現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師不足解消へ新法!
日本の医師不足が、ひどいことになっている。
って事はこのブログを読んでいる方は、
既にご存じでしょうけど。
もしかしたら、医師不足を解消するために、
新しい法律ができるかもしれませんよ。


医師不足解消へ新法検討 
政府・与党 対策会議を来週設置

自民党の中川秀直、公明党の北側一雄両幹事長ら
与党幹部は九日午前、都内で会合し、
医師の不足や偏在の解消策を検討するため、
政府、与党による対策会議を来週に設置することを決めた。
医師確保法」の制定も視野に検討する。

両党幹事長がこの問題で地方の現場を視察し、
参院選に向け、与党の最重要課題として
対応策の取りまとめを急ぐ。

両党はそれぞれ党内に対策本部を立ち上げ
議論を始めている。
今月中に与党プロジェクトチームを設置する方針だが、
厚生労働相ら関係閣僚の参加を求めて
政府と一体で対応する必要があると判断した。


『東京新聞:2007年5月9日 夕刊』


でも、天下り規制とかでも。
結局、選挙対策とか、そんな感じですもんね。
新聞のタイトルは、医師の偏在ではなくて、
医師不足ってなっているから、まだ良いですけど。
内容を見たら、相変わらず
医師の不足や偏在の解消
ってなっていますし。

医師確保って言葉も、相変わらずですよね。
犯人確保みたいに。
医者をなんだと思ってるんだか。

どうせ、法律を新しく作る前に、いろいろ検討して。
水面下で根回しして。
結局、横やりが入って、時間ばっかりかかって、
骨抜きになるんでしょうから。

医師不足は明らかなんですから。
まず、法律改正とか、新法とか言う前に、
医学部の定員を増やすのが先決でしょうよ
どう考えても。

それをやらないで、新法って言っても。
全然、本気度が感じられませんね
やっぱ、選挙対策なんでしょうねー、所詮。

はっきり言って期待していませんが。

それでも万が一、って思っちゃう私は、
甘いんでしょうかねー。


医者の総本山!
大学病院について知りたい人は、こちらからね!


→ 「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
Open up your eyes and you will see!
医師増員法じゃなくて医師確保法なのがエビには…きなくちゃ!
医学部定員を増やしてこれからのお医者を増やしますよー皆さんの勤務を将来的にですが楽にしますよー待っててねーじゃなくて、今いるお医者さんを無理くり取っ捕まえて確保して僻地にがんじがらめにしてみたり若いお医者さんは3倍位働かせちゃうからねー働く機械の台数は決まってるもんねーじゃないでちゅよねっ!?プルプル。怖いこと書いちゃった…。
確保って囚われの身なイメージかも…?
でも医師不足をアピール出来るのは良いことです。先日タクシーの運転手さんにもたまたま医師不足って話題で話し掛けて頂き、盛り上がりました。
お医者さんがたくさん増えて、勤務状況が改善されて(患者さんを診る以外にもたくさんお仕事やお勉強もありますものね)皆さんの慢性的な疲れが取れて家族や恋人とのQOMLが実現しますように♪
エビ[URL] 2007/05/10(木) 01:06 [EDIT]
期待薄ですね……
Dr,I様

 「医師確保法」と言う仮称を聞いただけで、「駄目だこりゃ」と思いますね。
 医師不足は、単純に「医療サービスの価格が不当に押さえられている(医療報酬が抑制されている現状は明らかですね)ために供給側が供給できなくなっている(供給側のコストには当然、「理不尽な訴訟とそれに対する不当な判決が他はする」現状における「訴訟費用と損害賠償費用、及び「医師のリスク管理費用」も「原価」として含まれることになりますね)」現状の反映である、というだけなのですから、根本的には「医療に対する価格規制を外し、市場原理に任せる」か「医療費を大幅に引き上げる」しかないわけですが、前者を選すると「医療価格が極端に上がりすぎて必要とする人々が市場からはじきだされる」わけで、後者は「財政状況が許さない」わけですから、まさに「なんらかの政治的決断」が行われない限り、「医師・看護師をはじめとする医療サービス従事者の努力」だけではどうにもならないのですよね。
 そこを無視して、政府はさらに医師を供給するシステムを破壊する政策(「研修制度の改悪」や「医学部の定員を抑制する」、さらには「理不尽な医療訴訟を抑制する法制度の整備を行わない」など)を続けているのですから、その政府が考える「新法」には期待できないと思いますが、いかがでしょうか(嘆息)。
Lich[URL] 2007/05/10(木) 01:23 [EDIT]
問題外!
とうとう日本はバカが法律作る国になっちまった。と言っても別段間違ってはいない状態になりました。ますます地域医療の質は低下し、結果的にはおそらく、厚労省のもくろみ通り、老人数の減少と医療費の削減を同時に狙った政策は日本全国で、ものの見事に大成功をおさめた・・・。なんていう新聞記事が10年もしないうちに新聞紙面を飾るのでしょう。(10年後まで新聞は生き残ってはいない可能性が大であるが)
saki[URL] 2007/05/10(木) 14:18 [EDIT]
本当ですね
saki様>

>とうとう日本はバカが法律作る国になっちまった。と言って
>も別段間違ってはいない状態になりました。

 まあ、もともと日本は「馬鹿でなければ政治家になれない」国でしたから、今更な気はしますが(苦笑)

>ますます地域医療の質は低下し、結果的にはおそらく、
>厚労省のもくろみ通り、老人数の減少と医療費の削減
>を同時に狙った政策は日本全国で、ものの見事に大成
>功をおさめた・・・。なんていう新聞記事が10年もしない
>うちに新聞紙面を飾るのでしょう。

 その通りだと思います。
 結局、「無理矢理医療費を減らす」ために諸政策が打たれているわけですから、「コストが高い地域医療」が破壊されるのは理の当然ですね。
 「官僚の言いなりになる国家」をなんとかしなくてはいけないわけですが、「なんともならない」ような気がしますね(嘆息)。

>(10年後まで新聞は生き残ってはいない可能性が大で
>あるが)

 それこそ「翼賛会」マスコミになってる可能性が高いですね……って、元からですか(嘆息)。
Lich[URL] 2007/05/10(木) 16:37 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/05/10(木) 17:02 [EDIT]
医師の偏在
 このサイトには、私の他にもSakiさんがいらっしゃるのですね。ネーム変えた方がいいかなぁ?

 研修後の医師やリタイヤした先生を紹介するようですが、はたして先生方が納得するでしょうか?嫌々来られた人に診療をしてもらうのは、如何なものでしょう?医師や患者さんにとって不快な思いが生じなければいいですが・・・

 選挙用のパフォーマンスだけで終わらないといいですね・・・

 
saki[URL] 2007/05/10(木) 18:26 [EDIT]
>エビさん
無理矢理、法律をつくって、更に医師をこき使おうってのが、みえみえですね。
全く、何やってんだか。
Dr. I[URL] 2007/05/10(木) 20:52 [EDIT]
>Lichさん
ホント、駄目だこりゃ、って感じですねー。

全然期待していませんが。
Dr. I[URL] 2007/05/10(木) 20:54 [EDIT]
>sakiさん
ホントに、バカヤローですねー。
死亡率が上がって、平均寿命も下がって、人口も大幅に減って、やっと気づくんでしょうか。
もう遅いんですが。
Dr. I[URL] 2007/05/10(木) 20:56 [EDIT]
>sakiさん
うーん。
まあ、URLあるから、わかりますけどね。

地方には、研修医崩れか、リタイヤ間近の医師って。
新たな、医療格差をつくるようなもんですよ。

Dr. I[URL] 2007/05/10(木) 20:57 [EDIT]
飛びつく価値のないニンジン
この程度で選挙民の目を欺くつもりなら、たっぷり笑わせていただこうと思います。もともと与党は大嫌いですが、せっかくだから徹底的に落としてあげるのも一興です。

医師を大切にしない社会や国に絶望して、多くの医師が立ち去るのは当然です。そのように考えると、問われているのは選挙民の意識や見識であるように思われます。もうすぐそのときが来ます・・・どうなることでしょう?
鴛泊愁[URL] 2007/05/10(木) 21:26 [EDIT]
>鴛泊愁さん
これでも、騙される人が大勢いるんですよ、きっと。
医療崩壊を国民が望むなら、やむを得ないかな、って思う事もあるんですよね、最近。
一応、そうならないために、ブログを書いているつもりなんですが。
Dr. I[URL] 2007/05/10(木) 22:15 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず