現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大野病院事件第四回公判
2007年4月27日 福島、大野病院事件
第四回公判が行われましたね。

本当は、もっと早い時期に書こうと思っていたんですが。
なんか、大淀病院の件と、本業が忙しくって。
ちょっと遅れてしまいましたが。

まあ、遅れたおかげで
『周産期医療の崩壊をくい止める会:
第四回公判について(07/4/27)』

で詳細が出たので良しとしますか(笑)

相変わらずこっちの方は、専門用語が多くて
わかりにくいので。
そういうのは苦手で大筋を知りたい人は、
ロハス・メディカルブログ
『福島県立大野病院事件第四回公判(1)』
『福島県立大野病院事件第四回公判(2)』
を参照して下さいね!

第四回公判では、検察側証人の
手術に立ち合った看護師院長が登場しました。

ネックになっているのは、院長の方ですかね。

第四回公判までに、証人が合計8人出てきたのですが。
検察側の証人だから、基本的には
被告K先生の敵って事に普通はなるんですが。
この件に関しては、7人K先生の味方
1人だけ、って感じでしょうかねー。
あ、あくまで私の個人的な印象ですよ。

で、その唯一K先生の敵と私が判断した
院長の登場です。

ポイントになる事が、証人尋問の前に
行われたので、まずはそれを紹介。

弁護側から以前に証拠として提出した教科書、
文献について、検察側は、はじめ証拠として
認めていなかった
んですが。
裁判所の指導により6~7つの教科書、
文献が証拠として認められました。

ま、そりゃあそうですよね。
医学的な事を実証する裁判なのに。
教科書とか、ことごとく認めなかったら。
何にも進みませんからね、裁判。


そのうち、私が気になった物を書くと。

弁13証は、実施手術
ハサミの使用は先端で組織を剥離すること、
ハサミによる鈍的性質を兼ねたクーパー(ハサミ)
の使用方法
が記載されています。

弁14証
ハサミは組織剥離に有用で多用され、
極めて便利であるが、鈍的剥離と鋭的な剪断を
使い分けると記載されています。
剥離は刃の先端部を閉じて彎曲を保護する
組織に向けて剥離を行う。
切断と剥離と両方の用い方があると書かれています。


そして、今回のポイント

弁44証
厚生労働省のリスクマネジメントマニュアル
(平成12年8月発表)で、医療事故発生時の
対応のマニュアルです。
ここでは警察への届け出要件として、医療過誤による
障害や死亡の際
には「施設長」が警察に
届け出ることとなっております

医師法21条医師が検案して異状を認めた場合には
警察に届けることを付記しています。

弁45証
県立大野病院のマニュアル。
平成13年2月に弁44証をもとに作成されています。
これには「院長」が医療過誤の時には
警察に届け出るとなっています。



なるほどー。

厚生労働省のリスクマネジメントマニュアル」でも、
県立大野病院のマニュアル」でも。
院長」が医療過誤の時には警察に届け出る。
ってなっていますねー。

って事は。
医師が逮捕されなかったら、下手したら
院長医師法21条異状死届け出義務違反で
逮捕されていた
、って事なんですねー。

だから、院長は自分の責任をK医師
押しつけようとしているんですね


前からわかってたけど(笑)
この証人尋問の様子を見て、更にはっきりしました。


長くなるので、院長の証人尋問のポイントだけどうぞ。

検事 手術室に被告人はいましたか。
院長 手術室にはおりませんでした。
  手術室の手前の更衣室の方へ入るところで会いました。
検事 会話はしましたか。
院長 しました。
検事 どのような会話ですか。
院長 どうだったの?と聞きました。
検事 被告の対応は。
院長 やっちゃった、というようなことを言いました。
検事 被告の様子はどうでしたか。
院長 非常に落胆してうなだれているというか、
  ボソっと「やっちゃった」と言いました。

院長 K医師とH医師とから説明を受けました。
(中略)
検事 医師法21条は知っていますか。
院長 知っております。
検事 警察への届け出が必要なのは、どのようなときですか。
院長 医療事故が起こった時、私どもの病院にも
  安全管理マニュアルがありまして、医療過誤による
  死亡・傷害の疑いがあるときは
  「病院長」が届け出ることになっております。
検事 マニュアルでは病院長に届出義務があることは
  知っていましたか。
院長 もちろん知っておりました。
検事 医療過誤とはどのようなものですか。
院長 医療事故の一類型であって、その原因が
  医療的準則に反する行為であった場合です。
検事 医療過誤かどうかについて、
  当時はどのような認識でしたか。
院長 医療過誤があるとは思いませんでした。
検事 どのような根拠でそのように考えたのですか。
院長 執刀医、麻酔医に過誤があったか
  再度問い返しました。
  K医師、麻酔科医に医療過誤の例を挙げて
  説明したところ、医療過誤には当たらない、
  と二人とも言ったので、そうであると思った。
検事 癒着胎盤の知識はありましたか。
院長 まったくありません。
検事 警察に届け出る必要性は感じませんでしたか。
院長 医療過誤がないと考えましたので、
  それなら届ける必要はないと考えました。
検事 医療過誤がないとの認識が変わることはありませんでしたか。
院長 ありました。
検事 どのようなときですか。
院長 死亡原因を突き止め今後の再発防止につなげるために
  事故調査委員会を開いていただきました。
  その委員から、癒着胎盤で用手剥離をする際に
  器具等を使うのは教科書的にはマズイ
  という発言を聞いてです。
検事 発言を聞いてどのように感じましたか。
院長 動揺しまして、もしかするとやってはいけないことを
  やってしまったのでないかと思いました。
  委員の先生方は3人とも、産婦人科の専門医で、
  きちんとした病院の部長とかですから。
検事 残る2人の委員から異論は出なかったのですか。
院長 異論・反論は全く出ていませんでした。
検察 教科書的にという意味は、とはどのような判断ですか
院長 教科書とは、医療の専門家を志す人、医師は、
  教科書を勉強し、それに従い訓練する
  標準的なところを書いてある、
  というのは、我々の世界では、議論の上でも
  スタンダードマニュアルで行うべき、
  行う標準的なものと考える。
検察 当時証人は、教科書的に剥離がダメなのは
  どういう理由だと考えましたか
院長 非常に血行の豊富な場所なので、
  器具を用いるのは、標準的な手法から外れる
  度合いが大きいことだったのではないかと、思いました。

検事 事故調と同様な話は被告人から出ましたか。
院長 ありません。
検事 事故調の意見について被告人と話をしましたか。
院長 一度だけあります。
検事 どのような話ですか。
院長 だいぶ経ってから、日にちはちょっと分かりませんが、
  胎盤剥離をするのにクーパーを使ったらいけないんじゃないの?
  と言いました。
検事 被告はどう答えましたか。
院長 そんなことないよ。ケース・バイ・ケースだと思うよ。
  筋っぽい所をちょっと切っただけなんですけどね、
  と言っていました。
検事 どのような所を切ったと理解しましたか。
院長 はがれないところだと思いました。
検事 その発言を聞いてどのように感じましたか。
院長 事故調では器具を使った剥離はいけないと
  教科書に書いてあるということだったのに、
  知らないのかな、と思いました。

弁護人 胎盤剥離の際にクーパーを使ったことへの
  違和感は感じましたか。 
院長 まったく感じませんでした。
弁護人 整形外科では剥離の際にクーパーを使いますか。 
院長 通常の手技です。



まあ、こんな感じですね。

>検事 被告の様子はどうでしたか。
院長 非常に落胆してうなだれているというか、
ボソっと「やっちゃった」と言いました


これ、裁判でこういう言い方をしたら、
明らかに印象が悪くなりますよね医師の。

「やっちゃった」とは言ったかもしれませんけど。
それは、「ミスをやっちゃった」って事じゃなくても。
ミスはなくて、一生懸命やったけど
結果的には患者が亡くなって、残念だった

という意味でもあるんですけど。
こんな言い方をしたら、いかにもミスった。
って印象を与えますよね、普通。

まあ、だから、しょうがないか。

今回の院長への尋問で明らかになったのは。
大野病院のマニュアルでは院長に届出義務があるって事。
それを院長は知っていって、医師麻酔科医
医師
から説明を受けている。
そして、院長の判断で、届け出をしなかったこと。

厚生労働省のリスクマネジメントマニュアルでも、
警察への届け出要件として、医療過誤による障害や
死亡の際には「施設長」が警察に届け出ることとなっている


って事ですね。
報道でもありましたけど。

それを、医師と麻酔科医がきちんと説明
しなかったから届けなかったんだ。

というような、自己保身をしていますね。
どんな理由があろうとも、責任は院長なんですけどね。

そして、自分でも
>弁護人 胎盤剥離の際にクーパーを使ったことへの
  違和感は感じましたか。 
院長 まったく感じませんでした。
弁護人 整形外科では剥離の際にクーパーを使いますか。 
院長 通常の手技です。


って言ってるし。
前に登場した外科医の先生も、剥離をする時に
クーパーを用いる事は良くある
って言ってるのに。
突然、それはまずいんじゃないか。
とか言ってますねー、この院長

医師法21条違反で逮捕するなら、
この院長を逮捕すべきって事ですよね、ホントは。

そこらへんを、検察から院長がどう聞いているかですよね。


院長といえば、大学病院ですかねー。
大学病院の裏話を知りたいひとは、こちらから!


→ 『「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、
大学病院の秘密』



医者のホンネを知りたいって人は、これを読んでね!


→ 『医者のホンネが丸わかり!』

役に立つ無料レポートをたくさん購読して、
いらないメルマガが貯まっちゃった人は、
これを読んで解除してね!


→ 『【図解】登録マガジンを一括で解除する方法~
「まぐまぐ!」「melma!」「アクセスメール」~』



ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
Medical Act Article 21
雷がおっかなくて真夜中に起きちゃったエビでちゅ。
んーと、医師法第21条的に見ればホントは院長さんが届けなきゃいけない。ってことは、検察が「誤認逮捕」したってこと…?
あと今回K先生が使われたクーパーは太いのでメッツェンかメイヨーを整形では使うと院長先生がおっしゃってますが、その3つともエビは見たことないので今度写真が有ったらI先生載せて下さいね!
I先生ご本業が忙しいってことは悪い患者さんがいらっしゃるのでしょうか。早くよくなりますように!
エビ[URL] 2007/05/05(土) 03:30 [EDIT]
責任転嫁は……
Dr,I様

 今回の院長の証言、見苦しいですね。
 まあ、「偽証」でなければどういう証言をするかは「証言者の自由」ですあが、それにしても「自己保身のために自分の元部下を生贄にする」というのは、現実には多々あることですし、違法行為とも言いがたい(偽証して陥れているわけではないですね)のですが、「見苦しい」ですね。
 こうした「魔女狩り」めいた裁判、いつまで続くのでしょうか(嘆息)。

エビ様

>医師法第21条的に見ればホントは院長さんが届けなき
>ゃいけない。ってことは、検察が「誤認逮捕」したってこ
>と…?

 今回の裁判で問われている「業務上過失致死」とは別に、「医師法違反」の罪を院長が犯しているのではないか、ということですから、「誤認逮捕」ではなく「罪を見逃している」可能性があるということですね。
Lich[URL] 2007/05/05(土) 07:32 [EDIT]
P.S.
さっき寝ぼけてたので補足します。
起訴の内容は(1)業務上過失致死が先ずありますが、それだけじゃなく(2)医師法違反(異常死体の届出義務違反)もK先生が問われてまちたよね。
弁護人は第1回公判でも医師法違反について「医師法21条は黙秘権の放棄を医師に迫るもので憲法38条に反し、違憲。」としてたと思います。お医者さんの権利の根本を守ろうとする良い人だ~と思いまちた。何人も自己に不利益な供述を強制されちゃいけないんですもの。
エビ[URL] 2007/05/05(土) 08:35 [EDIT]
そうですね
エビ様

>さっき寝ぼけてたので補足します。
>起訴の内容は(1)業務上過失致死が先ずありますが、
>それだけじゃなく(2)医師法違反(異常死体の届出義務
>違反)もK先生が問われてまちたよね。

 あ、すいません、私が見落としてましたm(_ _)m

>弁護人は第1回公判でも医師法違反について「医師法
>21条は黙秘権の放棄を医師に迫るもので憲法38条
>に反し、違憲。」としてたと思います。お医者さんの権利
>の根本を守ろうとする良い人だ~と思いまちた。何人も
>自己に不利益な供述を強制されちゃいけないんですも
>の。

 本当ですね~。そのあたり「ちゃんとした弁護士」ってのはありがたいものですね。
 ただ、黙秘権も余りに重視しすぎると、例えば「原発での異常隠し」とかを助長してしまいます(まあ、あのケースの場合は「法人」である「電力会社」が対象で、しかも「法人には黙秘権は認められない」ですから、そのあたりは微妙ですが)から、難しいですけど。
 で、今回の裁判では「院長の責任」になるんではないかな~、というのは、是非突っ込んで欲しい論点ですね。
Lich[URL] 2007/05/05(土) 08:56 [EDIT]
>エビさん
21条に関しては、お門違いでしょうね。

私も違いはあんまりわかんないんですよね、実は。
手術はほとんどしないので。
Dr. I[URL] 2007/05/05(土) 20:13 [EDIT]
>Lichさん
ホント、見苦しいです。
この人の味方をする気にはなれませんねー、とても。
検察は、院長の責任を追及しないから、って事でK医師に対して不利な発言をさせている様な気もしないでもないですね。
Dr. I[URL] 2007/05/05(土) 20:14 [EDIT]
司法取引では……
Dr.I様

>ホント、見苦しいです。
>この人の味方をする気にはなれませんねー、とても。

 本当ですよね。
 「責任者としての自覚」を持って欲しいものです。

>検察は、院長の責任を追及しないから、って事でK医
>師に対して不利な発言をさせている様な気もしないでも
>ないですね。

 そうですね。
 あくまで推測ですが、そうしたことが行われているとすると、それは日本では認められていない「司法取引」であることになりますから、弁護側にもきちんと追求して欲しいですね。
Lich[URL] 2007/05/05(土) 20:18 [EDIT]
GW、I 先生には「good なweek」でしたか?
I 先生、お疲れ様です。

やはり病院のTopが「ほにゃらら…」という印象が否めないですよね。

これが「トカゲの尻尾切り」といわずして何でしょう?
全国で注目されている裁判だとは思いますが、やはり何から何まで思うように運んでない気がする私なのでした。
来夢[URL] 2007/05/06(日) 15:41 [EDIT]
>Lichさん
司法取引ってわけではないんでしょうけど。
暗に意味されてるとか、って感じでしょうねー、きっと。
Dr. I[URL] 2007/05/06(日) 19:24 [EDIT]
>来夢さん
ちょっと悪い患者がいて。
今日も、さっき帰ってきました。

>トカゲの尻尾切り
まさにその通りですね。
大淀病院でも、院長が病院は悪くないけど主治医は悪かったかも、とかって言ってましたからね。
結果、どうなるんでしょうかねー。
Dr. I[URL] 2007/05/06(日) 19:26 [EDIT]
大変ですね……
Dr.I様

>司法取引ってわけではないんでしょうけど。
>暗に意味されてるとか、って感じでしょうねー、きっと。

 そうですよねぇ。
 どうにも、変な感じですね。

>ちょっと悪い患者がいて。
>今日も、さっき帰ってきました。

 医師の方々は、「盆も正月もGWもない」ですね。
 お疲れ様です。
 これで、「まともにしごとをして」」いて「訴訟を起こされる」のですから、たまりませんよね。

>>トカゲの尻尾切り
>まさにその通りですね。
>大淀病院でも、院長が病院は悪くないけど主治医は悪
>かったかも、とかって言ってましたからね。
>結果、どうなるんでしょうかねー。

 おかしな話ですね。
 そもそも「責任は上から取る」形にしないと、「上層部の無責任」が横行するのですから、そこはきちんんとしないといけないはずなのですが……。

Lich[URL] 2007/05/06(日) 21:18 [EDIT]
>Lichさん
>「責任は上から取る」形にしないと
全くその通りだと思います。
そうじゃないと、安心して働けませんから。
Dr. I[URL] 2007/05/07(月) 00:49 [EDIT]
働く医師が安心できる環境を……
Dr.I様

>全くその通りだと思います。
>そうじゃないと、安心して働けませんから。

 そうなんですよね。
 勤務医の方々は、ただでさえ「訴訟リスク」を抱えているのに、その上「上司にまで見捨てられる」としたら、それこそ「リスクの低い診療科の開業医」にでもなるしかないですからね。
 医師の方々が「安心して働ける」制度を作っていただきたいものですね。
Lich[URL] 2007/05/07(月) 09:33 [EDIT]
・・・・暗い。暗すぎます。
あまりにも医療の現場は暗い。

 私は介護保険領域で看護師をしていますが、
生命についての訴訟よりも、倫理面での訴訟が増えてくるような気がします。
人権の尊重とか。
先日もクレームから「訴えてやる」と息巻いていたご家族がいらしたのですが・・・。

 施設長である医師ががっつりと職員を守ってくれました。
「そうゆう対応をするような職員はうちにはません」と、最初にいい、じっくりとその家族に対応してくれたのです。


 施設長の責任の取り方、対応の仕方ってありますよね?
 それが大学病院でも、零細企業の社長でもトップの在り方ってありますよね?

 この裁判では、責任の所在は施設長にあることを明確にし、施設長の犯した罪(ことなかれであろうとする緩んだ考え)も言及してもらいたいですよねぇ。
 
 アホのリーダーの下にいることほど、不幸なことはありません。
ポン[URL] 2007/05/08(火) 11:29 [EDIT]
リーダーシップが……
ポン様>

>・・・・暗い。暗すぎます。
>あまりにも医療の現場は暗い。

 そうですね。
 「訴訟」や「マスコミの非難」「人手不足」「資金不足」の四重苦」が現場を「暗くしている」気がします。

> 私は介護保険領域で看護師をしていますが、
>生命についての訴訟よりも、倫理面での訴訟が増えてく
>るような気がします。
>人権の尊重とか。
>先日もクレームから「訴えてやる」と息巻いていたご家族>がいらしたのですが・・・。

 どちらかというと、日本では、「医療関係」について、「契約関係があいまいすぎる」のではないかと思います。「医療提供者」側の「供給能力」と「患者」側の「要求レベル」が、ミスマッチのまま放置されているように感じます。こうした「ミスマッチ」を、「医は仁術」という美名で全て医療側の責任にしていしまうのが、現状をもたらしていると思います。

> 施設長である医師ががっつりと職員を守ってくれまし
>た。「そうゆう対応をするような職員はうちにはません」と、
>最初にいい、じっくりとその家族に対応してくれたのです。

 良い上司に恵まれていらっしゃいますね。一般企業でもそこまえしてくださる上司は少ないですから、医療現場ではなおさら稀少だと思います。

> 施設長の責任の取り方、対応の仕方ってありますよ
>ね?
> それが大学病院でも、零細企業の社長でもトップの
>在り方ってありますよね?

> この裁判では、責任の所在は施設長にあることを明確
>にし、施設長の犯した罪(ことなかれであろうとする緩ん
>だ考え)も言及してもらいたいですよねぇ。
> 
> アホのリーダーの下にいることほど、不幸なことはありま
>せん。

 本当ですね。やはり、しっかりしたリーダーの下で働くのは最も苦しい現実の一つ……なのですが、現在の日本では「責任感があるリーダー」ほど、「足を引っ張られて上にいけない」ですから、先は暗いですね(;;)。
Lich[URL] 2007/05/08(火) 16:41 [EDIT]
>ポンさん
そうですねー。
やはり、トップがしっかりしてくれないと。
そういう方の下で働きたいですよね。
Dr. I[URL] 2007/05/08(火) 19:26 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

厚生労働省
大野病院事件第四回公判厚生労働省のリスクマネジメントマニュアル(平成12年8月発表)で、医療事故発生時の対応のマニュアルです。 ここでは警察への届け出要件として、医療過誤による障害や死亡の際には「施設長」が警察に届け出るこ... 2007/05/05 0:19:24平成17年度介護  [つづきを読む]
My First JUGEM! | 2007/05/05(土) 06:13
厚生労働省のとんでもない真実、、
----------------------------------ちわーっす。今日も流行りについての情報お送りいたします^^----------------------------------今検索されまくってる言葉----------------------------------大野病院事件第四回公  [つづきを読む]
SSSd | 2007/05/05(土) 11:32
脳の病気?
父は50代前半です。そんな父が最近、おかしな事を言葉にする様になり困っています。食卓に出された果物の桃を見て一言・・。『美味しそうな ブドウ だな~』何処から見ても、色も形も違うでしょ??こういった症状は、脳病気の一つでもあるのでしょうか?  [つづきを読む]
脳の病気 予防と対策 | 2007/05/05(土) 20:39
タヒチアンエクササイズのテラ・キョウコさんって?
■タヒチアンエクササイズのテラ・キョウコさんって?テラ・キョウコさんって誰?あまりに綺麗でスタイルがいいのでびっくりされている人も多いでしょう。今回「ミラクル☆シェイプ」で、タヒチアンエクササイズを指導しているカリスマボディーデザイナー、テラ・キョウコさ  [つづきを読む]
タヒチアンエクササイズダイエット | 2007/05/20(日) 19:31
健康 医療 器具
いびき対策本部1腕時計をしたまま寝るようなモノなので違和感もありません。 いびきが続けば周りの大変ですが、自分の健康にも害が出てきます。 旅行だけでなく、日々の睡眠にもお使いいただけるこの商品如何でしょうか? 注意!!ペースメーカー等 の医療器具を使用して .  [つづきを読む]
健康器具教えます。 | 2007/07/09(月) 19:29
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず