現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『とくダネ!』6/8、「医師の技量」
本日もとくダネ!』を見てみました。
6/8放送分、とくダネ!』の放送内容と感想です。

今日は、「医師の技量」についてでした。

(5)【未熟な手術で患者死亡…見えぬ医師の技量
 6月8日(金)放送予定

参照:「こちらフジテレビ」

ホントは、ブログ書いてる場合じゃないんだけどなー、俺。
いっぱいやる事あるけど、現実逃避っす(汗)

最初、「大動脈弁閉鎖不全症」の高校3年生の子が。
ロス手術」って難易度の高い手術を行って、
手術亡くなったという患者の遺族のVTRがあって。
この医師経験不足だ、って話が出て。

中堅の心臓血管外科医北海道大野病院って、
年間250件くらい心臓手術をやっている病院に、
技術を学び直すために入り直した話が出ていました。
大野病院の院長の道井(どい)先生は、
心臓手術が上手い、って事で有名ですよね。

次に、昨年日本心臓外科学会が発表した
手術施設の年間症例数と死亡率の表が出ていました。
(後天性の心臓に関して)

年間症例数1~24例だと、死亡率4.9%
手術件数が多くなるほど、死亡率が下がって、
100例以上だと、2.3%になるから。
症例数の多い病院ほど、死亡率が低い。
2倍以上だ、って結論を出していました。

100件以上心臓手術を行っている病院は、
日本で76
1~24件と少ない病院160で、
症例数が少ない病院の方が数が多い。
って話がその次に出てきました。

そして、その次の表が
日本とアメリカ、ドイツの心臓手術の件数比較の表です。

手術件数
日本 約5万
アメリカ 約25万
ドイツ 約10万

手術施設数
日本 539
アメリカ 1015
ドイツ 79

1施設当たりの平均手術数(年間)
日本 約100
アメリカ 約240
ドイツ 約1250


ドイツは集約化して、これで十分だ。
って話をジャーナリストの伊藤氏が言っていました。

ちょっと、この話だけで終わった事に関して、
私には不満が残りましたね。

何故かっていうと、アメリカ、ドイツなど
世界的に心臓手術の死亡率が何%かって事を
きちんと言っていないからです。

日本では、月1,2件しか心臓手術をやっていない
病院でも、死亡率4.9%なんですけど。
世界的に、心臓手術死亡率約5%なんですよ。

参照:2003.Nov27 New England Journal of Medicine
の記事によればアメリカのAC -bypassの手術関連死は
多く施行している施設で4.0%, 少ない施設で5.4%。

逆に言うと、日本ではそれしか心臓手術をしていない
病院でも世界標準レベルなんですよ。
もっと多い病院は、それ以上のレベルなんですよ。

それって、すごいでしょ。
その事は伏せておいて。
アメリカやドイツは、1施設当たりの手術の件数が多い。
って話だけ出すのは、不公平じゃないですかね。
昨日までの放送内容に関しては、
比較的評価していましたけど、私。
今日の放送内容には、正直言って満足していません。


その後、話は変わって。
ニューヨークの取り組みが出ていました。
ニューヨーク州では、心臓バイパス術死亡率
1989年には3.5%だったのですが。
病院、各医師手術成績を
発表
するようになってから、1.6%になった。
1998年にニューヨーク州で心臓バイパス手術
の成績がワースト2位(6.27%)だった病院が、
優秀な先生を呼んで、いろいろアドバイスを受けて。
そいで、5年後の2003年には心臓バイパス手術
死亡率0.82%とトップクラスになった。
って話でした。

腕のある医師の報酬を上げた方が良い。
もっと日本も情報公開をした方が良い。

って話も、その後出ていましたが。
それに関しては、私も賛成です。


で、最後の方で、医療ジャーナリストの伊藤氏が、
本を書きました、って宣伝していましたよ。
「最強ドクター治せる!108人」って本です。

クリックすると、アマゾンに飛びます
→ 最強ドクター 治せる!108人

あ、ここで彼の本、宣伝しちゃいました(笑)
大野病院の道井先生も出ているみたいでしたけど。
多分、彼の待機的心臓バイパス手術死亡率は、
0.1%0.2%位ですよ。

はっきり言って、心臓手術の場合。
施設毎の成績差」よりも、「術者の腕の差
の方が大きいですから。
2倍どころか、何十倍ですからね。
タイトルの「医師の技量」そのものですね。

テレビで「医師叩き」ばっかやったら、
この本の信用がなくなると思ったから、
この番組では医師叩きをやらなかったのかなー。
とか思っちゃいました。
なんか、ちょっとがっかりというか。
一応、この番組とくダネ!』に関して、
彼の言動は評価していたのですが。
本に関係なく、今後もこういう事を言ってくれれば良いなー、
って思っています。

無理か?


病院選びは、慎重にしてね!
大学病院とか、名前に騙されちゃ駄目ですよ。

→ 「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
技術の差は確かにある
 おそらくどの科でもそうなんでしょうが、技術の差は歴然です。その中でも、脳外科と心血管外科に関しては、予後が歴然と見えてしまいますから、目立ちます。

 でも、世界標準がそんなに成績が悪いとは知りませんでした。情報ありがとうございます。

 うちは世界標準にも達していないと思いますが、それでも言い訳をさせていただくと、症例の少ないところには状態の悪い患者しか集まらないのです。症例の多いところが予後の良さそうな患者を集めてしまい、あぶれた患者がうちに来るのです。
bamboo[URL] 2007/06/09(土) 03:28 [EDIT]
やはり……
Dr.I様>

 やはり、医師の仕事は(外科手術に限らず)「職人芸」の側面が否定できませんね。そういった「芸」の域に達するものについては、やはり「数をこなす」のが必要ですから、集約化して技術を磨く環境を作り、一方で「患者・地域に密着する」必要があるものについては、人数を確保して患者に安心を与える……といった、「メリハリのある」施策は、今の政府には取れないんでしょうねぇ(嘆息)。

bamboo様>

> おそらくどの科でもそうなんでしょうが、技術の差は歴然
>です。その中でも、脳外科と心血管外科に関しては、予
>後が歴然と見えてしまいますから、目立ちます。

 確かにそうでしょうね。
 工芸品等でも、職人の腕で作品の質が歴然と違いますから、そうした「高難易度手術」ではなおさらでしょう。

> でも、世界標準がそんなに成績が悪いとは知りません
>でした。情報ありがとうございます。

 私も同感です。
 ところで、Dr.I様、根拠になる数字等のURLご存知でしたら、明記されるとよろしいかと思います。

> うちは世界標準にも達していないと思いますが、それで
>も言い訳をさせていただくと、症例の少ないところには状
>態の悪い患者しか集まらないのです。症例の多いところ
>が予後の良さそうな患者を集めてしまい、あぶれた患者
>がうちに来るのです。

 うわ、そうなんですか?
 有名な法律事務所などでもそうですが、簡単に勝てそうな「割のいい」仕事は有名法律事務所が持っていき、どうにも手の出ししょうがない「割の悪い」仕事が力の弱い法律事務所に行く、という「逆転現象」が良く起こるそうですね。この段でいくと、大きくて評判のいい病院は「割のいい」症例で経験をつんでますます技量が磨かれ評判がさらによくなり、小さくて経験不足な病院は、「割の悪い」症例で上手く技量が磨かれずますます評判が落ちる……という「悪循環」が起こりそうですね。さてはて、厚生労働省はこの現実をどう見ているのでしょうか……って、知りもしない可能異性が高いですね(嘆息)。
Lich[URL] 2007/06/09(土) 06:39 [EDIT]
Ability
心臓の血管をニョロッと出してチクチク縫ってまちたけど血管て白いんでちゅね。じゃばらみたいだったし。
全米では年間100万人が心臓発作で倒れ、半数が亡くなるのでthe American Heart Associationと the American College of Cardiologyが治療時間の向上の全国的なキャンペーンをしていたりとか資金や機会を比較的潤沢に与えられる背景を出していなかった事が残念でした。
伊藤氏は108人と会ってきっと、お医者さんLOVE!おじさんになったんじゃないの?「医師不足」を訴えてくれると思いまちゅ。柔和な顔でしたよ。
毎日テレビ見るのって結構疲れまちたね。そして毎日のUP、お疲れ様でした。
結局律儀に全部の回を解説されて、I先生はメルマガ執筆もしているのに大丈夫かなと心配してまちた。blogで現実逃避になってるならいいですけど現実の本業からかけ離れていない様な…。
医者の不養生にならない様にちゃんと寝て食べて下さいませ!
エビ[URL] 2007/06/09(土) 07:00 [EDIT]
読ませていただきました。
ご多忙の中、連日の番組解説、補足、訂正、ほんとうにお疲れ様でした。

私は一般人ですので良い意味で「賢い患者」であるために
Dr.I様のブログのような現場の本音、実情はとてもためになります。
ではでは ご自愛くださいませ。
RURI[URL] 2007/06/09(土) 21:35 [EDIT]
>bamboo先生
そうですね。
脳外科と心臓血管外科は、すぐに腕の差が出ますよね。
あ、バイパス手術って行っても、1本~3本とか。
弁膜症も一緒とか。
ドールとかバチスタ手術を一緒にするのとは、全然違いますけどね。
後天性の心臓病の手術一般に関しては、そんなものだそうです。

Dr. I[URL] 2007/06/12(火) 20:21 [EDIT]
>Lichさん
あ、そうですね。
アブストラクトしか見れませんが。
有名なのは、これですかね。

2003.Nov27 New England Journal of Medicine

情報を公開すると、悪い患者は手術しない、って病院も出ますから。
実は難しい問題もあるんですけどね。

Dr. I[URL] 2007/06/12(火) 20:23 [EDIT]
>エビさん
ちょっとペース上げすぎたので。
少しセーブして書いていきますかねw

伊藤氏の今後に期待したいところですね。
Dr. I[URL] 2007/06/12(火) 20:25 [EDIT]
>RURIさん
そうですね。
これからは、患者も情報を集めて病院を選ぶ時代ですからね。
セーブして書いてきます。
Dr. I[URL] 2007/06/12(火) 20:26 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

レーシックの手術情報RSS
レーシックの手術情報RSS  [つづきを読む]
レーシックの手術情報 | 2007/06/10(日) 01:48
「カスペ!」撃沈!!メディアVSブログ・その1
  先週なかばからメデイアウォッチャーもぼちぼち再会できたのは、フジの「とくダネ!医療プロジェクト」をDr.Iさんのところで詳しくウォッチしてくれたおかげですー。ありがた山のからすとんび。 で、この番組じゃー相変わらず伊藤の隼ちゃんと小倉智昭の迷コンビが、的外  [つづきを読む]
出もの腫れもの処嫌わず | 2007/06/11(月) 22:51
いま、日本人に急増する“血管の病”を徹底究明!
元気だった人が突然倒れ死の淵に・・・その血管の中にはある恐ろしい物体が眠っていた  [つづきを読む]
たけしの本当は怖い家庭の医学とロデオクイーン・ボーイ | 2007/07/26(木) 18:48
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず