現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師不足対策会議
なんか、4/10に厚労省医師不足対策会議
っていう、くだらない会議を行ったみたいですね。

内容は、確認するまでもないんですが。
一応見てみたら、予想通り。
机上の空論だったようですね。


環境改善、病院集約化を 厚労省医師不足対策会議

地方の医師不足対策などを話し合う厚生労働省
「地域医療支援中央会議」が10日開かれ、
出席した病院団体関係者らから医療現場の環境改善や、
病院の集約化の進め方など、問題解決に向けた意見が出された。

柳沢伯夫(やなぎさわ・はくお)厚労相も出席し、
医師が確保できない状況に大変危機感を持っている」
とあいさつ、同省として対策に全力を挙げる考えを示した。

この日は日本小児科学会が独自調査を基に、
小児科医の長時間勤務の実態や、
一般病院での小児科医が不足している現状を報告。
(1)入院に対応する小児科は地域で必要最小限にする
(2)広域医療圏での小児救急体制を整備する
-などの対策を提案した。

社団法人日本病院会からは勤務医の長時間労働の
実態をまとめたアンケート結果が報告され、
委員からは「(会議として)宿直回数や労働時間を
制限する指針を出すべきだ」との指摘もあった。

このほか厚労省からは、今夏にも予定している
医師確保に取り組む都道府県への
「地域医療アドバイザー」派遣などの取り組みが紹介された。

共同通信社:2007年4月11日



>「医師が確保できない状況に大変危機感を持っている」
とあいさつ、同省として対策に全力を挙げる考えを示した。


どう考えても、日本で一番危機感ないんですけど。
この厚生労働大臣が。

全力、っていうのは、何をもって全力っていうのか、
全く意味がわかりません。

日本中で医者の数が不足しているんだから。
医者の数を増やさないと何の解決にもならない。
そんな事は、医療の現場にいる人間は
誰でも知っている事
なんですが。
医師不足小児科医だけじゃないんですけどねー。

医者の数を増やすには、とりあえず
大学の医学部の定員を増やさなければならないんですが

一年間で100人だけですか、定員増員は。
しかも、期限付き

おおざっぱな試算で、日本で12万人足りないと言われている
医者を年間100人ずつ増やしていくと。
1200年ですかね、単純計算だと。

厚労省が医学部の定員を増やすって言わないと
定員は増えないんですけど。
これで全力ですか。


>委員からは「(会議として)宿直回数や労働時間を
制限する指針を出すべきだ」との指摘もあった。


いや。
指針とか通達とか、そういうあいまいな物じゃなくて。
労働基準法」っていう法律で、医者の当直回数
決まっているんですけどね。

厚生労働省の下に労働基準局ってあるんですが。
そんな事も知らないでやってるんですか。
この人達。

きっとこの会議に出ている委員とかいう人は、
名声とか肩書きは立派な人達なんでしょうが。
全く現場の事もわかってないし。
法律の事もわかってないんですね。

でも、こういうのに、予算とかついて。
金払っているんですよね。

こういうの無駄金っていうんじゃないんですかね。


地域医療アドバイザーとか、現場の事を知らないで、
机上の空論ばっか言う人達を派遣されて。
そいで、できなかったら、ほら言ったのに、
ってアリバイ作りですかね。

そういうのだけが得意ですからね。
厚生労働省

どうせ会議をするんなら、現場の代表を入れて、
その人達の意見を尊重してもらえませんかねー。

あまりに迷惑TBが多くなったので。
TBを承認制にさせていただきました。
ご了承下さい。



復活!
一時ダウンロードできなかったんですが。
またできるようになりましたよー。
またできなくなるかもしれないから、早めにね!

→ 医者のホンネが丸わかり!

たくさんレポートを購読しすぎた人は、
これを読んで不必要なメルマガを解除してね!

→ 『【図解】登録マガジンを一括で解除する方法~「まぐまぐ!」「melma!」「アクセスメール」~』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
All doctors will be put in great peril!
医師不足の為「全国の病院勤務医の9割が宿直明け翌日も通常と同じように勤務せざるを得ない状況となっており、約6割は月に三回以上な宿直勤務をこなしている」ことも十日に、社団法人日本病院会のアンケートで分かったそうですね。分かった…ってこちらのblogを訪問される人ならやっと報道が追いつくのねって感じでちゅねプーッ。
ちなみに同じアンケートで勤務医不足の要因としては「過酷な労働環境」を最多61%が回答されてました。
アノッ…労働基準法はおろか、基本的人権も侵害されてまちゅけど!?過酷って普通に使われちゃう単語じゃいけないですよねグスッ。
エビ[URL] 2007/04/12(木) 23:32 [EDIT]
ある意味逆転の発想
普通、「需要>供給」の状況に陥った場合は供給を増やそうしますが、
どうもお上の人たちは需要を減らそうとしてるような…あれ?それすらもしてないのかも…?

自分たちが天下れない所の労働環境はどうでもいいのかなぁ…

とりあえす、1200年後に期待します。ぽじてぃぶしんきんぐ!
ba-m-bi[URL] 2007/04/13(金) 00:02 [EDIT]
エビさん
わかってないんだか、わかろうとしないんだか。
よくわかりませんね、あの人達のやること。
Dr. I[URL] 2007/04/13(金) 00:20 [EDIT]
>ba-m-biさん
病院を減らそうとはしてるみたいですけど。
軽症で時間外に来る患者を減らそうとか、そういう事はしてないみたいですね。
自分達の利益にならない事には、興味ないんでしょうねー。
Dr. I[URL] 2007/04/13(金) 00:21 [EDIT]
なんとも無責任ですよね……
Dr.I様

 今回の「医師不足対策会議」、なんともいい加減で無責任なものだったみたいですね。

>厚労省が医学部の定員を増やすって言わないと
>定員は増えないんですけど。
>これで全力ですか。

 大学の定員は文部科学省の管轄ですから、「他の象徴の仕事に口を挟めない」とかいいそうですよね、厚労省だと。
 あとは、「医師の質が低下する」とか言い出しそうですが、看護士とかの質の低下は放置しておいて(これは現場で悲鳴があがっているそうですね)医師だけ人数不足を放置するというのも「二重基準」ですが、それも「頬かむり」するんですかね。

>指針とか通達とか、そういうあいまいな物じゃなくて。
>「労働基準法」っていう法律で、医者の当直回数は
>決まっているんですけどね。

>厚生労働省の下に労働基準局ってあるんですが。
>そんな事も知らないでやってるんですか。
>この人達。

 他の部署のやってるとこは「管轄外」として把握してないんでしょう、厚生労働省の方は(笑)
 まあ、検事の方の中にも「民法772条」の規定を知らずに「離婚後300日以内に生まれた子供を前夫の子供として届け出た」中国人女性を「有印公文書偽造同行使」の罪で起訴するような方もいらっしゃいますから、その程度はかわいいものでしょう(苦笑)。

>きっとこの会議に出ている委員とかいう人は、
>名声とか肩書きは立派な人達なんでしょうが。
>全く現場の事もわかってないし。
>法律の事もわかってないんですね。

 まあ、諮問会議なんかに喜んで出てくる「暇人」な専門家は、そんなもんではないでしょうか?(苦笑)

>どうせ会議をするんなら、現場の代表を入れて、
>その人達の意見を尊重してもらえませんかねー。

 それこそ「不都合な真実」(映画の題名にもなってましたね)が次々明らかになりますから「自分たちの失態が明らかになる」恐怖には勝てないでしょう、厚生労働省の方々は。

エビ様

>医師不足の為「全国の病院勤務医の9割が宿直明け
>翌日も通常と同じように勤務せざるを得ない状況となっ
>ており、約6割は月に三回以上な宿直勤務をこなしてい
>る」ことも十日に、社団法人日本病院会のアンケートで
>分かったそうですね。分かった…ってこちらのblogを訪問さ
>れる人ならやっと報道が追いつくのねって感じでちゅねプ
>ーッ。

 まあ、そんなもんでしょう、「自力でアンケートを取らない」厚生労働省が管轄している現状では。

>ちなみに同じアンケートで勤務医不足の要因としては
>「過酷な労働環境」を最多61%が回答されてました。

 「給料安くて仕事が過酷」では、それこそ勤務医不足も当然の現象ですよね。

>アノッ…労働基準法はおろか、基本的人権も侵害され
>てまちゅけど!?過酷って普通に使われちゃう単語じゃ
>いけないですよねグスッ。

 医師の「基本的人権」は、「犯罪者の人権」以下の扱いなんですよ、なにせ「医師を弁護してもマスコミが褒めてもくれないし儲かりもしない」ですから。同じ「専門職」としてもう少し動いてもいいと思いますが。

ba-m-bi様

>普通、「需要>供給」の状況に陥った場合は供給を増
>やそうしますが、
>どうもお上の人たちは需要を減らそうとしてるような…あ
>れ?それすらもしてないのかも…?

 厚生労働省の方々は、経済学の基礎知識も無いような方々なのでしょう(苦笑)これで「規制緩和」を論じるのですから笑止千万です。
 
>自分たちが天下れない所の労働環境はどうでもいいの
>かなぁ…

 それこそ「どうでもいい」のでしょう、それこそ、「医師が増えても自分の懐は暖まらない」のでしょうから。

>とりあえす、1200年後に期待します。ぽじてぃぶしんきん
>ぐ!

 医師の方々の「自然減」を考えると、2、3000年くらいかかりそうですね(苦笑)。
Lich[URL] 2007/04/13(金) 03:11 [EDIT]
きっと米国への利益誘導のために厚生労働省も利用されてるんですよ。増税してもいいから社会保障をなんとかしてくれと国民に言わせて、増税していいって言ったじゃないとかさにきて増税して、建前はキレイな社会保障をうたいながら実質を伴わない政策をして、米国にお金を流すのかなあと思ってます。
りん[URL] 2007/04/13(金) 13:16 [EDIT]
もう厚生○働省いらないんじゃないですか?
結果の見えてる話ばっか。
そのくせ話し合いの意味すら見えてこない。
ナースマン[URL] 2007/04/13(金) 19:58 [EDIT]
>Lichさん
ホント、無責任この上ないですね。
縦割り行政もはなはだしいですし。
Dr. I[URL] 2007/04/13(金) 22:45 [EDIT]
>りん先生
そうなんですよね。
小泉自民党以下、全部アメリカの手先みたいもんですからね、彼ら。
良い天下り先が用意されてるんでしょうねー、きっと。
Dr. I[URL] 2007/04/13(金) 22:46 [EDIT]
>ナースマンさん
そうなんですよ。
無駄金使う位なら、なくなった方が良いですよ。
むしろ、弊害しかないですから。
Dr. I[URL] 2007/04/13(金) 22:47 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

メディカルエステサロン~レノーズ~
関連するRSS情報を集めています。  [つづきを読む]
メディカルエステサロン~レノーズ~ | 2007/04/13(金) 00:45
リセットダイエットの方法
リセットダイエットに関する情報をお届けします!  [つづきを読む]
リセットダイエット | 2007/04/13(金) 01:05
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず