現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救急車、軽症患者お断り
医療崩壊を進めている原因の一つに。
「一部の患者のモラル低下。」
っていう事があるんですよね、残念ながら。
そして、そういった「一部の患者」のせいで、
本当に治療が必要な重症患者」が素早く、
適切な治療が受けられない。
そして、彼らのせいで、助けられたかもしれない
尊い命が失われている。

そういう現状があるんですよ。
残念ながら。

そういった残念な事が、少しでも解消できるかもしれない、
新たな試みが東京で始まりましたね。


軽症者の救急車搬送お断り、
東京消防庁が来月から試験運用

119番通報の急増に対応するため、
東京消防庁は来月1日から、救急隊員が現場で救急搬送の
必要のない患者を選別する「トリアージ(患者の選択)」制度を
全国で初めて試験運用する。

社会の高齢化もあり、搬送の遅れが重大な結果を招くケースが
増えていることから、軽度の患者救急車
タクシー代わりにしようとする通報者には民間搬送の利用を求める。
これによって年間約5000件の搬送が不要となる見込みで、
同庁は、通報から平均7分30秒かかっている
救急車の到着時間の短縮につなげたいとしている。

東京消防庁によると、都内(東久留米市、稲城市、島しょ部を除く)
救急車の出動件数は、1995年の44万8450件から、
2005年には69万9971件に急増。
これに伴い、救急車が到着するまでの平均時間も、
95年の6分18秒から05年には7分30秒と、
1分12秒も遅くなった。


『読売新聞:2007年5月23日 』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000005-yom-soci


この運用を行って最も得をするのは、
本当の重症患者」です。

この記事にも書いてありますけど。

救急車が到着するまでの平均時間も、95年の6分18秒から
 05年には7分30秒と、1分12秒も遅くなった。


って事ですから。
救急車が着くのが、一分早ければ助かった。
という人が、仮にいたとしたら。
10年前なら助かったけど。
残念ながら、今はタクシー代わりに救急車を使う輩
のせいで、助からないって事ですよ。

実際、一分早ければ助かったかもしれない患者が、
何人も命を落としているのでしょう。

東京で、軽症患者救急車が運ばなくなれば、
そういう患者を1人でも2人でも救える可能性がある。

そういった意味で、画期的な試みだと思います。


そして、医者側からみたら、この運用には、
もう一つメリットがあります。

以前から、医師過労医療崩壊の一因。
という事をこのブログでも書いていますけど。
医者過労になっている原因の一つに、
医師時間外労働っていうのがあるんですよ。

時間外でも、患者や病気は待ってくれないので。
重症患者、命に関わる患者が夜中や明け方でも、
病院に来る、って事自体はやむを得ないんですよ。
当然、それを否定する気はありません。

困るのは、病院コンビニのように「24時間営業
だと思って、軽症でも気軽にかかる患者なんですよ。
そういう輩が増えているので、医師時間外労働
増えて、過労につながっている。
という面がありますから。

軽症患者で、救急車ならタクシー代わりで便利。
しかも「ただ」なので、病院に行こうか。
って思っていた患者が。
この制度ができて、夜にタクシー呼んだら、
金かかるかし。
たいした病気じゃないなら、
じゃあ、今日は病院に行くの止めようか。
っていう患者が減ってくれれば良いな、
と思っています。


後、ちょっと気になった点が一つ。

>年間約5000件の搬送が不要となる見込み
>救急車の出動件数は2005年には69万9971件


えーっと。
69万9971件のうちの5000件って事は。
1%以下ですか、減るの。

完全に私の印象なのですが。
時間外に来る患者の中で、約8割は、
緊急性を要さない患者だと思います。
救急車以外で来る患者に関しては、
9割近くが、緊急性がない患者
という印象を持っています。

私、今までに、当直を含めたら数十箇所の病院
働いていますけど。
ほとんど、どの病院でも割合は変わりません。

救急車に関しては、かなり意見が分かれると思いますが。
半分以上は、緊急性がない患者って印象があります。
重症患者はだいたい、2~4割くらいでしょうかね。
かなり割り引いても。

まあ、医者が診て緊急性がない、って判断できるだけで。
救急隊が判断できるレベルは、また違うので
なんとも言えないとは思いますが。

でも、誰がどう考えたって軽症だろう。
って患者は、救急車で来る患者1割くらいは
いると思うんですけどねー。

この試算では1%以下なんですが。
東京全部でやるんじゃないんですかねー。
この試み。
そこ、ちょっと疑問に思いました。


緊急性のある病気のうちの一つ、肺梗塞。
別名「エコノミークラス症候群」に関しては、これを読んでね!

→ 「気をつけて!死んじゃうかも!フライトの旅行で注意すべき病気!」

救急車で運ばれる、病院の代表格。
大学病院について知りたい人は、こちらからね!


「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
患者の選別
>時間外に来る患者の中で、約8割は、
緊急性を要さない患者だと思います。

まったくその通りだと僕も体感しています。
「別に夜に来なくても、明日でいいじゃん。」っていつも思います。
この制度で、時間外の患者さんが減って、医師の仕事が減ればいいなあと。

>救急隊員が現場で救急搬送の必要のない患者を選別

救急隊員の方、現場まで行って「あなた、病院行く必要ないよ。」って断るのも結構大変な仕事だなあと。
それよりは何も考えず、とりあえず病院に運んだほうが、楽な気がしますが、、
この制度、定着するのか、楽しみです。
ss[URL] 2007/05/23(水) 21:58 [EDIT]
判断能力を磨くことが……
 この制度、「緊急性の低い患者が無分別に救急車を呼ぶために緊急性の高い患者の命が危険にさらされる」という「モラルハザード」を防ぐことができる可能性は非常に高いと思いますが、裏を返せば「救急隊員の判断ミスで助からなくなる命が生じる可能性がある」ことも事実ですし、それを恐れすぎると今度は「制度の意味がなくなる」わけで……やはり「救急隊員の判断力・診断力の向上」と「医師のフォロー」(救急隊員からの連絡に的確に対応する、ということですね)が必要不可欠だと思います。
Lich[URL] 2007/05/23(水) 22:27 [EDIT]
There is no time to explain.
1分の重み。
心肺停止で脳に1分間、酸素が行かなかったら、95%以上の確率で、死亡するか、植物状態、脳死状態や、重い麻痺が残る等の、重篤な合併症が残るのですよね?
そういう人が先ず乗るべき。
消防署でCPRの講習受けてたら引っ切りなしに出動かかっていたな。
多いのが酔っ払いで現場に着くと本人がいなかったりもよくあるとお話しされてた。
ss先生も書いてるけど救急が一旦行って「じゃーね」とやったらひとでなしの様に見なされそう。
エビ[URL] 2007/05/23(水) 22:42 [EDIT]
Mistake.
脳に1分じゃなかった、5分。
エビ[URL] 2007/05/23(水) 22:49 [EDIT]
救急隊員の腕が問われますね。
それで、救急隊員の方々が訴えられることのないよう、祈ります・・・。

救急車呼んだらお金取ればいいのにって思います。
軽症者からは高く。重傷者からは安く。
って短絡的すぎますね・・・
でも「ただの酔っ払いで終電なくてタクシー代わり」は減ると思いません?

ホントに・・・常識ない人いっぱいいますよね。
ただの鼻血で呼ぶ人。←救急車がついた時は止まってる。
酔っ払いタクシー代わり←とりあえずおしっこだけとって帰る
普通の風邪←救急車呼べばすぐ診てもらえると思ってる「昼間は混むから・・・」

って、も~~~ばかっ!って言えない悲しい現実・・・・。
先生方、看護師さん、その他スタッフ・・・堪えるしかないのですかね?
ままん[URL] 2007/05/23(水) 22:58 [EDIT]
はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。
memaido[URL] 2007/05/24(木) 00:33 [EDIT]
>ss先生
現場に行ったら、かなりのロスなので。
明らかなのは、電話で断るべきだと思うんですけどねー。
電話で1割以上は断れるでしょう。

で、現場にいけば、あと1割は断れると思うんですが。
なぜ1%以下なのか、ちょっと理解に苦しみます。
Dr. I[URL] 2007/05/24(木) 00:42 [EDIT]
>Lichさん
>「救急隊員の判断ミスで助からなくなる命が生じる可能性がある」

これ、必ず問題になるんですが。
医療ですから、必ずリスクはあるんですよね、これも。
だからと言って、軽症患者がいなかったら助かったはずの命を助けなくても良い、って事にはならないので。
このまま行ったら、パンクする事は目に見えているので。
どこかでアクセス制限をかけることは必要だと思います。
Dr. I[URL] 2007/05/24(木) 00:46 [EDIT]
>エビさん
そうなんですよ。
最初の5分が一番重要ですから。
何とか、少しでも早く着く事が必要です。

Dr. I[URL] 2007/05/24(木) 00:47 [EDIT]
>ままんさん
おっしゃるとおり。
救急車の有料化も、一緒に考える必要がありますね。
以前ブログにも書いた、軽症加算、っていうのが個人的には良い方法だと思っています。


Dr. I[URL] 2007/05/24(木) 00:48 [EDIT]
別の角度から。
当院は田舎の高度救命救急センターを持つ総合病院です。
医師の数もそれなりにいますので、1次から3次まで全ての救急患者さんを受け入れております。

その中で「子供が転んだから念のため」とか
「夫婦喧嘩で夫に足を踏まれて痛かったから」
とかいう洒落にもならない理由で救急車を利用されます。
しかもそういう皆様は夜中に来られるんです…。

確かに不安なのはわかりますが、夜中に起こされるこっちはできるだけ平静を装いながら心の奥底で泣いてます…。
そういった方は本当にコンビニ感覚なんですよ。
夜中の外来が混んでいて、診察にしばらく時間がかかる旨を説明すると、
「だから今日はあっちのK総合病院にしよーって言ったのに…」
と我々の目の前でつぶやいてくださいます。
今日はローソン、あしたっはセブンイレブンって感覚です。

そういう方が稀ならまだ良いのですが、結構多いのですよ。
重症患者さんは救急の専門医が診察しますので、我々マイナーと呼ばれる科の人間は、ほとんどこういった皆様の相手をさせて頂きながら朝を迎えます。。。
仕事と割り切ってはいますが、なんか情けなくなってきます…。

ままんさま
>ただの鼻血で呼ぶ人。←救急車がついた時は止まってる。
確かのその様な方は軽症例の方が大部分なのですが、中には動脈性の出血で、一時止血しただけって方もおられます。
僕の診察した患者さんで24時間で3回救急車に乗った方も…。

病院に到着したら止まってる。
→止血しているならって事で帰宅してしばらくしたら又出る。
→救急車を呼ぶ。
→同じ病院に搬送される。
→到着したら止まってる。
→またあんたか!と怒られる。
→帰宅させられる。
→しばらくしたら又出る。
→救急車を呼ぶ。
→同じ病院には行きたくないと僕が勤めてた病院に搬送されて来た。
といういきさつです。
※ちなみに3回とも同じ救急隊員だったそうです。

来院時止血していたのですが、その場で診察したところ、鼻中郭前方に動脈性の出血点を認め、止血処理をしました。
中年女性でHbは7.5まで低下しておりました…。

止血の有無だけでは無く、『どの程度出たか?』というのは救急の場では大事だと思います。そのあたりの判断を救急隊員がするのは非常に困難な事だとは思いますが…。

耳鼻科勤務医[URL] 2007/05/24(木) 11:22 [EDIT]
 いろいろと問題もおきそうですね。救急隊に乗車拒否され、翌日受診したら即入院になったじゃねえか!こういうのは緊急じゃねえのか!と、結果論でいちゃもんつけられそうですね。ことわる現場の救急隊員たち、大変そう。。
 
 夜中の外来は確かに大したことない人、たくさん来ますね。大したことなのか、大したことないのか判断できないから来るんだと自分に言い聞かせてやってました。夜泣きがおさまらないとか、便が変な色のが出たとか、1週間前からの体調不良とか。同じ保育園でおたふくが出たから、明日遠足なのでこの子がおたくふくかどうか診て欲しいとか。←症状が無いし、耳下腺の腫れもないので大丈夫と思いますけど、発症前の潜伏期間中の場合を含めると否定はできませんとしかお答えしようが無いのですが、後日、「安心のために受診したのに、かえって不安にさせられた。どうして病院なのに専門外の医師に当直させているのか。」と 私、投書を受けたことがございます・・・。究極、全科当直しろってことですよね。市民のために。

 救急車のタクシー代わりも本当に多いですね。ほんっとーに多いですね。今はそういうこととは無縁ですが、病棟を持っているためか、24時間医師がいて診療してもらえると思われる方がいるみたいで、時々夜中に電話かかってきてるみたいです。
りん[URL] 2007/05/24(木) 16:07 [EDIT]
本当に断れるのか?
婦人科領域だと、よく「生理痛」で来ますね。
薬が効かないから救急車呼んで、搬送されてくる間に薬が効いて、
着いた頃には、ケロッとしているような患者さん、けっこう多いです。

そういう患者さんが減ってくれるといろいろな意味で助かるんですが、
でも、この制度なんやかんやでうまくいかない気がします。

果たして、軽症にも関わらずタクシー代わりに救急車を呼ぶようなモラルの低下した人が、
救急隊員の言うことを素直に聞くのでしょうか。
それに誤判断のときの責任の所在が救急隊員にあるわけだから、
そうとう慎重に判断するだろうし。

われわれが実感できるほど、軽症者が減少するかどうか・・・。
y-gami[URL] 2007/05/24(木) 20:51 [EDIT]
>耳鼻科勤務医先生
たしかに、どの症例を選ぶかってのが、難しいとは思いますが。
1%以下って事は、だれがどう考えても、軽症って患者に限定されるとは思いますけどね。

それでも、重症患者を見逃すリスクはあるので。
そうなったときに、どうするかって議論が必要だと思います。


Dr. I[URL] 2007/05/24(木) 22:17 [EDIT]
>りん先生
やっぱ、コンビニ感覚の患者多いですよね。
軽症患者で。

タクシー代わりって。
やっぱ、救急車もタクシー以上の料金を取るべきだと思います。

Dr. I[URL] 2007/05/24(木) 22:19 [EDIT]
初めておじゃまします
小児科だと、救急車から、母親とこどもが2-3人ぞろぞろ降りてきて、いったい誰が患者なのか分からない、ということがよくあります。
「お母さん、どの子を診るの?」「この下の子が急に熱が出て...(兄と一緒に元気に診察室の丸椅子を回している)」とか。

さて、少し古い話題ですが、北九州ではこんなほほえましい事件もありました。

「犬も一緒に救急車で運べ」男を逮捕
http://response.jp/issue/2004/1203/article66122_1.html

>飼い主の男は救急隊員に対して「人ばかり診とらんで、犬のケガも診ろ」などと怒鳴り、男性の処置を続ける隊員に対し、頭を小突くなどの暴行を加えるなどした。

>犬は首の骨を折っており、ほぼ即死だったとみられるが、救急車の後をクルマで追走してきた男たちは病院の医師や看護師に対しても「お前ら人間と犬を差別する気か。ケガをしているんだから、まとめてここで治療せんか」などと強要。これを医師が拒否すると、近くの備品を蹴るなど大暴れした。

京若@小循[URL] 2007/05/25(金) 12:06 [EDIT]
普通に 救急車の利用料金1万円 とかみたいなほうが 余計なトラブルを 起こさないような気もします。利用するかしないかは患者側の判断でみたいな。
りん[URL] 2007/05/25(金) 22:04 [EDIT]
さきほど、『噂の!東京マガジン』というTBSのワイドショーが、今までにないほどまともに医療崩壊の現実を伝えていました。
勤務医の過酷労働、総数としての医師不足など、本田先生も出演されて訴えられていました。コメンテータの意見もおおむねマトモで、たまたま見ただけに、伝えてくれたことに涙が出るほど感動してしまいました。

今までの番組より切り口鮮やかでワイドショーは影響力が少ないとはいえ、これからに期待したくなりました。
通りすがり[URL] 2007/05/27(日) 13:47 [EDIT]
有料化に
海外では救急車は有料ですよね。
日本でも有料化すれば簡単に救急車を呼ばなくなるのでは・・・。
選別はまた問題が出てきそうだし・・・
有料化すればいいのに
やな社長[URL] 2007/05/27(日) 17:26 [EDIT]
いよいよですねー
個人的には診断次第で有料などにすれば自分で判断できる人は確実に乗らなくなるのではと思ってます。
妊婦用救急車などあっても面白いかと思いますけど消防はみんながみんな忙しいわけでもないですから
小太郎[URL] 2007/05/27(日) 18:15 [EDIT]
>京若@小循さん
はじめまして。
それは、ほほえましいですね(涙)
こんな人いたら、どうしましょうかねー。
警察呼ぶしかないでしょうね。
Dr. I[URL] 2007/05/27(日) 21:48 [EDIT]
>通りすがりさん
おー、そうですか。
本田先生を出演させるってところが良いですね。
あの先生にちゃんと話しをさせるような番組、最近はないんですよね。
残念ながら。
これで、流れが変わってくれれば良いのですが。
そう簡単にはいかないでしょうねー。
Dr. I[URL] 2007/05/27(日) 21:50 [EDIT]
>やな社長さん
りん先生も言っていますけど。
やっぱり、有料化するしかないでしょう。
限定的でも良いから。
Dr. I[URL] 2007/05/27(日) 21:51 [EDIT]
>小太郎さん
今は、搬送用も、緊急でも何でも救急車なんですよね。
そういう風に分けるってのも、一つの手かな、って思います。
Dr. I[URL] 2007/05/27(日) 21:52 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

本当に救急車が必要ですか?
病院に、「本当に救急車が必要ですか?」というポスターが貼ってあるのをよく見ます。救急車の対応をしていてよく思います。本当に救急車が必要な、「緊急性のある」患者は殆どいないと。現在、救急要請があったときは救  [つづきを読む]
カブシキ! | 2007/05/23(水) 21:52
大淀病院事件、民事へ/東京消防庁、トリアージ試験運用へ
このブログでも取り上げた話題に進展があったので・・・。一つは、大淀病院事件。やはりというか、何というか。民事裁判になりました。。。妊婦死亡:病院と医師の過失主張 遺族が提訴 奈良 >遺族は「脳内出血の発症は午前0時ごろ」と主張。>「こ  [つづきを読む]
ポンコツ研究日記~悩める産婦人科医のブログ~ | 2007/05/24(木) 20:39
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず