現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大淀病院、カルテのコピー
大淀病院事件での、カルテ流出に関してです。
この件に関しては、正直もういいかな、
って思っていたんですが。
なんか、カルテのコピー流出先
明らかになりつつあるので。
ちょっと私も書いてみますね。

なんか、思いっきり出遅れた感もありますが。
この件に関しては、当事者なもので。

「大淀病院、専門家(神経内科医)の意見」の記事の中で、
10/31読売新聞が入手した
カルテのコピーの内容を出しましたけど。

ついに、その本物の画像が出ました!
こちらです。

『2006.10.31読売新聞:大淀病院、カルテ画像』

近畿圏の図書館に行けば、誰でも見る事が
できる物ですね、これ。
黒塗り部分は医師実名があるため伏せていますが。

新小児科医のつぶやきのYosyan先生」のブログで、
非常に詳しい解説がされていますので。

『2006.5.6:物証発見』
『2006.5.7:傍証検証』
『2006.5.7:画像検証』

詳細はそちらに譲るとして、
一部引用させてもらって、
ポイントだけここで論じる事にしますか。

これ、医療関係者が見たら、一目瞭然なのですが。
この画像は、看護記録ではなく、
間違いなく「医師記録」です。
ある方が、この筆跡は医師のものだ、
って証言もされていますし。
そうでなくても、書き方、書いている内容、
英語混じりの文章、汚い字

これらを総合して、99%以上の確率で、
これは「医師記録」です。

まあ、読売新聞自身が、自分で、これは
診療録=医師記録って言っていますけどね(笑)

大淀病院事件で、詳細な診療情報がネットで流出
って事で、最初に報道をしたのは読売新聞です。
無断私のブログが引用されたやつっす。

で、その後、朝日、毎日、産経新聞あたりが続いて、
その翌日に日刊スポーツでも書かれています。
暗に私のブログが批判されたやつですね。

各記事の詳しい内容は、「いなか小児科医」先生
ブログが詳しいので、こちらをご参照下さい。

『記事の整理』

日刊スポーツはこれらの新聞社が書いた後、
こう書いています。

>遺族側は「報道陣に公開したのは、
出産のために入院した昨年8月7~8日の『看護記録』だけ。
カルテなど公開してない。
さらされた情報には、遺族も知らない通院中の
カルテの内容が含まれ、病院関係者しか知り得ない情報だ」
としている。


家族は、「看護記録しか公開していない。」
って言っているんですが。
でも、読売新聞他、毎日、朝日は、
敢えてその事については触れていません。

なぜか、って言うと、医師記録の方も流出した、
って知っているからじゃないですかね。

少なくとも、間違いないのは、読売新聞
2006.10.31の段階で、医師記録のコピーも持っていた、と。


今年の4/28に大阪であったその筋には
高名な方々が集まったシンポジウムが開かれ、
そこでカルテ告訴報道に名を連ねられている弁護士
出席し発言されているんですよ。

その貴重なライブ記録を文字で起しておられるのが
『日々のたわごと・期間限定特別ブログ』
で、その中の『核心部分、そのいち。』に、
弁護士カルテについての発言があります。

>『患者さんの家族はカルテを入手してマスコミに
公表してるらしいから、俺たちも公表して良いだろう』
ということを書いてあるんですが、
あのー、Tさんの話でまぁ、あったかもわかりませんが、
患者さんたちが入手したカルテはほんの一部なんです。
全部を入手したのはごくごく最近、なんですよね。


弁護士がこう言っていますよね。
カルテの一部」、「全部を入手したのはごくごく最近」と。

これって、ニッカンスポーツで報道された
内容を考えると、「カルテの一部」っていうのは
看護記録」の事なんでしょう。
そして、「ごくごく最近」っていうのは、半年前の報道時には
入手していなかった
って考えるのが自然ですよね。

そうなると2つの事実が、弁護士発言より確認できます。

* 去年の報道時には遺族でさえ医師記録部分を
 入手しておらず、持っていたのは看護記録だけであった。
* 遺族が医師記録部分も含めてカルテ全体を
 入手したのは早くとも今年に入ってからであった。


誰がどういう経路でカルテを流出させたのか、
私はわかりませんが。
遺族は看護記録しか公開していない、と主張している。
弁護士もそう。
でも、読売新聞は、遺族がカルテを入手する前に、
医師記録を含め、カルテのコピーを入手していた


そういった事は間違いなく事実です。
どこからカルテが流出したかは、定かではありませんが。
もしかしたら、この件で最初に報道した読売新聞は、
自分たちが以前に報道した
医師記録のコピーの画像
によって、
墓穴を掘ったのかもしれませんねー。

殺人事件でも、「第一発見者を疑え
って言いますよね。

医者」がカルテ流出
といって、最初に報道した新聞社が、
実は流出させた張本人、って事があるかもしれませね。

どうやら、遺族はこの件に関して刑事告訴するようですから。
検察の方達には、カルテが流出した経路
に関しても、しっかり調べて欲しいですね。


ここに出て来た人以外の他の医師ブログも読んでみたい。
医者のホンネを知りたいって人は、これを読んでね!


『医者のホンネが丸わかり!』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓





スポンサーサイト
この記事へのコメント
Is your paper full of inconsistencies?
I先生、何と言う時間に更新されているのでちゅかっ!エビみたいにお休みだからって10時間も寝なきゃダメなんですよ。
エビも新聞をI先生がとらまるかとエビを心配させた罪で刑事告訴しようかな。
他の先生のblogでこのカルテ写真だけは拝見していましたが、お医者さんが書いたと説明(讀賣はご丁寧に説明も書いてましたものね)見なくても解りました。字が綺麗くない。
今回の報道は、んーとこの切り抜きは社会面だから社会部でしょ?10/31のは報道部でしたよね…確か?仲良ーししてたら矛盾しなかったのに。
ご遺族はいろいろな言葉を愛する人を失ったとてつもない混乱の中でたくさん受けられて、お気の毒だと思います。エビなら堪えられません。癒しの時が訪れますよう想いを馳せ続けたいです。
エビ[URL] 2007/05/09(水) 09:31 [EDIT]
やっぱり……
Dr.I様

 カルテ漏洩、どうやら「マスコミから」ということのようですね。
 自分で漏らしておいて医師を「情報漏えい」で叩くとは、まさしく、「笑止」ですね。
 マスコミは自分の「情報管理」を徹底させるべきではないでしょうか(もっとも、「マスコミがどこから手に入れたか」は、「情報源の秘匿」がの原則がありますから、わからないでしょうけれど)。
Lich[URL] 2007/05/09(水) 09:58 [EDIT]
瓢箪から駒かも
私のスタンスはご存知だと思いますが、調べているうちに本当に瓢箪から駒かもしれないと思い出しています。瓢箪から駒というのは医師記録の入手を表面化させているのは本当に読売だけではないかという事です。

他社の残された映像に医師記録はありません。看護記録+アルファの足跡は残っていますし、他社の入手分が「ほんの一部」のうちに入るかどうかの問題はさておき、外来カルテも含めて医師記録について具体的に記述又は放映したものが確認できないのです。

もともと事件の夜の経過についてはほとんど看護記録から判明する事であり、他社も医師記録を参照にしたような記述を残してはいますが、看護記録とカルテの混同で言い抜けられる程度のものです。ここで突出して医師記録映像を報道しているのが読売です。

憶測だけですが他社は過去の報道記事の総点検を行なっているかもしれません。医師記録を引用したと明記している記事があるかないかです。よく調べてすねに傷があればこのままダンマリでしょうし、無ければ・・・どこかが取り上げないでしょうかね。

大新聞社や放送局は同じ穴のムジナでしょうが、週刊誌系のどこかがバクチにでてくれないかをひたすら願っています。ブログだけじゃ弱いですからね~
Yosyan[URL] 2007/05/09(水) 10:11 [EDIT]
漏洩元は……
Yosyan様

 どうも、情報漏えいの漏洩元は読売の可能性が高くなってきましたね(確証はありませんが)。
 他の大新聞を含めて、どう「落とし前」をつけるのか……しらを切りとおすつもりですかね(嘆息)
Lich[URL] 2007/05/09(水) 10:45 [EDIT]
逆に、読売が漏洩してなかったから、あのカルテ画像を載せたのかもしれませんよ。
まずいと知らなかったから、無邪気に。
完全義体[URL] 2007/05/09(水) 13:14 [EDIT]
完全義体様

無邪気にと言うのなら、他者が医師記録画像を掲載していなかったから、インパクトを狙って読売が報道した可能性もあります。ちょっとスクープ気取りでね。

なんと言っても「医療の読売」ですから、毎日に遅れた分の挽回を考えたのならありうることです。取材力の誇示って奴ですね。
Yosyan[URL] 2007/05/09(水) 13:24 [EDIT]
なるほど、おれっちはこんなすごいもんを持っているんだぞ、ってわけですね、、、

無邪気もここに極まれり。

とにかく、これだけいろんなカルテ内容がマスコミに出ているのに、遺族側弁護士のごく一部しか入手してなかったという発言と、どう整合性をとるんだろう。
お互いにです。
完全義体[URL] 2007/05/09(水) 14:22 [EDIT]
なるほど……
>完全義体様

>逆に、読売が漏洩してなかったから、あのカルテ画像を
>載せたのかもしれませんよ。
>まずいと知らなかったから、無邪気に。

 なるほど、そういう可能性もありますねぇ。
 だとしたら、「不注意」というしかないですが(苦笑)

>Yosyan様

>無邪気にと言うのなら、他者が医師記録画像を掲載し
>ていなかったから、インパクトを狙って読売が報道した可
>能性もあります。ちょっとスクープ気取りでね。

 う~ん、そうだとしたら、「功を焦り」過ぎですねぇ。もうちょい「慎重」でもいいような気がしますが。

>なんと言っても「医療の読売」ですから、毎日に遅れた分
>の挽回を考えたのならありうることです。取材力の誇示っ
>て奴ですね。

 だとしたら、「競争意識の弊害」ですねぇ。報道の真髄は「真実を慎重に」伝えることにあるような気がするのですが……。

>完全義体様

>なるほど、おれっちはこんなすごいもんを持っているんだ
>ぞ、ってわけですね、、、

>無邪気もここに極まれり。

 単に「頭の中身が子供」なだけのような気がしますが(苦笑)。

>とにかく、これだけいろんなカルテ内容がマスコミに出てい
>るのに、遺族側弁護士のごく一部しか入手してなかった
>という発言と、どう整合性をとるんだろう。
>お互いにです

 「遺族側弁護士がうそをついている」のか「マスコミが第三者からカルテを入手した」のか、どちらかでしょうねぇ。前者なら「虚偽告訴」ですし、後者なら「訴える相手が違う」ことになりますね。まあ、後者であったなら、「取材源の秘匿」の原則がありますから、「嫌疑不十分」で不起訴になりそうですが……。
Lich[URL] 2007/05/09(水) 17:38 [EDIT]
明日をお楽しみに
Lich様

行けるところまで後者で押します。明日まで誰も気がつかなければ、私が爆弾を毎日に落とします。相当な破壊力になります。ある意味、読売よりもインパクトがあるかもしれません。なんと言っても毎日ですからね。
Yosyan[URL] 2007/05/09(水) 18:50 [EDIT]
お人が悪いですね(^^)
Yosyan様>

>行けるところまで後者で押します。明日まで誰も気がつ
>かなければ、私が爆弾を毎日に落とします。相当な破
>壊力になります。ある意味、読売よりもインパクトがある
>かもしれません。なんと言っても毎日ですからね。

 お人が悪いですね(^^)<褒め言葉です(爆)
 常識的に考えて、「遺族が公開していない」と言っている情報を「読売だけが」手に入れて、それを「写真で公開している」わけですから、「読売が何らかの手段で第三者か病院から情報を手に入れた」(「他のマスコミが手に入れているかどうか」はまた別ですが)ことになりますね。
 この情報で、「毎日が報道する」ことがあれば「読売が独自で入手した」ことになりますし、「毎日が無視する」ことがあれば「各社が手に入れているから記事に出来ない」か「マスコミにとって都合の悪い事実は無視した」かのどちらかになりますね(「ニュース価値がないから無視する」ことは、「遺族側の言い分を大々的に報道した」からには「公平性の観点から無視できない」……はずですが、マスコミに「公平性」を求めても無駄ですか(嘆息))。
 さてはて、何が起こるか楽しみですね(邪笑)
Lich[URL] 2007/05/09(水) 19:11 [EDIT]
なんとまぁお粗末な・・・・・

証拠も残ってるようですしね
よくまぁ~人の事を堂々と叩けますよね~
マスコミもここまで恥しらずとは・・・

I先生こそ「無断で掲載された~」って訴えちゃうとかっ♪
なんちゃって♪
ままん[URL] 2007/05/09(水) 22:37 [EDIT]
そうですよねぇ
ままん様>

>なんとまぁお粗末な・・・・・

>証拠も残ってるようですしね
>よくまぁ~人の事を堂々と叩けますよね~
>マスコミもここまで恥しらずとは・・・

 お粗末ですよねぇ。
 こんな「足のつく」方法を取るとは、「恥知らず」云々を別にしても「レベルが低い」ですよね。

>I先生こそ「無断で掲載された~」って訴えちゃうとかっ♪
>なんちゃって♪

 う~ん、結局、「マスコミの公共性」を盾にされると難しいでしょうねぇ。マスコミはそういう「権力」を持っているのですから、「身を正す」ことをして欲しいものです……が、期待薄ですよねぇ(嘆息)。

Lich[URL] 2007/05/09(水) 23:05 [EDIT]
>エビさん
まあ、医者以外でも字が汚い人はいるんですけどね。
でも、まあ医者でしょ、これ書いたのは。

遺族はある意味では、被害者ですね。
マスコミと弁護士の。
Dr. I[URL] 2007/05/09(水) 23:07 [EDIT]
>Yosyan先生
ホントにひょうたんから駒かもしれませんね。
最初は、私もここまでとは思っていませんで。
静観の構えだったんですけどね。

爆弾、楽しみにしてますよ!
Dr. I[URL] 2007/05/09(水) 23:08 [EDIT]
>Lichさん
確かに、「取材源の秘匿」って言ってマスコミは取材源を明らかにはしないでしょうけどね。

マスコミ(読売新聞)が濃厚になってきましたね、どうやら。
Dr. I[URL] 2007/05/09(水) 23:10 [EDIT]
>完全義体先生
ホント、お気楽というか、なんというか。
自分の首を絞めてるって、今頃気づいてたりしてね。
Dr. I[URL] 2007/05/09(水) 23:11 [EDIT]
>ままんさん
ホントに、お粗末ですね。
私も訴える事も考えたんですが。
専門家の意見も聞いて、放って置いた方が良いって言われたので。
とりえあず、このまま様子見で、って事にしようと思っています。
Dr. I[URL] 2007/05/09(水) 23:13 [EDIT]
明らかになったとして……
>Dr.I様

>確かに、「取材源の秘匿」って言ってマスコミは取材源を
>明らかにはしないでしょうけどね。

 そうですね。
 ただ、これは「当然と言えば当然」なことでして、もしこれを「自分達の都合のために明らかにする」ならば、それこそマスコミは「自らの守るべき信義を破る」ことになる(取材元をぺらぺらしゃべるマスコミに誰が秘密を話すでしょうか?)わけで、むしろ「しゃべったとしたら余計に失望する」べきことですね。
 ただし、もしも「遺族以外の情報源から入手した」のならば、「遺族から入手したものではない」旨をきちんと明らかにする(「誰から入手したか」は言わなくてもいいですが)のが
「遺族からの情報だ」という「虚偽を記事に書いた」ことに対する最低限の「落とし前」でしょう。

>マスコミ(読売新聞)が濃厚になってきましたね、どうやら。

 本当ですね。
 もし、「マスコミ(読売新聞)がリーク元ではない」とマスコミ(読売新聞)が主張するなら「どこから入手したのか」説明しなければならない訳ですが……それもできないわけですから、どう態度を決めるのか、見ものですね(もっとも「ほっかむりをする」のが目に見えていますが(嘆息)。
Lich[URL] 2007/05/10(木) 01:32 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず