現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者が足りないー4/13の報道ステーション
昨日(4/12)、報道ステーションを、ぼーっと見ていたんですよ。
ぼーっと見ていたから、録画はもちろん、していないんだけど。
今日の新聞を見てみると、
医者が足りない ー 地方公立病院が続々閉鎖に。
新制度が引き起こした深刻な事態」

って事で、特集を組んで、勤務医の実態について
報道していたみたいなんですよ。

全部覚えているわけではないけど、私の記憶にあるのは、
外科医の先生が、ちょっとだけの仮眠しか取れないような
忙しい当直をやって。
36時間連続勤務を行って。
帰ったその日の夜中に、また呼び出しをされて。
そいで、次の日も朝から手術をして、って感じの内容でしたね。

その外科医の先生。
あまりに疲れているため、手術の前に、麻酔科医の先生が
麻酔をかけている、ほんのわずかの間。
「手術室の床に、ぐたーっと座って」ちょっと目をつぶって、
仮眠
を取っているような状態でした。

そんな感じで、勤務医の過酷な勤務実態を報道した
VTRが流れて、他のコメンテーターとかも。
医者の勤務は大変だ。
とか、そんな話をしていたんですよ。
VTRの内容は、非常にまともだったと思います。

しかし、古舘伊知郎の一言が、
これを台無しにしてしまいましたね。
はっきり覚えていないんですけど。
だいたいこんな感じの内容でした。

「昔の医者からは、もっと気概を感じた。
最近の若い医者は、それに比べたら・・・。」

とか、そんなんだったと思います。

昔の医者の事は、私はそんなに詳しくないので
知りませんけどね。
昔は、生きていないし。

だけどね。
昔も今も医者「目の前の患者を助けよう。」
っていう、そういう思いは変わっていませんよ。

変わったのは、「周りの視線」ですよ。
医療の現場の事を何も知らずに、
医者は悪者と決めつけて報道する、マスコミ
それを鵜呑みにして、医者は悪者だと思う国民
そして、権利ばっかり主張して、
徐々にエスカレートする、理不尽な要求。

周りが、不当に高いレベルを医者に要求するようになったから。
それから比べたら、低い。
って言っているだけで、
医者の側は、何も変わっていませんよ。」

変わったのは、周りの要求する水準ですよ。


わかりやすく例えると、陸上の100メートル走。

100メートルを11秒で、自己記録で走って小さい大会で優勝した。
最初は、「おー、すごい」
って言っていたのに、だんだん周りが要求するレベルが高くなり
100メートル、10.5秒で走った。
これがその時の自己記録で、県大会で優勝

次に、10.6秒だったら、自己記録を更新してないから、
県大会で優勝しても、駄目だ。

そして、頑張って、10.3秒日本一になった。
その次の大会で、10.1秒で優勝しても、
日本記録じゃないから駄目だ。

あげくの果てには、10秒切ってないから、駄目だ。
世界記録じゃないから、駄目だ。


そういって、勝手な都合で「周りが」
ハードルを上げているだけなんですよ。


それで、あいつは昔は良かったのに
とか、「周りが勝手に」言っているだけだと思いますよ。

VTRの内容が良かっただけに、
古舘伊知郎氏の一言が、かなり悔やまれます。

あれだけ働いていて、へとへとになった医者
勤務実態のVTRを見た直後に、そういう発言をした
古舘伊知郎に一言、私は言いたいですね。

昔の医者って、具体的に誰ですか?
最近の若い医者って、具体的に誰を想定していますか?
1人や2人じゃなくって、一般論化できる位
たくさんいますか?

あなたの思っている最近の若い医者って、
「マスコミが勝手に作り上げた、医者の幻想」じゃないですか?
本当に、医者の勤務の実態を知っていて言っていますか?



そして、もう一言
「昔の古舘伊知郎は、もっと気概があった。
今のあなたは、マスコミの幻想に踊らされて、
真実を追究するっていう気概がみられない。」



誤解のないように言っておきますけどね。
私は、古舘伊知郎個人を責めているわけではないですよ。
真実を追求するはずのマスコミ。
そして、全国的に非常に影響力のあるテレビ番組で、
その司会者が、「根拠のない不用意な発言」を
して欲しくないってだけですから。

彼には、それができるだけの能力があると思っていますので。
最初から、それができない人には、言いませんから、私。


ついに復活。
期間限定でダウンロードできた、
あの大好評だった無料レポートが再登場!!!
医者のホンネを知りたいって人は、これを読んでね!


→ 『医者のホンネが丸わかり!』


役に立つ無料レポートをたくさん購読して、
いらないメルマガが貯まっちゃった人は、
これを読んで解除してね!


→ 『【図解】登録マガジンを一括で解除する方法~
「まぐまぐ!」「melma!」「アクセスメール」~』



ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
ちょうど
僕もみました。その放送。
やはり、最後の古館氏のコメントに、がっかりしました。
TBしました~。
ss[URL] 2007/04/14(土) 23:09 [EDIT]
はじめまして^^

私の健康情報サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://mikeai1.livedoor.biz/archives/50110103.html
です。

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします^^
ai[URL] 2007/04/14(土) 23:18 [EDIT]
>ss先生
先生も見ていましたか。
私は、ちょっとしか見てないんですけどね。
でも、VTRが、そこそこ良かっただけに、コメントにがっかりしました。
Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 01:01 [EDIT]
>aiさん
はじめまして。
ブログ紹介、ありがとうございました。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 01:02 [EDIT]
心がけ論では……
Dr.I様

 古館伊知郎氏、あんまりにも「頭が古い」ですよねぇ。心がけ論で全て解決できるなら、法制度も何も必要ないわけですから……。
Lich[URL] 2007/04/15(日) 05:37 [EDIT]
また「医者はすごくて当然」発言かぁ…
今の医療の現状も理解できずに、「昔の医者は―」って…
いったい昔と今の何を知っているのか聞きたいです。

それに「医者がスト起こしました」ってニュースでの発言なら、
100歩譲って、分からなくもないですけど、
一生懸命働いてる姿を見てそんな事言うとは…
脳外は忙しいんじゃ!!
私の父は今日も当直で家に居ないのに、
それでも「気概が少ない」って言われるのかなぁ…?

…古舘さんは元々空気読めない人だけど。はぁ…
ba-m-bi[URL] 2007/04/15(日) 09:11 [EDIT]
>最近の若い医者って、具体的に誰を想定していますか?

新研修医制度に絡んで、研修医に対して
「なぜ都市部の病院を選ぶのか」
をインタビューしていたシーンがあったと思いますけれど、
その中で確か
「都会が好きだから」
と言っていた研修医がいたはずで、
多分その研修医のことでは? と好意的に解釈。
[URL] 2007/04/15(日) 12:13 [EDIT]
そのTV見たかったですね。
でもその一言は聞きたくなかったからいいかな…

言葉って大切ですよね。
TVでの一言の大きさをよくよく考えてから発言して欲しいですね。
ナースマン[URL] 2007/04/15(日) 13:15 [EDIT]
>Lichさん
気持ちでなんとかなるなら、日本は第二次世界大戦にも勝ってますよ。
昔の戦時中、自分たちは安全な所から、現場の兵士に玉砕戦法を主張する、幹部と同じ臭いがしますね。
Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 14:15 [EDIT]
>ba-m-biさん
そういう発言が積み重なって、今の医療崩壊を促進させている、って事に気づいて欲しいんですけど。
無理でしょうね。
空気読めないから。
Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 14:16 [EDIT]
>名無しさん
そこの場面はちょっと見逃してしまったか、覚えていないんですが。
仮にそうだとしても、一般化すべきではないと思います。
Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 14:17 [EDIT]
>ナースマンさん
いやー、見なくていいですよ、あんな番組。
テレビの影響って非常に大きいのに。
何年経っても、わかってないんでしょうね、本人。
Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 14:18 [EDIT]
チカラの大きさを知ってほしい
こんにちは
Dr.I先生

マスコミの中におられる方々は、その一言一言の社会に与える影響の大きさを実感されていないようですね...。
私もみていませんでしたが→そのテレビ...。

少なくとも、番組の流れの中で「その発言はないだろ!」という感じですね...。やはり、番組を作るんだったら、24時間まったく同じ生活を古館さんにも「密着」して経験していただいてからでないといけませんね~。
いなか小児科医[URL] 2007/04/15(日) 14:21 [EDIT]
結局は……
Dr.I様

>気持ちでなんとかなるなら、日本は第二次世界大戦に
>も勝ってますよ。
>昔の戦時中、自分たちは安全な所から、現場の兵士に
>玉砕戦法を主張する、幹部と同じ臭いがしますね。

 本当にそうですね。
 結局、「がんばればなんとかなる」という思想が抜けないんですよね。
 マスコミの政治批判・医療批判って、結局「あいつらは心がけがなっとらん」で済むような内容なわけで、「能力不足」を問わないんですよねぇ。
 制度や環境の整備等、「精神的なもの以外」を問うべきではないかと。
Lich[URL] 2007/04/15(日) 14:38 [EDIT]
>いなか小児科医先生
テレビの影響って、ブログなんかとは比較にならない位大きいんですから。
自覚を持って欲しいですね。
なんか、m3でも、かなり問題になってるみたいですよ、掲示板で。
Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 20:31 [EDIT]
>Lichさん
精神論ばっかり言ってるから、何も進まないんですよ。
人にはそういってばかりなんです、彼ら。
Dr. I[URL] 2007/04/15(日) 20:32 [EDIT]
理由を考えて欲しい
私はその放送を見ていません。しかし、ひどいですね、古館のその発言。
私は昔から彼のことが嫌いなので(絶叫するのが耳にうるさくてだめなのです)、番組自体を見てないんですよね。

若者が都会にあこがれるのは悪いことなのでしょうか?ではどうして、僻地は老人ばかりになっているのでしょうか?都会にあこがれて若者が出て行くからではないでしょうか?
他の職業の若者は僻地に行かなくても許されるのに、どうして医者だけは僻地にいかされるのでしょうか?

ちなみに私は田舎に住んでいますが、薬剤師も僻地は人手不足です。地元の高校を出て、薬学部に行っても、地元に戻ってきてくれません。ですから、都会に比べると少しだけ給料がいいそうです。じゃないと、人が集まりませんから。

そんな中、医師だけは、「給料は安いし、寝る暇もないし、教える人もいないけど帰ってきて」は都合が良すぎますよね。医師不足、ってことはすでに「教える側」も不足しているはずですからね。新人の若手医師がいきたがるはずはないでしょ。
めぐ[URL] 2007/04/15(日) 21:13 [EDIT]
 初めまして。私は医療関係者ではありませんが、いつも共感を持って、読ませていただいています。中学の教員です。
 お医者様たちの勤務状態については、ごくごくたまにですが、報道されるようにはなって来ましたね。もっと報道されなくてはならないと思っています。
 それにしても、いつも勤務状況についての報道などがあった後で出るのが、「他はもっときついんだ」ってこと。そんなことでは何も変わらないでしょ、と思います。
 似たことは、教員の世界についても言えます。「先生たち」についての報道もだいたい同じようなカラーで描かれますよね。そして、いつも正義はマスコミです。
 私は、日本では、ホントにマスコミ業界と政治の業界に人材がいない、と思っています。それとも、はじめは良い人材であっても駄目にならされるってことでしょうか。
 日本は、もともとの一人一人の人材の品質がおおむね高いので、この風潮でも今までやってこれましたが、たくさんのほころびが出てきていると思います。産業界というか、労働環境というか、人材活用みたいな面で、もっと変わっていかないと、これからがこわいよ、と思っています。
pafy[URL] 2007/04/15(日) 23:02 [EDIT]
メディアの軽さ
お久しぶりです。

久米宏降板以降、あの番組はほとんど見ていません。それはさておき、メディアの軽さは今に始まったことではないと思います。決定的なのは「たとえその意見表明が明確な根拠に基づくものでないとしても、そのことにより責任を負う事はない」という点です。

職業的専門家は、自らの意見を表明するにあたり、明確な根拠の形成を要求されます。医師なら「根拠に基づく医療」、監査人なら「意見表明のための合理的な基礎」といった感じです。それ抜きで放言すら許されるメディアの現状は、こうした厳しい職業的倫理を受け入れて仕事している人たちにとって、軽侮の的にしかなりえません。たかだか、古舘如きが例外ではなかった、ということでしょう。

世相もつまらないものになってしまったと感じています。何かあったら他人を腐したい放題、自分はそれで免責されようとする卑しい言動が、やけに目立ちます。そういう社会の中で、医師がまじめに「地域のためにご奉仕」なんて言っているほうが馬鹿らしく思えてきそうな雰囲気です。くれぐれも、ご無理はなさいませんように・・・
鴛泊愁[URL] 2007/04/16(月) 09:05 [EDIT]
そうですよね……
めぐ様

>若者が都会にあこがれるのは悪いことなのでしょうか?で
>はどうして、僻地は老人ばかりになっているのでしょうか?
>都会にあこがれて若者が出て行くからではないでしょう
>か?
>他の職業の若者は僻地に行かなくても許されるのに、ど
>うして医者だけは僻地にいかされるのでしょうか?

 そうですよね。
 その辺の「居住の自由」を「医師だけ」害する正当な理由を、厚生労働省はどう考えてるのか、疑問ですよね。

pafy様

>それにしても、いつも勤務状況についての報道などがあっ
>た後で出るのが、「他はもっときついんだ」ってこと。そんな
>ことでは何も変わらないでしょ、と思います。

 この辺に、日本の「引き下げ平等主義」的気質が出ていますよね。
 自分たちがしんどくて、他が楽していたら、「自分たちも楽がしたい」とは言わずに「楽してる他人が許せない」というのは、おかしいのだと思います。大手企業が「不正な取引手段」で「不当利益」を得ているのとは違うのですから……。

鴛泊愁様

>職業的専門家は、自らの意見を表明するにあたり、明
>確な根拠の形成を要求されます。医師なら「根拠に基
>づく医療」、監査人なら「意見表明のための合理的な基
>礎」といった感じです。それ抜きで放言すら許されるメディ
>アの現状は、こうした厳しい職業的倫理を受け入れて仕
>事している人たちにとって、軽侮の的にしかなりえません。
>たかだか、古舘如きが例外ではなかった、ということでしょ
>う。

 本当にそうですね。
 マスコミは「第四の権力」と言われるほど大きな影響力を持ち、しかも「本質的に制約する権力がない」のですから、その分「自制と自省」が不可欠だと思うのですが、日本のマスコミはそれができていない面が強く、そのことが近年のインターネット上で顕著な「マスコミ不信」を加速させているのではないかと思います。

Dr.I様

 横レス失礼しました。


Lich[URL] 2007/04/16(月) 14:43 [EDIT]
>めぐさん
便宜上、昔の古館は、って書きましたけど。
昔から、こうだったのかもしれませんね、彼。

医者だけが僻地に行きたがらないのをとがめる権利は、都会に住んでいる彼らにはないと思いますね、私も。
Dr. I[URL] 2007/04/16(月) 20:28 [EDIT]
>pafyさん
はじめまして。
実は、教育と医療、教師と医師の問題は、非常に似通っていると思います。
安倍首相になって、教育に力を入れるようになって、弱冠改善が見られているかもしれませんが。
どちらかと言うと、医者の問題の方が、教師の問題の後を追っているような気がします。
前例があるのに、全くそれを生かしていませんけどね。

Dr. I[URL] 2007/04/16(月) 20:30 [EDIT]
>鴛泊愁さん
おひさしぶりです。
私も、最近はほとんど見ていなかったんですけどね。
たまたまつけたら、医者のVTRが流れていたので見ましたけど。
見なきゃ良かったかもしれませんね。

マスコミは、大きな権力を持っているんだから。
それなりに責任を取る必要があるんですが。
報道の自由を盾に、全くそんな気はないみたいですね。
Dr. I[URL] 2007/04/16(月) 20:33 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

報道ステーション 「崩壊する地域医療‥密着 医師不足の現場」
報道ステーション。「崩壊する地域医療‥密着 医師不足の現場」を見ました。舞鶴のある救急病院の現状を特集していました。はじめに画面に登場したのは39歳の脳外科医です。平日の勤務をこなしたあと、当直をし、  [つづきを読む]
カブシキ! | 2007/04/14(土) 23:08
心 病
心 病は、心の中には、誰でも悩みを抱えて生活をされています。その悩みの相談に乗らせて頂ければと思っています。  [つづきを読む]
心 病 | 2007/04/14(土) 23:16
医療事務資格講座
医療事務資格講座  [つづきを読む]
医療事務資格講座 | 2007/04/15(日) 00:38
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず