現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産科医不当逮捕事件、検察へ異議あり
産科医が不当に逮捕された、福島の大野病院の件。
この裁判は、単なる医師とか、産科だけでなく、
今後の日本の医療の将来を左右する一大事件と考えていますので。
これからも、しつこく取り上げて行きたいと思います。

そいで、いろんな方のブログなんかを拝見したんですが。
こんな記事を見つけました。

ある産婦人科医のひとりごと」ってブログなんですがね。
これ、今回の大野病院での産科医不当逮捕事件に関して、
おそらく日本で一番詳しく書いたブログなんで。
ご存じの方も多いとは思いますけど。

その中の、2007.1.28の記事
「県立大野病院事件、初公判の翌日の報道」
の下の方、コメント(私見)ってところに書いてあった事が、
非常に気になりました。

>また、検察のいうところの専門書とは、『STEP』という
学生がよく持っている医師国家試験対策本のことを
言っているようですが、『STEP』は国試対策として、
産婦人科について何も知らない学生が、
試験直前に最低限の試験用の知識として
一夜漬けで丸暗記するための学習参考書で、
専門書とは到底言いがたい本です。

国試に合格して医師になったら誰も見ません。
そういう本が存在するということも、
この事件の報道で初めて知りました。
『STEP』が証拠として採用されて、
臨床医が読んでいるちゃんとした専門書や文献が
証拠として採用されなかったとすれば、
非常に由々しき事態だと思われます。


これが本当かどうかわかりませんし。
この記事の情報ソースも、
「S.Y.' Blog」
ってブログだそうですから。
はっきりした事は言えないんですけどね。
これがホントだとしたら、とんでもない事ですよ。

STEPって言うのは、いわゆる医師国家試験対策用の本です。
どんな本かって言うと、これもこの記事のコメントから抜粋。

>この本の前書きに書いてあるのですが、
これは産婦人科医が執筆したものではありません。
監修者の先生は、(ご存じのように)婦人科内視鏡の専門家で
産科専門家ではありません。

>ソースは不明ですがどうもSTEPの中には医師
執筆していないものすら混じっているらしいです。
つまり国家試験に落ちて医師国家試験予備校に通っている人に
お願いして一部を書いてもらい、
それを監修の先生がチェックして出版と、
考えようによっては文字どうり‘国試対策本’ということです



まだ一般の人には、わかりにくいですかね。
ちょっと、もう少しわかりやすい例を出してみましょうか。

司法試験を受ける、法学部の学生とかそういう人達向けの本。

猿でも受かる、司法試験!刑事事件編

みたいな、本ですよ。
司法試験で言えば。

その本を書いているのは、本物の弁護士も中にはいるけど。
予備校生がバイトで書いたりとか、内容はかなり怪しい。
で、しかもこの本の監修は、一応弁護士だけど、
専門は民事で、離婚が得意。

そんな感じでしょうかねー。

今後の日本の司法、弁護士の将来を決める。」
みたいな一大事件が、ある裁判で起こって。
その時に司法の専門書として検事が出した本が、
どこの馬の骨が書いたか、よくわからない、
学生向けの、受験用のマニュアル本
しかも、監修は専門外の人間の

猿でも受かる、司法試験!刑事事件編

だったら、笑えませんか。
検事の人達。
日本中の弁護士は、反対するでしょ、絶対。
で、いろんな弁護士が、本物の専門書をいっぱい出したのに、
それらは全部「不採用」。

それと同じですよ。
この件に関しては、日本中の医師が反対しています。

そんな物は、「専門書」とは言いません。
どこの世界でも一緒です。


ま、それはあくまで噂で、情報が確かかはっきりしないので。
その件は置いておいて。

一般の人達から見たら、「産婦人科」ってひとくくりだけど。
産科」と「婦人科」っていうのは、全く別の科です。
どっちも女性を扱う科なので、両方やっている医師が多いですが。
実際は、「全く別の学問」です。


前回の記事「速報:産科医不当逮捕事件、公判生の声」
でも書いてますけど。

今回の事件は、自然科学分野で高度に専門化した領域なんです。
だから検察官は、周産期医療の専門家産科医
に頼まなきゃ駄目なんですよ。
できれば、「胎盤病理医」「子宮病理医」に
鑑定結果の証拠として求めるべきです。
今回、検察官は「産科」の専門家ではなく、
婦人科」の専門家の意見を証拠として取り上げているんです。

この方「婦人科の腫瘍の専門医」って事だから。
腫瘍に関しては、日本で有数の人なのかもしれませんがね。
だとしたら、逆に婦人科、腫瘍ばっかりやって、
産科」はあまりやっていない可能性が高いですね。
時間には限りがありますから。
何かの分野でトップになるには、
他の事は捨てないと、普通は無理ですから。

今回の事件で問題になったのは、「癒着胎盤」っていうのは、
数千例に一人しかいない、希な症例ですから。
下手したら、この鑑定人。
癒着胎盤」を一回も見た事がないかもしれませんよ
胎盤剥離の経験も一回もないかもしれませんよ

誰が鑑定人で、どの位の産科の経験がある人か知らないので、
あんまりはっきりとは言えませんけどね。
でも、そんな人が「鑑定人」かもしれませんよ。


検事が医学に関して素人なのはわかるけど。
素人だったら、何やっても良いって事にはならんでしょ。

野球の審判」を頼むのに、同じスポーツだからって、
サッカーの審判員」に頼むようなものですよ。
で、弁護側がたくさんの野球の審判員の意見出したら、
それらは全て「不採用」。

あくまで、「鑑定人」ですから。
絶対に、「その道の専門家」に頼むべきなんですよ。

鑑定の仕方もおかしいですし。
もっとおかしいのは、証拠の採用に関してです。

>泉谷P「調書は開示している。証拠の不同意は問題ない。
  それを証拠隠しとは不法であるかのような言い方では誤解される。」
主任B「(興奮気味に)教科書や鑑定書の証拠を隠して、
  不同意にしたのは事実だ。黒塗りも事実だ」
泉谷P「(湯気がでている)前代未聞とは言い過ぎだろう。
  誤解が生じる。」


って事は、逆に言うと。
前代未聞じゃない、って事ですから。
「都合の悪い証拠を採用しないのは、いつもやってる事。」って事ですかねー。
ホント、あきれちゃいますね、日本の検察には。

起訴されたら日本の場合、99%は有罪になるんで。
世界的にも「おかしい、異常だ」って言われているんですが。
やっぱ、「自分たちに都合の悪い証拠は採用しない
って事を、しょっちゅうやってる、って事なんでしょうねー。

裁判、っていうのは「真実を明らかにする所
だと思っていたんですが。
なんか、日本の場合は違うみたいですねー。
残念です。


もし、今回の事件で、鑑定人が誰で、
その人の「お産」の経験はこの位。
という事を知っている方がいらっしゃったら、
教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
専門分野は専門家にってのが一般的な常識だと思うんですけどね;;
専門家だと都合悪いみたいで嫌ですね、なんとなく^^;

有罪=善ってことっすかね;;
小太郎[URL] 2007/01/31(水) 02:33 [EDIT]
検察側鑑定人:新潟大教授
お産の経験は…まあ普通の同年代の産婦人科医よりはないでしょうね。
付け加えると、裁判で敵の証拠を不同意することそのものは良くあることだそうです。ただし今回の件では、明らかにレベルの低い本を持ち出して敵のまともな本を不同意している段階で、検察の目的は敵をムショにぶち込むことだけで、真実を追及するつもりも、現場の医療に還元するつもりもないことが丸分かりですね。弁護側が裁判の本質を鑑み、普段不同意にすることの多い感情的表現満載の「遺族の調書」をあえて同意したのとは正反対の姿勢です。
774[URL] 2007/01/31(水) 03:09 [EDIT]
おそろしい・・・
おそろしい世界ですね・・・
まあ検事も弁護士も国試にとおればなれますからねえ~
もっと司法のあり方を見直してほしいものです
やな社長[URL] 2007/01/31(水) 09:30 [EDIT]
>小太郎さん
ホントに、恐ろしいことですね。
常識が通用しない世界みたいですね。
Dr. I[URL] 2007/01/31(水) 22:42 [EDIT]
>774先生
貴重な情報ありがとうございました。

ホントに、検察が側の主張は、自分勝手ですのね0.
Dr. I[URL] 2007/01/31(水) 22:44 [EDIT]
>やな社長さん
恐ろしいですねー。
司法のあり方、見直して欲しいっす。
Dr. I[URL] 2007/01/31(水) 23:20 [EDIT]
The case will decide in favor of defendant.
m3のblogに、ステップを書いたのは先輩の友人で医師免許持った弁護士さんーとAstullow先生がコメされてましたね。
何にせよ、バイエルでパリ国立音楽学院へ留学しようとはしないな。
無罪判決がなされ、今回を教訓に医師個人に責任が被さるシステムを改善しなければならないという動きが出ることを想像しています。恐れを越える皆のstrengthになりますように。
エビ[URL] 2007/02/01(木) 09:22 [EDIT]
憲ちゃんについて
10数年前にN大の教授選のときに、漏れ聞いた話ですが、腫瘍学といってもオペじゃなくて分子生物学研究を基礎のせんたーでされていた方で、留学も長く、ほとんど臨使用経験はない(特に産科は)ないかただと、うかがいました。ちなみに1時ご実家の北九州市八幡の某医院(先年長者版図毛上位の実刑だとかなんとか)に帰られましたが、先代と合わず、研究職にもどられたとのうわさでした。
山家医[URL] 2007/02/02(金) 15:07 [EDIT]
T教授…
基礎研究で名を馳せ、NIHに留学し、厚労省にコネがあり、臨床よりも研究、それも腫瘍の研究だけ、と言う認識です。学生時代、この人のオペ見たけど…卵巣嚢腫とってるときに、それを突いちゃったら「ドバーッ」と割れてあたりが水だらけ。周りの医局員が慌てる中で教授は悠然と立ち去り、あとは助教授が後始末していた。臨床を多く経験している様子ではなかった。
元医学生[URL] 2007/02/02(金) 16:54 [EDIT]
検察側の冒頭陳述はおかしい
検察の冒頭陳述を読みましたが、専門外の私でもいくつか矛盾を感じます。
1:「全前置胎盤で前壁癒着が主体」で「全回帝切部に胎盤がかかっている」のであれば、「癒着胎盤の確率は24%」ですが、その場合には「子宮下部横切開(辺縁をU字にする)」は行わず、古典的子宮体部縦切開をしているはずです。
矛盾しているばかりでなく、「後壁癒着主体の全前置胎盤と診断して帝切を行った」という弁護側の主張を逆に裏付けてしまっています。(この場合癒着胎盤の確率は24%ではなく、5%程度になるはずです)
2:既に「追加輸血用の血液が到着した」後の「子宮摘出手技」の35分後に「心室頻拍→心肺停止」で「死因は失血死」?
実際には子宮摘出の前に両側子宮動脈と内腸骨動脈の結紮が終了しているはずですので、少なくとも35分以上の間、出血は止まっているはずです。失血死はありえません。大量輸血後のDICや羊水塞栓などの合併症を考慮すべきではないでしょうか?

「臍帯」も読めないような人間が、結果を知った上で束になって1年もかけて考えた作文なんですよ?一人の産科医が刻々と状態が変化する患者さんを前に、先も見えず、数分数秒の内に最善と判断した治療を責めようとしているんですよ?不勉強過ぎて話になりません。
(矛盾を感じた点を記載しましたが、専門外なのでもし間違った点があれば教えてください。)
k104[URL] 2007/02/03(土) 04:25 [EDIT]
>エビさん
そうみたいですねー。
システムを改善しない限り、こういった事が続いてしまうかもしれませんねー。
Dr. I[URL] 2007/02/04(日) 23:01 [EDIT]
>山家医先生
やはりそうですかー。
たいてい、教授というのは、研究は優れていますけど、臨床はって事が多いので。
貴重な情報、ありがとうございました。
Dr. I[URL] 2007/02/04(日) 23:03 [EDIT]
>元医学生先生
うわっ。
それは酷い。
思っていた以上ですね、それ。
ありがとうございました。
Dr. I[URL] 2007/02/04(日) 23:05 [EDIT]
>k104さん
死因に関しては、弁護側も言っているように、不明っていうのが正直な所だと思います。
刑事事件の場合、そういうのを証明するのは検察側の役目ですので。
もし、死因がはっきり証明できないのであれば、そもそも罪に問うことは出来ないと思います。

私も、指摘できる程の知識は持ち合わせていませんよ。
Dr. I[URL] 2007/02/04(日) 23:08 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

花粉症でお困りですか?【お得な情報 PickUp!】
<お得な情報PickUp!【お得な情報満載!】>◆◇◆ スッキリ爽快ライフキャンペーン ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.*・゜゜・*:.。 「青みかんの奇跡」を購入して、     ナショナル空気清浄...  [つづきを読む]
お得な情報PickUp!【お得な情報満載】 | 2007/01/31(水) 11:16
大野病院、加藤先生の初公判 ~ブロガーであるということ~
世間というのは本当にいい加減なものだと思います。世論、と言ったほうが良いかもしれませんが。 この事件があった当初、ヤフーニュースでもmixiのニュースでも、連日のように取り上げられて、それに対する日記も次々と書かれていました。多くの日記が医療関係者以外の人の  [つづきを読む]
とりあえず俺と踊ろう | 2007/02/03(土) 07:58
三浦市立病院がお産の受け入れ見合わせ
産科のある病院が減っているみたいだけど、この先大丈夫かな。日本産科婦人科学会が行った2005年5月の調査結果によると、全国の大学病院と、大学が医師を派遣する関連病院に勤務する産科医は合計4739人で、この2年間で8%減った。お産を扱う病院も1009か所から914か所に減少  [つづきを読む]
のんちの今日とおばかなニュースだっぽ | 2007/02/05(月) 14:30
最近行った所(堀江被告の判決の言及あり)
 最近色々な所へ行ってきたので、写真で紹介します。  余談ですが、今日15日は東  [つづきを読む]
さかぽよすの記 with To LOVEる | 2007/03/16(金) 10:35
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず