現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『とくダネ!』6/6、ハイリスク出産難民
本日もとくダネ!』を見てみました。

6/6放送分、『とくダネ!』の放送内容と感想です。
今日は、「ハイリスク出産難民」についてでした。

(2)【赤ちゃんを安全に産みたい“ハイリスク出産難民”】
 6月5日(火)放送予定

参照:「こちらフジテレビ」

放送の内容は。

最初、大淀病院で亡くなった妊婦の
旦那と子どもが出ていて。
どうなることやら、って思っていたのですが。
意外や意外。
今日も、放送の内容はかなりまともでした

日本に産婦人科のある病院約6000あるけど、
お産を扱っているのは約3000と半分以下。
お産を取り扱っている医者の数は8000人くらい
って話しがあって。

司会の小倉氏が、
産婦人科なのに、なんでお産やんねーんだ。」
みたいな、相変わらず、
とんちんかんな発言とかもしてましたが。
それは置いておいて。

番組の後半で、日本で一番周産期死亡率が低い、
宮崎県」の取り組みを紹介していました。
1993年は、周産期死亡率が1000人当たり7.5人だったのが、
池之上先生って、日本で最初に五つ子を産ませた先生が来て、
2004年には、周産期死亡率3.1人になったって事で。
その具体的な取り組みについて、やっていました。

宮崎には、国が推進する「周産期センター」はないのですが。
1次→2次→3次病院連携が非常に良い、って話でしたね。

具体的には

1,バックトランスファー
 1次,2次病院で取り扱えなかったハイリスク出産
3次病院大学病院一つしかない)に送って、
そこでお産を扱うのですが。
赤ちゃんを産んで、リスクが減ったら元の1,2次病院
転院してもらって、今度来るかもしれない
ハイリスクな人の為にベッドを空ける

ってシステムだそうです。

こんなシステム初めて知りましたが、
非常に画期的だと思いました。
でも、都会でこれをやろうとすると、
患者はほとんど拒否する、って話も
自称医療ジャーナリストの伊藤氏がしていました。

2,新生児治療
 産科の先生新生児の治療もできるように、
人をトレーニングした、とかって言っていましたね。
そういう人材を作るのに10年かかった
とか言っていましたが。
産科の先生で、新生児をきちんと診れるのは、
かなり難しいと思うのですが。
どうやら、それに成功したらしいです。
あんまり、細かくはわかりませんけど。

3,テレビカンファレンス
 毎週一回1次、2次、3次病院
テレビカンファレンスを行っているそうです。
それで、「この病院でこういう症例がいるから、
やばくなったら頼むわ
。」
みたいな、連携がスムーズに行っているようですね。


単純に、番組の後半で紹介されていた
宮崎県の取り組みはすごいなー、って思いました。

テレビ番組全体としても、大淀病院での
産科医バッシング」のような事はなく、
医療システムの問題に焦点を当てた、
比較的良い番組に思えました。

自称医療ジャーナリストの伊藤氏は、
今日も良い発言していましたね。
「重症患者を受け入れる為に、
ベッドを空けていてもそこに収入は発生しないから。
そういう時に、補償をする為のシステムも必要だ。」

という、まっとうな意見も述べていました。

宮崎の場合は、比較的地方で、
病院医者患者ともに、物わかりが良いというか。
トップダウンで、物事が決まってそれに従ったのが、
結果的に良い方向に向かったようですが。
都会になると、患者も自分の事しか考えない人が多いし。
病院も、自分たちの利益がメインになるでしょうから。
なかなか難しいのかな、とも思いました。

救急車のトリアージの話で、
「救急車、軽症患者お断り」の記事にも書きましたけど。
重症患者を救う為に、軽症患者には我慢してもらう、とか。
そういう事が必要になるかな、って思います。

患者善意に頼るだけでは、
特に都会では不十分なので、その為にシステムを作るとか。
3次救急重症患者の為に、
ベッドを空けたらその費用は補償するとか。
医者も待機している時間は、手当を出すとか。
目に見えない所にも補償が必要だと思います。

でも、結局方針を決めているのが役人なので。
目先の事しか考えず、そんな事に金なんか出せない、
ってのが現状なんですよね。
地域でできる取り組みとかもあるけど。
やっぱり、システムとして国が方向性を出さないと
いけないな、って思います。


それにしても、司会者の小倉氏。
「大きな病院作って、
そこで全部できるようにすれば良いのに。」

みたいな事、言っていたけど。

産科医病院重症患者用のベッド医療費
限りある資源、人材だから。
それを有効に利用する為の良いシステムの見本
みたいな話をしているのに。
全然、話の内容を理解していないようでしたね。

だから、そういうの「箱物行政」って言うんだけど。
それ批判してるくせに、自分で言ってるもんねー。
大きな箱だけあっても、そこで働く医者
たくさんいないと、成り立たないんだけど。
思いつきで、もの言わないで欲しいですね。


「限りある資源(人材)を有用に使う為には、
アクセス制限(現実的なのは、軽症患者)は必要。」

と私は思います。

その為の一つの方法が、
救急車でのトリアージ救急車有料化
そして、以前から私が提唱している、
軽症患者時間外加算
のようなシステムなんだと思います。

現在の日本の医療の問題点っていうのは。
まず、医療費削減ありき
その為には、アクセス制限が必要。
でも、その方針を作っているのが、
現場を知らない厚労省の役人なので。
結局、具体的にどういうアクセスの制限を
したら良いのかわからない。

で、結局、一律にアクセス制限をかけると。
コネのある人間やごねた人間が得をする。
もしくは、金のある人間が得をする。
ってシステムになっていて。
結局、本当に医療が必要な重症患者
医療を受けるのを制限される

って事だと思います。

私は医療費削減政策そのものには反対なのですが。
限りある資源、人材を有効に利用するためには、
一定のアクセス制限はやむを得ないかな。

って思います。
医学部の定員を増やしたとしても、
彼らが戦力になるまでに10年以上はかかりますから。
このままいったら、確実に日本の医療は
崩壊してしまいますから。

それを改善する為には、医療政策を作る
人達が現場の人間の意見を素直に聞く

って事が大事だと思います。


医療現場で働く医者の意見を聞きたい。
医者のホンネを知りたいって人は、これを読んでね!

→ 『医者のホンネが丸わかり!』


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
I felt relieved.
なんか…良かったでちゅよね。
大淀のこともちらっと触れたのも今の制度のせいで起きた悲劇という扱いでしたし。このblog出たりしてとひそかにびくびく心配してたのでめちゃめちゃホッとしたエビ。
宮崎は医大が一つとか言ってませんでしたっけ?だからこの先生の方針でどんどんいけたみたいなことも伊藤氏ちらっと。
救急車有料は言ってる先生いますけど軽症加算は斬新ですよね?軽症重症早見表(ごめんなさい、もっとちゃんとした言葉で…)みたいなのが共通でないと個々の判断に頼られちゃ危険そうですけど。
待機時間はドキドキ料金(ますます言葉がワヤ!)必要だと思います。
明日は『癌』でしたか?うー、母を思い出しそうで…でも、頑張って見ますエイエイオー。
エビ[URL] 2007/06/06(水) 22:46 [EDIT]
なんだか……
Dr.I様

 今回の特集、意外なほど「まとも」ですね。そういう意味では、心配していたほどひどくはないですね。
 ただし、肝心要の司会の小倉氏が「全然わかってない」ってのは致命的ですね。もう少しマシな人だと思っていたのですが、結局「ナレーターしか出来ない人」なんですかね(嘆息)。
Lich[URL] 2007/06/06(水) 23:26 [EDIT]
>エビさん
大淀病院の話が出て、この内容ですから。
今後も、この番組に関しては期待して良いとおもいますね。 
軽症加算は言ってる人いないんですよね。
残念ながら。
自分的には良い案だと思うんですが。
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 00:53 [EDIT]
>Lichさん
そうなんですよ。
番組自体はかなりまともで。
むしろ、それにとまどっています、私。

でも、司会者が致命的かと。
医療の話じゃなければ良いのかもしれませんけどねー。
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 00:54 [EDIT]
多分
 私は普通の人が言っていることを小倉氏がはからずも代弁しているんじゃないかと思いました。産婦人科が産科と婦人科の2つであることを知らない男性もかなりいるんじゃないかと。キャスターとして求められる資質は別として。

 7日はテーマが癌ですか!?。母を癌で亡くしている私にとっても興味深いテーマですね。がんについては、末期がん患者の延命について、厚労省が指針試案を出しましたね(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/55649/)。

 でも、たかだか1回15分程度だと、かなり端折ってる部分があるんじゃないのか?と思うのは勘ぐりすぎですかね!?
aqua[URL] 2007/06/07(木) 01:15 [EDIT]
本当に内容を検討した結果か?
最近出産したり出産を予定している一般主婦のネットでの書き込みを意識してウケがいいように変更した可能性。
放送内容より視聴率やスポンサーへ向いているし、だてに放送日を変更していない。

とは医療報道についてマスコミを斜めにしか見れなくなりつつある(笑)私の感想。
お弟子[URL] 2007/06/07(木) 04:29 [EDIT]
まあまあかな?
皆さんのおっしゃるように予想よりはだいぶまともな内容でホッとしました。一番驚いたのは司会の小倉氏が相も変わらず訳のわからない発言(aqua氏のおっしゃるようにこれが一般市民の知識なのでしょう)をしていたにもかかわらず、女優?の高木美保??(そちら方面に疎いもので失礼)が『ベッドを空けておいたらばその分のお金は病院には入らないのでしょう?』との発言があったことでした。何かとっても嬉しくて”ホッ”とした瞬間でしたヨ。皆がこのぐらいの理解を持っていてくれたらばもっともっと日本の医療って良い方向に行きそうな気がするのですが・・・。
saki[URL] 2007/06/07(木) 08:31 [EDIT]
はじめまして
私も九州のある県(宮崎ではありませんが)で長く勤務医をしていたから何となくわかるのですが、県に一つしか医学部がない県は県内の医師がほとんど同門会の先輩後輩なので、施設間の連携は組みやすかった印象です。今は私は複数の大学が入り混じったところにおり、患者の紹介の点では地方の単一医局システムのよさを感じています。

この連携を今後誰がコーディネートするかが重要だと思います。昔は医局制度によって何となくで出来上がっていたのでしょうが、医局の医師派遣能力が落ち、医局に属さない若手医師が今後増えてきた時に、行政が適切に音頭を取るとも思えませんしね。
rinzaru[URL] 2007/06/07(木) 09:54 [EDIT]
小倉氏の母親は産婆さん。それでも、お産に関してあの程度の認識…。推して知るべし。
通りすがり[URL] 2007/06/07(木) 13:27 [EDIT]
お久しぶりですー。
ここんとこビンホーで医療ウォッチャーどころじゃなかったんですが、こちらを覗きに来てこの番組を知り、ウオッチしています。
フジのこのシリーズは、必ずカンドーのスーパーDr.ものと、あの「カスペ!」が連動してたんですが、今回は「かスペ!」抜きのようですね。さんざん叩いた甲斐があったのかなー。こないだフジの関係者にも散々イヤミ言っといたし。番組を見る限り、フジにも伊藤の隼ちゃんにも学習能力はあるようで。オヅラは相変わらずみたいですが。
久々にブログも復活したんですが、サボっていた間に大淀事件をめぐってブロガー潰しの動きがあったよーで。戦線離脱しちゃってて申し訳ねーとおもいつつ、こちらの過去ログをネタに使わしてもらいました。
今後ともよろぴくー。
最凶[URL] 2007/06/07(木) 13:31 [EDIT]
>aquaさん
まあ、一般の人達も彼レベルの人達も多いですからね、たしかに。
でも、全国に報道するわけですから。
もう少し、勉強して欲しいですね。

Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 19:48 [EDIT]
>お弟子先生
まあ、所詮は視聴率とスポンサーを見ているんでしょうけど。
でも、医者叩きをやったら、視聴率が取れるって勘違いしているよりはましになったかな、って思っています。

>マスコミを斜めにしか見れなくなりつつある
そりゃ、素直には見れないでしょ。
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 19:51 [EDIT]
>sakiさん
そうなんですよ。
もっととんでもない番組になるかと思っていたのですがね。

なかには、きちんとした知識のある人もいますからね。
できれば、司会者もコメンテーターも、ある程度わかっている人を選んで欲しいですよね。
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 19:53 [EDIT]
>rinzaru先生
やっぱり、そういうのはあるでしょうねー。
医局が良い、悪いは別として。

国や政府は、そこまでできないでしょうね、きっと。
机上の空論ばっかりで。
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 19:56 [EDIT]
>通りすがりさん
うわ、それは初めて知りました。
それで、あの知識って(汗)
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 19:59 [EDIT]
>最凶さん
お久しぶりでーす。
小倉氏、どうにかしてほしいですねー。

ブログ紹介はいつでも構いませんよ!
Dr. I[URL] 2007/06/07(木) 20:01 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

抗リン脂質抗体症候群とは
抗リン脂質抗体症候群とは何かを調べています。妊娠、検査、症状、出産、自覚 症状、治療方法など  [つづきを読む]
抗リン脂質抗体症候群とは | 2007/06/06(水) 23:33
妊娠初期症状
妊娠初期症状の情報サイトです。妊娠初期症状について分かり易く解説しています。  [つづきを読む]
妊娠初期症状 | 2007/06/07(木) 10:00
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず