現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の医療が崩壊する
何度もこのブログをはじめ、
医療関係者の書いたブログで、
このまま行ったら、日本の医療は崩壊する。
と声を上げているのですが。

そんな声は届かず。
安倍首相は、更に医療などの社会保障費を削れ
って声を上げているんですよね。
5年間で、1.6兆円も減らせって言ってます。

三重医師が、すばらしいフラッシュを
ネット上で公開していたので。
その要約を、ここで書いていきますね。

はっきり言って、素晴らしいです。
データーが平成11年くらいと、ちょっと古いのですが。
非常にわかりやすくまとまっていますので。

是非、本物も見てみて下さいね!

青地Dr. Iの補足です。

日本の医療が崩壊する
(三重医師会)

「三重医師会」

世界の医療制度と比較しながら、日本の医療
かかえる問題を語ったフラッシュです。

○日本の医療は世界でもトップレベルです。

WHO(世界保健機構)が認めています。
日本は、世界で最高の医療を行っています。

○健康寿命も世界一

1,日本      74.5歳
2,オーストラリア 73.2歳
3,フランス    73.1歳
4,スウェーデン  73.0歳
5,スペイン    72.8歳

(ただの寿命も世界一ですよね、ご存じの通り。)

○日本の医療費30兆円

これは、税金(国庫、地方)+国民(保険料・患者負担)
+事業主(保険料)から成り立っています。

○日本の医療費は、国際的にはこんなに低い

1人当たりの医療費(GDP比、%)

1,アメリカ 14.0
2,ドイツ  10.5
3,スイス  10.2

19、日本  7.2
20、チェコ  7.2

1人当たりの金額でも、世界7位
GDP比にすると、第19位になります。

(これも、ご存じですよね。
アメリカの約半分です。
先進国の中では、最低になります。)


ところが、このすばらしい日本の医療
国の経済(財政再建)優先政策によって、脅かされています。

○日本の医療費負担の推移

昭和55年:家計の負担 40%、 国庫負担 30%
平成11年:家計の負担 45%、 国庫負担 25%

(国の負担を減らした分が、そのまま患者負担の増加に
つながっています。
国は、自分たちの事しか考えてませんから。)


○社会保障給付費の国際比較(1993年)

医療費年金+その他の金額

スウェーデン 53.4%
フランス   33.7%
イギリス   27.2%
アメリカ   18.7%
日本     15.2%

○先進国の中で、日本だけが社会保障費よりも、
公共事業費の方が多くなっています。


社会保障費/公共事業費

日本:0.5倍

イギリス:9倍
ドイツ:7倍
フランス:3倍
アメリカ2.5倍

(日本の公共事業費が高い、って事は皆さんご存じでしょうが。
先進7か国で、ただ一番ってだけじゃなくって、
比率からいったら、他の先進国の5~20倍位使ってます。
日本以外の先進7カ国の公共事業費を全部足した金額が、
日本の公共事業費と同じくらいですから。
べらぼーに高いです。
これが、日本が借金大国になった、一番の原因とも言われてます。)


○これから高齢化社会が来て医療費が増えるって
言われていますが、その予測って正しいの?


政府の予測は平成12年医療費は、38兆円でした。
しかし、実際は29.1兆円にとどまっています。

(厚生労働省は、自分に都合の良い予測というか、
何の根拠もない数字をいつも出しますよね。
予算を獲得するために。
まあ、公共事業を行うための収支予測とか、
利用者数とか、そういう数字もそうなので。
他の省も同じ様なもんなんでしょうが。)


○平成11年の病院の収支状況
公的病院の収支調査では、H10年の医業収支率は92.7%


(しかし、つい最近のデーターでは、確か98%か99%位でしたよね。
これって商売で言うと、100円のパンを売っても、
1円か2円位しか儲からないって事ですから。
かなり厳しい状況と言えます。
ちなみに後に出てくる日本の製薬会社の場合は、
一説によると、約80%と言われていますから。
病院の10倍くらい効率良く儲かっているって事になります。)


○何故病院は、そんなに儲かってないの

△新薬の値段が日本は、ずばぬけて高いから

薬価の国際比較(1994年)

同じ薬の値段(トリルダン 60mg)

日本    171円
アメリカ  107円
ドイツ   50円
イギリス  15円

医療機器が高い

医療機器の値段(1995年)

ペースメーカー       PTCDカテーテル
日本   160万円      25.7万円
アメリカ 60万円        7.1万円
イギリス 30万円        6.0万円
ドイツ  40万円        6.0万円

原因は、値段の64%をしめている「マージン」にあります。

(要は、病院には入らないで、それを売る製薬会社や
それらを扱っている業者が儲けているって事っすよ。)


○低い技術料

日本の医師の技術料は、アメリカの約20%程度。

日米の技術料の比較
        日本(円)   アメリカ(円)
初診料    2110     9560
心電図    1500     3570
心エコー   8000    25500
冠動脈造影 12000    76500

私たち(医師看護師)は、患者の為に働いてるのに、
働けば働くほど、製薬会社医療機器会社
儲けさせる仕組みになっています。

また、日本では国民皆保険制度により誰もが
病院で診療を受ける事ができます。
そのため、欧米に比べ、外来・入院ともに、
約2倍の患者がいます。
アメリカと比べると10倍です。

(ここには出てきませんでしたが。
日本の医師数は、欧米に比べ、約2/3~半分位ですから。
1人の医者は、約3倍働いているって事になりますよね。)


医師看護師は安い単価で毎日忙しく働いていますが、
医師看護師の数が少なく患者を待たせる事もあります。

また、こうした環境の為、医療ミスが起こる事もあります。

患者の負担だけを増やす事による医療改革

病院経営の悪化や経済的な破綻

このままでは、確実に日本医療の崩壊につながります。


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
「日本の医療が崩壊する」
たいへん興味深く読ませて頂きました。

もっと、たくさんの方々にも医療の実態を、知って頂きたいと思いまして誠に勝手ではありますが、ブログ記事をご紹介させて頂きました。m(_ _)m
http://becomingbeautiful.blog65.fc2.com/blog-entry-560.html
toto tomtom[URL] 2007/06/12(火) 23:33 [EDIT]
While the LDP is in power , the Japanese prime minister is chosen from it.
わー、三重の医師会さんお仕事が速くておまけに解りやすいですね!
こーゆーのを真っ先に新聞に載せて欲しいな。
だって医療やお医者さんの頑張ってるのをよく解らない政府が減らせ減らせって…。
こないだの医師不足対策とかも何かやりたいからちょっと歩み寄るポーズをチラリズム…って感じだったもんね!結局社会保障=国民の命なんて安いもんだと言うことなのかちらムスッ。
日本の機材がやたらめったら高いってエビは前にクローズアップ現代で見たな確か。それも対米貿易摩擦との兼ね合いとかで結局政治のツケを国民に頼んでるのでしょ?
高齢化社会になって病院にかかる人は増えるんだからむしろ厚くしなきゃいけないとフツーに思うし、先進国で日本だけでしょこんなの。
またいつものOECD対比出しちゃいますか?(^_^;)あとI先生特許のアクセス制限&軽症加算。
エビ[URL] 2007/06/12(火) 23:37 [EDIT]
結局は……
Dr,I様>

 結局、「医療にお金をかけるより公共事業にお金を使った方が官僚や政治家の懐が潤う」「医師にお金を回すより医療機器メーカーにお金を回したほうが官僚や政治家の懐が潤う」といった「官僚や政治家の利益」優先ではないか、と邪推したくなる状況ですよね。
 それプラス、日本が、中国の悪い影響か、「モノ(道路や建築物)には価値を認めるがヒト(技術や努力)は存在して当たり前」といった悪い風潮があり、それが医師・看護士への低い給料に現れていると思います。
 いい加減、行政へコスト負担を需給バランスを無視して自分達に都合のいいところを削って自分達に都合の悪い所を残すやり方はやめて欲しいものです。
Lich[URL] 2007/06/13(水) 00:16 [EDIT]
ここに来てまた、安部首相もそんなこといってるんですから、このまま医療、社会保障費抑制の方針は変わらない気がしてなりません。今のところまだまだ医療従事者だけが悲鳴を挙げているだけでなので、一般の日本国民は日本の医療そのものに興味がないんですよ。医者が過酷労働なのは自分たちには関係ないし、そんなの自分で決めたんだから頑張ってやってくださいと他人事でしょう。政治家、官僚もそうですが、日本国民全体も、所詮みんな自分が可愛いですから、いくら医者、看護婦が騒いでも、現時点でそんな自分に直接関係ないことに興味持ちそうにないですよね?(本当はかなり関係あるんですが、所詮世論と言っても今は病院にかからない健康な人がmainですから、興味を持てと言っても難しい気がします)。
僕自身、このブログを通して、今の医療の問題点を多く学び非常に感謝してますし、このブログは、医療従事者が見て、医療の問題点を確認する意味では非常に有用だと思います。ただ、国民がこのようなブログに興味を持つのは時間がかなりかかりそうなので、一般の国民に分かって貰うより先に、状況を変えるには医者自身が何らかの形で動く必要が有ると思います。所詮医者なんて少数の人間ですから、他の国を見習い、医者同士でストライキをするなどの集団的な行動を起こすとか。。。現実的ではないですが、カリスマ的なまともな医師が力のある政治家になるとか。。。
医者自身が何かしらの行動を起こさない限り、このまま政治家、官僚の思いのままの政策で行くんじゃないんでしょうか?
でも、結局のところ、医者は日々の業務に悩殺されなんら行動を起こさず、医療が崩壊を待つだけな気もします。多分その時に、日本国民一人一人が自分たちがまともな医療を受けられなくなってはじめて騒ぎ出すでしょうから、その辺から変わってくるんですかね。しかし、本当に日本の医療は変というより、おかしいですね。。。。
通りすがり2[URL] 2007/06/13(水) 01:31 [EDIT]
うちの目標
うちの病院の目標は医業収益率1.5%です。
つまり、100円の売り上げがあったら、1円50銭儲けましょうということです。
目標ということは現在達成できていないということです。
こんな業界他にあるでしょうか。
bamboo[URL] 2007/06/13(水) 06:00 [EDIT]
>toto tomtomさん
ブログ紹介、ありがとうございました。
引用は、どんどんしてもらって、構いませんよ。
ホントに、どうなっちゃうんでしょうかねー。
日本の医療。
Dr. I[URL] 2007/06/13(水) 21:21 [EDIT]
>エビさん
ホントに、非常にまとまっていて、良くできていると思いますね。
ま、私の特許ではありませんけど。
Dr. I[URL] 2007/06/13(水) 21:22 [EDIT]
>Lichさん
みんな、自分の事しか考えていないんですよねー。
自分の身にふりかかったら、わかるのかなー。
役人や政治家だけ、医者が診ないとか、ってできれば良いんですけど。
それも、無理なんですよね、日本の法律では。
Dr. I[URL] 2007/06/13(水) 21:24 [EDIT]
>通りすがり2さん
やはり、一般の人との考え方の違いは大きいですよね。
イギリスの医療崩壊は、患者が痛い目にあったから、国が方向転換をしましたけど。
日本は、まだ医療従事者がメインで、国民はなんだかんだいって、人ごとなので。
しばらくは、医療費削減政策も変わらないでしょうね。
国民が痛い目にあって、みんな自民党に投票しなくなったら、変わるかもしれませんけど。
しばらく先でしょうね。
というか、そんな日は来ないかもしれませんね。
Dr. I[URL] 2007/06/13(水) 21:27 [EDIT]
>bamboo先生
まだ、利益が出れば良いですよ。
うちは、どんなに頑張っても、無理ですよ。
人件費多すぎて。
タクシー業界とかも、そんな感じなんでしょうかねー。
よくわかんないですけど。
Dr. I[URL] 2007/06/13(水) 21:28 [EDIT]
いい記事
こんばんは
Dr.I先生

非常に理解しやすいエントリーです。現在の医療の世界がどのようにしてこのような事態となったのか?スゴくよく理解できます。

記事を紹介させていただこうと思っています。
いなか小児科医[URL] 2007/06/13(水) 23:38 [EDIT]
こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★タッキ~☆闇黒魔人★です!


記事を拝見させていただきました^^

すごく楽しくて、いつも見させてもらってます♪

記事を読んでいると、すごく元気が出ます!
私もブログを書きたくなってしまいます(^^♪

これからもずっと応援しております。
また、遊びに来ますね(^^)v
★夕ッキ~☆闇黒魔人★[URL] 2007/06/14(木) 14:38 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/06/14(木) 23:03 [EDIT]
>夕ッキ~☆闇黒魔人さん
ありがとうございます。
また来てくださいね!
Dr. I[URL] 2007/06/15(金) 01:50 [EDIT]
>いなか小児科医先生
紹介、ありがとうございます。
ちょっと古いネタですけど、非常にわかりやすくて良いですよね、これ。
医師会も、地方の医師会は非常に頑張ってると思います。
Dr. I[URL] 2007/06/15(金) 01:53 [EDIT]
>名無しさん
もちろん、構いませんよ!
Dr. I[URL] 2007/06/15(金) 01:59 [EDIT]
ホントにいい感じのフラッシュですね。医師は儲かるだなんて、本当に誤解もはなはだしいですよねw。時間外手当カットのところが多いから、実際の労働時間で割ると、これが6年も学校行って取った国家資格を持つものの給与なの?って感じです。そして開業医も薄利多売でしかもうからんですし。ウチは、私が医師とほぼ事務長職を兼務しているようなものですが、私、給料もらってませんので、年間の医師と事務長の人件費は浮いているわけなのに、それでも経営が成り立つかどうか・・・という感じですから、深刻です。
りん[URL] 2007/06/16(土) 22:26 [EDIT]
>りん先生
これ、初めて見た時は、感動しましたね、ホント。
時給にしたら、医者の給料は普通のサラリーマン以下なんですよね、ホントは。
でも、高給取りのイメージがあるんですよねー。
医者って。
開業医も大変ですけどね。
今の時代。
Dr. I[URL] 2007/06/17(日) 00:14 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

厚生労働省 コムスン
東京医科歯科大学小説会田我路大山和光ジャンプモニカベルッチ飛田新地三国志大戦中川翔子ダイエットって・・・162cm 62kg ハッキリ言ってデブです。出産を経て、10kg太りました。なにをしても続かず、ダメダメ・・・泣・バランスのとれた食事・腹八分目・適  [つづきを読む]
緊急情報サイト | 2007/06/13(水) 01:04
年金 保険料の気になる話
保険と年金の気になる話を紹介します。国民年金保険料の納付率年金記録問題の余波で国民年金保険料の納付率が一段と低下する懸念が強まってきた。加入者の相談に対応したり年金記録のミスを正したりするのに大量の職員が必要で、保  [つづきを読む]
保険と年金の気になる話 | 2007/06/13(水) 05:44
コムスン問題の背景にあるもの
医療、教育、介護、農業などの現場は惨憺たる状況だ。医師が不足している。http://news.livedoor.com/article/detail/3108189/産婦人科不足で、子を産めない。http://hiyoko-ikuato.lolipop.jp/isibusoku.html  [つづきを読む]
あなたの子どもを加害者にしないために | 2007/06/13(水) 08:34
医療崩壊 / 見えてきた炎
キーワード 医療崩壊、参議院選挙、医療費抑制政策、後期高齢者医療制度、総額抑制、  [つづきを読む]
道標 Guideboard | 2007/06/17(日) 23:25
75 歳を迎えられるみなさまへ
75 歳の誕生日を 2 週間後に控えたある日、あなたに役所から一通の手紙と一枚の  [つづきを読む]
道標 Guideboard | 2007/06/20(水) 10:57
地域医療の最前線
そんな私がここまで来れたのも貴方のお陰です。さて、あなたは6月24日(日曜)「朝日新聞」朝刊の社説(3面)をお読みになったでしょうか?◇◇◇「医学部の定員を増やせ」という題名。先月、毎日新聞の記事から、日本はOECDの調べでは....  [つづきを読む]
行列のできる医学部合格をつかむヒント!! | 2007/06/27(水) 05:35
介護と医業1990年代後半から、介護福祉士が慢性疾患の患者に対して業務上の介護をするとき、どこまでが医業の範囲として禁止され、どこからが介護の範囲として認められるのかという議論がある。この議論は、家族が筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 患者に対して気管内吸引を行い続  [つづきを読む]
健康とか | 2007/07/12(木) 14:54
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず