中央区 タイ古式マッサージナディ 「ナディ」【お店のHPから】日頃からお疲れの皆様、癒しの空間nadi(ナディ)で心と身体を癒してみませんか・・・福岡で本格的なタイマッサージを受けながら至福の一時を味わってみて下さい。きっと満足して頂けると思います。nadiは  [つづきを読む]
Sマッサージ福岡 | 2007/11/05(月) 14:56
福岡市 マッサージ
福岡市博多区 タイ古式マッサージ「チャイディー」血管は栄養・酸素・熱を体中に運び、リンパ液はコリの原因である乳酸や活性酸素を回収する大切な水路です。人間は二足歩行の動物であるがゆえ、引力の影響により、どうしても足に(老廃物や疲れなど)色々なものが蓄積され  [つづきを読む]
Sマッサージ福岡 | 2007/11/06(火) 14:36
福岡市 マッサージ
福岡市でお奨めのマッサージ店です。カウンセリングの内容を元に、ツボを軽く指で押しながら悪い部分を確かめます。この段階で体の状態や骨格の歪みなどが分かります。施術の内容は、体の状態を見極めてから決めるというのが、他とは違うところです。施術では、あなたの体...  [つづきを読む]
マッサージを福岡でし放題! | 2008/03/13(木) 03:32
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず