現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『とくダネ!』6/5、麻酔科医不足
本日もとくダネ!』を見てみました。
6/5放送分、『とくダネ!』医療プロジェクト の放送内容と感想です。
参照:「こちらフジテレビ」

今日は、昨日やる予定だった、
麻酔科医不足についてでしたね。
(1)【手術が受けられなくなる!麻酔科医不足に潜む危険】
 6月4日(月)放送予定


放送の内容は。

最初、歯科医が研修で麻酔をかけていて。
本当は指導医がつきっきりでいなきゃいけないのに。
オペ室が3つで、並列でオペをしていて。
指導医2人しかいないから、
一時的に指導医が離れなきゃなんなくなって。
そいで、患者が亡くなった、って話でした。

参照:「2006年6月5日:読売新聞」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000101-yom-soci

病院内で後から出来た委員会では、
術前の心機能リスクを過小評価していたから。
って事だったみたいです。
自称医療ジャーナリスト、伊藤氏が
麻酔科医は、術前回診とかも
いろいろやって当然のような話をして。
私は何例も手術を見たらか、
麻酔がどんなに大事かわかる。
みたいな話もしていましたけどねー。

「いや、素人が手術を何回か見ても
わかんないんじゃないですかね。
医学的知識が相当ないと。」


そいで、その後に出てきた「浅山」だか、って麻酔科医
本当は、麻酔を並列でやっていて。
患者が亡くなった時に行けなかったんだけど。
そんな事は患者には言えないから、隠した。
って話とか。
最初の方は、医者悪者にする作りでしたね、番組的には。

で、麻酔科医へのアンケートがあって。
並列麻酔(同時に2つの手術場で、1人の麻酔科医
麻酔をかけること)をやっている人が、半分以上。
事故を起こすかもしれない、って思う人も半分以上。
麻酔科医を辞めたい、って思った事がある人も半分以上。
って内容でした。

「都市部では麻酔科医は余ってるけど、地方では足りない。」
って、本当に医者がそんな事言ったのか、
って意見も紹介されていました。

で、全身麻酔が行われる病院施設は全国に4,000
あるが、麻酔科医が常勤するのは2,000しかない。
日本は先進諸国の中で、人口比率で見ると
麻酔科医の数が少ない。
って話も出ていました。

麻酔科医ってのは、いわゆる3Kの職場だ。
本当は非常に大事なんだけど、評価は低い
って話を伊藤氏がして。

その後の、司会の小倉氏の発言。
「そういうのにあこがれて、医者になったんじゃないのか?」
って。

「あんた達マスコミがそんな事言ってるから、
医療崩壊が進行したんだろ!」


って思っていたら。
なんと、伊藤氏がまともな発言を返していましたので。
ちょっとびっくりしました。
医者の精神論に頼ってはいけない。」
って言っていましたよ。
ちょっと、彼に対する見る目が変わりました、私。

その後、小倉氏。
「今頃になって、医者が足りないとか、
病院が足りないとか。」

って、言っていましたけど。

「そんなん、今までマスコミが取り上げなかっただけだろ。
医者のブログでは、とっくの前から言ってるから。」


って感じでしたねー。

最初に医者悪者にする感じの作りだった。
ってのと、司会者の小倉氏の発言には
ちょっとがっかりしましたけど。
自称医療ジャーナリストの伊藤氏の発言は、
昨日に続いて、結構良かったですね。

この番組の中でも出ていたけど。
麻酔学会で出した「ガイドライン」っていうのがあって。
それでも、「並列麻酔」(同時に2つの手術場で、
1人の麻酔科医麻酔をかけること)は良くない。
って書いてあるらしいんですけどね。

まあ、そりゃあ、「正論」ですよ。
麻酔をしている間、一時的にでも麻酔科医
手術場を離れる状況と。
ずーっと、麻酔科医がついている状態では。
麻酔科医が常在しているほうが、
何かあった時の対処とかも早いに決まってますからね。

でも、じゃあ、並列麻酔をしなかったら。
手術の数が減るわけだから。
そしたら、今なら3日後にできている手術が
一週間待ちになる、とか。
そういう風になるわけですよ。
ガイドライン通りにやったら。

1,今まで通りのペースで手術を行うとしたら、
 麻酔事故のリスクは今まで通りある。
2,並列麻酔を行わなかったら、リスクは減る
 (絶対にゼロにはなりません)が、
 手術までの待ち時間が長くなる。


のどちらかしかないんですよね、絶対に。
麻酔科医の数が急に2倍とかに増えない限りは。

そういった事をきちんと言って欲しかったですね。
そこが、一番大事なところですから。
今一歩、踏み込みが足りませんでしたかねー。


明日はいよいよ、出産難民についてです。
大淀病院の件も出るようなので、
明日もなんとか見たいですねー。


手術で怖いことと言えば、「肺梗塞」
別名「エコノミークラス症候群」
「エコノミークラス症候群」について知りたい人は、これを読んでね!

「気をつけて!死んじゃうかも!フライトの旅行で注意すべき病気!」

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
鵜飼い麻酔はどうなんだろ
 思ったより並列麻酔が少なかったのでびっくりしましたが、おそらく研修医を使った鵜飼い麻酔なのでしょう。研修医は医師ですから麻酔をしても問題はありません。各症例に研修医を張り付かせて、指導医は掛け持ちで指導に回っているのでしょう。実際には指導医が自分で掛け持ち麻酔をした方が安全なはずです。

 麻酔科医関連の報道がずれ込んだのは、三井記念病院の件があったからでしょうね。
bamboo[URL] 2007/06/05(火) 21:53 [EDIT]
おつかれさまです
並列麻酔せずに手術長期待ちだったとしたら
それはそれで、「待たされすぎて助からなかった」とか言う人もでてくるんでしょうしね。

小倉氏も軽い発言は慎んで欲しいですね。TVの影響力は大きいんですから。


RURI[URL] 2007/06/05(火) 22:05 [EDIT]
結局は……
Dr.I様

 どうも、フジテレビは「医師を悪者」にしたいようですが、コッメンテイターに阻まれましたね。この伊藤氏、次から仕事を干されそうですねぇ(嘆息)。
 結局「単純に人手が足りない」という現状を、どういいつくろって見ても覆すことは出来ない、というだけだと思うのですが、厚生労働省もマスコミも、当分はその事実を認めそうにありませんね。困ったものです(嘆息)。
Lich[URL] 2007/06/05(火) 22:48 [EDIT]
見ていませんが、
思ったより中立的に報道されているようですね。少し安心しました。

>並列麻酔を行わなかったら、リスクは減るが、手術までの待ち時間が長くなる。

一度、日本全国で並列麻酔無しでやってみますか?そうしたら患者さんにも病院の現状が伝わると思います。
麻酔科とか、手術室とかって本当、ギリギリでやってるんですよと。
ss[URL] 2007/06/05(火) 22:58 [EDIT]
We will give you anesthetizing.
麻酔先生奥様と感想を述べ合いました。麻酔をかけるところだけだったので大変なのはそれだけではないのでモヤモヤみたいです。
手術の麻酔をかける以外にもICUや救急など随所に関わられるそうで、色々と伺って、Bamboo先生もそういう感じなのかなと大変なお仕事だなと思いました。
I先生結局連日テレビ見てblogアップして…だいじょびでちゅか?休まないとダメなんでございまちゅよアプ!
エビ[URL] 2007/06/05(火) 23:43 [EDIT]
>bamboo先生
研修医がずっとついていれば、それは並列ではない。
って事なんでしょうかねー。
並列麻酔をしていない病院の方が珍しいと思いますけどね。

あ、それで遅れたんでしょうかね。
Dr. I[URL] 2007/06/06(水) 20:09 [EDIT]
>RURIさん
そうなんでしょうねー。
結局、なんくせつけてるだけなんでしょうか。

小倉氏には、マスコミの影響を自覚して欲しいです。
Dr. I[URL] 2007/06/06(水) 20:10 [EDIT]
>Lichさん
なんか、思ってたより、非常に良い発言をしていますね、彼。
この番組に関しては。
Dr. I[URL] 2007/06/06(水) 20:11 [EDIT]
>ss先生
結構、この番組に関しては、中立の立場で報道しているようですね。
一ヶ月だけみんなやってもらって。
そいで、どれだけ手術が伸びるかって試したら、わかりますかねー。
Dr. I[URL] 2007/06/06(水) 20:13 [EDIT]
>エビさん
麻酔科でも、救急をやってる先生は、もっともっと大変ですよ、本当に。
Dr. I[URL] 2007/06/06(水) 20:14 [EDIT]
並列麻酔は禁止
並列麻酔、一切やめたらいいじゃないですか! 国家やマスコミ様の方針にしたがって、並列麻酔などやらず、粛々と手術予定を組めばよい。それに、個人的リスクを背負って並列麻酔したところで、給料同じじゃないですか! ギリギリ頑張っていたところで、ひとつ合併症が起これば、すべてを否定するのが現在の日本の社会、特にマスコミ様です。

病気が手遅れになる? そういう政府やマスコミを支持したのは、あなたたち国民でしょう? さすがに、並列麻酔をしないため手術が遅れて、という訴訟は成り立たないんじゃないかな? 成り立てば、成り立ったで、もうあまりに滅茶苦茶で面白いですよね。

それで、こっちは、自由診療の高度医療病院を作ればいいんです。麻酔科医や外科医、一部の内科医はもう絶対的に足りないんだから、手術や入院の待機時間を短くしたいなら、需要と供給がマッチするところまで価格をあげて、支払ってもらったらいいんです。それが、日本の外では、ごくあたりまえです。安く医療を受けたければ保険ですませる代わりに、長い間待つ。待つのがイヤなら自分で支払う。

待つのなら、万人が平等。ただし、万人の時間的要求を満たせるような予算も、人的資源も、医療保険制度にありはしない。あったところで、要求はどんどんエスカレートするだけだから、どこかで不均衡になってしまう。だから、待たせようとしない(つまりアクセス制限をしない)皆保険制度などいつか必ず破綻します。

それに、こういうシステムが成り立てば、医師、少なくともしっかり研修・教育を受けて、専門技術を苦労して身につけた人たちのQOLが上がること、請け合いです。
麻酔科医[URL] 2007/06/06(水) 21:51 [EDIT]
>麻酔科医先生
そうなんですよね。
きっちり、ガイドライン通りやったら良いんですよ。
そして、実際にそうなった。
ってなれば、国民の意見も変わるかもしれませんしね。
正直言って、医者は困りませんからね。

今の日本の医療崩壊、って医療従事者だけの話なんですよね、所詮。
結局、自分たちに痛みがない限りは、医療関係者をこき使い続ける、って事が続いてるので。
どこかで、国民も痛みを知らなきゃ駄目でしょうね。
Dr. I[URL] 2007/06/06(水) 22:43 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず