現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代理出産、出生届受理を認めず
少子化、少子化って言うなら。
明らかに、DNA上の親子である、こういう場合は、
認めてあげれば良いんでしょうけど。

悪法とはいえ、法を守るのが裁判所の役目なので、
しょうがないんでしょうかねー。

向井亜紀さんの双子男児、出生届受理を認めず…最高裁

タレントの向井亜紀さん(42)夫妻が米国の女性に
代理出産を依頼して生まれた双子の男児(3)について、
夫妻を両親とする出生届けを東京都品川区が
受理しなかったことの是非が問われた裁判で、
最高裁第2小法廷は23日、
受理を区に命じた東京高裁決定を破棄し、
出生届受理は認められないとする決定をした。

古田佑紀裁判長は「現行の民法では、
出生した子の母は懐胎・出産した女性と解さざるを得ず、
代理出産で卵子を提供した女性との間に母子関係は認められない」
とする初判断を示した。
向井さん夫妻側の敗訴が確定した。

同小法廷の古田、津野修、今井功、中川了滋の
4裁判官全員一致の結論。
代理出産を巡っては、学会などが禁止方針を打ち出す一方、
国内の医師が妻の母親や妹に代理出産させたケースを
公表するなど、法制度上のルールが定まっていない。

決定は、「代理出産という民法の想定していない事態が生じており、
立法による速やかな対応が強く望まれる」と指摘した。

決定によると、向井さんは2000年11月、
子宮けいがんの治療のため子宮を摘出した後、
米国人女性と代理出産の契約を結び、夫妻の受精卵を移植。
米国人女性は03年11月に双子を出産し、
ネバダ州地裁は双子を夫妻の子と認めた。

最高裁決定は、実親子関係について、
「最も基本的な身分関係で、子の福祉にも重大な影響を及ぼす。
明確な基準で一律に決めるべきだ」と指摘。
民法の解釈や判例から、「母子関係は出産という
客観的事実により成立する」との基本原則を示した。

そのうえで、「米国裁判の結果は、
日本の法秩序の基本原則と相容れず、公秩序に反する」
として、実親子関係を認めたネバダ州地裁の判断は
国内では効力を持たないと結論づけた。

古田裁判長と津野裁判官は補足意見で、
代理出産が行われている国では、
代理出産した女性が引き渡しを拒絶したり、
依頼者が引き取りを拒否するなど様々な問題が発生している」
と指摘し、「何ら法制度が整備されていない状況では、
卵子を提供した女性を母とするのに
躊躇(ちゅうちょ)せざるをえない」と述べた。

また今井裁判官は、向井さん夫妻のケースについて、
「実親子関係を認めることが子の福祉にかなうということが
出来るかもしれない」としながらも、
「本件で親子関係を認めれば、
実施の当否について議論がある代理出産を、
結果的に追認することになり疑問だ」と述べた。

双子は現在、米国籍。
今後、日本国籍を取得するには、夫が非嫡出子として認知するか、
養子縁組などをした上で帰化させることが必要となる。

向井さん夫妻は、品川区に出生届けを提出したが、
受理されなかったため家事審判を申し立てた。
東京家裁は申し立てを退けたが、東京高裁は昨年9月、
「公序良俗に反しておらず、子の福祉にもかなっている」として、
出生届を受理するよう命じたため、
同区側が最高裁に許可抗告していた。


「2007年3月24日:読売新聞」

>「代理出産という民法の想定していない事態が生じており、
立法による速やかな対応が強く望まれる」と指摘した。


って裁判官も言っていますが。
やっぱ、現在の実情に合っていない法律は、
作り直さないと駄目なんじゃないですかね。
代理出産って概念すらない時の法律なんだから。
お腹を痛めて産まない限り、その子の子供じゃないって。
まあ、昔はそうだったんですけどね。

でも、他にも子供ができない人達の為に、
法律を整備して欲しいからって、正々堂々と
代理出産ですって言った、向井亜紀さんには
ホント、頭が下がります。

でも。

>「本件で親子関係を認めれば、実施の当否について議論がある
代理出産を、結果的に追認することになり疑問だ」


って、これはどうなんでしょうかねー。
厳密に法律を解釈したら、駄目っていうのはわかるんですが。
だから駄目だっていう理由にはならないと思うんですが。

こういう結論が出たら、海外で代理出産をした人は、
こっそり出生届を出すだけだと思いますけどね。

今までに、わかってるだけで15人くらいはいるみたいですけど。
他の方達はそうしてますから。
ただ、闇に潜る、ってだけのような気もしますが

「週刊朝日、2006年11月3日号
「美談」ではすまない代理出産ビジネスの実態」


こういう話もありますから。
代理出産でも、有償無償は区別した方が良いのかもしれませんけどね。


福島、大野病院産科医不当逮捕事件。
第3回公判の傍聴記が出ましたよ!

→ 「周産期医療の崩壊を食い止める会、第三回公判について(07/3/16)」


生活習慣病に興味のある人は、ここからね!

日本一わかりやすい!「高血圧」ダウンロードページ

「日本一わかりやすい!「糖尿病」ダウンロードページ


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
うーん
I 先生、こんばんはv-37
向井さんのようにガンで子宮を全摘を余儀なくされたような人の場合は、認めてあげてもいいかなぁ…とは思いますが、「DNA」と「血縁」にこだわらなくても、私は誰かを養子に迎えてもいいんじゃないのかなって思う派なのでv-11

あれだけ借り腹で苦労して双子をもうけたにもかかわらず、ベビーシッターに預けて芸能活動したり夜遊びしてる様子とか、こっそり伝わってくると…別の選択肢がアタマに浮かんできますが。。。

追跡調査とかして、立派に育てているようなら「実子」として認める…って法律なら賛成かなぁ…。(すんません、医学的見地から離れた見方でした。。。)
来夢[URL] 2007/03/25(日) 20:00 [EDIT]
代理出産
 子供が欲しい人には、なかなかできず、できちゃ困る人がポンポン子供ができ、中絶やら、胎児遺棄やら赤ちゃんポストが話題になる今日。

 困った世の中ですこと・・・
saki[URL] 2007/03/26(月) 20:50 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/03/26(月) 21:28 [EDIT]
>来夢さん
私も、養子でも良いんじゃないか、って思いますけどね。
有償で、代理母ってのもありますし。
その後の子育ての問題もあるみたいなので。

でも、今後のために、わざわざあまり勝算のない裁判をした、って事は褒めても良いかな、って思います。
Dr. I[URL] 2007/03/26(月) 23:41 [EDIT]
>sakiさん
なかなかうまいこと、いかないんですよね。
世の中。
困っちゃいますねー。
Dr. I[URL] 2007/03/26(月) 23:41 [EDIT]
>名無しさん
私もたいして、こだわりはないんですけどね。
Dr. I[URL] 2007/03/26(月) 23:42 [EDIT]
そうですかね?
Dr.I様、ご無沙汰しております。

>今後のために、わざわざあまり勝算のない裁判をした、っ
>て事は褒めても良いかな、って思います。

 これには私は疑問があります。
 少なくとも「事前に『法に問題があるから改めるべきだ』という運動をして、その結果認められなかったからこうした行動を起こした」というのならともかく、「とりあえずやっちゃえ」という形で実行してから、「法が可笑しい!」と裁判をするのは「卑怯」ではないでしょうか。

>こういう結論が出たら、海外で代理出産をした人は、
>こっそり出生届を出すだけだと思いますけどね。

 これは、重大な問題ですよね。
 フィリピンでも「金銭による臓器移植を合法化しよう」という動きがあるみたいっすが、そうしたことを考えたときに

>代理出産でも、有償と無償は区別した方が良いのかも
>しれませんけどね。

 というのも当然の主張だと思います。

 お邪魔をしてしまって申し訳ありません。

Lich[URL] 2007/03/27(火) 20:56 [EDIT]
時代に沿って
何でもそうですけど、
時代によって生活習慣も価値観も変わってくるので
その時代にそった考え方をしていくべきですよね~

日本は古いものや元あるものを大切にしすぎますよね。
器は大切にしたほうが良いと思いますが、中身はどんどん新しいものに替えていって良いと思いますね。

要るものいらないものは区別しないとって思います
やな社長[URL] 2007/03/27(火) 21:22 [EDIT]
>Lichさん
うーん。
とりあえず、やっちゃえって裁判起こしたのですかねー。
そこらへんは、ちょっと私にはわからないんで、なんとも言えませんが。

最高裁で禁止したら、裏に潜るって事は、十分にあり得る事だと思いますね、私も。
Dr. I[URL] 2007/03/27(火) 23:14 [EDIT]
>やな社長さん
そうですね。
法律っていうのは、人間が暮らしていくのに必要だからあるのに。
もう古くなった形式だけの法律を守るっていうのは、ナンセンスだと思います。
Dr. I[URL] 2007/03/27(火) 23:15 [EDIT]
代理出産の向井さん!本末転倒
自分の意志を通す、つまり、あなたのわがままひとつで日本文化の根底を揺るがす。向井さん。自分のアホを拡散してるからやめたほうがいいよ。

ビジネスとは違うんだよ!自分の子供にしたいなら、あなたがアメリカに移民すればいいじゃん。皆様、かんたんなことです。なぜ、日本にこだわるかな~。本末転倒だと思いませんか?
blog7[URL] 2007/04/12(木) 12:12 [EDIT]
賛成です
blog7様

>自分の意志を通す、つまり、あなたのわがままひとつで日
>本文化の根底を揺るがす。向井さん。自分のアホを拡
>散してるからやめたほうがいいよ。

 基本的に賛成です。文化かどうかは議論があるにしても、民法上の規定を逸脱する行為を「そうなる可能性を知って」いながら犯すのは、「確信犯」であり、正当化できないと思います。
 少なくとも、「法改正を訴える」ことなしに実行したのは大問題だと思います。

>ビジネスとは違うんだよ!自分の子供にしたいなら、あな
>たがアメリカに移民すればいいじゃん。皆様、かんたんな
>ことです。なぜ、日本にこだわるかな~。本末転倒だと思
>いませんか?

 これまた賛成です。
 欧米諸国でも禁止している地域があるように、「代理出産」は「人権侵害」と認められている面もあるわけで、それをさも「正当な権利」であるかのごとく主張するのは可笑しいと思います。少なくとも、「法改正」や「国民的議論」抜きに実行するのは可笑しいと思います。
Lich[URL] 2007/04/12(木) 13:05 [EDIT]
>blog7さん
代理出産そのものと、戸籍上の問題とは、また別ですからね。
無償と有償でも違いますし。

彼らの場合は、私も積極的には賛同はしませんけどね、正直。
Dr. I[URL] 2007/04/12(木) 22:42 [EDIT]
>Lichさん
法改正をする為に問題提起をした、ってところは認めているんですけどね、彼ら。
Dr. I[URL] 2007/04/12(木) 22:43 [EDIT]
それなら……
Dr.I様

>法改正をする為に問題提起をした、ってところは認めて
>いるんですけどね、彼ら。

 それならば、何故代理出産を「実行する前に」行わないのでしょうか。
 実行前には「戸籍にはこだわらない」と発言していたように思うのですが……。もし子供ができて考えが変わった、というのなら「怒りを感じる」などと言える筋合いにはないと思いますが。少なくとも、「代理出産を行えばどうなるか」判例で明らかだったわけですし……。
 
Lich[URL] 2007/04/13(金) 02:31 [EDIT]
>Lichさん
うーん。
まあ、実際にやってみないと、裁判できない、って事もありますからねー。
Dr. I[URL] 2007/04/13(金) 22:53 [EDIT]
それもそうですが……
Dr.I様

>うーん。
>まあ、実際にやってみないと、裁判できない、って事もあ
>りますからねー。

 それもそうですね。
 まあ、高裁で容認判決が出ているわけで、「争う余地がない」裁判ではなかったのはあきらかになりましたが。
 ただ、今回のケースで最大の被害者はお子さんなわけで、そこの反省はないのかなー、と思うわけです。自分たちが親になれないのは「そうなるかもしれない」ことを承知で実行したわけですから、それこそ「自業自得」ですが、「日本国の法律では親が居ない」ことになっているお子さんはあまりに不憫です(その辺は高田さんが「遺言を書かないと子供達にビタ一文残らない」とおっしゃっているので、ある程度認識されていると思いますが)。少なくとも「社会見学」呼ばわりは余りにも「他人事」すぎやしないかな~、という感じはします。
Lich[URL] 2007/04/14(土) 04:22 [EDIT]
>Lichさん
ま、他人事って感じではありますよね、彼ら。
Dr. I[URL] 2007/04/14(土) 16:19 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

向井亜紀さんの双子に最高裁が判断をしました
また最高裁で判断が出ました  [つづきを読む]
オンラインゲームから無料懸賞、クイズ、くじ引きまでいろいろ面白いものを紹介します | 2007/03/25(日) 20:13
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず