現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大淀病院事件、遺族提訴
以前から、何回もこのブログで取り上げている
奈良の、「大淀病院事件」。
この事件で、遺族大淀町産科医の先生を
提訴したようですね。

某新聞に、私のブログが名指しで悪者扱いされて。
すぐに、この件に関して記事を書いたら、
遺族やマスコミに対する批判というか。
下手したら中傷にしかならないので。
敢えて、ちょっと時間をおいてから書いてみました。

Dr. Iのブログには、中傷があふれている。
とか、言われたくないですからね。

感情的になってしまいそうなので。
敢えて、事実の経過とちょっとした疑問点だけを
羅列する事にします。


奈良・妊婦転送死亡:「異常見過ごし死亡」
遺族大淀町医師を提訴

奈良県大淀町大淀病院で昨年8月、同県五條市のTさん
が分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、
転送先で脳内出血で死亡した問題で、遺族は23日、
病院を経営する大淀町と担当産科医を相手取り、
慰謝料など損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
大淀病院の担当医が脳の異常を見過ごしたことが
死亡につながった」と過失責任を主張している。

提訴したのは夫(25)と、転送先で生まれた9カ月の長男。
訴状によると、Tさんは昨年8月7日、出産のため大淀病院に入院。
翌8日午前0時ごろ頭痛を訴えた後、突然意識を失った。
産科医は頭痛と陣痛から来る失神と説明し、仮眠のため退室。
同1時40分ごろ、両腕が硬直するなど脳内出血
うかがわせる症状が表れたが、来室した産科医は子癇発作
と誤診して処置をせずに病室を離れ、
同4時半ごろまで病室に来なかった。

病院は同2時ごろまでに転送先探しを始め、Tさんは19病院で
転送を断られた後、大阪府吹田市の
国立循環器病センターに同6時ごろ到着。
CTで右脳に大血腫が見つかった。
長男は帝王切開で生まれたが、Tさんは8日後に死亡した。

死亡診断書では同センター受診時、Tさんの意識が刺激に
まったく反応しないレベルに達していたなどとする記載があり、
遺族は「脳内出血の発症は午前0時ごろ」と主張。
「これ以降、家族らが再三脳の異常を訴えたのに産科医
CTなどの検査をせず、手術でも回復しないほど
脳内出血を進行させた」としている。


医師の対応について夫は「命を助けようとする
必死さが見られなかった。
もしあれば、心から死を受け入れられた」。
同席した父は「裁判なんて考えていなかった。
お金じゃないんです。何があったのか知りたいのです」
と訴えた。

参照:毎日新聞社、2007年5月24日



これは、毎日新聞の記事なのですが。
どのマスコミも、スタンスは一緒のようですね。

テレビに関しては、座位先生のブログに詳しく書いてあるので。
そちらを見て下さいね!
『不当な提訴とマスメディア(大淀妊婦事件)』


毎日新聞の記事では、いろいろと突っ込みどころが満載で。
何を書こうか迷ったのですが、ポイントだけ。

もちろん、私は訴状を見ていないのですが。
訴状によると、

>同1時40分ごろ、両腕が硬直するなど脳内出血
うかがわせる症状が表れた


って事ですよね。
そいで、

>来室した産科医は子癇発作と誤診して処置をせずに
病室を離れ、同4時半ごろまで病室に来なかった。


という事らしいですけど。
遺族が公開したカルテ(看護記録)を元にして書いた、
『奈良の産科医 詳細2』の記事で書いたとおり、

0:14に突然の意識消失があって。
その後、内科の医師2人がかりで身体所見を取って。
それで、異常がないから、脳出血脳梗塞ではないだろう、
と判断しているわけですわ。

そして、『大淀病院、専門家(神経内科医)の意見』
の記事にも書いてあるように。
後から専門家である、神経内科医師が見ても、
この段階では「脳出血ではない。」と、はっきり言っています。

そして、これはマスコミの圧力によって一時閉鎖に追い込まれた、
専門家達が集まるm3の掲示板でも同じ意見でした。

その後、何もしていないような事が書いていますけど。
1:40までの間に、4回も看護師に見回りに行かせて、
異常があったら報告するように指示しています。

それで、1:40頃、急変して、
頭のCTを撮る事も検討したけれども。
頭のCTっていうのは、ただの検査ですから。
脳外科医のいない、大淀病院で撮っただけでは、
何の解決にもなりませんから。
それであれば、早く搬送先を決めた方が良いだろう。
と、判断して、いろんな病院に電話をかけまくったのですよ。

で、子癇の治療をしたり、内科医と交代で
患者ベッドサイド行ったりしているわけですよね。
この産科医の先生は。

これは、遺族がマスコミに公開したカルテの看護記録
に書いている部分だから。
それは正しいと思うのですがね。

違うって事なのでしょうかね。

そして、明らかにおかしいのは。

>同1時40分ごろ、両腕が硬直するなど脳内出血
うかがわせる症状が表れた


って訴状には書いてあるんですよね。
1:40に、脳内出血を疑わせる症状って。

それなのに、
>遺族は「脳内出血の発症は午前0時ごろ」と主張。

1:40に、脳内出血を疑わせる症状が出たなら、
脳内出血が起きたのは、1:40なんじゃないですか。

午前0時脳内出血になった、って
どうやって証明するんでしょうかねー。
どうゆう説明を遺族がするのか、
聞いてみたいですね、是非。


医師の対応について夫は「命を助けようとする
必死さが見られなかった。
もしあれば、心から死を受け入れられた」。


夜中の0時から午前4:50まで、内科の医師と交代で
ベッドサイドについて処置をしたり。
19もの病院に電話をかけまくって
それで、必死さが見られないのですか。
そうですか。

>お金じゃないんです。何があったのか知りたいのです

m3の掲示板で、専門家達が議論して。
何があったか、真実がはっきりしたと思うのですがねー。
マスコミの圧力で、一時閉鎖に追い込まれましたけど。

普通は、損害賠償の金額を、きちんと言うはずなのですが。
お金じゃないなら、きっとものすごい少額なんですよね、当然。
それだったら、前代未聞な位、少額の訴訟って事を、
マスコミを使って報道すれば良いんじゃないですかねー。



妊婦の突然死といえば、肺梗塞。
別名、「エコノミークラス症候群」
「エコノミークラス症候群」について知りたい人は、これを読んでね!


→ 『気をつけて!死んじゃうかも!フライトの旅行で注意すべき病気!』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
やはり……
Dr.I様

 やはり、遺族の方々、訴えてきましたね。
 しかし、カルテに書かれた事実から考えると、遺族の主張には相当無理があるような……。しかも、できるだけの努力をしている(受け入れしてくれる病院を探している」にもかかわらず「命を助けようとする 必死さが見られなかった。
もしあれば、心から死を受け入れられた」。って……。逆に「じゃあ、何をすればよかったんだ」と言いたくなりますね(出血があったタイミングを考えると、医師の方は最善を尽くしていると思います)。
 いい加減、「どうしようもなかった」という事実を受け入れ「何でも医師の責任にする」のをやめていただきたいものですが……「肉親の情」に目がくらんだ状態では、無理でしょうか(嘆息)。
Lich[URL] 2007/05/27(日) 23:40 [EDIT]
Be near me, Lord Jesus, I ask Thee to stay.Close by me forever, and love me, I pray.
I先生は誰のこともどの媒体も中傷などした事はないですよ。だから皆ここにいらしているのだと思います。
この産婦人科の先生は奈良南部のお産を一手に引き受けて、妊婦さん達から大変慕われたお医者さんだったのでしたよね。大淀病院ではお産が出来なくなって、二人目三人目もこの先生にお願いしたいと思われていたお母様達がいなかったのかなと想いを馳せています。
言葉の定義ですけれど、少額ということについて、今回の「民事」より少額の事件を扱う「簡易裁判所」が訴えによって得られる経済的利益が、”140万円以下”の民事訴訟事件の裁判をするところで。もっと下の「少額訴訟」というのは”60万円以下”の場合ですね。いくらであっても大切な人とは比べものにならないですが…。
単純にエビが思うのは、裁判をすることでまたお互いに辛い気持ちがしたり悲しいことを思い出すならばエビなら避けて通る道です。大切な人に何かあった時点でエビはたぶんパターンですけど…。
ご遺族の悲しみが一日も早く癒えますことをお祈り致します。
産婦人科の先生がまたたくさんの赤ちゃんをこの世に招待してくれる日が来ますこともお祈りします。
エビ[URL] 2007/05/28(月) 00:12 [EDIT]
家族の気持ちとしては、どんな対応であったとしても
亡くなってしまった事への 悲しみとか 怒りとか全部を
病院や医者にぶつけてるのじゃないかと 思います
もし 私が家族側であったら 不条理にも助けてくれなかった事へ腹が立つでしょうし
逆に 医者側であったら どこまでやればいいの?ってことに
なるんだと思います
人は全て自分の都合のいいように解釈しますから
ってことを私も最近経験しました。
横暴な態度の医者がいるから
真面目にやってる方にしわ寄せ来るんじゃないのかな
yacchi[URL] 2007/05/28(月) 08:39 [EDIT]
ご遺族は対話を求めていたと思う。
さる4月下旬の例のシンポジウムを聴講し、ご遺族の口演を直接聞いたものとしての感想です。

ご遺族は、最初、「死」を受け入れていくための対話をもとめていたのだと思います。
ところが、マスコミが入り、(自称)被害者の会が入り、かれらの影響で、対立構造が増幅されてしまったのでしょう。

もう、ここまでこじれたら、対話はきびしいと思いますが。

ご遺族、医療者の両者にとって、悲しいことだと思います。
なんちゃって救急医[URL] 2007/05/28(月) 11:19 [EDIT]
>Lichさん
遺族が訴えるのは、予想通りですが。
やっぱり、主張には無理がありますよね、これ。

何でも結果が悪かったら、医者のせいにするのは、やめて貰いたいものですね。
Dr. I[URL] 2007/05/28(月) 19:29 [EDIT]
>エビさん
一応、中傷とかにならないように、気をつけて書いているつもりなんで。

残念ですけど。
今までも、この産科医の先生が大淀病院でお産を再開する可能性は、限りなくゼロに近かったですけど。
この訴えで、完全にゼロになってしまったような気がします。
Dr. I[URL] 2007/05/28(月) 19:31 [EDIT]
>yacchiさん
たしかに、親族が亡くなって一時的にそう思う感情はあるでしょうけど。
時間が経っても、ずーっと医者の責任だ、って現実を見ないのは、どうかな、って思いますよ、正直。

今回の場合は、特にネットなんかで、詳細に検討されているわけですから。

一部の横暴な態度の医者のせい、ってのもありますけどね。


Dr. I[URL] 2007/05/28(月) 19:33 [EDIT]
>なんちゃって救急医先生
そうですね。
そういう意味で、遺族はマスコミの被害者なのかもしれませんね。
悲しい事ですが。

でも、私は同情できませんけどね。
Dr. I[URL] 2007/05/28(月) 19:34 [EDIT]
非常に悲しい事です。
特にこの件の場合、客観的に詳細に検討され
担当医師があれ以上の事はできなかった事が判明している。

それこそが「真実」なわけです。
それを曲げる事はできない。
それは理不尽というものです。

でも、感情でそれを曲げてしまう。
感情の方が格段に分かり易いから。
「人一人死んでいるんだぞ!」という声。

悲しい。
医師が魔法を使って脳出血を起こさせたんじゃない。
常識的には、出産時に脳出血を起こした時点でアウトです!助からない・・・。

まず子供を助ける事に集中するしかない。
しかし、この例、よく子供が助かったものです。
技術だけで子供が助かったのでは決してない。
ものすごい数の人々がボランティア精神で子供の救命の
為に働いたからこそ助かったのだと分かります。
大淀の担当医を含めて、です。
ギリギリの判断を繰り返していた事が分かるんです。

それなのに・・・。
悲しい事です。正直、怒りたくもなります。
この件で大淀の産科は閉鎖を余儀なくされました。
結局、迷惑を被ったのは誰ですか?

裁判は、裁判所で行われるものなので、その結果は
どうなるか分かりません。
病院を訴えず、担当医師と町を訴えたのも戦術の一環なのかもしれません。

でも、現場に近い者には「真実」が既に判明している。
この件について、訴えを起こす事でどんな良い事があるというのでしょうか?!

誰に良い事がありますか?

そして何が破壊されましたか・・・?
よくよく考えて欲しい。






ようた[URL] 2007/05/29(火) 01:17 [EDIT]
>ようた先生
この件の場合は、真実がはっきりしていますからね。
それを認めないで、自分たちに都合の良い真実を目指して、って。
しかも、結果として奈良南部でお産ができる、唯一の病院がなくなった。
その事実を良く考えて欲しいですね。
Dr. I[URL] 2007/05/29(火) 23:05 [EDIT]
エビさまへ
I先生が中傷した事ないですって。わらわせないで下さい。どれだけの中傷と荒しをしたか。よくここまでの暇人がいるものかとおもいました。大淀病院の先生が妊婦さんから慕われていたですって。2度とあんな先生いやだって言ってた妊婦患者がどれだけ多かったか。痛いといえばこの位、辛抱しろ、とどなられる。説明なんてほとんどしてもらえない。こちらから聞くと怒鳴られる。私もこんな先生2度といやです。又事情もろくに分からないお医者さま方で怒鳴られて当然だとか書き連ねられるのでしょうけれど・・・
但し、責任感は強くお持ちの方のようにおもいます。一体いつ休みなんだろうと思える位勤務
[URL] 2007/06/07(木) 01:40 [EDIT]
エビさまへ
(続)状況は過酷でした。あのような言動を続けておられるのならTさんと誤解が生じても仕方ないかもしれません。
[URL] 2007/06/07(木) 01:57 [EDIT]
>名無しさん
どれが中傷や荒らしに当たるのか、私にはわかりません。
具体的に教えて頂ければありがたいです。
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 19:43 [EDIT]
smile smileクリニックさまとお呼びしたら納得していただけますか。威力業務妨害ともとれますが。同じ書き込みを何十できかなく送りつずけたのは、あらしとは言わないのでしょうか。はては、日本の要人までおちょくって。善人ずらしないで下さい。おそらく今回の件、M先生はベストを尽くされていると思います。手抜きをする様な方ではないとおもいます。しかし、Tさんの仰る事、そしてあなたが荒らしたブログ主の仰る事私には、よくわかるのです。先生にろくに説明もしていただけず、2度めには、弁護士が出てきて「全く問題はない。」
といわれ、挙句のはてには、「真実をしりたければ、裁判でもかけろ。」と言われたとか。どれだけTさんがつらい思いをされておられるか。マスコミの言うこと、どこまでが真実かは、わかりませんが・・・
[URL] 2007/06/08(金) 01:07 [EDIT]
>名無しさん
申し訳ありませんが。
全く身に覚えがありません。
いつ頃の事でしょうか。
「smile smileクリニック」で検索したのですが、見つかりませんでした。
名前にも聞き覚えがありませんし。
今までに、「同じ書き込みを何十できかなく送りつずけた」という事は、そのブログに関わらず、私は一度もありませんので。
もしよろしければ、URLを教えて頂ければありがたいです。

あ、大淀病院の件で、情報流出って事で読売新聞に載った時に。
私ではない誰かが、では本人の言い分を聞いてみましょう。
って誰かがいろんなブログに書き込んだのは知っていますが。
あれは私ではありません。
その事を言っているのでしょうか。
Dr. I[URL] 2007/06/08(金) 19:15 [EDIT]
あきれました。いつごろかは、あなたが1番よくしっているでしょう。読売新聞云々全く関係ありません。そのようにとぼけておられたいのなら最後までご自身の素性を明かさなかったらよかったのに。それとも「何者かが私の名前をかたりました。」とでも仰りたいのでしょうか。それともブログ主がすでに消したことをいいことに強気になっておられるのでしょうか。
[URL] 2007/06/09(土) 00:59 [EDIT]
>名無しさん
あのー、全然わからないんですけど。
そんな事言われても。

>最後までご自身の素性を明かさなかったらよかったのに。
っていうのも、最初は違ったって事なんでしょうか。


>ブログ主がすでに消したことをいいことに
って言われてもも、そのブログがどこにあるかもわからないし。

Dr. I[URL] 2007/06/09(土) 01:29 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

身体の異常症状・赤信号
身体の異常症状・赤信号  [つづきを読む]
身体の異常症状・赤信号 | 2007/05/31(木) 18:55
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず