現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療裁判のカンファレンス鑑定
私が前から思っていた事なんですけどね。
最近、医療事故、合併症、医療に関係して
不幸な結果が起きたり、って事があると、
患者がすぐに訴える事が多くなってしまって、
医療裁判が増えていますが。
医療裁判の中で、問題になっている点があります。

そのうちの一つが、訴える患者は当然として、
検察、弁護士、そしてそれらを裁く立場の
裁判官も、「みんな医療に関して素人」。
って事があげられます。

そいで当然、素人同士で、専門的な話をいくらやっても
全く進まないので、お互いが医療鑑定人を立てるんです。
で、その鑑定書を元に裁判が行われるんですよね、普通。

それの何が問題なのか、っていうと。
例えば、100人医者がいたら99人は、YESだ。
という行為があるとしますよね。
でも、100人いれば1人くらいは変な奴がいるので、
そいつだけNOだっていう治療とか、
医療行為なんかがあるとします。

原告、検察側は被告を有罪にする為に、
必死でNOって言う鑑定人を全国各地から探すんですよ。
で、こういういっつも変な事言う医療鑑定人って
やっぱ決まってるんですよね。
特定の医師が、いつも変な事を言ってるんですよ。
裁判官でも、いっつも変な判決を出す人いますよね。
それと同じです。
なので、患者、原告側は、そういう特定の鑑定人に、
鑑定書を依頼するんです。

で、訴えられた医者の弁護人は、まともというか、
99人YESって言うわけだから。
まあ、適切な鑑定人を捜して、鑑定書を書いて貰うんですよ。

まあ、例えばの話ですよ。
お互い、裁判に勝つのが目的だから、
当然と言えば当然でしょうし。
明らかに医療ミスで、医師側が悪いって場合。
逆の事も起こるでしょうからね、もちろん。

で、それぞれの立場で鑑定人が鑑定書を出して。
そいで、それを素人の裁判官が判定する。
そういう感じなんですよね、今の医療裁判のシステム

片方は、これが正しい。
もう片方は、いや、間違っている。
って、いろいろ専門用語でぐちゃぐちゃ言われて。
なんか、良くわかんないけど、裁判官は、
どっちか、って結論を出さなきゃいけないんですよ

かわいそう、と言えばかわいそうですよね。
素人に、こういう判断を求めるのって。


で、こういう問題を解決するために、どうすれば良いか。
って考えた時に。
私、思ったんですよ。

複数医療鑑定人ディスカッションして、
それを元に結論を出すというか。
いろいろお互いの立場で、専門家である医者同士が、
これはおかしいとか、理屈から言ったら、明らかに違うとか。
細かい議論ができて、その過程を全て見る事ができる。
そして、できれば複数の医者が議論して、
その場で結論を出す、っていうのが良いんじゃないかな。
って思ったんですよね。

弁護側、検察側、双方の医療が出るわけだから、
最終的な結論はそこで出ないとしても。
そこでの議論の過程を全てオープンにして、
それを裁判官が見る事ができれば、
今よりももっと良い結論が出せるんじゃないかな。
って思っていました。

そしたら、もう既に東京地裁の医療集中部では
それと似たような事が行われているようなんですよ。

その名も、「カンファレンス鑑定

まあ、名前の通りなんですけどね。
非常にわかりやすい説明があったので、
弁護士のBKRさんの解説を、許可を頂いたので、
そのまま引用させて頂きますね!


カンファレンス鑑定

東京地裁の医療集中部では、現在、
鑑定方法としてカンファレンス鑑定という方式を採用しています。

カンファレンス鑑定について、
私の知る限りでの簡単な説明をします。

医師が複数(通常は3人)鑑定人として選任され、
事前に資料・鑑定事項を送付して、
書面での簡単な回答)を作成してもらう。
期日では、ラウンドテーブル法廷
(そのまんま丸いテーブルで全員が向かい合って
座ることができる)で、書面による回答を前提に、
裁判所が主体となって質問をする。
(当事者代理人は裁判所の後から質問する)。

もちろん、シャーカステンも使える。
カンファレンスと言っても、裁判所からの質問に
鑑定人医師が答える方式で、医師同士が
直接議論するということではない。
法廷なので、一般の傍聴もできる(ただし、傍聴席は少ない)。

鑑定人は、都内の13大学の中から推薦を受ける方式。
(裁判所、原被告代理人弁護士、各大学で
継続的に協議を行っている)
鑑定人の診療科は、争点によって異なるが、
全員が異なる科になることは少ない。
鑑定人となる医師は、教授だけとか助教授までとかの
制限はないと思われる。
むしろ、年齢構成もばらけさせているようにも
思われる(よく分かりません)。

沿革(私なりの理解):
もともと、鑑定人の確保は困難であった。
その理由の一つが、鑑定人尋問
(いわゆる証人尋問と同じ形式)のときに、
患者側代理人からときに失礼な発言がなされ、
もう二度とやりたくないという鑑定人が続出したことにある。
また、他の医師の意見を聞いて、
意見交換しながら判断した方が妥当な判断ができ、
負担も軽減するとの医師側からの要望もあった。

裁判所、当事者からも、一人の鑑定人の判断に
全てを委ねざるをえないことに不安があり、
鑑定意見がでるまでに長期化する事件も多いことを憂慮していた。

そこで、東京地裁では、平成15年から
カンファレンス鑑定を行うこととした。
裁判所では、カンファレンス鑑定のメリットとして、
和解率の高さ(当事者の納得)を挙げている。

私なりの印象:
3人の医師の目で判断してもらうので、
ばくちの要素が減り、安心できる。
現時点ではベストの方法であると思われる。

もっとも、代理人としては、鑑定の前に、
文献提出、私的鑑定意見書提出、担当医師尋問などを行い、
裁判所に当方勝訴の心証を得させることが目標であり、
鑑定までいくことはできるだけ避けるようにしている。



という事ですね。

やはり、ネックになるのは、複数(3人)医師
同時に集めなければならないって事ですかね。
人数も、1人2人よりは良いですけど。
やっぱり、3人はちょっと少ないと思います。

私が考える理想の形、というのは。
チャット、掲示板」のようなものです。

医者複数、同時に集めて、何回もカンファレンスを
開催
するのは、実際問題として、非常に難しいです

しかし、今の時代、インターネットが発達していますから。
別に、「全員同時に集まる」必要はないんですよ

そこで、私が考えたのは、「チャット」というか、
掲示板」方式です。

具体的に言うと。
まず、医者5人とか、できれば10人くらい
その道の専門家をお願いします。

福島の大野病院の件なら、産科医ですね。
もちろん、教授とか助教授とか、そういう制限は一切なし。
年齢制限も一切なしです。
場合によっては看護師や薬剤師、技師なんかが
入っても良いと思います。
そして、インターネット上で、ログインに制限をかけた
掲示板のような物を用意します。
そこで、全ての証拠を掲示して、おのおのが自分の
意見を言っていく
、という形です。

できれば、最初から弁護側、検察側の論点が
整理されていた方が良いとは思いますがね。

それで、この患者が亡くなったとか、不幸な結果になったのは、
医療ミスのせいだ、とか、いやそれは合併症だとか。
その中で、こういう文献があって、これではこうだ、とか。
こういう道具の使い方をすれば、危険度が高いとか。
そういった具体的な事が議論されるわけですよ。

これ、一番良い点は、「時間や場所に制限がない。」
って事なんですよ。
インターネットが繋がる所なら、いつでも、どこでも
可能だって点なんです。
後から、コメント追加したって良いんですから。
熱い議論が進んでいる中で、タイムリーな議論には
取り残される、って事もあるでしょうけど。
後からコメントすれば、良いんですから。

時間と場所を決めて医者を何回も集めるのは、
非常に大変でしょうし。
自分の鑑定で、相手を有罪にする、って思ったら、
なかなか医療鑑定人を引き受ける人って少ないとは思うんですが。
これであれば、議論をするだけだし。
時間もそんなにかからないので。
3人といわず、5人、10人医者に議論してもらう
事も可能だと思うんですよね。

時間があって、たくさん書き込みをする医者
意見に流される、って事もあるかもしれませんが。
でも、その意見に対して、論理的な反論とかが、
きちんとされていれば、それで結論が出るって事は。
専門的な知識のある医者同士であれば、
少ないかな、って思いますし。

どうでしょうかねー、こういう方法。
やっぱ、日本じゃ無理かなー。


でも、医療鑑定人を引き受けるって言ったら、
今は普通、大学教授とかですよね。
大学病院について知りたい人は、こちらから!

→ 「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
a council system
アノッ…難しいことは複数で決めた方が良いですよね!←単純f^_^;
だいたい裁判自体が上級裁判所になっていけば複数の裁判官で決めるんだから、と思いまちゅ…よね?
中原先生の民事に関しても地裁では残念なことでしたが、高裁は3人の判事の合議制なので1人でもこのblogからの風を感じてくれればとエビは小さくお祈り&うちわパタパタしてまちゅ。
ちなみに最高裁判所の大法定は全員(15人)、小法定は5人の合議制ですね。
それに合わせた規模でお医者さん団(変な表現?)もその都度必要に応じて増減して貰えば良いのでは?
勿論、本業とご本人の健康に絶対差し障りない配慮の上でです。職場からの理解と支援も不可欠ですよね。ネットなら拘束が緩くて負担にあまりならないですね。セキュリティだけちゃんとすればバッチリ…ってこれ決まり!?
エビ[URL] 2007/04/09(月) 00:11 [EDIT]
賛成です、あとは……
Dr.I様

 医療カンファレンス制度、大賛成です。他の地裁や高裁・最高裁でも広がってくれて、さらにはDr.I様がおっしゃるような「インターネットによるカンファレンス」に発展できるといいですね。
 あとは、医療不信に限らず市場主義経済における諸問題の根源にある問題の一つである「情報の非対称性」(医療裁判の例で言うと、「医師の方が患者や遺族より医療的知識が多い(前者を「情報強者」、後者を「情報弱者」と呼びます)ために、情報強者(ここでは医師ですね)が『不都合な情報』を隠すことにより『情報弱者』(ここでは患者・遺族ですね)の利益が害されるのではないか」という疑惑ですね)の問題を解決する(もともと裁判自体がこれを解決するためにあるわけえすが、Dr.I様がおっしゃるように「裁く側に知識がない」ためなかなか解消されませんね)ために「カンファレンスに参加する医師が公正に議論してくれる」という「信頼」を勝ち得るかどうか(逆に言うと「カンファレンスに参加するのも医師だから仲間を庇うのではないか」という疑惑をもたれないようにするにはどうすればいいか、ということでもありますね)……が課題なのですが、最近問題になっている「不二家の期限切れ材料使用問題」や「電力会社の事故・情報隠し」によって見えた「企業内の『監査する立場』にある人間による隠蔽」に代表されるような「『情報強者』による『情報弱者』の権利の侵害」が日本では「当たり前」に行われている現状では、「集団でカンファレンスを行えば『医師に都合の悪い』ことは隠されるだろう」という「憶測」(裏を返せばDr.I様がおっしゃる「とんでもない」医師の方を「自分たちに都合の良い鑑定」を出してくれる「自分たちを守ってくれるすばらしい方だ」と思い込む訳ですね)を呼ぶ訳で、なかなかそこまで踏み込めない面もあるのかもしれませんね……。
Lich[URL] 2007/04/09(月) 05:27 [EDIT]
優秀な医者に限って忙しいですから、好きな時間にネットで発言できるようにするのは良いことですね。
オープンな議論にするために、観覧だけは誰にでもできるようにするといいかなぁと思ったり…
クラッカーとか出てきたら困りますけど。

医者が裁判官になれば万事解決…無理か…

とりあえずメディアの煽りだけはどうにかするべきだと思います。
ba-m-bi[URL] 2007/04/09(月) 12:02 [EDIT]
横レスですが……
ba-m-bi様

>優秀な医者に限って忙しいですから、好きな時間にネッ
>トで発言できるようにするのは良いことですね。

 全く同感ですね。

>オープンな議論にするために、観覧だけは誰にでもできる
>ようにするといいかなぁと思ったり…

 そうすることで「原告・被告双方の安心」が担保できるといいですね。

>クラッカーとか出てきたら困りますけど。

 そうですね。さらにいうと、クラッカーまがいのことが起こって「荒らし」に会うともっととんでもないことになりそうですが……。

>医者が裁判官になれば万事解決…無理か…

 う~ん、最短コースをとっても30歳前後になっちゃうので、結構つらいかもしれないですねぇ。あと実現しても原告側が「裁判の公平性」を主張して「忌避」を申し出ないといいのですが……

>とりあえずメディアの煽りだけはどうにかするべきだと思います。

 本当にそうですね。
 ただ、マスメディアが、「一方的に叩けてしかも読者の関心が高い」おいしいネタをそうそう手放すとも思えませんが(ー-;)
Lich[URL] 2007/04/09(月) 13:50 [EDIT]
>エビさん
単純に、1人より複数の方が良い知恵がでる、って考えは私も良いと思いますよ。

法律の問題やセキュリティーの問題もありますが。
今の所、こんな感じが良いかな、って個人的には思っています。
Dr. I[URL] 2007/04/09(月) 19:58 [EDIT]
>Lichさん
のるほど、医者が集まると他の医者をかばってる、って思う人も出てくるかもしれませんね。
そういうのも含めて、議論は全てオープンにすれば良いと思います。

Dr. I[URL] 2007/04/09(月) 20:00 [EDIT]
>ba-m-biさん
そうなんですよね。
議論は全てオープンにした方が良いと思います、私も。

医者が裁判官になるのは、さすがに普通は無理でしょうよw
Dr. I[URL] 2007/04/09(月) 20:01 [EDIT]
医者が裁判官に……
Dr.I様>

>医者が裁判官になるのは、さすがに普通は無理でしょうよw

 「医者で弁護士」ってのは何度か聞いたことがありますが、「医者で裁判官」ってのはさすがに聞いたことないですねぇ。
 この間も書きましたが、裁判官って「無意味に医師に嫉妬してる」節がありますから、医師が司法試験に合格して裁判官への任官を希望しても、任官拒否されそうですよね(ーー;)
Lich[URL] 2007/04/09(月) 20:55 [EDIT]
一見して単純に皆が「良いじゃん!」って思えるシステムでも、中々新しいことは取り入れない行政ですからね~
医療裁判以外にも専門家を必要とする裁判はあると思いますが・・・・そういうシステムや法律も早く作ってもらいたいですね。
利権が絡むとすばやいですけどね・・・・

医師会が積極的に動いてくれたりすると、実現するかも?
って思います。いや、医師会だけでなく、看護師会?とか技師会とかありますよね~

最近は医師以外も結構訴えられますからね・・・・・
ままん[URL] 2007/04/09(月) 21:26 [EDIT]
>Lichさん
まあ、任官拒否って事はさすがにないんでしょうけど。
でも、やりたい、って人がいないと思いますよ。
Dr. I[URL] 2007/04/10(火) 21:57 [EDIT]
>ままんさん
自分たちに利益がないと、やらない人達ですから。
新たな天下り先とかになれば、やるかもしれないですけどね。
今は、医師会よりも、看護師会の方が、圧倒的に力は上です。
Dr. I[URL] 2007/04/10(火) 21:58 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

携帯phs比較
携帯phs比較についての情報のご紹介です。  [つづきを読む]
携帯phs比較案内 | 2007/04/09(月) 11:30
健康になりたいあなたへ
生活習慣の改善や健康維持と美容に、あなたの目的にあわせた健康食品・サプリメントを賢く選びましょう。  [つづきを読む]
サプリメント比較ランキング | 2007/04/11(水) 19:58
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず